スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    エース様ご乱心

    タイトルの通り、前回のLeyton Orient戦で退場処分となったキットソンとの関係が、その後なんだか大変なことになってしまいました。
    経緯は以下のような感じ。



    ―Lyton Orient戦後

    Akakiri 「大事な試合でイエロー2枚で退場とかなめてんの?1週間分の罰金な」
    キットソン 「ちょっと意味わかんないです」
    Akakiri 「俺が監督だ。決めるのは俺だ」
    キットソン 「ふざけんな」

    ―キットソンに1週間分の罰金を科す
    WS000259.jpg

    WS000260.jpg
     

    キットソン 「マジか、やってらんねぇ」 
    キットソン 「移籍させろ」 
    Akakiri 「ちょっと待て、お互い落ち着いて話し合おう」
    キットソン 「ばかとは話したくない」 
    Akakiri 「 」
    WS000287.jpg

    ―渋々、移籍リストに載せる。

    WS000288.jpg

    キットソン 「オファー来ない、どうしよう」
    キットソン 「このクラブを離れたくない」
    キットソン 「助けてくれ」

    WS000289.jpg


    Akakiri 「知るか」



    と、まぁこんな感じです。
    「このクラブを離れたくない」とか言っているので、こちらからも面談を持ちかけているのですが、全く応じる気配がありません。
    試合で使おうにも、こちらも士気が「最低」の選手を使う気は更々ないので、とりあえずベンチ外に追いやってます。もちろん、リザーブの試合にも出場不可にしてやってますw。
    あそこは、ローテーション選手のコンディション維持のための大切な場所なので、構想外の選手のために枠を空ける余裕はないのです。
    ま、今シーズン末で契約も切れるし、それまで飼い殺しにしてやりますかね。

    しかし、当たり前のように週2試合組まれているこの時期に、エースの離脱は正直めちゃくちゃ痛いですねぇ。
    なんとか今月を頑張って凌いで、来月の移籍期間でストライカーを補強したいですね。



    さて、それでは気を取り直してリーグ第24節・Oldham Athletic戦から記録していきます。




    Oldham Athletic vs Sheff Utd npower Football League1 第24節/2012.12.15(Sat)

    Starting Line-up

    WS000266.jpg

    Key Player

    WS000061.jpg

    WS000350.jpg

    エースキットソンを予想外の形で欠いて迎えたアウェイでのOldham戦。
    前回の対戦では、ホームで1-0でなんとか勝利を収めた相手。
    エース抜きでも戦っていけることを証明するためにも、なんとか結果が欲しい。代わりに1トップに入ったマーフィーが結果を出してくれるとうれしいのだが。


    Results

    WS000269.jpg

    WS000268.jpg

    辛勝。
    支配率では上回ったものの、シュート本数では相手より下回ってしまった。
    得点はシーンは、前線でうまく受けたマーフィーが、3列目から追い越してきたエンガルラにスルーパスを合わせるという、理想的な形で生まれた。が、それ以外では全体的に凡庸な出来となってしまった。
    そもそも、マーフィーキットソンではプレイスタイルが違うので、戦術も少し見直さなくてはいけないですかねー(  ̄_ ̄)


    WS000267.jpg

    この試合でロブソンが腕の怪我をしてしまいました。幸い、擦り傷程度で5~6日で帰ってくるですが、エースに続いて中盤のキーマンまで離脱とはなんとも痛いですね。




    Bournemouth vs Sheff Utd npower Football League1 第25節/2012.12.19(Wed)

    Starting Line-up

    WS000273.jpg

    Key Player

    WS000272.jpg

    WS000270.jpg

    WS000271.jpg

    中2日で迎えたリーグ第25節はアウェイでのBournemonuth戦。
    相手は攻撃・守備陣ともに比較的能力が高いメンバーがそろっている印象。
    対してこちらは、エース不在&中盤のキーマン不在&右サイドバック出停という非常に苦しい状態で臨むこととなってしまった。


    Results

    WS000275.jpg

    WS000274.jpg

    前の苦戦予想に反して、前半3分にフリンの右からのCKをマグワイアが頭で合わせてあっさりと先制に成功する。
    しかし、そのまま有利な展開に持ち込むというわけにはいかず、前半終了時点で相手に6割以上ボールを支配されてしまうという苦しい展開。
    ので、後半からは両ウイングを下げた4-1-4-1に変更し、中盤の4人でボールを支配することを試みる。
    結果、支配率は後半に入ってから徐々に持ち直し、成功したかに見えた。が、76分にカウンターから右サイドを突破されると、その折り返しを相手STPiquionneに綺麗に右足で合わされて同点に追いつかれてしまった。
    支配率を高めて押し込んだことによって逆にカウンターを受けて失点という、なんとも皮肉な結果となってしまった。
    この試合で放ったシュートはわずか4本。その内、1TOPに抜擢したマーフィーは1本だけという残念な結果となってしまった。
    攻撃が全く形になってない・・・。何とかしないとこヤバいことになりそうな気がします。


    WS000276.jpg

    この試合で今度はザネッティが腕の擦り傷を負ってしまいました。一時、肘の怪我が流行ったように、今は腕の擦り傷がこのクラブでは流行りのようです。



    Sheff Utd vs Crawley Town npower Football League One 第26節/2012.12.22(Sat)

    Starting Line-up

    WS000284.jpg

    Key Player

    WS000050.jpg

    WS000051.jpg

    WS000052.jpg

    過密日程の中で迎えたリーグ第26節は、18位Crawleyをホームに迎える。
    ここ最近の、離脱者を出しながらの連戦で、主要メンバーのコンディションは最低。
    相手は前回対戦でアウェイで3-1と、比較的楽に勝利を収めた相手でもあることから、今回は若手を起用して主力を出来るだけ休ませるようにした。


    Results

    WS000286.jpg

    WS000285.jpg

    ってしまった・・・。相手を舐めすぎた監督の責任ですね。
    記者も当然こちらが勝つと思っていたらしく、記事の1行目で致命的なミスを犯しています。これはCrawley関係者に怒られても仕方がないレベルだと思いますよ( ̄ω ̄;)
    まぁそんなことは置いといて、やはり1トップの17歳ジローラモをはじめ、スタメン5人を入れ替えたのは流石にやりすぎだったようだ。
    ホームでありながら、前回敵地で3得点した相手から1点も奪えず、逆に相手にはセットプレイからあっさり得点を与えてしまうという最悪の結果となってしまった。
    今回はメンバーが控え中心だったとはいえ、これでキットソンが離脱してから3試合連続で攻撃陣が沈黙する結果となってしまった。
    いやーこれは参りましたね・・・。
    キットソンが「ざまぁw」と言ってる姿が目に浮かびます。ちきしょう。




    Sheff Utd vs Stevenage npower Football League One 第27節/2012.12.26(Wed)

    Starting Line-up

    WS000293.jpg

    Key Player

    WS000078.jpg

    WS000079.jpg

    WS000077.jpg

    キットソンが離脱してから3試合で2得点、しかもフォワードの得点はゼロという最悪の状態で迎えたリーグ第27節はホームにStevenageを迎える。
    とりあえず、キットソン以外の選手が1TOPを張っても迫力に欠けるということを認め、打開策としてフォワードを2枚並べた2TOPに変更した。白刃の矢を立てたのはクレスウェル。今年35歳を迎えたベテランにこの苦境を乗り越えるカギを託した。


    Results

    WS000295.jpg

    WS000294.jpg

    圧勝!
    試合は、6分までにPKとFKで2点をリードする理想的な展開。
    その後も試合を支配し、終わってみれば4-0と、圧倒的なスコアでの勝ちを収めることができた。
    しかも、3点目にはカギを託したクレスウェルがゴールを決め、実に5試合ぶりにフォワードが得点を挙げることができた。クレスウェルは、得点シーン以外でもいい動きを見せ、MOMのロブソンに次ぐ高評価点を叩き出してくれた。
    とりあえず、しばらくはやり慣れた4-1-2-2-1を捨てて4-4-2で戦っていこうかなぁ・・・と、思ってしまうほどの理想的な試合運びだった。




