スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    妙な条件。

    さて、いきなりですがCLの話です。
    前回の記事でも少し触れましたが、我がクラブが戦っているグループHが何だか面倒くさい事になっているんです。
    まずは、現在の順位表を↓
    WS005563.jpg
    第5節終了時点、つまり残り1試合でこんな感じになってしまっています。
    最終節のカードが「1位PSV vs 2位R.Madrid」 & 「3位EFCFSR vs 4位Viktoria Plzen」となっているので、最下位Viktoria Plzen以外の3クラブにグループステージ突破の可能性が残されている事になります。

    じゃあ、ウチのクラブが突破するためには何が必要なのよ?という事で、条件分けをして少し考えてみました。
    その結果がコチラ↓

    我がクラブ(EFCFSR)がグループステージ突破のために必要な事
    ①Viktoria Plzenに勝って、勝点3をゲットする。
     順位表を見ての通り、2位R.Madridまでの勝点差が「2」あるので、ドローではいけません。
     最終節でドロー以下だった場合、その時点で「CL終了のお知らせ」となります。  
     我がクラブにとって、まずは勝点を10に乗せることが絶対に必要な事となります。 

    ②PSV vs R.Madridの試合がドロー以外である事。
     これは少し複雑なので、条件を仮定して考えてみます。
     
     仮定1:PSVが勝った場合。
     1位 PSV    13
     2位 EFCFSR  10
     3位 R.Madrid  9

     これは非常に分かりやすいですね。
     勝点の通りの順位となります。
     この場合、PSVEFCFSRがグループステージ突破となります。

     仮定2:R.Madridが勝った場合。
     1位 R.Madrid  12
     2位 EFCFSR  10
     3位 PSV     10

     勝点でEFCFSRとPSVが並びますが、勝点が並んだ場合に最優先されるのが「当該チーム同士の勝敗」なので、対PSVで1勝1分で勝ち越している我々の方が上位となります。
     この場合、R.MadridEFCFSRがグループステージ突破となります。

     仮定3:ドローだった場合。
     1位 PSV  11
     2位 R.Madrid  10
     3位 EFCFSR  10

     これが我がクラブにとって最悪のパターンです。
     勝点ではR.Madridと並びますが、こちらが対R.Madridで2敗と負け越しているため、彼らの方が上位となります。
     この場合、PSVR.Madridがグループステージ突破となります。


    ・・・とまぁ、こんな感じです。
    兎にも角にも我がクラブができることは「右上に出てくる他会場の速報がドロー以外である事を祈りつつ、Viktoria Plzenに勝つことに全力を挙げる」といった感じになりそうです。
    ドローだけ駄目とか・・・普段はあまり耳にしない妙な条件となってしまいました。
    それもこれも、アウェイで2回もやらかすR.Madridが悪いんだからね!
    責任とって、最終節ではPSVをきっちりと仕留めてくれよ。今回はホームなんだし、何とかなるでしょ?
    間違っても「ここは敢えてドローで終わらせて仲良く決勝トーナメントに・・・グヘヘ」ってな感じの八百○は絶対にしないように!・・・ね、ホント頼むよ?

    それでは順番に記録していきます。
    今回はリーグ第17節、ホームに14位FC Girondins de Bordeauxを迎えての一戦からの記録となります。
    選手一覧はこちら
    名前をクリックすると、各選手のプロフィールが表示されます。




    2017.12.02(Sat)
    EFC Fréjus Saint-Raphaël vs FC Girondins de Bordeaux Ligue1 第17節

    Starting Line-up
    WS005569.jpg

    Result
    WS005576.jpg

    WS005575.jpg

    WS005577.jpg
    ランダから帰ってきて中3日で迎えたリーグ第17節だったが、14位Bordeauxをきっちりと沈めてホーム2連勝を飾る事ができた。
    大活躍を見せたのは、オランダ遠征に帯同したものの出場機会が無かったエモンリパルトのツートップ。
    休養十分の両名がキレキレで、チームの全4得点を2得点ずつ仲良く分け合う結果となった。
    特にエモンは自身の2G以外に2Aも記録し、最終的に全得点に直接絡んでMOMに選出された。
    スタッツを見ての通り、試合自体は相手が優勢に進める場面が多かったが、彼ら2人の活躍で勝点3をゲットする事ができた。



    2017.12.05(Tue)
    WS005578.jpg
    そのエモンリパルトが揃って週間ベスト11に選出されました。
    おめでとう!



