スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    選手紹介とか。

    さて、EFCFSR編の第2回です。
    今回は所属選手を紹介する予定ですが、その前に当箱庭の初期設定について少し。

    WS002747.jpg
    選択した国&リーグは上の通りです。
    データベースは「大」を選択し、選手総数は97,000人。
    今冬の移籍期間を反映したdbcファイルを使用させてもらってます。
    ディティールレベルはイングランド、スペイン、ドイツ、フランスの1部&自分達が所属しているフランス3部に設定しました。
    基本的にはFM2013で使っていた設定と同じような感じですね。

    その他MOD類は、フェイスパックやメタリックロゴ等を使わせてもらってますが、そちらの方はまた機会があれば紹介しようかなーと思ってます。


    それでは、本題に入っていきます。
    今回は、EFC Fréjus Saint-Raphaëlの選手紹介です。
    スポンサーサイト
    [ 2014/02/27 21:50 ] EFCFSR(13/14) | TB(0) | CM(0)

    就任。

    予定よりも少し早くなりましたが、FM2014始めました。

    WS002545.jpg

    就任したのは、フランス3部に所属する「EFC Fréjus Saint-Raphaël」
    略さずに書くと「Étoile Football Club Fréjus Saint-Raphaël (エトワール フットボル クラブ フレジュス サン-ラファエル)」
    とても長い名前のクラブ名になっているのは、2つの町の名前が入っているためです。
    一つはFréjus。もう一つはSaint-Raphaël。
    下の地図にある通り、フランス南東部に位置する2つの町のクラブが2009年に合併して今の形が出来上がったようです。
    [ 2014/02/18 23:30 ] EFCFSR(13/14) | TB(0) | CM(0)

    シーズン総括(2016/2017)。

    今季も全日程を終了しました。
    昨年と同様に、まずは理事会の信用から見ていきたいと思います。

    WS002515.jpg

    WS002514.jpg

    優勝を果たしたリーグ戦、そして準優勝となったCLについてはとても高い評価を貰えたようです。
    国内のカップ戦では不本意な成績に終わったものの、理事会としてはあまり気にしてないみたいですね(´▽`)
    それ以外の項目についても平均点以上の評価を貰えているようなので、まずまず良い感じではないでしょうか。
    にしてもCL決勝でMan.Cに敗れた結果への、ファンの大きな落胆の埋め合わせをして欲しいって・・・。
    これ以上の結果と言ったら、もう優勝するしかないじゃないすか、やだー。


    さて、それではいつものようにプレミアほか欧州主要リーグの結果と我がクラブの結果について簡単に記録していきます。


    WS002501.jpg
    今シーズンのBarclays Premier Leagueの結果です。
    我がクラブがMan.C以下を抑えて優勝という、最高の結果を手にすることができました!
    来季のCL出場を獲得したクラブは、昨年と全く同じメンツ(Sheff Utd,Man C,Arsenal,Liverpool)となったようです。
    EL出場権は5位に入ったMan.U、FA杯を制したEvertonとリーグカップを制したAston Villa、そして今季のELを制したTottenhamが獲得したようです。

    WS002522.jpg
    続いてチーム成績です。
    今季は得点数と失点数の両方でランクインすることができました!
    特に、昨季まで5位にも入る事が出来なかった得点数で、Man.Cに次いでの2位に入る事ができたのが非常に嬉しいところですね。
    失点数は昨季と変わらず2位。
    やはり、攻守共にバランスのとれた成績を残す事がこのリーグを制するために必要な事のような気がします。

    WS002502.jpg
    個人成績一覧です。
    得点王はChelseaのLukaku
    怪我の影響で幾度となく離脱をしており、シーズンを通じて30試合の出場に留まったのにもかかわらず、見事に得点王のタイトルをかっさらっていきました。
    地味に我がクラブの2TOP(ヘレニウス&エクスラジャー)も4位&5位にランクインしています。
    アシスト王は同じくChelseaのE.Hazard
    昨年に続いて2年連続でのタイトル獲得となりました。

    WS002481.jpg
    リーグのシーズンベスト11です。
    昨年はファビアンスキとパミッチが選出されたのですが、今年はパミッチのみ。しかもサブでの選出。
    優勝クラブからここまで選出されないというのも珍しいのではないでしょうか。
    なんでや~ヽ(`Д´)ノ