    Sheff Utd vs Bury npower Football League One 第28節/2012.12.29(Sat)

    Starting Line-up

    WS000297.jpg

    Key Player

    WS000096.jpg

    WS000097.jpg

    今節は、ホームでのBury戦。
    相手は、開幕前のメディア予想では降格候補に挙げられながら、ここまで17位と非常に健闘している模様。
    我がクラブとしても、前回の対戦で、アウェイでの試合ではあったが2-3で敗戦を喫してしまっている。
    同じ相手に2度は負けられない。前節と同様に攻撃陣に爆発してもらって、ホームで借りを返したいところ。


    Results

    WS000299.jpg

    WS000298.jpg

    ち損なった。というのが正直な感想。
    支配率・シュート数ともに相手を圧倒したものの、ゴールが決まらない。と言うか、シュートが枠に飛ばない。16本打って、試合終了間際にマーフィーが得点したシュート以外枠に飛んでないってどんだけだよ・・・。
    しかし、とりあえずだがこれで2試合連続で攻撃陣は機能し、少しは希望の持てる感じになってきた気がする。
    あとは「勝ち」という結果がついてくれば、きっとまた波に乗っていけるのになー(´▽`)


    WS000302.jpg

    左サイドバックのヒルが週間ベスト11に選出されました。おめでとう!

    WS000303.jpg

    センターバックのマグワイアが12月の最優秀若手選手を獲得しました。
    攻撃陣が不調の中、なんとか勝点を拾えてきたのもディフェンス陣の頑張りがあったからこそだと思います。





    WS000374.jpg

    エースがまさかの離脱をした直後の5試合は2勝1敗2分と、なんともビミョーな感じになってしまった。
    Stevenage戦で4得点と爆発した以外は、取れたとしても1点だけという、明らかな得点力ダウンが見て取れますね。
    そりゃ、シーズン途中でエースが抜けたらこうなるわなー。しかし、そうも言ってられないのでなんとか頑張っていきましょう!来月は冬の移籍期間なので、新しいストライカーの補強が可能になりますしね。
    とりあえず、Stevenage戦で爆発した2TOPを軸にして試行錯誤してみようかな。


    WS000306.jpg

    28節まで終了時点での順位表です。
    2位以下もさすがに差を詰めてきました。4位のBrentfordまでの勝ち点差がわずか4しかないので、1歩間違えたら優勝はおろか、自動昇格すら危うくなってしまいそうです。
    冬の移籍期間での補強がとても大事になってきそうな気がしますね。
    シーズン前の夏の移籍期間で予算使い切らなくてほんとよかったわー(´▽`)


    それでは、今回はここまで。

    スポンサーサイト
    [ 2013/04/30 21:54 ] Sheff Utd(12/13) | TB(0) | CM(0)

    過密日程

    ここまで20試合を消化して14勝3敗3分。勝点46で首位を走ってます。
    2位との勝ち点差は6。この調子でさらに差を広げていきたいですね。

    それでは、今回はリーグ第21節・Hartlepoo戦から記録していきます。



    Sheff Utd vs Hartlepool Utd npower Football League One 第21節/2012.11.24(Sat)

    Starting Line-up

    WS000230.jpg

    Key Player

    WS000228.jpg />

    WS000227.jpg />

    前節まで5連勝中と好調で迎えた21節は、ホームでHartlepool戦。
    相手もここまで9位と、事前のメディアが21位ということを鑑みれば、非常に調子がいいと思われる相手。
    相手キーマンのJ.Franksは加速力の高いST。ディフェンスラインの裏を取られるとめんどくさそうだなー、と思いきや、なんと右サイドでの先発。代わりにTOPに入ったJ.PooleJ.Franksよりもやや劣るものの、そこそこの能力の持ち主。現在2試合連続完封中のディフェンス陣がどこまで頑張れるかがカギになりそう。


    Results

    WS000234.jpg

    WS000233.jpg

    合は、前半終了間際にロブソンがPA内で相手ボールを奪ってそのままGOAL!いや、油断しすぎだろ相手DF・・・。ま、こちらとしてはオイシイ先制点なんですけどね。
    さらに、78分にエースキットソンドイルの縦パスをPA内で受けて反転シュート!これが、相手GKの脇を抜けてゴールど真ん中に決まった。
    ディフェンス陣も非常に出来がよく、90分通して相手に決定機はおろか、ハーフチャンスすら作らせない完璧な出来。あっさりと連勝を6に伸ばした。


    WS000232.jpg

    この試合でザネッティが軽傷を負ってしまった。そしてまたヒジw
    このクラブはヒジを怪我するのが流行ってるんか?
    とりあえず、離脱期間は2週間とそんなに長期ではないので一安心。


    WS000244.jpg

    我がクラブの右サイドバックウェストレイクがリーグ週間ベスト11に選出されました。おめでとう!
    調べてみたら、まだ選手紹介してないようなので、下に紹介文を書いときます。

    Darryl Westlake (ダリル・ウェストレイク・D(R))
    WS000236.jpg

    控えの右サイドバック。レギュラーを務める選手の健康さが9と割と低めのため、彼のコンディション維持に多大な貢献をしている控え選手。能力的には、足はそこそこ早いがそれ以外がやや寂しい能力といった感じ。それでも、出場した時には割と安定したパフォーマンスを見せてくれるため、監督としては安心してピッチに送り出せる選手でもある。


    WS000235.jpg

    試合後の記者会見でGKロングが426分間無失点であることを記者から教えられる。ここ最近無失点が続いていたのは知っていたが、約5試合になるとは知らずに驚いた。
    こうやって、大抜擢した若手が活躍してくれるとうれしいもんですねぇ(´▽`)




    Sheff Utd vs Carlisle Utd The FA Cup with Budweiser 2回戦/2012.12.1(Sat)

    Starting Line-up

    WS000239.jpg

    Key Player

    WS000238.jpg

    WS000237.jpg

    FA杯2回戦は、前回対戦で後半に2点差をひっくり返してなんとか勝利を収めたCarlisle。
    しかし、今回は2日後にリーグ戦が控えているため、サブ中心のメンバーにせざるを得ず、大苦戦が予想される。
    相手キーマンはやたらと背が高く、ジャンプ力のある2人。我がクラブで一番空中戦が強いキットソンですらかなわない能力値のため、高さで勝負はせず、前線の選手の足元にボールを供給する作戦をとった。


    Results

    WS000241.jpg

    WS000240.jpg

    ったよりもいい試合になった。スコアは0-0だが、お互いそこそこの決定機を作り、クロスバーを叩いたシュートがこちらが2本、相手も1本と、得点まであともう少しといった感じであった。
    しかし、1回戦に続いてまた再試合・・・。当然のようにミッドウィークに試合が組まれるため、日程がだいぶタイトになってきたぞ( ̄△ ̄)




    Shrewsbury Town vs Sheff Utd npower Football League1 第22節/2012.12.4(Tue)

    Starting Line-up

    WS000246.jpg

    Key Player

    WS000242.jpg

    WS000243.jpg

    リーグ第22節は、アウェーでShrewsbury戦。
    相手はここまで22位と、下馬評通りの順位となっている。
    2日前にカップ戦を戦ったばかりであるが、ここまでリーグ6連勝の勢いを持って、連勝といきたいところ。


    Results

    WS000248.jpg

    WS000247.jpg

    WS000249.jpg

    さに足元をすくわれたといった感じ。
    キーマンにも挙げた相手エースDalla Valleに2得点されてしまった。しかも、そのうち1失点は完全にこちらのミスが原因。マーフィーの得点で追いついた時にはせめて引き分けには持ち込めると思ったのになー。残念・・・。
    専門家の方々には悪いが、この敗戦が原因のスランプなどにははまらずに、また勝ちを重ねていきたいですね。




    Leyton Orient vs Sheff Utd npower Football League1 第23節/2012.12.8(Sat)

