スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    2017/18シーズン開幕!

    さて、今年いもいよいよ新しいシーズンが始まります。
    例年であれば、このまま開幕戦になだれ込んでいくのですが、今年は少し違います。
    そう、アレがあるんです。
    アレとは・・・そう、チャンピオンズリーグ予備予選の抽選会です(`・ω・´)
    リーグ開幕戦の前日という、絶妙のタイミングで開催された抽選会の結果をまず初めに紹介しときます。

    2017.08.11(Fri) The draws for 2017/18 UEFA Champions League play-off
    WS005303.jpg

    WS005304.jpg
    はい来ました。相手はInter!!
    ・・・。
    Interとかマジかー(-ω-;)
    これはかなり厳しいクジを引いちまったな・・・と思ったら、他のシードクラブもMan.Uをはじめとした立派なクラブしかいませんでしたとさ。
    やっぱり予選とはいえ、CLまであと一歩まで迫って来るようなクラブにウチのような弱小はいませんよねw
    ま、凹んでても始まらないので、とりあえずいつものようにスカウトを派遣してみると・・・

    WS005320-1.jpg

    ( ̄◇ ̄)・・・。
    これ、InterのようでInterちゃうやん!
    パッと見は「あーなるほどねー」って感じなんだけど、良く見ると「James Rodriguez」とか「Javier Hernández」とかがいて、どこのR.Madridですか?みたいな。
    で、仕舞いには何「El Shaarawy」って・・・。その移籍は基本的にやっちゃダメなやつでしょw
    いったい何が起こってるんだ・・・ということで調べてみたところ、この3人の移籍金だけでも計10B以上使ってるし、今年だけでなくここ数年は毎年のように10B近く使ってるし、どうしたのInter・・・。敷地内から石油でも湧いたの?
    とりあえず、こちらからしたら最悪の布陣で挑んでくる事間違いなし!といった雰囲気なので、あまり大きな期待をせずにその日を迎えたいと思います。
    やっぱりCLはストレートインするに限るね!プレーオフ怖いっす(´▽`)


    それでは、気を取り直して順番にやっていきましょう。
    今回はリーグ開幕戦、昇格組であるMontpelier HSCの本拠地に乗り込んでの一戦からの記録となります。
    選手一覧はこちら
    名前をクリックすると、各選手のプロフィールが表示されます。


    2017.08.12(Sat)
    Montpellier HSC vs EFC Fréjus Saint-Raphaël Ligue1 第1節

    Starting Line-up
    WS005305.jpg

    Key Player
    WS005306.jpg

    WS005307.jpg

    WS005308.jpg
    いよいよ迎えた開幕戦の相手は、昨年Ligue2で3位に入って昇格してきたMontpellier HSC。
    一昨年18位になって降格してしまった彼らだが、見事に1年で復帰を果たしたようだ。
    メンバーを見ると流石に一昨年と比べて半数近くは入れ替わってしまっているが、10番のE.HerreraやキャプテンのD.Congréといった中心選手は変わらず在籍しているようだ。
    といっても、昇格1年目だけあってチーム全体としては1部で戦うには戦力不足の感が否めない。
    今回はアウェイの試合だが、きっちりと勝ってこちらが勢いづく踏み台にしてやりましょう!


    Result
    WS005310.jpg

    WS005309.jpg

    WS005311.jpg
    半19分にE.Herreraに今シーズンのファーストゴールを決められてしまった。
    ウチの試合だけ他よりも2時間早くキックオフされてた関係で「先制点=シーズンファーストゴール」だったのになー勿体ない( ̄ε ̄;
    で、試合の方はというと、先制許した直後の28分にリパルトが同点ゴールを挙げて意気が上がるものの、結局最後まで勝ち越し点は奪う事はできず残念なドローに終わってしまった。
    唯一の収穫は、開幕直前にライバルを逆転して先発の座を射止めたマルキュイが思ったよりも良い動きをしてた事くらい。
    75分からシステムを4-1-2-1-2に変更した関係で途中交代となったが、期待してた以上に良い感じだった。
    こりゃしばらくは彼がファーストチョイスになりそうだなー。



