スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    シーズン終盤戦。

    さて、今シーズンも終盤戦に突入しました。
    リーグ戦では残り7試合の時点で2位Man.Cに7ポイント差をつけて首位を快走しています。
    カップ戦の方ではリーグカップ、FA杯では既に敗退してしまいましたが、今年参加している中で最も大きな大会であるCLではベスト8まで勝ち残っています。

    リーグ戦とカップ戦を合わせても、今シーズンも残すところあと10試合前後。
    最後まで全力で駆け抜けて、少しでもいい結果を手にしたいと思います(´▽`)


    それでは、順番に進めていきます。
    今回はCL準決勝の1st Leg、ホームにウクライナDynamo Kyivを迎えての一戦からの記録となります。


    Sheff Utd vs Dynamo Kyiv Champions League Quarter Final(1st Leg)/2017.03.29(Wed)

    Starting Line-up

    WS002389.jpg

    Key Player

    WS002390.jpg

    WS002391.jpg

    WS002392.jpg

    CL準決勝1st Legは、ホームにDynamo Kyivを迎える。
    相手は昨年のウクライナリーグで2位。
    今年のCLは3次予選からの参加となったが、激しい試合を制しながらここまで勝ち上がってきたようだ。
    直近の試合結果を見ると、国内リーグで3連敗中の4位と調子を落としている。
    今週はこちらのホームゲームとなるので、一気に畳み掛けて2nd Legを有利な状況で迎える事ができるように頑張りたい。


    Result

    WS002395.jpg

    WS002394.jpg

    レニウス劇場再び!
    この重要な試合で、昨年の大晦日に行われたBlackburan戦以来のハットトリックを達成してくれた。
    先日のChelsea戦で一発レッドを受け、リーグ戦3試合出場停止となってしまったストレスを少しは発散できたでしょうかw
    アウェイゴールを奪われてしまったのが少し残念だが、2点差という大きなアドバンテージを持って2nd Legに臨むこととなった。





    Norwich vs Sheff Utd Barclays Premier League 第32節/2017.04.01(Sat)

    Starting Line-up

    WS002399.jpg

    Key Player

    WS002396.jpg

    WS002397.jpg

    WS002398.jpg
    リーグ第32節は、アウェイで14位Norwichと対戦する。
    CL準々決勝の1st&2nd Legの間に行われる試合となるため、チームとして機能する(と思われる)ギリギリのレベルまでメンバーを落として臨む。
    とりあえずは負けなければいいや。


    Result

    WS002401.jpg

    WS002400.jpg

    の卵大活躍!
    試合は、スタッツを見ての通り相手に大きく支配をされながら進む苦しい展開。
    大事な試合の谷間とはいえ、いくらなんでもメンバーの質を落としすぎてしまったようだ。
    戦術を少しずついじりながら様子を見てみるが、試合の2/3が終わっても全く改善する様子が見られなかったため、64分からシステムを一か八かで4-4-2に変更すると同時に、期待の17歳STクリステスクを投入した。
    するとこれが大当たり!となった。
    投入してからわずか3分後の67分に、クラインツの挙げたクロスにうまく合わせて先制点を挙げると、80分には相手のミスからのチャンスを確実に決めてダメ押し点を叩き込んでくれた。
    本来であれば負け試合になるはずだったこの試合を、クラブの将来を背負って立つ金の卵の活躍によって勝ち試合にすることができた。





    Dynamo Kyiv vs Sheff Utd Champions League Quarter Final(2nd Leg)/2017.04.04(Tue)

    Starting Line-up

    WS002402.jpg

    Key Player

    WS002403.jpg

    WS002404.jpg

    WS002405.jpg

    CL準決勝2nd Legは、アウェイでDynamo Kyivと対戦する。
    先週末に行われたリーグ戦からわずか中2日であるが、前の試合をサブ中心のメンバーで戦ったおかげで主力陣の多くは万全のコンディションを持ってこの試合を迎える事ができた。
    1st Legを3-1で勝利しているため、こちらが大きなアドバンテージを持っているが、油断をしないように全力でぶつかっていきたい。


    Result

    WS002407.jpg

    WS002406.jpg

    決勝進出決定!
    アウェイの試合のため苦戦を強いられると思っていたが、前半25分までに2点を先行するという予想外の展開となった。
    この時点での2試合合計のスコアは5-1。しかもアウェイゴールでもこちらが優勢。
    さすがにここからの逆転負けはないだろう・・・と気を抜いた結果、きっちりと勝っておきたかった試合で追いつかれてのドローという残念な結果となってしまった。
    2点をリードした後もメンバーを落としたり戦術を変更したりという事は全くしてはいないのだが、監督の油断が選手に伝わってしまったのでしょうかw
    不満が全くない結果とはいかなかったが、2試合の合計スコアで5-3の勝利を収め、無事に準決勝に勝ち進むことができた。




    WS002410.jpg
    CL準々決勝の結果です。
    Celtic - Liverpool戦以外は、順当といった所でしょうか。
    さて、次の相手はどこでしょう。
    Man.Cだけはイヤだなー。



    WS002408.jpg

    WS002409.jpg
    CL準決勝の組合わせ抽選会が行われました。
    我がクラブの相手は前年度のポルトガルリーグチャンピオンであるPorto。
    非常に手ごわい相手であるが、一番当たりたくなかったMan.Cは回避できたのでヨシとしましょう!