    WS002480-1.jpg
    プレミアの年間最優秀監督賞みたいなやつを貰いました。
    受賞歴を見て気付いたのですが、昨年に続いて2年連続の受賞との事らしいです。
    昨年のニュースが全く記憶に残っていないので、きっと光の速さで読み飛ばしてしまったんでしょう(-ω-;)
    WS002541.jpg




    ここからは我がクラブのチーム&個人成績を記録していきます。

    WS002523.jpg
    まずは年間成績です。
    10月から2月にかけて、24戦連続無敗を記録しました。
    この時期は先制すれば当然のように勝ち、例え先制されたとしても追いつき逆転するという勝負強さがありました。
    逆に残念だったのがシーズンの最終盤。
    シーズンを通して6試合あった無得点試合のうち、実に4試合がこの時期に集中しています。
    おかげでCLのタイトルも取り逃す結果となってしまいましたし・・・。
    うーん、残念。

    WS002517.jpg
    続いてチーム成績です。
    今季のチーム内得点王は、昨年わずか3得点(リーグ戦では1点のみ)に終わったヘレニウスが29得点(うちリーグ戦20得点)を挙げて輝いています。
    今季から2TOPの布陣を積極的に採用するようになった事が、彼にとって転機になったのかも知れません。
    実際、得点を挙げた場面の9割が2TOPの布陣を引いた時でしたし。
    アシスト王は、トリッピアーが16アシストを挙げて獲得しています。
    そして今季の監督的MVPは、昨年と同じくパミッチとしたいと思います。
    数字的には昨季に及ばなかったものの、抜群の安定感で今季も我がクラブの攻撃の軸として大活躍してくれました。

    <チーム得点王:29得点>年間MVP
    Nicklas Helenius (二クラス・ヘレニウス・ST, AMC)
    WS002518.jpg

    <アシスト王:16アシスト>
    Kieran Trippier (キーラン・トリッピアー・D(R), WB(R),M(R))
    WS002519.jpg

    <年間MVP>
    Zvonko Pamic(ズボンコ・パミッチ・MC,AMC)
    WS002542.jpg




    ここからはヨーロッパの主要リーグの結果について簡単に記録しておきます。
    昨年と同様、ディティールレベルを設定している4カ国(スペイン、ドイツ、イタリア、オランダ)について順番に記録していきます。

    <Liga BBVA>
    WS002503.jpg
    リーガ・エスパニョーラは今年もR.Madridが優勝をしたようです。
    なんと、今回の優勝で五連覇となりました。
    そしてBarcelonaは今年も2位。
    しかし、優勝したR.Madridとの勝点差が9ポイントもあり、接戦の末に優勝を逃していた今までとは少し様子が違うようです。

    WS002504.jpg
    得点王にはR.SociedadのJ.Rhodesが輝いています。
    我がクラブとCLで対戦した時にも、アウェイで行われた1st Legでゴールを決められた苦い思い出のある選手です。
    アシスト王はR.MadridのL.Modric
    この選手は、毎年のようにランクインしているような気がしますね。


    <Bundesliga>
    WS002505.jpg
    今年のブンデスリーガはBayern Munchenが3年ぶりの優勝を果たしています。
    CLでグループステージ敗退という結果に終わったおかげ(?)で、リーグ戦に集中できた結果でしょうか。
    その他の上位陣は、例年に比べるとやや見慣れないクラブが食い込んでいます。
    そしてどうしたDortmund・・・。
    昨季の優勝クラブが、優勝争いはおろかCLの出場権の獲得にも失敗するとは・・・。やっちまいましたな。

    WS002506.jpg
    得点王にはHannoverのA.Sobiechが、アシスト王にはDortmundのM.Götzeがそれぞれ輝いています。
    A.Sobiechという選手は少し覚えがなかったため調べてみたところ、今季はイングランド2部のBlackburn Roversに所属しており、これまでに16ゴールを挙げてリーグ得点ランキングの2位タイとなっているようです。
    これからの活躍次第では、上のカテゴリでも見かけるようになるかもしれませんね。(´▽`)


    <Serie A>
    WS002507.jpg
    セリエAは今年もjuventusが優勝しています。
    これでとうとう四連覇ですね。この連覇を止めるのは一体どのクラブになるのでしょうか。
    ちなみに、CLと並行してリーグを戦ったPalermoですが、今年は5位に入ってELの出場権を獲得したようです。
    一昨年は同じ状況で11位と沈んでしまった事を考えると、ずいぶんクラブとして力を付けたみたいですね。