    WS005312.jpg
    我がクラブ期待の新星スクリーニ(&他2名)がデビューを果たしました。
    相手ディフェンスラインの裏に走り込んだマルキュイにぴたりと合うパスを供給し、見事にリパルトの同点ゴールの起点となってくれました。
    それ以外のプレイでも別格の動きを見せてくれるし、やっぱりいいなーこの選手(´▽`)



    2017.08.16(Wed)
    EFC Fréjus Saint-Raphaël vs Toulouse FC Ligue1 第2節

    Starting Line-up
    WS005313.jpg

    Key Player
    WS005314.jpg

    WS005315.jpg

    WS005316.jpg
    ホーム開幕戦は、今年の残留争いに巻き込まれると予想されているToulouse FCが相手。
    前節はアウェイの試合だったので百歩譲って許すとしても、ホームに格下を迎える今節は絶対に取りこぼしは許さんぞ。
    ということで採用した戦術は、前掛りに攻めるにはもってこいの4-1-2-1-2。
    本当はディフェンスラインを高めに設定して相手を押し込みたかったのだが、残念ながら相手の前線に脚力のある選手が多くいるため、大人しくいつも通りのライン設定とした。
    あーあ、なんかの間違いでノイアー様とか移籍してきてくんねーかなー(  ̄_ ̄)


    Result
    WS005318.jpg

    WS005317.jpg

    WS005319.jpg
    った!けど、つまんねーぞおい。
    バイタルとハーフラインの間で鳥籠やって遊んでんじゃねーぞ。
    で、なに支配率60%って。そんな位置でボールを回して得た支配率に意味なんかないのよ。
    ガシッと守って、パッと前に出して、サクッとゴールを奪えって言ってるじゃん。。。
    ディアラのゴールが、最終ラインから4タッチでゴールまで行ってるのがいい見本じゃないか。
    支配率が高くても飯は食えないんだよ!縦に早く攻めようぜ・・・頼むよ!




    2017.08.20(Sun)
    Olympique de Marseille vs EFC Fréjus Saint-Raphaël Ligue1 第3節

    Starting Line-up
    WS005321.jpg

    Key Player
    WS005322.jpg

    WS005323.jpg

    WS005324.jpg
    リーグ第3節は、アウェイでOMと対戦する。
    OMの昨シーズンは今まで見たことないような酷い出来で、結局14勝7分17敗と負け越し&得失点差も-4の12位と、大きく期待を裏切るシーズンとなってしまった。
    一応、フランス杯を優勝して今季のEL出場権を獲得したおかげ(?)で監督交代はせずに今シーズンに臨んでいるのだが、本当に監督代えなくて良かったのかな?
    某監督のように繰り返す姿を見たくはないのよ。

    Result
    WS005326.jpg

    WS005325.jpg

    WS005327.jpg
    タッツの通り相手に攻められっぱなしの90分間だったが、何とか勝ち点1を拾う事ができた。
    ディフェンスラインを低くした時にはサヌーの方が安定してるね、やっぱり。
    39分に同点ゴールとなったO.Gを記録してしまってるが、ゴール前に9人くらい密集しているせいで何度リプレイを見ても何が起こったのかさっぱり分からずじまい。
    ま、とりあえず彼には「気にするな」とでも言っておこうか。
    それよりも、マルキュイが凄いんです。
    この試合でも先制点となるスーパーゴールを決めてMOMに選出されました。
    フリーランニングをすれば相手より前に、ドリブルをすれば一瞬で相手を抜き去る・・・彼の唯一の武器である「加速力」を余すことなく生かすプレイをしてくれています。
    実のところ、一時は放出リストにぶっ込んだ事もあるんですが、あの時に買い手がつかなくてホントに良かったーなどと思ってる今日この頃です。