    Mancester Utd vs Sheff Utd Barclays Premier League 第33節/2017.04.09(Sun)

    Starting Line-up

    WS002411.jpg

    Key Player

    WS002412.jpg

    WS002413.jpg

    WS002414.jpg

    リーグ第33節は、アウェイで4位Mancerster Utdと対戦する。
    相手は、シーズン序盤はやや出遅れていたものの、最終盤のこの時期にはきっちりとCL出場権内の4位につけるという、リアルで言うところのArsenalのような戦いぶりとなっている。
    直近の試合結果を見てみると現在5連勝中。
    しかも、相手はHull Cityから始まってLiverpool→Tottenham→Arsenal→Chelseaと、決して楽ではないどころか強豪クラブとの連戦で記録した連勝となっている。
    ミッドウィークにCLの試合を戦っているため、本来であれば少しメンバーを落として臨みたかった試合であったが、手を抜くとボコボコにやられそうな気がしたため、ベストに近いメンバーで臨むこととした。


    Result

    WS002417.jpg

    WS002416.jpg

    想外の楽勝!
    好調な相手とのアウェイ戦であったが、予想外の勝利を挙げる事ができた。
    その要因は、一言で言うと相手の自滅。
    メンバー表を見ての通り、相手のスタメンの多くがサブのメンバーだった。
    特に前線が酷く、能力的にもMan.Uのスタメンを張るには疑問符のつく選手が目立つ構成となっていた。
    リードを許して迎えた後半からはRVPNaniなどを投入してきたが、一度こちらに傾いた流れは変える事ができなかったようだ。
    この後行われた試合で2位Man.Cが敗れたため、残り5試合で勝点差は12。
    いよいよ優勝の二文字が手の届くところまで迫ってきたような気がします。





    WS002418.jpg
    この試合で1ゴールを挙げてMOMに選出されたエクダルが、リーグの週間ベスト11にも選出されました。
    おめでとう!




    Sheff Utd vs Brighton and Hove Albion Barclays Premier League 第34節/2017.04.15(Sat)

    Starting Line-up

    WS002419.jpg

    Key Player

    WS002420.jpg

    WS002421.jpg

    WS002422.jpg

    リーグ第34節は、ホームにBrghtonを迎える。
    この試合の後、中3日でCL準決勝1st LegのアウェイPorto戦が組まれており、ポルトガルまで行かなければならないため、少しであるがメンバーを落として臨むこととした。


    Result

    WS002425.jpg

    WS002424.jpg

    きな逆転勝利!
    試合は、21分にローテーション起用をしたマグワイアがオウンゴールを許すという残念な展開。
    しかも、ゴールシーンは鮮やか過ぎるダイビングヘッドw
    今度は是非相手ゴール前でやってください。お願いしますm(_ _)m
    その後は戦術的にもメンバー的に大きな変更をしないまま試合を進めていたのだが、後半に入ってからは何故かこちらのペースとなり、終わってみれば2-1の逆転勝利となった。
    終了間際にヴェアンブロームが2枚目のイエローを受けて退場になってしまうという残念な出来事があったが、それ以外は満足のいく結果となった。
    2位Man.Cも勝ったので勝点差12は変わらずだが、残り試合はあと4つ。
    次節、ホームで行われるEverton戦で引き分け以上ならば優勝が決まるという状況となった。





    Porto vs Sheff Utd Champions League Semi Final(1st Leg)/2017.04.19(Wed)

    Starting Line-up

    WS002426.jpg

    Key Player

    WS002427.jpg

    WS002428.jpg

    WS002429.jpg

    CL準決勝1st Legは、アウェイでPortoと対戦する。
    相手は前年度のポルトガルリーグのチャンピオンであり、この大会の前準優勝クラブ
    今年は国内リーグでここまで4位と苦戦をしているようだが、メンバーを眺めてみても我がクラブより良い選手が揃っているように見える。
    試合前の予想オッズも相手の勝利を予想する値がつけられており、苦戦を強いられることが予想される。
    とりあえず負けない事を目標に、できればアウェイゴールを挙げられたらいいなー。


    Result

    WS002432.jpg

    WS002431.jpg

    全予想外の勝利!
    スタッツを見ると何故勝てたか分からないほど一方的にやられているように見えるが、思ったよりも相手の攻撃に怖さを感じなかった。
    シュートも19本打たれているが、その内11本がエリア外からの力のないシュートや宇宙開発だったせいか、そこまで多くのシュートを打たれたという印象は残っていない。
    逆にこちらはシュート本数が少ない中でも効率よく得点を挙げる事ができ、結果的には相手よりも多くのゴールを奪う事ができた。
    なんとか凌いで本拠地に帰る事を目標としていた試合で、予想外の特大アドバンテージをゲットする事ができた。





    Sheff Utd vs Everton Barclays Premier League 第35節/2017.04.22(Sat)

    Starting Line-up

    WS002433.jpg

    Key Player

    WS002434.jpg

    WS002435.jpg

    WS002436.jpg

    リーグ第35節は、ホームに11位Evertonを迎える。
    この試合を含めて残すところあと4試合。
    で、2位Man.Cとの勝点差が12ポイントでることから、この試合で引分け以上でMan.Cの結果は関係なく優勝が決まる。
    ちなみに試合前のオッズはこちらの(W1.17-D6.00-L11.00)と、圧倒的に有利と予想されている。
    今節に優勝を決め損ねてしまうと最終節までホームゲームは予定されていないため、本拠地のサポーターの前で優勝を決めるためにも、この試合は勝利を至上命題として臨みたい。
    採用したシステムは当然のことながら攻撃的な4-4-2。
    早々に得点を挙げて有利な展開に持ち込みたい。


    Result

    WS002442.jpg

    WS002441.jpg

    プレミアリーグ優勝決定!
    前半ロスタイムに先制点を許す苦しい展開だったが、エースエクスラジャーが同点ゴールを挙げて引分けに持ち込んでくれた。
    2位Man.Cが同時刻で行われていたAston Villa戦をドローで終えたため、例えこの試合に敗れていても優勝は決定したのだが、負けて優勝が決まるよりもこの結果の方が気持ち的に断然良いものだったと思う。
    プレミア挑戦3年目で優勝という結果は出来過ぎな気もするが、とりあえずは大きな目標を一つ達成することができた。
    残すはCLのタイトルとなるが、こちらについてはハナから取れるものだと思っていないので、気持ちを楽に持って挑んでいきたいと思う。





    WS002437.jpg

    WS002438.jpg

    WS002439.jpg

    WS002440.jpg
    プレミア優勝に関する各種ニュースです。
    理事会、サポーターをはじめ、クラブに関わる人たち皆が喜んでくれているようで良かったです。



    WS002443.jpg
    マッキャンが試合中に脚を怪我してしまいました。
    離脱期間は約2週間とそこまで長期ではないのですが、時期が時期だけに怪我が治ってもコンディションが戻った頃にはシーズンが終了しているかもしれません。
    それでも1日でも早い復帰を願いたいと思います。



    WS002445.jpg
    今回記録した7試合の結果です。
    相変わらず守備が超不安定ですが、それを埋めて余りある攻撃陣の頑張りのおかげで無敗を継続しています。
    今回記録した分については、守備重視のトレーニングをして試合に臨んでいるはずなのにおかしいなぁ・・・。
    戦術そのものを少し見直さないといけないのかもしれませんね。



    WS002444.jpg
    第35節終了時点での順位表です。
    得点数&得失点差でも遂にMan.Cをかわしてトップに躍り出ました!
    このまま独走状態を維持してシーズンを終える事ができるように頑張っていきましょう!