    Starting Line-up

    WS000254.jpg

    Key Player

    WS000252.jpg

    WS000251.jpg

    WS000250.jpg

    リーグ第23節はアウェーでLeyton Orient戦。
    前節で連勝がストップしてしまったが、この試合でいい結果を出してまた調子を上げていきたいところ。
    ミッドウィークに試合が組まれていたせいで、一部選手のコンディションが優れない。選手層が薄いのでなかなか満足なローテーションが組めないのがもどかしいですねぇ。


    Results

    WS000258.jpg

    WS000257.jpg

    点差は危険な点差。
    またこの教訓を思い出す結果となった。ただし、今回はやる側ではなくやられる側として。
    試合は、前半に2点をリードする理想的な展開。しかも、1点目のキットソンのゴールは流れるようなパスワークから生まれた今シーズンベストゴール候補と言える内容だった。
    しかし、後半に悪夢が。60分に1点返されるとその直後、キットソンが2枚目のイエローで退場処分となってしまった。しかも、相手PA内でシミュレーションを取られて・・・。
    その後、10人で守りに守ったが、試合終盤の82分についに追いつかれてしまった。これで完全に相手ペースとなり、試合終了まで猛攻を受ける羽目になってしまった。
    前半までは余裕の勝ち試合だと思っていたのになー。
    過密日程の中で貴重な勝ちを拾えるチャンスを半ば自滅の形で失ってしまったのは、今後の展開に影響を与えそうな気がしますね・・・。


    WS000256.jpg

    この試合で、ドイルが捻挫をしてしまいました。全治は4~5週間。1点目のファインゴールの起点になるなど、ここ最近良い活躍をしていただけに、この離脱は痛いものになるかもしれませんね。


    WS000261.jpg

    ロングが週間ベスト11に選出されました。おめでとう!


    WS000259.jpg

    WS000260.jpg

    取りこぼしの原因となったキットソンには1週間分の罰金を命じときました。
    しかし、本人は非常に不満な様子。なんか、いろんな意味で残念です。




    Carlisle Utd vs Sheff Utd The FA Cup with Budweiser 2回戦(再試合)/2012.12.12(Wed)

    Starting Line-up

    WS000263.jpg

    Key Player

    WS000264.jpg

    FA杯2回戦の再試合。
    理事会のノルマが4回戦進出のため、こんな所で負ける訳にはいきません。ので、前回よりも主力を多めに出してみました。本当は過密日程中だから休ませたかったのになー。


    Results

    WS000352.jpg

    ・・・
    まさかのウノゼロ負け。試合も支配されて完敗といった感じでした。
    過密日程を押してまで主力を起用しただけに痛すぎる敗戦となってしまった。理事会もずいぶんとがっかりしているようだし。
    Shrewsbury戦での敗戦後に専門家の方々が仰っていたスランプというやつにハマってしまった気がします。





    WS000373.jpg

    今回記録した5試合の結果です。
    また不調の波に飲まれてしまったようです。困ったぞ・・・。


    WS000255.jpg

    23節終了時の順位表です。
    直近3試合で1勝1敗1分とつまづいてますが、2位以下も割と取りこぼしているらしく、あまり差が詰まってないのが救いですね。


    WS000378.jpg

    はい、今回の5試合を含めた今後の試合日程です。
    土土
    どんだけミッドウィークに試合組んでくるんだよぉ( ̄ε ̄;)
    選手層の薄い我がクラブにとっては十分破壊力のある鬼日程です。しばらくベストメンバーを組めない中での戦いを強いられそうです。
    それでもなんとか勝っていかないと優勝なんてできないので、頑張っていきましょう!


    それでは、今回はこれまで。

    [ 2013/04/26 23:37 ] Sheff Utd(12/13) | TB(0) | CM(0)

    復調。

    前回の不調を受けて、復調するためにできることやってみました。

    WS000206.jpg

    はい、チームミーティングです。最近、あまり勝っていないので、自信を取り戻させるために励ましてみました。
    今回は、幸いうまくいったので良かったのですが、しくじると逆効果になるので開催する時には若干の勇気が必要ですw
    とりあえず、チームの士気が少し上がったようなので、これで少しは復調に向かえばいいなーと思ってます。


    それでは、今回はリーグ第17節、Tranmere戦から記録していきます。




    Sheff Utd vs Tranmere npower Football League One 第17節/2012.11.06(Tue)

    Starting Line-up

    WS000195.jpg

    Key Player

    WS000191.jpg

    WS000192.jpg

    WS000194.jpg

    リーグ第17節は、ここまで3位と好調なTranmereをホームに迎える。
    この試合の前に行ったチームミーティングの効果が出てくれればいいのだが。


    Results

    WS000197.jpg

    WS000196.jpg

    合開始11分にPA内でパスを受けたマーフィーが落ち着いて決めて先制点を上げる。
    しかし、24分にFKから相手MCA.Taylorにヘッドで合わされてあっさり追いつかれてしまう。
    また、ここ最近の悪癖が出てしまったかとがっかりしていたが、その直後の32分、マーフィーキットソンからのスルーパスを受けてキーパーと1vs1に。これをきっちり決めて勝ち越しに成功した。やるじゃん、マーフィー(´▽`)
    さらに、試合終盤の73分、先ほど勝ち越しアシストを決めたキットソンが、ヒルのアーリークロスをPA内で受けてそのままシュート!これが豪快に相手ゴールに突き刺さって勝負を決定付けた。
    4試合ぶりの勝利!やっとドロー沼から抜け出した。チームミーティングの効果がでたのかなぁ。




    Notts County vs Sheff Utd npower Football League1 第18節/2012.11.10(Sat)

    Starting Line-up

    WS000200.jpg

    Key Player

    WS000203.jpg

    WS000199.jpg

    WS000198.jpg

    今節は、アウェイで11位Notts County戦。
    前節で久しぶりの勝利を手にした勢いを持って連勝といきたいところ。


    Results

    WS000202.jpg

    WS000201.jpg

    合は、基本的にこちらのペースで進む楽な展開。
    13分にヒルが左サイドから上げたグラウンダーのクロスを、PA内でフリーでいたフリンが鮮やかに合わせて先制点をあげる。
    この1点を守りきって2連勝を飾った。約1ヶ月ぶりの連勝!また一つトンネルを抜けたような気がしますね(^-^)


    WS000204.jpg

    ミッドウィークのTranmere戦で2得点のマーフィーと、Tranmere戦で1アシスト&Notts County戦でMOMとなったヒルが週間ベスト11に選出されました。おめでとう!




    Southend vs Sheff Utd The FA Cup with Budweiser 1回戦(再試合)/2012.11.14(Wed)

    Starting Line-up

    WS000208.jpg

    Key Player

    WS000185.jpg

    FA杯1回戦の再試合、相手は当然前回と同じSouthend。
    4部相手に2試合続けて勝ちそびれることは許されない。
    ここ数週間、ミッドウィークに試合を組まれ続ける過密日程だが、前回よりも主力級を多くスタメンに並べてみた。


    Results

    WS000210.jpg

    WS000209.jpg

    とバタバタとした試合展開となった。
    試合開始3分に得たPKを、ヒギンボザムが失敗したときに嫌な予感はしていたのだが・・・。
    その後、オウンゴールあり、64~69分の5分間に敵味方合わせて立て続けに3得点入るお祭りのような展開もあり、と見ていてなかなか飽きない試合となった。
    結果は、4-2で勝利。リーグ戦と合わせてとりあえず3連勝を飾った。




    Scunthorpe vs Sheff Utd npower Football League1 第19節/2012.11.17(Sat)

    Starting Line-up

    WS000215.jpg

    Key Player

    WS000211.jpg

    WS000212.jpg

    3連勝で迎えたリーグ19節は、アウェイでのScunthorpe戦。
    相手は、ここ最近で5連勝中と絶好調中のようだ。しかも、その5試合では12得点2失点という、驚異的なスコアで勝利を重ねている。
    我がクラブも連勝中であるが、相手の破壊力を考えた結果、4-1-4-1のやや守備的なシステムで挑むこととした。
    また、フリンがここ最近の連戦でNeed A Restとなってしまったため、休養を与えることに。
    せっかくの機会なので、ロブソンをサイドに、マクドナルドをセンターに配置するという、我がクラブのゲームメーカー共存型をテストしてみた。