    2017.08.23(Wed)
    EFC Fréjus Saint-Raphaël vs FC Internazionale UEFA Champions League play-off 1st Leg

    Starting Line-up
    WS005328.jpg

    Key Player
    WS005329.jpg

    WS005330.jpg

    WS005331.jpg
    昨シーズンのリーグ戦で3位になった我々が、チャンピオンズリーグに出場するためには避けて通れない関門、プレーオフ。
    相手は、よりにもよってInter。
    当箱庭のInterは何が起こったのかプチ金満化しており、それがメンバー表にも表れている。
    この圧倒的攻撃力を前に、我がクラブの豆腐ディフェンスがどこまで耐えられるのか!
    今回はこっちのホームだし、Interさんもウチのお客さんがドン引きしない程度のスコアに留めてくれるでしょう!期待してるよっ(´▽`)

    WS005332-1.jpg
    ホーム開催だというのに、このオッズ。
    キュヴィリエの不在が痛い?もはやそういう次元じゃねぇってばよ。


    Result
    WS005334.jpg

    WS005333.jpg

    WS005335.jpg
    れれぇ?
    Interはどうしちゃったのかな?( )
    ハッキリ言って攻撃陣は怖くない!
    連携が悪いとかミスが多いとか、そういう感じじゃなくて何かみんな下手くそだぞ?
    一方ディフェンスは思った通りの堅さだった・・・が、唯一無二の決定機をオタヴィオがきちんと沈めてくれたおかげで勝利を収めることができた。
    大敗を覚悟して臨んだ試合だったが、まさかまさかのアドバンテージを持って敵地に乗り込むこととなった。
    あれ?この展開どっかで見た事があるような。あの時も第2戦はイタリアだったような・・・。
    という事は、2nd Legはまた馬鹿試合になるんか?w



    WS005336.jpg
    昨年から安定したパフォーマンスを続けていた貴重なセンターバックのルメールが怪我をしてしまいました。
    幸い離脱期間は4~5日という短さですが、1週間後に行われる2nd Legには間に合わないかも。
    イタリア行くのが余計に怖くなったよママン・・・。



    2017.08.26(Sat)
    EFC Fréjus Saint-Raphaël vs Stade Rennais FC Ligue1 第4節

    Starting Line-up
    WS005337.jpg

    Key Player
    WS005338.jpg

    WS005339.jpg

    WS005340.jpg
    リーグ第4節は、ホームStade Rennaisを迎える。
    相手はここまで2勝1分無敗の2位と、非常に調子がいいようだ。
    が、ハッキリ言って私の頭の中は来週イタリアで行われる試合の事でいっぱいである。
    その試合で4-1-2-2-1を採用する事を既に決めているので、そこから逆算して戦術&メンバーを選択した。
    それにしても今年はディフェンスラインのやり繰りが楽だなー。
    昨年の守備の要だったダメが控えにいてくれるってのが心強いったらありゃしない。
    とりあえず、この試合は負けなければOKといった感じで臨む事とする。


    Result
    WS005342.jpg

    WS005341.jpg

    WS005343.jpg
    ノゼロ勝利!内容も良し。
    相手が戦前の予想とは異なるダブルボランチ戦術を採ってきたのを見て「オタヴィオ終わったな・・・。」と思ったが、そのオタヴィオが貴重な1点を挙げてくれた。絵に描いたようなごっつぁんゴールだったけど。
    兎にも角にも、これで2試合連続オタヴィオのゴールでウノゼロ勝利となった。
    欲を言えば、さっさと2点目を取って余裕の試合展開にしたかったなぁ。実際に取れるチャンスもあったし。
    ・・・ディアラ、お前に言ってんだよ。
    君一人で決定機1つ&ハーフチャンス2つ潰してんだよ?みんな頑張ってんだから決めるとこは決めてよ。
    次こそ頼むよ!このクラブのエースなんだから!