    それでは、今回はここまで。
    次回はリーグ戦の消化試合の結果と、いよいよ大詰めとなったCLの結果を中心に記録していく予定です。
    スポンサーサイト
    [ 2014/01/29 00:06 ] Sheff Utd(16/17) | TB(0) | CM(2)

    2~3月。

    今回記録する7試合の予定です。

    WS002313.jpg
    FA杯5回戦は、ホームでのArsenal戦。
    4回戦のTottenhamに続いて非常に厳しい相手と対戦する羽目になってしまいました。
    今年は本当にクジ運が無いようです。
    リーグ戦の方は、第29節のChelsea戦を除いてボトムハーフとの試合が組まれています。
    アウェイでの試合が多いのが気掛かりですが、下位相手に取りこぼしのないように勝点を積み上げたいところです。
    そして、今回記録する中で最も重要な試合となるのがCL決勝トーナメント1回戦2nd Leg、ホームでのR.Sociedad戦。
    アウェイで行われた1st Legでは1-1のドローという結果を手にしているので、この結果を生かすためにも失点だけはしないような戦い方をしていこうかなと思っています。


    それでは、順番に進めていきます。
    今回はFA杯5回戦、ホームにArsenalを迎えての一戦からの記録となります。


    Sheff Utd vs Arsenal The FA Cup with Budweiser 5回戦/2017.02.12(Sun)

    Starting Line-up

    WS002314.jpg

    Key Player

    WS002315.jpg

    WS002316.jpg

    WS002317.jpg

    FA杯5回戦は、ホームでArsenalと対戦する。
    この試合の後、中2日でリーグAston Villa戦が控えているため、一部主力選手をサブに入れ替えた構成とした。
    採用したシステムは4-4-2。
    やや守備面に不安は残るが、今シーズンのここまで良い結果を出している戦術を持って臨むこととした。


    Result

    WS002320.jpg

    WS002319.jpg

    いついてのドロー。
    試合開始わずか6分にファン・デルホールンのミスから失点するという残念な立ち上がり。
    その後もパフォーマンスが改善する臭いがしなかったので、彼には前半だけで退いてもらった。
    試合の方は、69分にマッキャンマクレーンのクロスにうまく合わせて同点に追いつくが、勝ち越し点は奪えずそのままドロー。
    と、いうことで4回戦に続いて再試合が決定。
    WS002323.jpg
    はい、また最悪な所に飛び込んできやがりました。
    万全の態勢で臨みたかったリーグChelsea戦&CL決勝トーナメントR.Sociedad戦の前という嫌がらせレベルの事態。
    特に、Chelsea戦は中1日で迎える事に。
    なにしてくれるんだよ、もう・・・。




    Aston Villa vs Sheff Utd Barclays Premier League 第27節/2017.02.15(Wed)

    Starting Line-up

    WS002327.jpg

    Key Player

    WS002324.jpg

    WS002325.jpg

    WS002326.jpg

    リーグ第27節は、アウェイで9位Aston Villaと対戦する。
    相手がピッチ中央に人を集めたシステムを取る事が多かったため、DMを配置した4-1-4-1を採用した。
    また、右サイドハーフのトリッピアーに疲れが見えたため、代役として期待の17歳のクリステスクをスタメン起用した。


    Result

    WS002329.jpg

    WS002328.jpg

    ヤヒヤしたがなんとか勝利を手にできた。
    先発起用したクリステスクも、先制点を挙げる活躍を見せてくれた。
    また、前の試合で失点につながるミスをしてしまったファン・デルホールンも、試合終盤に決勝ゴールを挙げて見事に汚名を返上してくれた。




    Southampton vs Sheff Utd Barclays Premier League 第28節/2017.02.21(Tue)

    Starting Line-up

    WS002330.jpg

    Key Player

    WS002331.jpg

    WS002332.jpg

    WS002333.jpg

    リーグ第28節は、アウェイで16位Southamptonと対戦する。
    アウェイの試合とはいえ、下位相手に取りこぼしは許されない。
    きっちり戦って、きっちり勝点3を手に入れたいところ。


    Result

    WS002337.jpg

    WS002334.jpg

    っちまった・・・。
    前半6分に先制を許してしまうものの、前半30分までにエクスラジャーパミッチが立て続けに得点を挙げて逆転に成功する。
    が、喜んだのも束の間、逆転ゴールからわずか2分後に同点弾を浴びてしまう。
    もう一度勝ち越しを!と、システムを4-4-2に変更するなどの措置を施してみたが、結局同点のまま試合終了となってしまった。
    下位相手に勝てる試合を勝ち切れないという、残念な結果となってしまった。





    WS002338.jpg
    マクレーンが試合中に怪我をしてしまいました。
    離脱期間は約3週間。
    ここまで不動の左サイドハーフとして活躍していただけに、この離脱は痛すぎます。
    本来2番手であるべきクラインツもまだ負傷離脱中だし・・・。はぁーどうしよ。





    Arsenal vs Sheff Utd The FA Cup with Budweiser 5回戦/2017.02.25(Sat)

    Starting Line-up

    WS002339.jpg

    Key Player

    WS002341.jpg

    WS002342.jpg

    WS002343.jpg

    FA杯5回戦の再試合は、アウェイでArsenalと対戦する。
    この後、中1日で大事なChelsea戦が控えているため、主力2~3人を残してその他はサブのメンバーで挑むこととした。
    相手のメンバーを見てみても、さすがに控え選手の名前が多く見られる。
    一体どんな試合になるんでしょうか。


    Result

    WS002346.jpg

    WS002345.jpg

    転負け。
    18分にマグワイアがコーナーから先制点を挙げた時にはイケるか!と思ったが、やっぱり甘くなかった。
    ってか、後半開始から55分までの間にO.GiroudJ.WilshereS.Umtitiを次々に投入してくるとか、本気出しすぎでしょ・・・。
    決勝点を奪ったのもO.Giroudだったし・・・。
    結局、再試合のおかげで日程が厳しくなったという結果だけを残して、今年のFA杯の旅は終了してしまった。



    WS002354.jpg
    パミッチが週間ベスト11に選出されました。
    ミッドウィークに行われたSouthampton戦で、1G1Aを挙げてMOMに輝いたおかげでしょうか。
    おめでとう!