    Results

    WS000217.jpg

    WS000216.jpg

    言で言うと、ほぼ失敗。ゲームメーカー共存型のテスト結果です。
    と、いうのも、マクドナルドがセンターの位置で決勝点となるアシストを決め、MOMになった一方、サイドに配置したロブソンが全く振るわず、57分に途中交代する羽目になった挙句、評価点5.9と散々な結果になってしまったからだ。
    やっぱりロブソンマクドナルドもMCで一番輝くようだ。これでは同時起用ができない・・・どうしたもんか。
    試合は、キットソンが62分に決めた虎の子の1点を守りきって勝利!これで4連勝となった。

    WS000224.jpg

    マクドナルドが週間ベスト11に選出されました。おめでとう!ロブソンとの共存ができれば最高だったのになぁ。




    Sheff Utd vs Walsall npower Football League One 第20節/2012.11.20(Tue)

    Starting Line-up

    WS000219.jpg

    Key Player

    WS000221.jpg

    WS000220.jpg

    リーグ20節は、ホームに17位Walsallを迎えた。
    前節のScunthorpeとは対照的に、ここ最近は調子が出ずに負けが込んでいる様子。
    ので、普段4-1-2-2-1でスタートすることが多い我がクラブだが、今節はやや攻撃的な4-4-2でゴリゴリ押し込んで戦う作戦でいくことにした。


    Results

    WS000226.jpg

    WS000225.jpg

    リ押し大成功!
    開始早々にキットソンが先制点を挙げると、その後も押し気味で試合を進め、68分には3列目から飛び出したロブソンが、83分にはCKをハーフボレーで合わせたヒギンボザムが得点をあげ、結局3-0と余裕の勝利を収めた。
    4-4-2悪くないなぁ。DMを配置しないため、DFラインにいつもより負荷が多くかかるので、基本的に格下相手にしか使えないかと思うが、力で押し込むことのできる相手には効果がありそうな気がします。
    これから相手や状況に合わせて使っていこうかなー。




    WS000336.jpg

    今回記録した5試合の結果です。納得の5連勝!この勢いを持続したいものですね。

    WS000222.jpg

    20節まで消化時の順位表です。リーグ戦では4連勝中と絶好調なだけあって、2位と勝ち点差6をつけて首位を快走中。今年のノルマは優勝なので、早いとこ優勝を決めて安心したいものです。


    それでは、今回はここまで。

    [ 2013/04/21 22:38 ] Sheff Utd(12/13) | TB(0) | CM(0)

    不調。

    さて、今回はJohnstone's Paint Trophy2回戦から記録していきます。
    あまり耳に馴染みのない名前のカップ戦ですが、この大会はイングランドの3部および4部のクラブが参加するトーナメント方式の大会となります。「Johnstone's Paint」とは、スポンサーの会社名だそうです。(wiki参照)
    理事会はあまり重視してない大会のようですが、どうせ出るなら優勝を目指したいところですね。




    Doncaster Rovers vs Sheff Utd Johnstone's Paint Trophy 2回戦/2012.10.09(Tue)

    Starting Line-up

    WS000155.jpg

    Key Player

    WS000173.jpg

    劇的なPK戦での勝利を飾って勝ち上がった2回戦。
    相手はDoncaster Rovers。我がクラブと同じnpower Football League1に所属しており、現在の順位は12位と微妙な位置。
    しかし、中2日のアウェーゲームということで、ベストメンバーを組めないことから苦戦が予想される。
    相手も、サブのメンバーが一部出場している模様。キーマンはSTE.Sinclair、やたらと足の速いストライカーです。うちの鈍足DF陣で守りきれるのかなぁ。


    Result

    WS000158.jpg

    WS000157.jpg

    始15分までに2失点を喫する非常に苦しい展開。
    しかも、先制点は相手のキーマンに挙げたE.Sinclairに決められる始末。
    さらにE.Sinclairには66分にも決められ、結局この試合で2得点も許してしまった。キーマンとしてマークした意味ないじゃん。
    相手に裏を取られるのを警戒して、DFラインを深めに設定したのが失敗だったかなぁ。
    まぁ、理事会もこの大会は重要視してないみたいだし、気持ちを切り替えてリーグに集中していきましょう!




    Swindon Town vs Sheff Utd npower Football League1 第13節/2012.10.13(Sat)

    Starting Line-up

    WS000164.jpg

    Key Player

    WS000160.jpg

    WS000161.jpg

    WS000162.jpg

    ミッドウィークのカップ戦での敗戦を引きずらないためにも勝っておきたい1戦。
    しかし相手は6位と、プレーオフ圏内に位置するSwindon。しかもアウェー。
    とりあえず、特別は事は考えずにいつも通りの布陣、戦術で挑む。


    Result

    WS000166.jpg

    WS000165.jpg

    い敗戦。
    試合は、24分にCKからのこぼれ球を相手DFD.Situに決められて先制を許してしまうという苦しい展開。
    しかも、我がクラブの攻撃のキーマンロブソンキットソンが揃って絶不調。二人とも前半途中から評価点5点台で推移してしまう。後半に入っても持ち直す様子が見られなかったため、55分に二人同時交代。
    そこからやや攻撃が活性化するも、得点をするには至らず相手に勝ち点3を与えてしまった。
    ミッドウィークのカップ戦に続いての敗戦で、このシーズンで初の連敗。こりゃちとマズイかな・・・(  ̄_ ̄)




    Sheff Utd vs Crewe Alexandra npower Football League One 第14節/2012.10.20(Sat)

    Starting Line-up

    WS000170.jpg

    Key Player

    WS000167.jpg

    WS000168.jpg

    連敗を止めるべく臨んだリーグ第14節。この苦しいタイミングでホームで23位Creweと対戦できるという恵まれた日程。
    これは、全力で勝ちに、しかも圧勝をしてチームに勢いをつけたいところ。
    相手キーマンは共に中盤の選手。L.Murphyはテクニックが、C.Anekeはフィジカルが強いというバランスのとれたコンビ。この二人を自由にさせないことがポイントになるか。


    Result

    WS000172.jpg

    WS000171.jpg

    大苦戦。
    エースキットソンが前の試合に続いてこの試合でも絶不調。もう我慢ならんと、後半開始からマーフィーをトップに上げて左ウイングにクレスウェルを入れるという、キットソン不在時の恒例布陣に。
    結果的に布陣が功を奏し、マーフィー前線で潰れる→クレスウェルこぼれ球拾ってラストパス→フリンがGOAL。と、なんとか試合終了間際に得点を上げることができた。
    しかし、下から2番目のクラブ相手にこの出来では・・・。しかも、評価点では圧倒的に負けてるし。
    本格的に低迷期に入ってしまったんかなぁ。




    Doncaster Rovers vs Sheff Utd npower Football League1 第15節/2012.10.23(Tue)

    Starting Line-up

    WS000174.jpg

    Key Player

    WS000153.jpg

    WS000154.jpg

    リーグ第15節は、先のカップ戦で苦杯をなめたDoncauster戦。
    リベンジしてやる!と意気込んでいたが、前の試合2得点のSTE.Sinclairはなんとベンチスタート。彼はサブのメンバーだったのか・・・。
    で、代わり(?)に出てきたのがI.Hume。スピードは若干劣るが、バランスの良さはE.Sinclair以上。間違いなくこっちがエースですね、という感じ。
    ちなみに、キットソンには今節休んでもらいました。最近出来が悪いので、ちょっとしたリフレッシュ休暇的な意味合いで。これでまた復調とかしてくれたら助かるんだけどなー。


    Result

    WS000177.jpg

    WS000176.jpg

    んとか引き分け。という感じ。
    支配率も、シュート数も共に相手の優勢勝ちだった。
    マーフィーが開始4分で先制点を決めた時は、キットソンを休ませて正解!と思ったのだが、そんなに甘くはなかった。
    MOMは相手キーマンにも挙げたDCR.Jones。これまたYeovilのD.Burnを思い出させる空中戦専用機。身長201cmでジャンプ18とか、空中戦で勝てる気が全くしません( ̄◇ ̄)
    とりあえず、リベンジとはいかなかったが、前回敗戦を喫した相手から勝点1は持ち帰ることができた。