    WS005344.jpg
    と、思ったらそのエース様が離脱をしてしまいました。
    試合中に怪我(軽傷)をしたんで交代させようかと思ったんですが、「打撲の影響はなさそう」との判断を見てその交代を取り止めにしたのが結果的に失敗だったんかな。
    まぁ、9月の上旬に代表ウィークによる2週間の中断期間があるので、その間には復帰できるでしょう。




    2017.08.29(Tue)
    FC Internazional vs EFC Fréjus Saint-Raphaël UEFA Champions League play-off 2nd Leg

    Starting Line-up
    WS005345.jpg

    Key Player
    WS005346.jpg

    WS005347.jpg

    WS005348.jpg
    さて、とうとう迎えたCL予備予選2nd Leg。
    ホームで行われた1st Legで超予想外の勝利を挙げたため、この試合で引分けもしくは1点以上取っての1点差負けであれば、憧れのチャンピオンズリーグ本戦の舞台に立てる。
    が、忘れちゃいけない相手はあのInter。
    リアルでの緊縮財政などどこ吹く風。毎年のようにじゃぶじゃぶお金を使って怖いチームを作り上げてます。
    それもこれもインドネシア人オーナーのトヒル氏のせい(たぶん)
    リアルでは健全経営を掲げていますが、当箱庭ではそんなもん知るか!と言ってるのが聞こえてきそうな金遣いの荒さですw
    ま、そのおかげ(?)で名誉会長であるモラッティ氏とは(リアルとは違って)仲良くやっているようなので、それはそれでアリでしょうか。
    相手にとってはいい迷惑ですけどね(; ̄ー ̄)
    採用した戦術は、予定通り4-1-2-2-1。
    いつもよりもラインを低めに、両ウイングも守備に強制参加してもらうような指示をしときました。
    狙いはスコアレスドロー、もしくは1-1といったロースコアでの引分け。
    兎にも角にも、こちらのディフェンスがカギを握る試合となりそう。

    Result
    我がクラブの今シーズンの行方を左右する試合なので、例のように特別な形で記録してきます。

    前半
    まずは5分。
    WS005395.jpg
    J.RodriguezがPAのすぐ外からシュート!
    レダジョンソンが詰めていたにもかかわらず、しっかりと枠に飛ばすあたりは流石といった感じ。
    が、これはヴェロネーゼがセーブして事なきを得る。

    続いて13分。
    WS005393.jpg
    J.JesusがPA内からゴール左隅を狙ってシュート!
    めっちゃ鋭い弾道だったのに、S.Taïderがゴール真正面で頭で合わせてコースをを90度変えやがった。
    一方、ウチの守護神様はシュートコースを予測してゴール左にポジションを移していたので、完全に逆を取られて大ピンチ!
    思わず「ぐわぁー」と声が出てしまったが、最後の砦「ゴール・ポスト選手」が見事にボールを弾き出してくれた。
    ポスト君最高!だいすきっ!

    更に31分。
    WS005396.jpg
    バイタルの少し手前でボールを受けたS.Taïderから素晴らしい縦パスが入る。
    ディフェンスラインの裏を取ったJ.Hernándezが受けた時点でこの位置。
    これは完全に\(^o^)/と思ったが、J.Hernándezがボールを持ち替えている隙にジュヌボワが奇跡的に体を入れてボールを奪う。
    ふい~助かった~(´▽`)
    ちなみに、この試合は「全イベント」に設定して観戦していたのだが、この時点で既に12個目のハイライト。もちろん全て相手の攻撃。
    手元のメモを読み返してみたら「30分:ずっと相手のターン(12個)、長い、こわい」って書いてあった。

    41分。
    WS005408.jpg
    至近距離からN.Chadliにシュートを打たれる。
    幸い、ゴール右に外れるが心臓に悪い。
    ちなみに、このピンチの原因はロティエスのミス。
    頼む・・・頼むからこの試合だけは集中してやってくれ。