    Sheff Utd vs Chelsea Barclays Premier League 第29節/2017.02.27(Mon)

    Starting Line-up

    WS002347.jpg

    Key Player

    WS002348.jpg

    WS002349.jpg

    WS002350.jpg

    リーグ第29節は、ホームで5位Chelseaと対戦する。
    前の試合から中1日だが、主力陣の多くは休養十分のため全力を持ってぶつかっていく。
    相手の要注意人物はSTR.Lukaku
    今シーズンは怪我で2度ほど離脱しているものの、それをものともせず現在のところ得点王を独走している。
    彼に仕事をさせない事が、勝利への近道になりそう。


    Result

    WS002353.jpg

    WS002352.jpg

    くも悪くもヘレニウス劇場。
    前半の早い時間までに2得点を挙げるという大きな仕事をしたかと思えば、後半開始早々の48分に両足スライディングをかまして一発退場!
    まったく・・・一人でなにやってんのw
    その後、システムを4-1-4-0に変更して守りに徹し、相手の反撃をなんとか1点に抑えて勝つ事ができた。





    Sheff Utd vs R.Sociedad Champions League First Knockout Round(2nd Leg)/2017.03.01(Wed)

    Starting Line-up

    WS002355.jpg

    Key Player

    WS002356.jpg

    WS002357.jpg

    WS002358.jpg

    CL決勝トーナメント1回戦の2nd Legは、ホームでR.Sociedadと対戦する。
    前回アウェイで行われた1st Legは、1-1という結果を手に入れている。
    つまり、この試合で相手を完封すれば自動的に勝ち上がりが決まる、という事になる。
    ので、ホームでの試合であるが守備を意識した4-1-4-1を採用して試合に臨む。


    Result

    WS002360.jpg

    WS002359.jpg

    子抜けするくらいの楽勝!
    守備を意識して試合に入ったが、開始直後の4分にマッキャンが豪快に叩き込んで予想外の先制点を挙げる事に成功した。
    その後、同点に追いつこうと前掛りになる相手を嘲笑うかのように2点目、3点目を決め、あっさりと勝負を決めてしまった。
    次はいよいよ準々決勝。
    相手はまだ分からないが、一つでも上まで勝ち上がれるように全力で戦っていきたい。





    WS002362.jpg
    決勝トーナメント1回戦の結果が出ました。
    Juventus、PSG、そしてR.Madridが早々に姿を消すという波乱の展開となっています。
    に、してもCeltic・・・。
    PSGのホームで6-1で勝つとか、一体何があったんでしょうかw



    WS002361.jpg

    WS002363.jpg

    続いて行われた抽選会の結果、次のラウンドでの対戦相手が決まりました。
    次なる相手はDynamo Kyiv。
    さほど層は厚くないようですが、スタメン陣には各ポジションに一線級の選手がいるようです。
    クジ運にはやや恵まれた結果と言えそうですが、気を抜かずにきっちりと戦っていきましょう!




    Wigan Athletic vs Sheff Utd Barclays Premier League 第30節/2017.03.11(Sat)

    Starting Line-up

    WS002372.jpg

    Key Player

    WS002373.jpg

    WS002374.jpg

    WS002375.jpg

    リーグ第30節は、アウェイで13位Wiganと対戦する。
    今シーズンのリーグ戦も残すところあと9試合。
    2位Man.Cとの勝点差も9。
    優勝を目指して一つずつ勝利を積み重ねていきたいところ。
    ちなみに、前の試合で一発退場処分となったヘレニウスの処分が決定し↓
    WS002366.jpg
    この試合を含めて3試合の出場停止となってしまった。
    せっかく得点王の尻尾が見えてきたのに、そのチャンスを自分でぶち壊してしまったようです・・・。


    Result

    WS002377.jpg

    WS002376.jpg

    転勝利!
    この試合でも、最近の流行りとなってしまっている開始直後での失点でスタート。
    しかし、我がクラブの攻撃の柱パミッチが2アシストを記録する活躍を見せ、なんとか逆転勝利を収める事ができた。



    WS002378.jpg
    左サイドバックのハイダラが、試合中に怪我をしてしまいました。
    離脱期間は2~3週。
    先日のマクレーンに続いて、またしても左サイドの選手の離脱となります。
    おかげさまで我がクラブの左サイドは崩壊寸前ですヽ(`Д´)ノ




    Sheff Utd vs Swansea City Barclays Premier League 第31節/2017.03.26(Sun)

    Starting Line-up

    WS002379.jpg

    Key Player

    WS002380.jpg

    WS002381.jpg

    WS002382.jpg

    リーグ第31節は、ホームに最下位Swanseaを迎える。
    最下位相手のホームゲームという事で、当然のように採用したシステムは攻撃的な4-4-2。
    しかし、ここまでエクスラジャーと2TOPを組んでいたヘレニウスは出場停止中・・・。
    そこで白刃の矢を立てたのが17歳のSTクリステスク
    これまでエクスラジャーとはほとんど一緒にプレイした事が無いが、うまく機能するかどうか。