    WS002508.jpg
    得点王はL.Hallenius、アシスト王はM.E.Schelottoが輝きました。
    リアルでのSchelottoは今シーズンからSassuoloに放出され、さらにこの冬の移籍期間でParmaにローン移籍に出されてしまうというなかなか厳しい道を歩んでいるようですが、Interにいた時にこのくらいの成績を残せていたら、きっと違う未来になっていたんでしょうね・・・。


    <Eredivisie>
    WS002509.jpg
    エールディビジは、2年ぶりにPSVが優勝を果たしたようです。
    そして2位に入ったのがFeyenoord。
    ここ数年の低迷を脱し、久しぶりのCL出場権を手にしたようです。

    WS002510.jpg
    得点王に輝いたのはM.Rondon、アシスト王はL.Narsinghとなりました。
    昨年アシスト王に輝いたS.Pepeは、今年は11アシストを挙げて4位に入っています。
    33歳という年齢を考えると、この成績は立派なもののような気がします。




    最後に、CL&ELの結果を記録しておきます。

    <UEFA Champions League>
    WS002511.jpg
    UEFA Champins Leagueの結果です。
    Man.Cが2年ぶりの優勝を果たしています。
    決勝で敗れてしまったとはいえ、我がクラブも期待されていた以上の成績を残す事ができたんじゃないかなと思ってます。
    に、しても改めて見てみると対戦相手に恵まれてますねー。
    R.Sociedad→D.Kyiv→Portoと、所謂メガクラブと言われるクラブとの対戦が一度もないまま決勝まで辿り着くことができました。
    運も実力の内!ってことですかねw


    <UEFA Europa League>
    WS002512.jpg
    UEFA Europa Leagueの結果です。
    今年のELはTottenhamが優勝を果たしています。
    これで2年前のMan.C(CL)&Chelsea(EL)に続いて、プレミア勢で大陸間大会の優勝を独占する結果となりました。
    プレミア誇らしい!けど、同じリーグで戦うと考えるとやっぱり嬉しくないw




    それでは、今シーズンはここまで。
    そして、突然ですが今回のSheffield Utdの冒険もここまで。

    いろいろ考えたのですが、このブログの始めた時に目標にしていた「プレミア昇格」どころか「プレミア優勝」まで達成する事ができたましたし、決勝トーナメントに進出できれば御の字と思っていたCLでも「準優勝」という結果を手にすることができましたし、もう十分満足かなーみたいな(´▽`)



    次回は恐らくFM2014でのプレイを記録する事になると思います。
    新しく監督として舞い降りるクラブは・・・絶賛悩み中ですw
    Sheffield Utdの夢の続きを追いかけるか、全く違うクラブでプレイするか・・・。

    ダラダラとクラブの足跡だけを記録してきたので、攻略的な意味では全く参考にならなかったと思いますが、
    また気が向いた時に立ち寄ってもらえれば幸いです。



    とりあえず、放置していた「FM2014でyoutubeにログイン出来ない」の課題に再挑戦しなければ(`・ω・´)
    [ 2014/02/08 23:14 ] Sheff Utd(16/17) | TB(0) | CM(0)

    ~最終戦。

    今回記録する試合の日程です。
    WS002496.jpg

    既に優勝を決めているリーグ戦は残り3試合となっています。
    CLの方は準決勝Porto戦に勝利することができれば、リーグ最終節の後に行われる決勝戦に駒を進める事になります。
    ここまで来たら決勝まで行きたいですね!


    それでは、順番に記録していきましょう。
    今回は、CL準決勝Porto戦からの記録となります。


    Sheff Utd vs Porto Champions League Semi Final(2nd Leg)/2017.04.25(Tue)

    Starting Line-up

    WS002451.jpg

    Key Player

    WS002448.jpg

    WS002449.jpg

    WS002450.jpg

    CL準決勝の2nd Legは、ホームにPortoを迎える。
    アウェイで行われた1st Legで2-1の勝利を収めているため、非常に有利な状況で試合に臨むことができる。
    今回はホームの試合であるが、相手との実力差とスコアを考えた結果、守備に重きを置いた4-1-4-1で臨むこととした。