    2017.12.06(Wed)
    Olympique Lyonnais vs EFC Fréjus Saint-Raphaël Ligue1 第18節

    Starting Line-up
    WS005592.jpg

    Key Player
    WS005593.jpg

    WS005594.jpg

    WS005595.jpg
    リーグ第18節は、アウェイでOlympique Lyonnaisと対戦する。
    相手は現在5位。そして3位につけている我がクラブと勝点差は9となっている。
    これだけ見ると、まだまだ遠い所にいるような気がするのだが、実はそうでもない。
    というのも、順位表を良く見てみると気付くのだが、彼らの方が3試合も多く残しているのである。
    例えばこの直接対決に敗れてしまうと、3試合多く残している相手との勝点差が6に縮まってしまい、来季のCL出場権を獲得できる3位が非常に危うい感じになってしまう。
    今回はアウェイの試合であるので無理に勝に行く事はしないが、せめてドローで終えて凌ぎたいところ。
    採用したシステムはいつもの4-1-2-2-1。
    所属している選手の能力も、試合前の予想オッズも相手の方が優勢であるが、なんとか良い結果を手に出来るように頑張りたい。

    Result
    前の予想通り、試合開始から相手の時間帯が続く。
    こちらも折を見てカウンターらしきものを試みるものの、相手のバイタルに辿り着く前にパスをカットされたりミスをしたりするシーンが多過ぎて話にならない。
    開始15分でのパス成功率は73%。こらアカンわ。
    しかし前半27分、予想外の形で試合が動いた。
    WS005723.jpg
    GOOOAL!!
    センターサークル付近での相手のミスパスを、センターバックのロペスが上手くかっさらう。
    ボールを持ったロペスは、迷うことなくリンクマンであるチカにボールを預け、そのチカもワンタッチで左サイドに張っていたガッリターノにパスを通す。
    この時何故か相手の右サイドバックのA.Nyomが中央にいたため、相手の右サイドには広大なスペースができていた。
    ボールを受けたガッリターノは、そのスペースに向かってドリブルで侵入し、遅れて対応に来たA.Nyomに構うことなくクロスを上げた。
    そのクロスに、ニアに走り込んだディアラが上手く頭で合わせてゴールイン。
    相手に押されている嫌な時間帯であったが、嬉しい先制点を手にする事ができた。
    A.Nyom君、中途半端な守備を披露してくれてありがとう!

    先制点を挙げたものの、どうしても流れを取り戻せないまま迎えた43分。
    WS005734.jpg
    エラン・・・やっちまったね。
    先制点のきっかけとなるマズイ守備をしてくれたA.Nyomを後ろから引っ掛けて倒してしまう。
    そんなに激しい当たりではなかったが、主審のTurpinさんはイエローカードを提示。
    既に1枚もらっていたエランは、前半終了を待たずして退場処分に。
    まったく、何してくれるんだか┐(´ー`)┌

    仕方がないので、先制点を挙げたディアラを泣く泣くベンチに下げて、ダメを左サイドバックとして投入。
    恐ろしく鈍足の彼に、サイドバックが務まるのだろうか?本来控えであるレダジョンソンが怪我が治ったばかりで使えないこの時期にやらかしてくれるとは・・・コノヤロウ。

    不安でいっぱいの気持ちで画面とにらめっこをしてる中、迎えた64分。
    WS005724.jpg
    GOAL!
    R.Cabellaが蹴ったCKを、A.Nyomがニアで合わせてゴール。
    彼の今季初ゴールが、痛すぎる同点ゴールとなった。
    ちなみに、このCKのきっかけはダメの意味不明な守備。
    誰もプレスを掛けにきていないドフリーな状態なのに、何でゴールラインに向かってクリアしたの?君はバカなのか?
    エランが退場するからこんな事になるんだよ。何だか余計に腹立ってきた( ̄ヘ ̄)