    Result

    WS002384.jpg

    WS002383.jpg

    げ切り勝ち!
    試合は支配するものの、思ったよりも得点を奪えないという嫌な展開だったが、きっちりと勝つ事ができた。
    ヘレニウスの代役として出場したクリステスクも、貴重なゴールを挙げて勝利に貢献してくれた。
    ちなみに、この得点をアシストしたのは19歳のクラインツ
    我がクラブの将来を担う10代の選手のホットラインで挙げるという、嬉しさ倍増のゴールとなった。





    WS002385.jpg
    この試合で右サイドバックとして出場していたキーンが怪我をしてしまいました。
    「a broken foot」って、もしかして骨折?
    全治は4~5ヶ月と重傷のようです。
    一足早く彼の今シーズンが終了してしまったようです。残念。





    WS002387.jpg
    今回記録した8試合の結果です。
    期間前半にやや不安定さを見せたものの、その後はなんとか勢いを取り戻す事ができたという印象。
    しかし、カップ戦を含めた8試合中7試合で失点しており、守備面での不安が残る結果となってしまった。
    しばらくはトレーニングを守備重視にしようかな。



    WS002386.jpg
    第31節終了時点の順位表です。
    我がクラブは2位に勝点差9ポイントをつけて首位を独走中!
    うまくいけば次回の更新で優勝報告ができるかもしれませんね(  ̄ー ̄)



    それでは、今回はここまで。
    次回はリーグ戦とCL準々決勝の結果などを記録する予定です。
    [ 2014/01/24 22:40 ] Sheff Utd(16/17) | TB(0) | CM(0)

    上位対決とかCLとか。

    早速ですが、今回記録する7試合の予定です。

    WS002305.jpg
    リーグ戦では23節のMan.C戦を皮切りに、25節のLiverpool戦、26節のArsenal戦と上位との試合が続く予定となっています。
    これだけでも十分厳しい日程だというのに、その前後にFA杯のTottenham戦とCL決勝トーナメント1回戦のR.Socisedad戦という強豪クラブとの試合が組まれており、主力の選手にはコンディション的に無理を押して出場してもらう事になってしまいそうです。
    どうか(大きな)怪我だけはしませんように( ̄人 ̄)


    それでは、順を追って記録していきます。
    今回はリーグ第22節、アウェイでのNewcastle Utd戦からの記録となります。


    Newcastle utd vs Sheff Utd Barclays Premier League 第22節/2017.01.10(Tue)

    Starting Line-up

    WS002249.jpg

    Key Player

    WS002250.jpg

    WS002251.jpg

    WS002252.jpg

    リーグ第22節は、アウェイでNewcastleと対戦する。
    本来はエースであるべきP.Cisseは、現在ふくらはぎの肉離れ長期離脱中のようだ。
    エースを欠いた相手に取りこぼすという失態は許されないので、きっちりと勝ちにいきたいと思う。


    Result

    WS002255.jpg

    WS002254.jpg

    ウェイで勝点3ゲット!
    今節は決して弱くない相手とのアウェイの試合という事で、やや守備的な4-1-4-1を採用して試合に臨んだが、これが思った以上に機能しなかった。
    仕方なく後半から4-4-2に変更し、今季ここまで好調を維持しているヘレニウスを投入した。
    するとこれが見事にハマり、68分にそのヘレニウスが豪快なシュートを叩き込んで先制に成功する。
    その直後に、相手オウンゴールで追加点を挙げるという運もあり、危なげなく勝点3を手に入れる事ができた。




    Mancester City vs Sheff Utd Barclays Premier League 第23節/2017.01.14(Sat)

    Starting Line-up

    WS002256.jpg

    Key Player

    WS002257.jpg

    WS002258.jpg

    WS002259.jpg

    リーグ第23節は、アウェイで2位Man.Cと対戦する。
    上位2クラブがぶつかる天王山は、お互いにほぼベストメンバーのガチンコ勝負となった。
    現在のところ勝点差6を付けてリードしている我がクラブとしては、この今節は「負けなければOK」という試合となるため、4-1-4-1を採用して先制点だけは奪われないように注意して試合に入っていくこととした。


    Result

    WS002262.jpg

    WS002261.jpg

    り勝ち!
    試合は、スタッツを見ての通り相手がほとんどの時間帯でペースを握る展開となった。
    しかし中盤以下全員で守備を固めた我がクラブに対して、相手は確率の低いシュートを打ち続ける事しかできなかった。
    実際、相手のシュート21本の内、PA内から放ったものはわずか5本。
    しかも、その内4本はCKからのシュートだったため、流れの中ではわずか1本しかまともなシュートを打てなかったようだ。
    逆に、我がクラブはシュート数は少ないながらも決定機を1つ&ハーフチャンスを2つ作る事ができ、その内の1つを途中出場のマッキャンが沈めて見事に勝利を挙げる事ができた。
    これで、我がクラブと2位Man.Cとの差は今季最大の9にまで広がった。





    Tottenham Hotspur vs Sheff Utd The FA Cup with Budweiser 4回戦/2017.01.22(Sun)

    Starting Line-up

    WS002263.jpg

    Key Player

    WS002264.jpg

    WS002265.jpg

    WS002266.jpg

    FA杯4回戦は、アウェイでTottenhamと対戦する。
    この試合の後、中1日でリーグ戦が組まれており、しかも苦手Tottenhamとのアウェイ戦という事で、半ば捨て試合的なメンツで挑むこととした。
    一応、理事会からの要求を達成するためには6回戦まで勝ち上がらなければいけないのだが、相手が相手だし、リーグ戦その他の大会で良い成績を残せばすべてがチャラになると信じて全力で捨てに行く。


    Result

    WS002268.jpg

    WS002267.jpg

    ミョーな結果、そして試合内容。
    相手の方が押していたのだから、いっそのこと勝ってくれれば良かったのに・・・といった感じ。
    で、この試合がドローに終わった事によって再試合が組まれる事になったのだが、これがまた最悪な日程に。

    WS002310.jpg
    よりによってLiverpool戦とArsenal戦の間に割り込んでくるという凶悪振り。
    Arsenal戦の後、中2日で迎えるCLのR.Sociedad戦に照準を合わせて主力陣を起用していく予定だったのが、この試合が割り込んできたせいで、いろいろとややこしくなってしまった。
    全く困ったもんですね。