    前半終了
    なんとか前半を凌ぐ事ができた。
    それにしても酷い試合だ(-ω-;)一方的にも程があるぞ・・・。
    ちなみに、前半終了時点でのスタッツはこんな感じ。
    WS005349.jpg
    すごいね、まったく良いところがない。
    パス成功率46%ってなんなの?ナメてるの?
    もう開き直って、チーム&個人指示をドン引きをイメージしたものに変更する。
    もうスコアレスドローしか狙わない。
    1点でも取られたら諦める。もういい、それでいい。そんな感じ。

    後半
    後半開始早々の46分。
    WS005399.jpg
    J.Jesusがゴール正面からミドルシュートを放つ。
    ゴールまでまだ距離があったにもかかわらず、きっちりと枠に飛ばしやがった。ほんと怖えぇよ、やめてくれよ。
    ヴェロネーゼがファインセーブを見せてくれたから良かったものの、こんなの決まったら心が折れるわw

    ちょっと間が空いて65分。
    WS005400.jpg
    ゴール左、やや角度のないところからN.Chadliが思い切って狙ってきた。
    ヴェロネーゼが良い反応を見せたが、シュートはそのままゴールラインを割ってゴールキックとなった。

    その直後の66分。
    WS005402.jpg
    こちら唯一の決定機
    カウンターから、オリネルが相手ディフェンスラインの裏に抜け出す。
    頼むからこのまま決めてくれ~と祈って見ていたが、ヘンな態勢で放ったシュートはゴール右に外れる。
    中でリパルトがドフリーになってたんよー・・・無理矢理シュート打つくらいなら、中に折り返すとかしても良かったんじゃね?
    ま、いいや。それより守れ守れ!!

    86分。
    WS005401.jpg
    J.Hernándezと交代で入ったM.Icardiが、至近距離からニアぶちぬきを狙ってシュートを放つ。
    が、ここはヴェロネーゼが上手く締めてゴールを許さない。
    今日は当たってるねヴェロネーゼ!このまま最後まで頼むよ!
    なんだかんだで、長かった試合も残り5分を切った。
    少しずつ勝利を意識し始めた。心臓の音が聞こえる。

    87分。
    img_0.jpg
    iPadを持った妻が襲来。
    冬に向けて購入予定の「あったかスリッパ」のデザインを選んでくれとの事。
    とりあえず試合を一時停止して、残り3分+ATが我がクラブにとって如何に大事かという事を説明する。

    俺「かくかくしかじか・・・という事で、ちょっと待ってくれ」
    妻「知らんがな
    俺「ですよねー^^;」

    当家理事会の機嫌を損なうと、CLどころかゲームそのものができなくなる恐れがあるため、仕方なく「あったかスリッパ」の選定に付き合う。
    5分後、無事に話し合いが終わって試合に戻る。
    何故このタイミングなんだ(-ω-;)疲れた。

    90+2分35秒。
    WS005403.jpg
    主審が定めたAT3分まであと少し。
    ここでPA内でボールをキープしていたリパルトが、J.Jesusのスライディングを受けて倒れる。
    PK!!!と思ったが、主審の笛は鳴らず。
    が、相手の足に当たってゴールラインを割ったため、こちらのコーナーキックに。
    この時点で残りは25秒。
    オリネルがゆ~っくりボールをセットしたので、コーナーを蹴った時点で残り5秒。
    あれ?これってもしかして・・・

    ・・・
    WS005405.jpg

    WS005406.jpg

    WS005407.jpg
    やった~~~(´▽`)
    オリネルが蹴ったコーナーキックは、直接相手ディフェンダーにクリアされてしまったものの、そのボールがハーフラインに届く前に試合終了を告げる笛が吹かれた。
    一斉に頭を抱えるInterの選手。
    そして一斉に・・・喜んでないね、ウチの選手(; ̄ー ̄)
    よく見ると、まともに喜んでるのがセンターサークルの所にいるスクリーニだけっていうw
    ま、いいや。
    兎にも角にも2戦合計で1-0となり、クラブ史上初のCL本戦出場が決まった。



    スタッツ他はこんな感じ。
    WS005352.jpg

    WS005350.jpg

    WS005353.jpg
    酷いね。酷過ぎて笑える。
    でも勝ちは勝ち。
    チャンピオンズリーグ本戦に行くのは俺たちだぜ!