    一人少ないこちらが取れる作戦は只一つ、このままドローで終える事。
    という事で、各種指示を守備的なものに差し替えて残り時間を過ごす事に。
    当然のことながらほぼ一方的に攻め込まれる展開になるが、守備陣が踏ん張って勝ち越し点を与えない。
    そのまま後半もロスタイムに入り、あと少しで勝点1ゲットとなるはずだった90+1分。
    WS005725.jpg
    は?
    Y.Benziaがゴール前のスペースに向かってスルーパスを出し、それにR.Cabellaが反応する。
    この時、なぜか我がクラブの守護神様もそのスルーパスに反応してしまい、ゴールマウスをガラ空きにしてしまう。
    え?なんで?と思っているうちに、その無人となったゴールにシュートを叩き込まれ、残りあとわずかの所で最悪の結果とコンニチワする羽目になってしまった。
    せっかく先制点とったのになー。守備陣の体を張ったギャグのせいで全部台無しや!ちきしょう( ̄ε ̄;

    Stats etc.
    WS005597.jpg

    WS005596.jpg

    WS005598.jpg
    冷静にスタッツを見てみると、まぁ負けてもしょうがないって感じかな。
    やっぱりパス成功率が酷過ぎる・・・。70%台では良い試合ができる訳ないわな。



    WS005599.jpg
    この試合で退場処分となったエランが、次節出場停止処分となりました。
    チームとしても、前半のうちに退場するという愚行を見過ごすわけにはいかないので、懲戒処分を行いました。
    本当は罰金刑を言い渡したかったところですが、今回は初犯ということで警告に留めときました。
    次、同じことやったら承知しねぇぞ。



    2017.12.09(Sat)
    EFC Fréjus Saint-Raphaël vs OGC Nice Ligue1 第19節

    Starting Line-up
    WS005600.jpg

    Result
    WS005602.jpg

    WS005601.jpg

    WS005603.jpg
    ョッキングな敗戦から、わずか中2日で迎えたOGC Nice戦であったが、超久しぶりにトップ下としてスタメン起用となったオリネルが1G1Aを挙げて勝利に導いてくれた。
    エランが出場停止になったせいで、怪我明けのレダジョンソンが体調不十分のままスクランブル出場となってしまったが、終わってみればチームで2番目に高い評価点を得る活躍を見せてくれた。
    ってか、OGC Nice様はいつまで親クラブをやってくれるんだろう?ま、少ないながらも毎年お小遣いもくれるし、しばらくこのまま放置してみよっかな(´▽`)



    2017.12.10(Sun)
    WS005604.jpg
    現在首位を独走しているAS Monacoですが、どうやら12連勝を飾ってリーグ記録を更新したようです。
    てっきり12戦無敗のニュースだと思っていたのですが、よく見たら12連勝でした。
    12連勝ってアンタ・・・。
    そりゃ、2位に勝点差10以上つけて独走するわけだw
    まだ年も変わっていないというのに、早くもフランスの優勝争いの火が消えてしまいそうです(-ω-;)



    2017.12.11(Mon)
    WS005608.jpg
    フランス杯9回戦の組み合わせ抽選が行われました。
    次の対戦相手は「JA Drancy」というクラブのようです。
    どうやら現在は4部リーグに所属しているようで、抱えている選手もそれなりといった感じです。
    それよりも、このクラブのフルネームがなんだかカッコイイんです。
    カタカナで書くと「ジャンヌ・ダルク・ドゥ・ドランシー
    そこはかとなく厨二病の香りもしますが、なんとなくイイ感じの名前ですねw
    実際のところ、あのジャンヌダルクと関係があるんでしょうか?
    wikiを見たら何かわかるかも?と思ったのですが、当然のことながら全部フランス語なのでさっぱりわかりません。
    Excite先生もテキトーな翻訳しかしてくれませんし・・・w
    ま、とりあえず難しいことは考えずに、サクッと倒して次のラウンドに進む踏み台になってもらいましょう!