    Result

    WS002453.jpg

    WS002452.jpg

    シーズン最低の試合。
    守備を意識して試合に入ったにもかかわらず、開始2分に先制点を許すという情けない展開。
    ゴールを挙げたのはJ.Rodrigues。能力値を見てのとおり、素晴らしい選手です。
    試合終了後に冗談でスカウトしてみたのですが、必殺の「我がクラブへ入団する意図はないでしょう」でした( ̄ε ̄;
    ま、来たいと言われても評価額3.1Bの選手に払う移籍金などは用意できないんですけどねw

    結局、試合の方はそのまま0-1で敗れてしまったものの、アウェイゴールの差でなんとか決勝に進出する事ができた。
    後半開始早々に相手に退場者が出たおかげで1点差で済んだ、と言っても過言でない程の酷い出来の試合だった。
    審判さんありがとう!

    WS002461.jpg

    WS002462.jpg

    ・・・。
    ありがとうじゃねーーー。

    なんと、エースのエクスラジャーと不動の左サイドハーフのマクレーンを欠いて決勝戦を戦う羽目になってしまいました。
    折角ここまで勝ち上がってきたのに、この仕打ちはヒドイよ・・・。
    とりあえず、代わりの選手が活躍してくれる事を祈りたいと思います( ̄人 ̄)






    WS002455.jpg
    CL準決勝の結果が出ました。
    こちらの試合と同様に、もう片方の試合も接戦になったようです。
    Celticも予想以上の粘りを見せたのですが、結局PK戦の末にMan.Cが勝利を挙げたようです。


    WS002454.jpg
    その結果、決勝戦の相手はMan.Cに決まりました。
    今シーズンの対戦成績は1勝1分ですが、過去の通算成績は1勝3分2敗と負け越しています。
    さて、この大一番はどのような結果になるでしょうか。



    Tottenham Hotspur vs Sheff Utd Barclays Premier League 第36節/2017.04.30(Sun)

    Starting Line-up

    WS002456.jpg

    Key Player

    WS002457.jpg

    WS002458.jpg

    WS002459.jpg

    リーグ第36節は、アウェイで7位Tottenhamと対戦する。
    昨年までは非常に苦手としていた相手であるが、今年はカップ戦を含めた3試合で2勝1分。
    苦手意識を完全に吹き飛ばすためにも、この試合は絶対に勝っておきたいところ。
    ちなみに、採用したシステムは4-4-2。
    アウェイでの試合であるが、今年挙げた2勝がいずれも4-4-2で挑んだ試合であったため、相性を重視して戦術を決定した。


    Result

    WS002464.jpg

    WS002463.jpg

    敗。
    責任は、アウェイの試合にもかかわらず前掛りの戦術を採用した監督にあり、といったところですね。
    良く考えてみたら、この戦術で勝利を挙げたのは何れもホームの試合だったわー。
    はぁ・・・情けない。



    WS002465.jpg

    クリステスクがNorwich戦で決めたゴールが、月間ベストゴールの第2位に選出されました。
    この賞に関しては今まで全く縁がなかったので、2位に選出されただけですが思わず「おっ」っとなってしまいましたw





    Blackpool vs Sheff Utd Barclays Premier League 第37節/2017.05.07(Sun)

    Starting Line-up

    WS002466.jpg

    Key Player

    WS002467.jpg

    WS002468.jpg

    WS002469.jpg

    リーグ第37節は、アウェイで14位Blackpoolと対戦する。
    CL決勝を前にチームの雰囲気を悪くしないためにも、連敗だけは避けたいところ。


    Result

    WS002471.jpg

    WS002470.jpg

    当なドロー。
    リーグの優勝が決まってからCLを含めて3試合消化したのだが、未だ勝利を挙げる事ができていない。
    守備陣の踏ん張りで3連敗は避ける事ができたものの、ここまでチームの快進撃を支えていた攻撃陣が3試合連続無得点と、非常にマズイ事態となっている。
    CL決勝まであと2週間。
    それまでになんとか立て直さなければ。



    WS002472.jpg
    スペクターが週間ベスト11に選出されました。
    特に目立った活躍は見せていないように思えますが、他のクラブのサイドバックの選手が軒並みイマイチだったんでしょうか。
    ・・・なんて事を言ったら失礼ですよねw
    兎にも角にもおめでとう!