    WS005354.jpg
    プレーオフ勝利のニュース。
    組み合わせ抽選の時点で半分以上諦めていただけに、より一層うれしい結果となりました。

    WS005355.jpg
    出場しただけで10億円以上の賞金が出るチャンピオンズリーグ。
    他の大会と次元が違いすぎて笑える。
    こんなあま~い蜜の味を覚えちゃったら、この後の人生苦労するでぇーって感じしますね。

    WS005356.jpg
    他のプレーオフの結果です。
    軒並みシードチームが勝ち上がってます。
    勝ち損なったのが、下馬評でナンバー1とナンバー2と目されていたMan.UとInterという信じられない事態。
    ま、ELで頑張ってください^^;



    WS005351.jpg
    この感動的な結果の裏で、カラブエが重傷を負っていました。
    実を言うと、この試合が復帰戦&彼的今季開幕戦だったりしました。
    怪我の内容も靱帯損傷で全治6~7週間という、悪い方から数えたほうが早いというシロモノ。
    まさか・・・まさかお前もスぺランカーになっちゃったのか ((((;゜Д゜)))?



    2017.08.31(Thu)
    プレーオフ開催日からわずか2日後にCLの抽選会が行われました。
    WS005360.jpg

    WS005361.jpg
    我がクラブはグループH。
    同じグループにはR.Madrid、PSV、Viktoria Plzenの3クラブが入りました。
    ・・・。
    R.Madrid・・・。
    昨シーズンのまとめの記事の中で、「EFCFSR vs R.Madrid」とか違和感半端ないわwみたいな事を書いたら本当に実現してしましました。
    ねぇ神様、これはナメたこと書いたバチなの?
    しかし発想を変えれば、あのR.Madridと試合ができるという考え方もできますな。
    実際に今の時点では、怖さよりも楽しみにしてる気持ちの方が強い感じですし。

    その他のグループの組合せです。
    WS005358-1.jpg
    パッと見た感じ、いわゆる「死のグループ」的なものは無いみたい。
    一応、グループDがそれに一番近い感じかも。
    こう見ると、グループHはR.Madridがいるものの、割と恵まれた組合わせのような気がしてきた。
    なんかイケそうな気がする!きっと気のせいだけど。

    いつものように、取り急ぎ対戦クラブの視察を命じました。
    結果はこんな感じ。

    Real Madrid CF
    WS005363.jpg
    やっぱりそうだよねーという星の数。
    ST陣が寂しいように見えるが、それはC.RonaldoK.Benzemaといった反則級の主力陣が軒並み怪我で離脱してるから。
    ちなみに1週間後くらいにはほぼ全員復帰の予定なので、我がクラブとやる時にはベストメンバーで来る事でしょう。

    PSV Eindhoven
    WS005364.jpg
    1位抜けはR.Madridでほぼ決まりなので置いとくとして、2位抜けを狙うためには絶対に避けては通れない相手。
    星の数が表す通り、地力&選手層の厚さでは相手に分がありそう。
    さて、どうしたものかね。

    FC Viktoria Plzen
    WS005365.jpg
    グループリーグ突破のためには、絶対に取りこぼしは許されない相手となりそう。
    お願いだから邪魔しないでね(´▽`)



    2017.08.31(Thu)
    CLの組合せ抽選と同じ日に、夏の移籍期間が終了しました。
    Ligue1で200M以上の移籍金が動いた移籍は下の通りです。
    WS005392.jpg
    相変わらず上位はPSGやMonacoが絡んだ移籍が多くなってます。今年に限ってはOMも頑張ったみたいですが。
    それよりも「移籍金額トップ:Gotoku Sakai」ってマジか。
    移籍金の額もそうだけど、Dortmundからの移籍ですかー。
    なんだか知らぬ間にずいぶんと出世されたようですね。すごいや(; ̄ー ̄)