    Sheff Utd vs Colchester Utd npower Football League One 第16節/2012.10.29(Mon)

    Starting Line-up

    WS000186.jpg

    Key Player

    WS000178.jpg

    WS000179.jpg

    WS000180.jpg

    リーグ第16節は、ホームに9位Colchester Utdを迎える。
    ロブソンがイエローカードの累積で出場停止のため、マクドナルドを怪我明けぶっつけで復帰させることに。
    ここ最近不調のエースキットソンが前節休んだことで少しは復調できていればいいのだが・・・。


    Result

    WS000182.jpg

    WS000181.jpg

    WS000184.jpg

    ーフィーがリーグ&チームの最速ゴール記録となる20秒で先制した。
    しかし、前節と同じようにそこから2点目が奪えない。そうこうしているうちに同点に追いつかれてしまう。
    キットソンはこの試合でもやっぱり駄目。60分で途中交代してもらった。特に指示とかは変えてないのに、どうしてしまったんだろうか。
    そして、試合は2試合連続の追いつかれてのドロー。一時の好調は完全に鳴りをひそめてしまったようだ。




    Sheff Utd vs Southend Utd The FA Cup with Budweiser 1回戦/2012.11.03(Sat)

    Starting Line-up

    WS000187.jpg

    Key Player

    WS000185.jpg

    今週からFA杯が始まる。1回戦は4部所属のSouthend Utd。
    ホームでの試合だし、今度こそ大勝を飾って、ここ最近の停滞した雰囲気を打ち破りたいところ。


    Result

    WS000189.jpg

    WS000188.jpg

    さかの引き分け。
    大勝を飾って勢いづけるどころか、勝つことすらできなかった。これはマズイぞ。
    それにしても、これで3試合連続で追いつかれてのドロー。まさにドロー沼、なんとかしなくては。
    唯一の収穫は、途中出場したキットソンがゴールを決めたこと。これがきっかけになればいいのだが・・・。




    WS000278.jpg

    今回記録した6試合の結果です。
    いやーこれはヒドイ。カップ戦混じりとはいえ、6試合で1勝しかしてないとは・・・。
    しかも、ラスト3試合はいずれも先制して追いつかれてドローという情けない結果になってしまった。

    攻撃は取れて1点。守備は1点以上失点しまう。これでは勝てる訳がありません。
    さて、ここからどうやって立て直そうか考えてみます。


    それでは、今回はここまで。

    [ 2013/04/18 23:15 ] Sheff Utd(12/13) | TB(0) | CM(0)

    9月~10月。

    WS000169.jpg

    はい、いきなりですが理事会からの信用確認です。
    とりあえず、まだシーズンが始まって間もないところなので、理事会も様子見といった感じですね。
    ただ、チームの雰囲気と選手の移籍関連については高評価をもらえてるみたいです。
    こだわって獲得した2人のDMエンガルラザネッティの評価がすこぶる良いのは素直にうれしいですね。
    ただ、サポーターがクラブのサッカーが面白くないと思ってることがちょっと気になりますね・・・。

    ま、とりあえず勝利が最大のファンサービスと考えて頑張っていきましょう!
    それでは、リーグ第8節Preston戦から記録していきます。




    Sheff Utd vs Preston npower Football League One 第8節/2012.09.18(Tue)

    Starting Line-up

    WS000121.jpg

    Key Player

    WS000115.jpg

    WS000116.jpg

    WS000114.jpg

    前節から中2日で迎えた第8節は、ホームで最下位Prestonと対戦。
    第4節で怪我をしたキットソンンもこの試合から復帰。
    大量得点で景気よく勝ちを収めたい。


    Results

    WS000125.jpg

    WS000124.jpg

    ットソンが流石エースといった活躍。
    試合開始早々に、マーフィーのクロスを頭で合わせて自身の復帰を祝う先制点!
    さらに、後半12分にも裏へ抜け出し、キーパーとの1vs1を冷静に沈めて2点目。
    最下位相手に盤石の試合運びで、余裕の連勝を飾った。


    WS000123.jpg

    この試合の前半20分に、ヒルが足首のねん挫で負傷退場。試合後の検査で全治4~5週間と判明。
    左SBの控えがビミョーな選手なので、この選手の離脱は地味ながら痛いかもしれない・・・。




    Brentford vs Sheff Utd npower Football League1 第9節/2012.09.23(Sun)

    Starting Line-up

    WS000130.jpg

    Key Player

    WS000128.jpg

    WS000127.jpg

    WS000126.jpg

    リーグ第9節は、アウェイでBrentford戦。
    現在の順位は3位と、ここまでで初めての上位との対戦となる。
    優勝をするためにはアウェイとはいえ、絶対に負けは許されない。


    Results

    WS000132.jpg

    WS000131.jpg

    の試合でも、エースキットソンが後半開始早々に先制点を挙げる活躍を見せる。
    しかし、後半22分に相手右サイドからのクロスを逆サイドに走りこんだDL Barronに頭で合わされて同点に追いつかれてしまう。
    それでも何とか勝ち点1を持ち帰ろうと奮闘するが、試合終了間際にマグワイアが痛恨のO.G。
    相手が明後日の方向に放ったシュートが足に当たってコースが変わるという、なんとも不運なゴールが決まってしまった。
    そこから追いつくことができずに試合終了。上位対決は、相手に軍配が上がってしまった。
    まぁ、長いシーズンだし、こんな風にツイてない試合もあるさ(  ̄_ ̄)




    MK Dons vs Sheff Utd npower Football League1 第10節/2012.09.29(Sat)

    Starting Line-up

    WS000136.jpg

    Key Player

    WS000135.jpg

    WS000134.jpg

    WS000133.jpg

    前節の不運な敗戦を引きずらないためにも、勝っておきたい試合。
    相手は、21位Mk.Dons。
    メディア予想順位が5位、しかも各ポジションに能力のある選手がいるはずなのに、どうしてこんな所にいるんだろう?
    要注意人物はAlan Smith。能力的には3部ではもったいない選手。ってか、NewCastleとかにいたはずなのに、いつの間に3部にまで落ちてきてしまったん??


    Results

    WS000138.jpg

    WS000137.jpg

    要注意人物としてあげたAlan Smithはなんと試合直前に怪我したとの事で出場不可。
    なんか、結構怪我してるイメージのある選手なので、不思議と驚きはなかった。
    試合は、縦へのパスが効果的に通って、マーフィーエンガルラがそれぞれGOAL。前半のうちに2点を奪って楽な試合展開に。
    相手MCGleesonが29分に一発レッドで退場したのもあって、後半は疲労が溜まっていた選手を早めに交代させながら戦った。
    に、してもシュート4本だけだったとは・・・。後半もしかしたらシュートゼロじゃね?と思って確認したらやっぱりゼロでしたw




    Sheff Utd vs Coventry npower Football League One 第11節/2012.10.02(Tue)

    Starting Line-up

    WS000145.jpg

    Key Player

    WS000141.jpg

    WS000140.jpg

    WS000139.jpg

    前々節、Brentford戦に続いての上位対決。
    下位相手に勝ち点を稼いでも、上位同士の対決を落とし続けていたら流石に優勝は見えてこない。
    ホームの利を生かして、ここは絶対に勝っておきたいところ。


    Results

    WS000147.jpg

    WS000146.jpg

    圧勝!
    大事な試合でキットソンが大活躍をしてくれました!
    開始3分での先制点を皮切りに、今シーズンのリーグ戦初のハットトリック。
    ロブソンも、これまた今シーズン初の直接FKからのゴールを決めてくれるなど、初ずくめで景気のいい試合になった。
    上位対決でやっとの勝利。しかも圧勝ということで、チームも勢いに乗っていけるかな?