    Sheff Utd vs Hull City Barclays Premier League 第24節/2017.01.24(Tue)

    Starting Line-up

    WS002269.jpg

    Key Player

    WS002270.jpg

    WS002271.jpg

    WS002272.jpg

    リーグ第24節は、ホームに18位Hullを迎える。
    FA杯Tottenham戦から中1日しかなかったが、先の試合で主力陣をまとめて休ませたおかげでコンディションはほぼ万全。
    格下と言ってもいい相手との試合となるため、確実に沈めるために4-4-2の攻撃的なシステムを採用した。


    Result

    WS002274.jpg

    WS002273.jpg

    待通りの勝利!
    開始直後から順調に得点を重ね、余裕を持った試合運びをすることができた。
    80分にヴェアンブロームが2枚目のイエローを貰って退場→その5分後に失点、というケチが試合の最後の方でついてしまったのが残念だが、兎にも角にも勝点3を危なげなく積み上げる事ができた。



    WS002275.jpg
    今シーズン絶好調のヘレニウスの代理人が契約条件の見直しを求めてきました。
    要求してきたのはヘレニウス本人ではなく、あくまで「代理人」ですが。
    このまま放置して不満が募っても面白くないので、取り急ぎ面談をしてみると・・・

    WS002276.jpg
    試しに強気に出てみたら、思ったよりもあっさりと納得をしてくれました。
    もしかしたら、本人はそこまで強い思い入れはなかったのでは?
    とりあえずは一安心ですが、

    「代理人タヒね」

    これだけは言わせていただきます。



    Sheff Utd vs Liverpool Barclays Premier League 第25節/2017.01.28(Sat)

    Starting Line-up

    WS002281.jpg

    Key Player

    WS002278.jpg

    WS002279.jpg

    WS002280.jpg

    リーグ第25節は、ホームに3位Liverpoolを迎える。
    前回対戦時にはアウェイでの試合で押しに押されたが、PKで挙げた虎の子の1点を守り切って勝利を挙げる事ができた。
    この試合も決して楽な展開になるとは思えないが、少しでもいい結果を残せるように頑張りたい。


    Result

    WS002283.jpg

    WS002282.jpg

    ぼた勝利!
    試合は開始から予想通り苦しい展開となったが、40分に相手MCT.Huddlestoneが2枚目のイエローを受けて退場したのをきっかけに流れを変える事ができた。
    退場直後の44分にエースエクスラジャーの得点で先制に成功すると、後半も一人少ない相手に対して安定した戦いを見せ、試合の最終盤にエクダルの得点でトドメを刺すというほぼ完璧な試合を見せる事ができた。





    WS002284.jpg
    クラインツが先の試合で足首を捻挫してしまいました。
    離脱期間は5~6週間。
    FA杯やCLの試合等が詰まってきて、過密日程となるこのタイミングでの離脱は痛すぎて言葉がありません・・・(-ω-;)




    Sheff Utd vs Tottenham Hotspur The FA Cup with Budweiser 4回戦/2017.02.02(Thu)

    Starting Line-up

    WS002286.jpg

    Key Player

    WS002287.jpg

    WS002288.jpg

    WS002289.jpg

    先日の試合がドローとなった事によって組まれたFA杯4回戦の再試合は、ホームにTottenhamを迎える。
    本来ならば先週末のLiverpool戦から休養十分で今週末のArsenal戦を迎えるはずだったのだが、思わぬ形でその予定が狂ってしまった。
    まぁ、いまさら愚痴を言ってもしょうがないので、開き直って全力で勝ちに行く事を目標に戦うこととした。
    恐らく、週末のArsenal戦は主力の多くが欠場する羽目になると思うが、現在のところ2位Man.Cまでの勝点差が9も開いているので余裕をかましてみることとした。


    Result

    WS002312.jpg

    WS002311.jpg

    クエスト通りの快勝!
    ヘレニウスがハットトリックの掛かったPKを失敗してしまうという残念な一幕もあったが、概ね満足のいく試合内容&結果となった。
    78分に負傷退場してしまったヴェアンブロームも、幸い離脱なしの軽傷という診断が下り、全てにおいて文句のつけようがない一日となった。





    Arsenal vs Sheff Utd Barclays Premier League 第26節/2017.02.04(Sat)

    Starting Line-up

    WS002291.jpg

    Key Player

    WS002292.jpg

    WS002293.jpg

    WS002294.jpg

    FA杯4回戦の再試合のおかげで中1日で迎える事になってしまったリーグ第26節は、アウェイで3位Arsenalと対戦する。
    ちなみに、この試合の後中2日でスペインまで飛んでR.SociedadとCLの試合を行う予定となっている。
    現在のところ2位に勝点差9ポイントを付けて首位を走っているということもあるので、この試合についてはドローで御の字という姿勢&メンツで挑むこととする。


    Result

    WS002296.jpg

    WS002295.jpg

    敗。
    アウェイのArsenal戦を、スタメンの大半をサブで構成したメンツで乗り切るというのは無理があったようだ。
    元々バックアップの選手層が薄い我がクラブが、このような策を取ったらこうなるよね(´▽`)という結果になってしまった。
    ま、おかげで主力の選手の多くがCLの試合に向けてしっかりと休養を取れたので、それでヨシとしましょう!