    2017.12.11(Mon)
    WS005605.jpg
    先日から出場機会について不満を募らせていたモイジニが、とうとう爆発してしまいました。
    半ばキレ気味に移籍要望書を持ってきたので、仕方なく許可してやることにしました。
    カラブエの怪我も治ったし、マルキュイが思ったよりも使えることも分かったし、これ以上右ウイングで3番手の選手をクラブに拘束するのも可哀想でしょう。
    ・・・。
    ・・・・・・。
    オファー、来ませんでした
    移籍金ゼロ円提示を持ってしても、誰一人興味を抱かないってどういうこと?
    さーて、モイジニ君の処遇はどうしてやろうかなw
    とりあえず、リザーブに幽閉ね。その後の事は追って考えることにするわ。



    2017.12.12(Tue)
    WS005609.jpg
    先日のOGC Nice戦で1G1Aを挙げてMOMに選出されたオリネルが、週間ベスト11に選出されました。
    今年はオタヴィオの台頭によって出場機会が激減していますが、その中でよく結果を残してくれました。
    おめでとう!



    2017.12.13(Wed)
    EFC Fréjus Saint-Raphaël vs FC Viktoria Plzen UEFA Champions League GL 第6節

    Starting Line-up
    WS005610.jpg

    Key Player
    WS005611.jpg

    WS005612.jpg

    WS005613.jpg
    いよいよ迎えたCLグループステージの最終節は、ホームに最下位Viktoria Plzenを迎える。
    冒頭で書いた通り、我がクラブが次のステージに進むためには勝利しか許されない。
    手持ちのシステムの中で、最も得点を奪う事に長けている4-1-2-1-2を選択して勝負に出る。
    日程も相変わらずタイトであるが、この試合に限っては後先考えずにベストメンバーをピッチに送り出す事とした。

    WS005614-1.jpg
    オッズでもこちらが圧倒的に有利。
    とりあえず早めにリードを広げて、画面右上に出てくる他会場の速報に一喜一憂しようかと思います。

    Result
    合は、立ち上がりからこちらが一方的に攻める展開。
    点が入るのも時間の問題か?と思っていた11分。
    WS005726.jpg
    GOOOAL!!
    PA内でエモンのパスを受けたオタヴィオが、ゴール左隅に見事なシュートを決めて先制に成功した。
    よっしゃ!オタヴィオ君、よーやってくれた!
    先の試合でMOMを獲得して士気が「最高」になっていたオリネルと、直前までどっちを起用するか悩んだけど、君を選んで正解だったようだ。ありがとう!

    さらに19分。
    WS005727.jpg
    GOOOAL!!
    エモンがPA内でリパルトにパス。
    足元でボールを受けようとしたリパルトが相手DF2人に囲まれて潰されてしまうが、こぼれ球が上手い具合にエモンの所にリターン。
    そのエモンは、目の前に転がってきたボールに対し、トラップをすることなくダイレクトで右足を振り抜いた。
    相手GKも必死に体を伸ばすが、そんなものは全くものともせず、強烈なシュートがゴール右上に突き刺さった。
    このゴールで2-0。
    こっちは何とかなりそうかな。後はベルベナウの結果だけだ。

    ・・・と思っていた22分。
    WS005617.jpg
    R.Madrid先制!
    E.Hazard君ありがとう!伊達にレアルで10番を付けてないよね!

    WS005619.jpg
    このゴールのおかげで、予定通り2位に浮上。
    このまま行ってくれ・・・頼む。

    さて、そんな中迎えた29分。
    WS005728.jpg
    GOOOAL!!
    オタヴィオのスルーパスに反応して裏へ抜け出したエモンが、そのまま相手GKとの1vs1を制してゴールを挙げる。
    これで3-0。
    よっしゃ!決まったな!
    ・・・と思ったけど、そう言えばここから追い付かれたことあったよね。イカンイカン完全に油断しとったわw

    さて、ここから怒涛のゴールラッシュです。
    他会場の、ですが。
    WS005616.jpg

    WS005620.jpg

    WS005621.jpg

    WS005622.jpg
    ぴいえすぶいは しんでしまった!
    さすがに、これはもう決まりでしょ。
    次々と表示される速報に、一瞬バグったのかと思って不安になりましたわw

    さて、こんな感じでこちらが3-0でリード、そして他会場が5-0でR.Madridがリードという理想以上の形で前半を終えることができた。
    これは、かなりグループステージ突破が見えてきたんじゃね?