    一応、我がクラブの出入りについても記録しときます。
    WS005391.jpg
    今年の加入選手は、軒並み数百Mの移籍金を払って獲得しました。
    移籍金が数重MのLucioとEvanardは、両者とも10代の期待の若手枠です。
    一方、放出選手は全員ゼロ円移籍となっちまいました。
    フットボールディレクターに丸投げしたのが失敗だったかなー。



    2017.09.03(Sun)
    AS Saint-Étienne Loire vs EFC Fréjus Saint-Raphaël Ligue1 第5節

    Starting Line-up
    WS005367.jpg

    Key Player
    WS005368.jpg

    WS005369.jpg

    WS005370.jpg
    イタリアから帰ってきてから、わずか4日で今度はサン・テティエンヌで試合をする。
    ま、フレジュスからは割と近い部類に入るので、まだマシなんだけどね。
    相手は昨年5位に入る活躍を見せ、今年も開幕前のメディア予想では8位と、上位に食い込む力があると予測されている。
    が、ここまでは4試合やってなんと1勝3敗の勝点3で17位。特に監督や選手が流出した形跡はないのにどうしちゃったのかな?
    ま、とりあえずこちらとしてはチャンスなので、アウェイではあるが勝ちを狙っていく。
    採用したシステムは4-1-2-1-2。
    昨年はこの戦術で1勝1分という対戦成績だったので、今回も同じ戦い方をする事にした。


    Result
    WS005372.jpg

    WS005371.jpg

    WS005373.jpg
    クッと勝利。
    先制点を取るまで時間が掛かってしまったのがアレだが、試合自体はしっかりと支配をして勝ちを収めることができた。
    ちなみにロスタイムにゴールを決めたオリネルは、これが今季初ゴール。
    ここ最近は、自らの後継者であるオタヴィオに出番を奪われてしまっているが、やっぱりいい選手であることには変わりないですね。
    こんな選手をベンチに置いておけるなんで、ウチのクラブも逞しくなったもんだw



    2017.09.05(Tue)
    WS005374.jpg
    先の試合で先制ゴールを決めたルメールが、週間ベスト11に選出されました。
    おめでとう!



    2017.09.10(Sun)
    WS005375.jpg
    チャンピオンズリーグの優勝予想ニュースです。
    当たり前ですが、誰もウチのクラブが優勝するとは思っていないです。
    そもそも、こんなビッグクラブの方々と同じ土俵に立たせてもらう事自体有り得ない事なんですから。
    少しでも記憶に残る試合ができるように頑張っていきましょう!



    2017.09.16(Sat)
    EFC Fréjus Saint-Raphaël vs Racing Club de Lens Ligue1 第6節

    Starting Line-up
    WS005376.jpg

    Key Player
    WS005377.jpg

    WS005378.jpg

    WS005379.jpg
    久しぶりに中1週間空いて行われるリーグ第6節は、ホームにRC Lensを迎える。
    相手は、昨季に続いて今季も開幕前のメディア予想で最下位とされてしまった。
    昨季は1001倍のオッズを覆して残留を果たしたというのに(しかも13位で余裕の残留)、今年も昇格組を抑えての最下位予想となってしまったようだ。
    で、現在の成績はというと、5試合やって3勝2敗の勝点9で10位。
    なんや、立派な成績やん。
    いつもの事だけど、FM内のメディアさんは見る目がないようですなw
    とはいえ、上位を狙う我がクラブがホームで取りこぼしていい相手ではないので、全力で勝ちにいく。

    Result
    WS005381.jpg

    WS005380.jpg

    WS005382.jpg
    半9分に相手GKJ.VarasのO.Gで先制点を挙げると、その後も順調に追加点を挙げて終わってみれば3-0の完勝となった。
    J.Varasは、昔セビージャでプレイした時に主力として大事に使っていたが、まさかこんな所で恩返しをしてくれるとは思わなかったよ。ありがとう(´▽`)
    MOMは1G1Aを挙げたエモン
    先日の記事で書いた通り、今のところ今年で切れる契約の更新を渋っているが、いい選手を手放すのはとても辛い事なので何とか引きとめる方法を考えなければ。