    R.Sociedad vs Sheff Utd Champions League First Knockout Round(1st Leg)/2017.02.07(Tue)

    Starting Line-up

    WS002297.jpg

    Key Player

    WS002298.jpg

    WS002299.jpg

    WS002300.jpg

    いよいよ迎えたCL決勝トーナメント1回戦は、R.Sociedadと対戦する。
    今週開催される1st Legは、アウェイでの試合となる。
    相手は現在のところリーグでは2強に続く3位に位置し、CLのグループリーグでもJuventusと勝点で並んでの2位通過をするなど、今シーズンは好調を維持しているようだ。
    とりあえず最低でもドローを、できればアウェイゴールを奪ってSheffieldに帰る事ができるように頑張りたい。


    Result

    WS002302.jpg

    WS002301.jpg

    んとかドロー。
    試合開始から予想に反して試合を支配することができ、35分にパミッチが良い形で先制点を挙げる事に成功した。
    この時点で「これはもしかしたら楽な試合になるかも?」と思ったが、それは大きな間違いだったようだ。
    先制点を奪われた相手は、突然目が覚めたかのように動きが良くなり、終わってみればボール支配率・シュート数共に完敗といった結果になってしまった。
    それでも、失点を前半ロスタイムに喫した1点に留め、アウェイで貴重なドローという結果を手にすることができた。





    WS002304.jpg
    今回記録した8試合の結果です。
    開幕から続けてきた好調の流れが、FA杯の再試合を境に変わってしまったような気がしますが、あまり深く考えないようにしたいと思います。
    とりあえず、リーグ戦で連敗だけはしないように次の試合に向けてしっかり準備をしたいと思います。



    WS002303.jpg
    第27節終了時点での順位表です。
    いくつかのクラブの消化試合数が少ないため暫定順位となっています。
    我がクラブは、現在のところ2位Man.Cより1試合少ない消化数ながら、勝点差5ポイントをつけての首位。
    残すは12試合。
    まだMan.U、Chelseaなどといった強豪クラブとの試合も残っており、先日のArsenal戦を落とした事によって決して余裕をかましていられる状況では無くなってしまったため、最後まで気を抜かずに戦っていきたいと思います。



    それでは、今回はここまで。
    次回はリーグ戦の結果プラス、FA杯5回戦&CL決勝トーナメント1回戦2nd Legの結果を記録していく予定です。
    [ 2014/01/16 23:30 ] Sheff Utd(16/17) | TB(0) | CM(0)

    良い感じ。

    FM2014の開始準備もだいぶ進んできました。
    先日ダウンロードしたMegapack6.0をはじめ、いくつかのMODの導入も終わり、順調順調!と思っていたのですが・・・

    Youtubeにログインできない・・・(FM2014上でのみ)

    いやー参りました。
    F&Qやフォーラムなどを覗いてみて、目に付いた解決方法を片っ端から試してみたのですが変化なし。
    試しに新しくアカウントを作成して試してみるも、やっぱりログインできず。
    もう3日間ほどこの問題と格闘をしているのですが、無事に解決する未来が全然見えなくなってしまったので、とりあえず放置する事にしました。
    はぁーーーどうしたもんか。


    それでは、気を取り直して本編を進めていきたいと思います。
    今回は、リーグ第16節Everton戦からの記録となります。


    Everton vs Sheff Utd Barclays Premier League 第16節/2016.12.03(Sat)

    Starting Line-up

    WS002181.jpg

    Key Player

    WS002183.jpg

    WS002186.jpg

    WS002184.jpg

    リーグ第16節は、アウェイでEvertonと対戦する。
    Evertonとは昨年は2試合やって我がクラブの2勝と、非常に相性が良い。
    「暫定」首位のMan.Cからその座を奪還するためにも、この試合には絶対に勝ちたいところ。


    Result

    WS002189.jpg

    WS002188.jpg

    当なドロー。
    開始7分にエクスラジャーのゴールで幸先良く先制するものの、そのあとが全く続かなかった。
    結局、74分にJ.Guidettiに同点ゴールを決められてドローに終わってしまった。
    また、相手の両サイドハーフ(J.GutierrezA.Robben)は年齢を重ねていたとはいえ、さすが名選手!といった動きを見せていたのが印象的だった。



    WS002190.jpg

    シモンが練習中に脳震盪をやってしまったようです。
    離脱期間は7~10日。
    幸い過密日程中ではないですが、1日でも早い復帰を願いたいと思います。




    Fulham vs Sheff Utd Barclays Premier League 第17節/2016.12.11(Sun)

    Starting Line-up

    WS002191.jpg

    Key Player

    WS002192.jpg

    WS002193.jpg

    WS002194.jpg

    リーグ第17節は、アウェイでFulhamと対戦する。
    Fulhamも我がクラブにとってはお客様(過去3勝1分0敗)と言える相手のため、是非とも勝っておきたい。
    Man.Cとの首位争いを勝ち抜くためには、相性のいい相手に2試合連続で取りこぼすことは許されないため、試合開始から2TOPの布陣を引いて攻撃的に出ることとした。


    Result

    WS002197.jpg

    WS002196.jpg

    勝!
    前半のうちに2TOPが良い働きを見せて立て続けに2点を取ると、後半開始直後にきっちり留めを指すという完璧な試合運びとなった。
    唯一残念なのが、この試合で軽傷を負ったエクダルが約3週間の離脱となってしまった事だ。
    幸い、今後しばらくは日程的に余裕のある時期であるが、1日も早く復帰してくれることを願いたいと思う。



    WS002195.jpg
    上で書いたとおり、試合中にエクダルが怪我をしてしまいました。
    離脱期間は約3週間。
    復帰するまでの代役は、昨年までスタメンとして活躍していたヴェアンブロームにお願いする予定です。



    WS002198.jpg
    トリッピアーが週間ベスト11に選出されました。
    先の試合でMOMを獲得したパミッチでなく彼が選出された点が少し謎ですが、とりあえずおめでとう!




    WS002199.jpg

    WS002235.jpg
    CL決勝トーナメント1回戦の組み合わせ抽選会が開催されました。
    我がクラブの相手はスペインのR.Sociedad。
    今シーズンは現在のところ、不動の2強を追いかける第2グループの先頭である3位につけているようです。
    決して侮れない相手なので、気を引き締めて行きたいと思います。
    他の注目カードとしては、共に今シーズンのリーグ戦で2位につけているInter対Man.C、昨年の準優勝クラブPorto対R.Madridといった辺りでしょうか。




    Sheff Utd vs Tottenham Hotspur Barclays Premier League 第18節/2016.12.17(Sat)

    Starting Line-up

    WS002206.jpg

    Key Player

    WS002200.jpg

    WS002201.jpg

    WS002202.jpg

    リーグ第18節は、ホームにTottenhamを迎える。
    直近2戦の相手と違い、Tottenhamとは過去5戦で3分2敗と絶望的に相性が悪い。
    今度こそ初勝利を挙げる事ができるように頑張りたい。