    さて後半。
    まずは61分、他会場で動きが。
    WS005626.jpg
    PSVが1点返したみたいです。
    焼け石に水感がハンパ無いですが、とりあえず夢スコは回避したみたいですw

    その5分後の66分、こちらで残念な出来事が。
    WS005735.jpg
    後ろから相手選手を押し倒しておいて、「俺なんもしてねーよー」と、見苦しい言い訳をするエランの図。
    このプレイで2枚目のイエローとなった彼は、つい1週間前に行われたOL戦に続いての退場処分となった。
    この大事な試合でなんて事を・・・・。もうかける言葉も付ける薬もないって感じだね。

    そして、そのエランのファールからの流れで相手に与えてしまったCKから・・・
    WS005729.jpg
    GOAL!
    ニアでL.Hejdaに頭で合わされてゴール。
    これで2点差、残りは20分ちょい。
    せっかくレアルが頑張ってくれているのに、ここで追いつかれたらシャレにならん・・・という事で、残り時間は守りを意識して過ごす事に。
    相手も最下位が決定していおかげ(?)で無理に攻めてくるわけでもなく、静かに時間が流れてそのまま試合終了となった。
    前半の立ち上がりは良い感じだったものの、終わってみれば両チーム合わせてもシュートの本数が11本という何だか地味な試合になってしまった。
    それでも勝ちは勝ち。
    最後の最後まで苦しんだが、なんとか決勝トーナメントに駒を進める事ができた。やったね(´▽`)

    Stats etc.
    WS005630.jpg

    WS005627.jpg

    WS005631.jpg
    さすがにカード貰いすぎかなぁ。
    各選手の出場停止までの枚数を把握しとかないと、後でエライ事になりそう。



    CLグループステージの結果です。
    WS005733-1.jpg
    順当に行っているグループが多かったようです。
    グループBとグループCで小波乱があったみたいですが。
    ディフェンディングチャンピオンのNewcastle Utdは、余裕の首位通過をしたみたいですね。
    去年の優勝はマグレじゃなかったのか・・・。
    そして、我らがフランス勢は3チームとも無事勝ち抜きました!
    リーグランキングですぐ上のイタリア勢が全滅しているので、順位が入れ替わる日も近い・・・のかな。



    エランのばか。
    WS005633.jpg
    とりあえず、決勝トーナメント1回戦1st Legには出れません。
    彼には1週間前に警告を与えたばかりだというのに、またやらかしやがったので今度は罰金刑です。
    とりあえず1週間分で。

    WS005634.jpg
    ハイ来ました。ザ・不満。

    WS005636.jpg
    この期に及んで罰金を科された理由を知りたいなどと意味不明なことをぬかしているので、取り急ぎ面談をする事に。

    WS005635.jpg
    思ったよりも素直な反応に一安心。
    先代のカードコレクターレダジョンソンですら、2試合続けて退場処分とかは無かったんだからね!
    そんなところで上回らなくていいので、プレイでしっかりと見返してくださいな。



    2017.12.16(Sat)
    Toulouse FC vs EFC Fréjus Saint-Raphaël Ligue1 第20節

    Starting Line-up
    WS005638.jpg

    Result
    WS005644.jpg

    WS005643.jpg

    WS005645.jpg
    ウェイで9位Toulouse FCと戦った一戦は、先制を許すもののディアラのゴールで追い付いて結局ドロー。
    比較的早い時間に追い付く事ができたんだし、欲を言えばもう1つあった決定機を沈めて勝っておきたいところだったが、試合内容がイマイチ過ぎたのでこの結果でも充分といった感じかな。
    幸い、2位PSGも引き分けたため、勝点差は広がらず。
    が、首位AS Monacoは勝ったみたいで、独走状態に拍車がかかってしまった。
    これは完全に今シーズンの優勝争い終了のお知らせって感じですね。



    2017.12.19(Tue)
    WS005646.jpg
    ディアラが週間ベスト11に選出されました。
    おめでとう!