    2017.09.19(Tue)
    WS005385.jpg
    ・・・って思ってたら、そのエモンが週間ベスト11に選出されました。
    こんな活躍されたら、フリーになるのを見越したオファーが絶対に来ますやん。
    どうしよう・・・どうしたら契約更新のテーブルについてもらえるんだろう?(-ω-;)



    突然Steamの話なんですが、なんか新しい実績を獲得しました。
    WS005383.jpg
    Parked The Bus。
    ゴール前にバスを止めてるような守備・・・ってイメージみたいですね。
    5試合連続無失点すら5年目にして初めてとか、もうちょっと真面目に守備について考えた方がいいかも・・・。

    WS005384.jpg
    今後さらに記録を伸ばして10試合連続無失点を記録すると、バスから戦車にグレードアップするようです。
    戦車とか、攻めてったら逆に打ち抜かれそうで怖いわw



    WS005388.jpg
    今回記録した8試合の結果です。
    色々あったけど、なんと無敗。
    やはりその原動力は守備の堅さでしょう。
    昨年までは3点取られても4点取る!みたいなサッカーをしてたのですが、今年は1点でもしっかりと守って勝ち切る強さを見せてくれています。
    特に昨季との違いが大きいのが両サイドバック。
    新加入のエランフィアモッツィがいい働きを見せており、両名とも平均評価点が7点を超えとります。
    このまま高評価を維持できれば、チームの成績も一緒に上向いてくるような気がしますね(´▽`)



    WS005389.jpg
    第6節終了時点での順位表です。
    我がクラブは定位置の3位。
    ・・・イヤ、定位置にするつもりはあんまりないんですけどねw
    でも、上の2つがPSG&Monacoという盤石のメンツなので、勝手に落ちてくる事は期待できなさそう。
    とりあえずは、目の前の試合を一個ずつ勝って行く事に集中した方が良さそうですね(; ̄ー ̄)


    それでは、今回はここまで。
    次回はリーグ戦に加えて、いよいよ開幕するCLの試合も記録する予定です。
    スポンサーサイト
    [ 2014/11/23 00:52 ] EFCFSR(17/18) | TB(0) | CM(2)

    はじめまして

    守備の堅さ…うらやましいです。
    1-0のサッカーより4-3のサッカーの方が好きですけど、安定した守備を見せたいとも思いますし。
    まぁ結局打ち合い上等で、勝ち点さえ取れりゃいいってことに切り替えてます
    にしてもホントにインテルはタブー犯してやりたい放題な感じですね(笑)
    CL良い結果になる事を祈っております!
    [ 2014/11/26 22:42 ] [ 編集 ]

    初めまして。

    おぉっ!ベルパータウンの監督様ではないですか。
    こちらこそ初めまして。

    守備の堅さ…ですか。
    今回の記事では堅いように見えるかもしれませんが、実は全然堅くないんですよね…。
    過去記事を見て頂ければ分かると思いますが、このクラブも大概ザル守備ですよw
    まぁ、このクラブについては守備よりも攻撃をウリにしようと思っているので、この先も根本的に守備が改善される日は来ないと思います。たぶん。

    CLについては、今年は大きな期待をしないで参加するつもりです。
    そもそも、本戦まで辿り着いたのがラッキーといった状態なので。
    現時点での目標は「せめてELに回れる順位には入る!」といったところです(´▽`)

    更新間隔が長くなってしまいがちですが、また良かった寄ってみてください。
    こちらもダイスさんが”旅人”になってしまわないように、遠いところからですが応援してますね!
    [ 2014/11/26 23:56 ] [ 編集 ]

    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://isoyaki1.blog.fc2.com/tb.php/101-59b1ec57







    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。