    Sheff Utd vs Fulham Barclays Premier League 第38節/2017.5.14(Sun)

    Starting Line-up

    WS002473.jpg

    Key Player

    WS002474.jpg

    WS002475.jpg

    WS002476.jpg

    リーグ最終節は、ホームに最下位Fulhamを迎える。
    ここ数試合は勝利を挙げる事ができていないが、来週行われるCL決勝に向けて景気よく勝っておきたいところ。
    ちなみに、相手はぶっちぎりの最下位で降格が既に決まってしまっている。
    開幕前の予想では中位に入る事が期待されていたのですが、一体何があったんでしょうか?


    Result

    WS002479.jpg

    WS002478.jpg

    行試合完勝!
    ここ最近、湿りに湿っていた攻撃陣がやっと息を吹き返してくれた。
    これで良い雰囲気を持ってCLの決勝戦に臨むことができる!
    ・・・と思ったのだが、この試合で1G1Aのエクスラジャー&1Aのマクレーンは決勝戦には出られない。
    残されたメンバーであのMan.Cから得点を奪う事ができるでしょうか・・・?
    正直言って不安です(-ω-;)





    WS002482.jpg

    この試合で1G1Aを挙げたパミッチが、週間ベスト11に選出されました。
    この勢いで来週のCL決勝戦でも活躍していただきましょう!



    UEFA Champions League Final

    WS002483.jpg

    いよいよ迎えたCL決勝戦。
    相手は宿敵Mancester City。
    リーグ戦に続いて、このビッグタイトルも目の前でかっさらってやるぜい。


    WS002484.jpg

    決勝の舞台はトルコにあるAtatürk Olimpiyat Stadı。
    収容人数が76,092人(wikipedia参照)なので、それを超えた超満員になる事が予想されているようです。


    WS002485.jpg

    WS002486.jpg

    下馬評では相手が優勢らしい。
    まぁ、選手層などを冷静に見れば当然だよね^^
    こっちはエクスラジャーマクレーンを欠いて、将棋で言うところの飛車角落ちみたいなことになってるし・・・。
    サポーターも悲観的になっているようだが、なんとかして最高のタイトルを届けてあげたい。



    Sheff Utd vs Mancester City Champions League Final/2017.05.20(Sun)

    Starting Line-up

    WS002487.jpg

    Key Player

    WS002488.jpg

    WS002489.jpg

    WS002490.jpg

    いよいよ迎えたCL決勝戦。相手はリーグ戦でも優勝を争ったMancester City。
    非常に手ごわい相手となるが、この大一番で負ける訳にはいかない。
    先に失点をしてしまうと苦しくなってしまうため、4-1-4-1を採用した守りの戦術を持って試合に臨む。
    Man.Cは3人並んだ2列目の破壊力が抜群であるため、DMシモンとDCの二人で中央を固めて彼らに仕事をさせないようにする事が重要になりそう。
    ちなみに、累積警告でこの試合を出場停止となってしまったエクスラジャーの代役は今季絶好調のヘレニウス
    2TOPの布陣であると輝きを放つが、1TOPを任せると全く別人になってしまう傾向があるので少し心配であるが、ここまできて泣き言も言ってられないので頑張ってもらおう。
    泣いても笑っても今シーズンの最終戦。
    結果はどうあれ、悔いの残らない試合をしたい。


    Result

    WS002493.jpg

    WS002492.jpg

    Champions League優勝!!

    準優勝・・・。
    粘りに粘ったが、延長戦で力尽きてしまった。
    DMシモン、そしてピアースファン・デルホールンのDCコンビの評価点が8点を超えている事が示す通り、半分以上はこちらのプラン通りに進んでいたはずなのに・・・。
    「残念。」
    今はそれ以外に書く言葉が見つかりません。
    夢の続きは・・・来シーズン、か?それともFM2014?






    WS002497.jpg

    今回記録した5試合の結果です。
    こうやって見てみると、攻撃陣の不調振りが深刻だった事に改めて気付かされます。
    もう少しうまく出来なかったのか・・・。
    最後の最後でいろいろと考えさせられる結果となってしまいました。



    それでは、今回はここまで。
    次回は、今シーズンのまとめを簡単にやる予定です。
    [ 2014/02/03 23:17 ] Sheff Utd(16/17) | TB(0) | CM(2)





    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。