    Carlisle vs Sheff Utd npower Football League1 第12節/2012.10.06(Sat)

    Starting Line-up

    WS000150.jpg


    Key Player

    WS000149.jpg

    WS000148.jpg

    前節の大勝から中3日で迎えた17位Carlisle戦、ここも勝って連勝と行きたいところ。
    相手キーマンは、STL.Miller。速さはないが、高さと強さを持った厄介な選手。
    システムは、こっちも相手も4-1-2-2-1。お互いトップの選手の出来がカギを握りそうな気がします。


    Results

    WS000152.jpg

    WS000151.jpg

    点差は危険な点差。まさにこの言葉通りの試合となった。
    前半のうちに相手キーマンL.Millerに2点を決められる苦しい展開。しかも、2点目は前半ロスタイムという最悪のタイミング。
    このままではイカンということで、後半開始から4-1-2-2-1を捨てて、4-2-2-2(MC2枚&左右ウイング)と、攻撃的なシステムに変更。さらに、ゲームメーカーを一か八かで経験豊富なザネッティに託す。
    これが大当たりし、後半15分までに追いつくことに成功!さらに勢いに乗って後半36分、ついに逆転に成功する。
    前半、ウイングでくすぶっていたマーフィーを後半からトップに上げたら2得点もしてくれました。
    半ばやけっぱちの采配が奇跡的にハマって逆転勝利を収めた。やったね(´▽`)


    WS000156.jpg

    マーフィーキットソンが週間ベスト11に選出されました。マーフィーはCarlisle戦の大逆転勝利に、キットソンはCoventry戦のハットトリックにと大活躍だったので、これはうれしいですね。




    WS000223.jpg

    今回記録した5試合の結果。Brentford戦で足元をすくわれた以外はいい感じで勝利を重ねてます。
    キットソンがこの5試合で6得点。絶賛爆発中です!


    WS000163.jpg

    12節までの順位表。勝点で並ばれているが、得失点差で首位をキープ。さらに勝ちを重ねてこの位置を盤石にしたいですねぇ。



    WS000229.jpg

    そういえば、サポーターの皆様はこれでもクラブのサッカーは面白くないと懸念してるそうです。
    エースのハットトリックとか、2点差を逆転して勝利とかスタジアムで見てたらめちゃくちゃ興奮すると思うんだけどなー。。。
    いつか面白いサッカーと言わせてやるから見てろよ!



    それでは、今回はこれまで。
    [ 2013/04/15 22:42 ] Sheff Utd(12/13) | TB(0) | CM(0)

    怪我人と代表と。

    さて、引き続き日程を進めていきます。
    とりあえず、リーグ戦は開幕3連勝と、スタートダッシュに成功したので、このままの調子で行きたいところですね。

    そういえば、つい先日、親クラブを選定して提携を結びました。

    WS000024.jpg

    理事会に打診したところ、候補として見つけてきたのはこの4クラブ。
    なんか、ずいぶんと立派なメンツですね。うちの理事会もなかなかやるもんです。

    WS000025.jpg

    で、選んだのがNewcastle Utd。この4クラブの中では、最も格が下かと思われます。実際、支援金も1番少なかったし・・・。
    しかし、Newcastle Utdは以前プレイしたことがあり、割と愛着も湧いていたため、ほとんど迷うことなく選択しました。
    とりあえず、カバイエ貸してください。タダで。


    さて、それではリーグ第4節から記録していきます。



    Stevenage vs Sheff Utd npower Football League1 第4節/2012.09.01(Sat)

    Starting Line-up

    WS000082.jpg />


    Key Player

    WS000078.jpg

    WS000079.jpg

    WS000077.jpg

    3連勝で迎えたリーグ第4節は、アウェイでのStevenage戦。現在の順位は10位。
    フォーメーションは4-4-2ながら、DMを2枚置いたやけに引き気味の形をとってきました。
    カウンター狙いなんかな?


    Results

    WS000086.jpg

    WS000085.jpg

    4連勝!
    前半は、相変わらず微妙な展開。点は取られないが、チャンスらしいチャンスも作れない。
    しかし、69分にロブソンから裏への浮きパスを受けたマーフィーが、キーパーをかわして無人のゴールへ流し込んで先制!
    いつものように、後半に試合が動いて、勝利。開幕からの連勝を4に伸ばした。


    WS000084.jpg

    (ノ∀`)アチャー
    エースキットソンが肘を怪我して2週間の離脱。しかし、全治2週間の肘の怪我ってどんなんだろ?




    Sheff Utd vs Coventry Johnstone's Paint Trophy 1回戦/2012.09.04(Tue)

    Starting Line-up

    WS000091.jpg


    Key Player

    WS000089.jpg

    WS000088.jpg

    WS000094.jpg

    カップ戦1回戦。相手は、リーグ2位と好調なCoventry。
    カップ戦ということで、こっちも相手もサブの起用が目立ちます。
    そもそも、Johnstone's Paint Trophyは、3部と4部のクラブが参加するカップ戦なのに、1回戦で3部の1位と2位が対戦するってどうなのよ?もうちょっと楽な相手がよかったなー。


    Results

    WS000142.jpg

    WS000092.jpg

    WS000093.jpg

    合は終始攻め込まれるも、前後半ともに無得点で凌ぎ、PK戦で決着をつけることに。
    ここで、我がクラブのGKに神が降臨した模様です。
    PKを4本連続で止めるという、今まで見たことのない離れ業をやってのけてくれました。
    彼のおかげで1回戦突破!ありがとう!

    こちらが我がクラブの神です。
    Mark Howard (マーク・ハワード・GK)
    WS000095.jpg

    全体的にやや寂しい能力。年齢のこともあり、より若くて可能性を秘めたロングにスタメンを奪われている状況。
    このPK連続ストップで監督の評価も・・・変わんないかな?ゴメン。




    Bury vs Sheff Utd npower Football League1 第5節/2012.09.08(Sat)

    Starting Line-up

    WS000098.jpg


    Key Player

    WS000096.jpg

    WS000097.jpg

    カップ戦の劇的な勝利の勢いを持って臨んだリーグ戦。相手は下位に沈むBury。
    アウェイとはいえ、確実に勝利を持って帰りたいところ。
    が、マグワイアロングがU-19代表に召集されたため、それぞれ代役が出場することに。
    相手キーマンも、攻撃的な選手に集まっていることもあり、守備面に不安が残る。
    攻撃陣も、エースキットソンが不在の中、どこまで得点がとれるか。


    Results

    WS000104.jpg

    WS000099.jpg

    な予感が的中!
    開始早々、クレスウェルの得点で先制するが、その後守備が崩壊。
    なんとかマーフィーのゴールで後半途中に追いつくが、そのまま終了まで我慢できずに勝ち越しを許してしまう。
    開幕からの連勝が5試合目に、それも下位相手で止まってしまった。
    次の試合も、代表の2人は帰ってこない予定なので、守備の立て直しがカギになりそう。
    とりあえず、トレーニングの重点項目を守備に切り替えてみようかなぁ。




    Sheff Utd vs Portsmouth npower Football League1 第6節/2012.09.11(Tue)

    Starting Line-up

    WS000105.jpg


    Key Player

    WS000103.jpg

    WS000102.jpg

    WS000101.jpg

    前節に続き、マグワイアロングは代表に召集中。
    2試合続けて守備の崩壊は許されないが、結果はどう出るか。


    Results

    WS000107.jpg

    WS000106.jpg

    倒的に試合を支配して攻め続けるも、結局無得点。
    相手GKのファインセーブや、クロスバーに嫌われて最後までゴールを割ることができなかった。
    しかし、守備時は無失点で切り抜けて一安心。
    次節は代表組も帰ってくるので、また安定した試合運びができるようになるかな?