    Result

    WS002204.jpg

    WS002203.jpg

    手相手に初勝利!
    試合は前半だけで3点を先行するという、非常に楽な展開。
    が、後半開始から19歳の左サイドバックミランダを投入したのを皮切りに、54分に同じく19歳のクラインツ、そして73分には17歳のクリステスクという10代の選手に試合経験を積ませるために相次いで投入した結果、あっさりと主導権を奪われてしまい、終わってみれば1点差という危なっかしい試合になってしまった。
    いくら得点差が開いていても、苦手クラブ相手に舐めた事をやってはイカンという事ですね・・・。勉強になりましたm(_ _)m





    Sheff Utd vs Blackpool Barclays Premier League 第19節/2016.12.20(Tue)

    Starting Line-up

    WS002207.jpg

    Key Player

    WS002208.jpg

    WS002209.jpg

    WS002210.jpg

    リーグ第19節はホームにBlackpoolを迎える。
    この試合が終わるとリーグ戦も折り返しとなる。
    前節から中2日のため、サブの選手中心の構成となっているが、気持ちよく勝利して前半戦を〆たい。


    Result

    WS002213.jpg

    WS002212.jpg

    勝。
    やはり、と言うかサブ選手が中心であったため開始から相手に試合を支配されてしまう。
    前半はなんとか凌いだものの、これではマズイ事になりそうな気がしたため、後半からパミッチピアースの攻守のキーマンを投入して流れを変える事を試みる。
    おかげで後半は割と安定した試合運びを見せる事ができ、64分にヘレニウスがきっちり決勝点を決めて貴重な勝点3を手に入れる事ができた。



    前半戦終了

    リーグ戦の前半戦の結果を簡単に記録しておきます。

    WS002215.jpg
    まずは順位表。
    こちらもしばらく負けてないのですが、2位Man.Cも同じく調子が良いようで、なかなか差が広がってくれません。
    しばらくは我慢比べとなりそうです。


    WS002216.jpg
    続いて個人成績(リーグ)。
    エクスラジャー&ヘレニウスの自慢の2TOPが揃って得点ランキング4位に入っています。
    現在首位のR.Lukakuが負傷離脱中なので、得点王を狙うのであれば今のうちに差を詰めておきたいところです。

    それでは、引き続きリーグ後半戦の結果を記録していきます。



    Sheff Utd vs Stoke City Barclays Premier League 第20節/2016.12.26(Mon)

    Starting Line-up

    WS002220.jpg

    Key Player

    WS002221.jpg

    WS002222.jpg

    WS002223.jpg

    後半戦の緒戦となるリーグ第20節は、Stoke Cityをホームに迎える。
    Stokeとは今年の開幕戦で戦い、結果は2-1で我がクラブが勝利している。
    後半戦の開幕戦も同じように勝利を挙げて幸先の良いスタートを切りたいところ。


    Result

    WS002225.jpg

    WS002224.jpg

    しんでの勝利。
    先制しながらも、割とすぐに追いつかれるという嫌な展開だったが、試合終了間際のマクレーンのゴールでなんとか勝ちを拾う事ができた。
    これでリーグ戦4連勝!今後の日程を見た感じ、もう少し伸ばせそうな気がするので頑張っていきたい。





    Sheff Utd vs Blackburn Rovers Barclays Premier League 第21節/2016.12.31(Sat)

    Starting Line-up

    WS002226.jpg

    Key Player

    WS002227.jpg

    WS002228.jpg

    WS002229.jpg

    大晦日に組まれた一戦は、リーグ第21節のBlackburn戦。
    ここまでの対戦成績は3勝1敗。
    唯一の敗戦は、サブ中心で臨んだ昨年のFA杯での出来事だったため、リーグ戦ではここまで無敗。
    この試合もきっちり勝利をしたいところ。


    Result

    WS002231.jpg

    WS002230.jpg

    レニウス大爆発!
    昨シーズンの不調が嘘のように、今年は開幕からずっと好調を維持している。
    得点ランキングも知らぬ間に3位まで浮上してきた。
    トップを走っているR.Lukaku(Chelsea)まではまだ4点という決して小さくない差がついているが、この調子を維持していけば得点王も視野に入ってくる・・・かも?





    WS002237.jpg



    Sheff Utd vs Bradford City The FA Cup with Budweiser 3回戦/2017.01.07(Sat)

    Starting Line-up

    WS002238.jpg

    Key Player

    WS002239.jpg

    WS002240.jpg

    WS002241.jpg

    年明け1試合目はFA杯3回戦。相手は実質3部のLeague1に所属しているBradford City。
    格下相手の試合となるため、サブメンバーを多く起用した。中2日でアウェイNewcastle戦も控えている事だし。
    先日のリーグカップでは残念な緒戦敗退をしてしまっているため、同じ轍を踏まないようにしっかりと戦いたい。


    Result

    WS002243.jpg

    WS002242.jpg

    勝!
    試合内容、結果ともに力の差を見せつける結果となった。
    MOMは1G2Aを記録した期待の17歳STクリステスク
    こういったカップ戦などで結果を出して、少しずつ主力として活躍できるように成長していってもらいたいものですね(´▽`)






    WS002247.jpg
    今回記録した7試合の結果です。
    恐らく今まで記録してきた中で一番調子が良い時期を迎えているのではないでしょうか。
    この快進撃を支えているのは間違いなくヘレニウス
    Enerton戦を除く6試合で先発し、そのうち5試合で得点を挙げている。
    さて、この調子をいつまで続けて行く事ができるでしょうか。



    WS002236.jpg
    第21節終了時点での順位表です。
    2位Man.Cまでの勝点差がこれまでで最大の6に広がっています。
    ようやく折り返し点を少し過ぎた所ですが、これから先も1戦1戦きっちりと戦って「優勝」の二文字を目指して少しずつ前進していきたいと思います。




    それでは、今回はここまで。
    次回はMan.Cとの直接対決、そしてChampions Leagueの決勝ラウンド1回戦の結果などを記録していこうかなーと思ってます。


    [ 2014/01/10 22:47 ] Sheff Utd(16/17) | TB(0) | CM(2)





    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。