    Sheff Utd vs Yeovil npower Football League1 第7節/2012.09.15(Sat)

    Starting Line-up

    WS000110.jpg


    Key Player

    WS000113.jpg

    WS000109.jpg

    WS000108.jpg

    リーグ第7節は、ホームに17位Yeovilを向かえる。
    相手キーマンは、身長201㎝&ジャンプ18という、まさに空中戦専用機のDC D.Burnと、我がクラブの誰よりも走力のあるST P.Madden
    とりあえず、この2人に仕事をさせないようにして、勝利を目指したい。


    Results

    WS000112.jpg

    WS000111.jpg

    表帰りのマグワイアが攻守に大活躍!
    守備では、90分通して安定したプレイを見せ、相手に得点を与えなかった。
    攻撃では、後半開始早々にロブソンのCKをニアサイドに走りこみながらヘッドで合わせて決勝点を叩き出した。
    流石U-19代表!いい仕事しますわ。
    201cmの彼は、こちらのロングボール等は堅く跳ね返していたが、失点シーンでは別の選手のマークに付いていたようで、ペナルティエリアの中央付近に佇んでいましたw
    これでリーグ戦では、3試合ぶりの勝利を飾ることができた。この調子でまた連勝街道といきたいところですね。




    WS000214.jpg

    ここまで、リーグ7戦で5勝1敗1分で3位。
    やっぱり、ロングマグワイアが代表で欠けた2試合を落としたのが地味に痛いですね。
    キットソンが怪我をしてから得点力も落ちてきてるし・・・。
    まぁ、まだシーズンも始まったばかりなので、これから巻き返して行きましょう!

    それでは、今回はこれまで。


    順位表のSSを撮り忘れてしまった・・・(´・ω・`)

    [ 2013/04/12 22:42 ] Sheff Utd(12/13) | TB(0) | CM(0)

    シーズン開幕!

    シーズン開幕!の前に、一つだけ。
    今回、選択した国とリーグについて書いておきます。
    WS000029.jpg

    とりあえずは、こんな感じです。ヨーロッパを中心に、選手数が10万人以下になるように適当に選択してみました。こだわりとか、根拠は特にないです。2013からは、ゲーム開始後もリーグの追加・削除ができるようになったので、また気が向いたら多少変更するかもしれません。
    あと、監督をする予定はないのですが、動向を眺めてニヤニヤするためにJリーグパッチ(Football Manager with J)を入れさせていただきました。この場をお借りして、開発に携わった皆様にお礼を申し上げますm( _ _ )m

    ちなみにデータベースサイズは大、ディティールレベルはイングランド(1部&3部)、スペイン(1部)、ドイツ(1部)、イタリア(1部)に設定しました。おそらく、このPCではこれ以上の追加は厳しいんじゃないかなと思ってます。将来的に1部まで昇格できた時に、所属していた下部リーグの代わりにフランスかオランダのどちらかを入れるかもしれません。


    さて、それではいよいよ開幕です。




    Fleetwood vs Sheff Utd Carling Cup 1st Round/2012.08.14(Tue)

    Starting Line-up

    WS000032.jpg


    Key Player

    WS000035.jpg

    WS000034.jpg

    WS000033.jpg

    監督デビュー戦はCarling Cup 1回戦、相手は4部所属のFleetwood。週末のリーグ開幕戦に向けて弾みをつけるためにも、ここで負けるわけにはいかない。
    相手のキープレーヤーが中盤に集まっているので、そこでの支配率がカギになるかも。


    Results

    WS000039.jpg

    WS000037.jpg

    圧勝!とは全然言えない内容。59分にヒギンボザムがPKを決めて先制するまで、どっちに転ぶか全くわからない試合展開。
    先制した後は、セットプレイなどからポンポンと追加点が取れたが、中盤の支配率は最後まで相手が上回る形になってしまった。
    しかも、ロブソンが試合終了間際に負傷。幸い、大事には至らなかったが、週末の開幕を万全な状態で迎えるのは難しそう。
    MOMはキットソン。先制点につながるPKを獲得するなど、1G1Aと好調をキープしている。
    まぁ、とりあえずデビュー戦は無事に勝利。よかったよかった。



    Sheff Utd vs Leyton Orient npower Football League One 第1節/2012.08.18(Sat)


    Starting Line-up

    WS000042.jpg


    Key Player

    WS000040.jpg

    WS000048.jpg

    WS000041.jpg

    リーグ開幕戦。ホームにLeyton Orientを迎える。相手のメディア予想順位は16位、ホームでは勝つことが絶対条件になりそう。
    相手のシステムは4-4-1-1。全体的に能力が高い選手はいないので、圧倒したいところですね。

    Results

    WS000044.jpg

    WS000043.jpg

    利が絶対条件ながら、GKからのパスが相手ストライカーにカットされて、そのまま決められるという情けない形で先制を許してしまう。
    攻撃陣もピリッとせず、ビハインドを背負ったままハーフタイムに。
    が、ロッカールームでの監督のカミナリが功を奏したのか、後半に入ってCKからマグワイアザネッティが立て続けに得点して逆転に成功!
    そして、試合終了間際には、ロブソンがお返しとばかりに相手GKからのパスをカットしてそのままGOAL!
    なんとか逆転勝利を収めた。MOMは、このゴールとCKからアシストを1つ決めたロブソン
    前の試合に続いて、後半に入ってやっとエンジンがかかる試合に。
    このチームはあれか、「明日から本気だす!」みたいに「後半から本気だす!」とか言っちゃうヤツばっかなんか?


    WS000045.jpg

    ロブソンがリーグ週間ベスト11に選出されました。おめでとう!



    Crawley vs Sheff Utd npower Football League1 第2節/2012.08.21(Tue)


    Starting Line-up

    WS000049.jpg


    Key Player

    WS000050.jpg

    WS000051.jpg

    WS000052.jpg

    リーグ第2節は、アウェイでCrawleyと対戦。
    ディフェンス陣の能力がそこそこ高めだが、攻撃のタレントがあまり揃ってない印象。
    早めに得点できれば、楽な試合運びができそうかな。


    Results

    WS000054.jpg

    WS000053.jpg

    惑通り、フリンが比較的早い時間に美しいミドルシュートで先制GOALを決める。
    が、前半ロスタイムにGKロングのミスから追いつかれてしまう。ロングさん、2試合連続でやらかしはいかんですなぁ・・・。
    さらに、後半早々にエースキットソンが負傷退場してしまう。仕方なく左ウイングのマーフィーをトップに上げて、空いたウイングのポジションにクレスウェルを投入する。
    結果的にこの交代がうまくハマって、この2人がそれぞれ勝ち越し、ダメ押しゴールを決める。
    とりあえず、リーグは連勝発進!キットソンも大事には至らず一安心。このまま波に乗っていけるかな?

    ここで、この試合で活躍したフリンクレスウェルを紹介します。

    Ryan Flynn (ライアン・フリンM(RL),AM(RL))
    WS000058.jpg

    笑顔が素敵なナイスガイ。これといって特徴はないが、どの試合でも安定したパフォーマンスを見せる。
    左でも右でも起用できるので、何気に重宝している。やっぱりユーティリティープレイヤーは扱いやすいなー。


    Richard Creswell (リカルド・クレスウェル・M(L),AM(L),ST)
    WS000059.jpg

    攻撃陣では最年長の選手兼U-18コーチ。年が年なのでスピード・加速力は全くないが、チームワークや運動量の豊富さが特徴か。
    試合終盤で、点が欲しいけど煮詰まってて困ったなぁ、なんて時に投入すればいい仕事してくれそうな気がします。



    Sheff Utd vs Oldham npower Football League One 第3節/2012.08.25(Sat)


    Starting Line-up

    WS000062.jpg


    Key Player

    WS000061.jpg

    WS000056.jpg

    WS000060.jpg

    リーグ第3節はホームにOldhamを迎える。メディア予想順位、現在の順位ともに20位と、ここも絶対に勝っておきたい相手。
    前節負傷退場したキットソンも、大事に至らなかったため出場可能。
    開幕3連勝を目指して攻撃的にガツガツ行こう!


    Results

    WS000064.jpg

    WS000063.jpg

    ームで下位相手だったが、「しょっぱい試合」の一言に尽きる。が、とりあえず開幕3連勝。週2試合が続いて、スタメン陣に疲れが溜まってきてるのかな。
    得点者はサイドバックのヒル。能力的には、攻撃よりも守備を得意とするプレイヤーです。

    Matt Hill (マット・ヒル・D(LC))
    WS000065.jpg




    Cardiff City vs Sheff Utd Carling Cup 2nd Round/2012.08.28(Tue)


    Starting Line-up

    WS000068.jpg


    Key Player

    WS000076.jpg

    WS000074.jpg

    WS000075.jpg

    Carling Cup 2回戦はChampionship(実質2部)のCardiff Cityとの対戦。
    格上のクラブだけあって、流石に選手個々の能力が3部とは違う。
    ここ最近の連戦でスタメン陣に疲れが見えてきたので、思い切ってサブ中心でメンバーを組むことに。
    フォーメーションも、両ウイングを中盤まで下げた4-1-4-1で普段よりも守りを意識。


    Results

    WS000070.jpg

    WS000071.jpg

    当負け。といったところ。
    前半から押しに押されながらも、なんとか粘ったものの、後半開始直後にKim bo-Kyungに豪快に叩き込まれてしまう。
    76分に相手DCConnollyが2枚目のイエローで退場してからは、何度かチャンスを作ることができたが、結局ゴールには至らず。
    Carling Cupは2回戦敗退となった。




    8月戦績
    WS000080.jpg


    第3節終了時順位表
    WS000083.jpg

    開幕から3連勝を飾って、順調に首位を走る。
    今のところ、怪我で離脱している選手もなく、チーム状態も良い。
    このままの調子でどこまでいけるかなぁ。


    それでは、今回はここまで。
    [ 2013/04/09 21:59 ] Sheff Utd(12/13) | TB(0) | CM(0)

    プレシーズン

    就任したてのクラブでは、やることがたくさんありすぎて大変です。
    とりあえず、選手やスタッフの確認&入れ替えをして、シーズンを戦う準備をしなければ。

    WS000027.jpg

    はい、こちらがリーグ開幕時の選手一覧です。
    なんと、初期のメンバーにはDMを本職とする選手が一人もいなかったため、急いで2名ほど補強しました。
    シーズンを通して安定した守備をしようと考えると、どうしてもDMを配置したくなるんですよね。
    後は、将来性のある若手をリザーブやU-18から上げて、夏の編成は終了。
    一部選手の売却や期限付移籍で稼いだおかげで40Mほど予算があまりましたが、これは冬の移籍のためにとっておくことにします。


    それでは、今シーズンの主要な選手の紹介を。
    (選手名の読みがおかしいところもあるかと思いますが、ご容赦ください。)


    George Long (ジョージ・ロング・GK)
    WS000021.jpg

    弱冠18歳の正GK。飛び出しと予測力に不安が残るが、それでも控えの2人よりも上との判断。将来への期待込みでの起用となるが、結果はどう出るか。


    Danny Higginbotham (ダニー・ヒギンボザム・D(CL))
    WS000002.jpg

    このクラブの守備の要。Stoke Cityなどに在籍していた経歴をもつ実力者。スキルだけでなく、ベテランと呼ぶにふさわしいメンタル面の能力の高さも非常に魅力的。


    Harry Maguire
     (ハリー・マグワイア・DC)
    WS000003.jpg

    クラブ期待の若手DF。競り合いには強いが、スピード・敏捷性が物足りないのが難点。ロングと共に将来の成長に期待。


    Cristiano Zanetti (クリスティアーノ・ザネッティ・DM,MC)※新加入
    WS000023.jpg

    あのザネッティが未所属でいたので即契約。中盤の底で守備&攻撃の起点として期待。年が年なので、フィジカルの衰えは否めないが、スキルとメンタルの能力の高さは流石といったところ。



    Floribert N'Galula (フロリベルト・エンガルラ・DM,MC)※新加入
    WS000022.jpg

    同じくフリーで新加入のDM。中盤の底で潰し屋を担当してもらう予定であったが、その後加入してきたザネッティとの兼ね合いで守備的なMCを担当してもらう機会が増えるかもしれない。


    Barry Robson (バリー・ロブソン・M(RCL),AM(RC))
    WS000010.jpg

    中盤の攻撃的ポジションであればどこでもこなせる便利屋。が、能力的にMCで起用することが多くなりそう。攻撃を組立てるキーマンとしての活躍を期待。



    Kevin McDonald (ケビン・マクドナルド・MC)
    WS000013.jpg

    パス能力の高いMC。ロブソンといろいろカブってしまっているが、控えにしておくにはもったいない能力。なんとか共存する方法を考えなくては。



    Jamie Murphy (ジェイミー・マーフィー・AM(LC)ST)
    WS000014.jpg

    このクラブで最も走力のある選手。ストライカーが多いこのクラブにあっては、比較的層の薄いウイングを任せる場面が多くなりそう。


    Dave Kitson (デイヴ・キットソン・ST)
    WS000015.jpg

    このクラブのエース。速さはないが、高さと決定力で勝負する。プレシーズンでは、第2戦の開始から10分でハットトリックを決めるなど、5得点を挙げて実力を示した。


    以上です。その他の選手は試合で活躍した時などに順次紹介していこうかな。


    次に、今シーズン採用したフォーメーションを。基本的に4-1-2-2-1。プレイメーカーをロブソン、ターゲットマンをキットソンに設定。攻撃は、とりあえずキットソンに当てて、そこから両ウイングとセンターハーフが絡んで攻撃できたらいいな、という希望。守備は、こだわって獲得したDMと最終ラインに頑張ってもらおう。プレスとタックルは共に強めでガツガツと。でも、大量のカードや負傷者が出るようだったら少し考えなくてはいけないかも。
    あと、サブ戦術として両ウイングを下げた4-1-4-1も用意。相手や状況に応じて使い分ける予定です。
    WS000026.jpg



    最後に、プレシーズンマッチの結果を。
    WS000031.jpg

    結果は4勝1分。前後半でメンバーを大きく入れ替えながら戦った割には、いい成績だと思います。
    に、しても守備が安定しないなぁ。4部、5部のような格下相手でも、Schalkeのような超格上相手でも同じように失点するあたり、なんともつかみどころがない感じですね。
    まぁ、その辺はシーズンを戦いながら様子を見ていきたいと思います。


    それでは、今回はこれまで。
    次回はいよいよシーズン開幕です!

    [ 2013/04/06 22:41 ] Sheff Utd(12/13) | TB(0) | CM(0)

    就任。

    WS000001.jpg

    FIFA10をプレイしていた時にお世話になったSheffield Utdで監督業を開始。
    当時はChampionship(実質2部)に所属していたのですが、私がFootball managerを始めた2011以降は
    ずっとnpower League one(実質3部)に縛り付けられたまま・・・。
    と、いうことで、このクラブをもう一度プレミアの舞台に帰すことをとりあえずの目標に設定。



    WS000000.jpg

    クラブ情報はこんな感じ。
    愛称はThe Blades。シェフィールドは刃物産業が盛んな工業都市らしいので、それにちなんだ愛称になっているんですかね。
    スタジアムや施設はご覧のとおり立派なもんです。しばらくは理事会に掛け合わなくても良さそうかな。
    それよりも借金が・・・。クラブ評価額の3倍近い借入金ってどうなのよ?



    WS000011.jpg

    過去の実績はこんな感じ。
    プレミアを制したことがあると知ってビックリ。そして、それが100年以上前の話だったので2度ビックリ。
    そして、諮ったかのようにnpower League oneの優勝経験がない。ここに新しいトロフィーを掲げたいな。



    WS000019.jpg

    知らないうちに理事会から設定されていた目標です。
    なんか、こっちの意向は関係なく「リーグ優勝」らしいです。
    ま、いいんですけど、一言くらい確認して欲しかったな・・・。



    WS000017.jpg

    そして、今シーズンの予算はこんな感じ。
    当然のように移籍予算はゼロ。人件費予算もカツカツ。とりあえず、人員整理をして予算を確保しなければ、まともな補強はできそうにありません。
    その辺は今後、プレシーズンをこなしながら進めていきたいと思います。



    とりあえず、今回はここまで。


    [ 2013/04/04 23:50 ] Sheff Utd(12/13) | TB(0) | CM(0)





    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。