    2017.12.19(Tue)
    EFC Fréjus Saint-Raphaël vs Stade Rennais FC Ligue1 第21節

    Starting Line-up
    WS005647.jpg

    Result
    WS005649.jpg

    WS005648.jpg

    WS005650.jpg
    の試合から中2日で行われたリーグ杯4回戦だったが、ホームでStade Rennais FC相手に危なげない試合を見せて勝利を飾る事ができた。
    スコアこそ1-0だったが、スタッツを見てのとおり、試合を通じてこちらがペースを握り続ける展開となった。
    理事会の評価には全く影響を与えないリーグ杯の結果だが、とりあえずは準々決勝に駒を進めることができた。




    2017.12.21(Thu)
    WS005656.jpg
    そのリーグ杯の組合せ抽選が行われました。
    相手はAS Saint-Étienne。
    現在Ligue1で17位に沈んでおり、対戦成績でもこちらがリードしている相手なので、厳しい試合にはならないでしょう。たぶん。



    2017.12.22(Fri)
    CL決勝トーナメント1回戦の組合せ抽選会が行われました。
    各組み合わせは↓の通り。
    WS005657.jpg
    やる前から、その結果がなんとなく分かってしまう組合せが多い気がしますね。
    我がクラブも“例に漏れず”って感じですが。

    WS005658.jpg
    どーん。
    この度、我がクラブの前に立ちはだかるは、あのBayern München
    プレーオフのInter、グループリーグのR.Madrid、そして今回のB.München・・・。
    よくもまぁ、こんな相手ばかり引いてきやがるものです(-ω-;)
    ま、いかにもチャンピオンズリーグに参加してる!って感じがして、これはこれで楽しいんですけどねw

    早速、スカウトを飛ばしてみると・・・。
    FC Bayern München
    WS005666.jpg
    相変わらずのお星さまきれい・・・(´▽`)状態です。
    この感じはもう慣れましたよ、さすがに。
    さて、この巨人相手にどうやって戦ったら次のラウンドに進めるのか、じっくり考えてみたいと思います(`・ω・´)



    WS005651.jpg
    今回記録した6試合の結果です。
    ディアラリパルトエモンと、我がクラブ自慢のストライカー陣が満遍なく点を取ってくれています。
    どうやら攻撃陣は順調のようですね。
    それに対して守備がやや不安定ですが、よく考えてみたらウチはいつもこんな感じなので、こちらも順調と言えば順調と言えそうです。
    前回に記録した「強豪相手に喫した連敗」のせいで、一時は士気が下がり気味だったのですが、その辺も大分持ち直してきました。
    いつまでこの調子が続けられるかな~?



    WS005652.jpg
    第20節終了時点での暫定順位表です。
    御覧の通り、今年のLigue1の優勝争いは終了しました。
    それよりも、今熱い話題は来季のCL出場権争い。
    昨年と同じメンツ(2位PSG&3位EFCFSR)がリードしているように見えますが、不気味なのが消化試合が異様に少ないOL。
    彼らが差分をどう消化するかによって、今後の展開が大きく変わってきそう。


    それでは、今回はここまで。
    次回は年初に組まれた国内カップ戦の結果と、リーグ戦の結果が主になりそう。
    チャンピオンズリーグは2月末まで再開されないので、次回の記事では話題に上らないかもしれないです。
    スポンサーサイト
    [ 2014/12/14 01:36 ] EFCFSR(17/18) | TB(0) | CM(2)

    CL決勝トーナメント進出おめでとうございます!
    バイエルン相手にどこまで健闘できるかに期待ですね!

    「ジャンヌ・ダルク・ドゥ・ドランシー」だとかっこいいですけど
    「JA」で農協に見えてしまう自分←
    [ 2014/12/15 22:15 ] [ 編集 ]

    ありがとうございます。

    >ダイスさま

    ですよねー。
    かく言う私も、初見では「ん?農協?」と思った口ですw
    未だにジャンヌ・ダルクの略が「J・A」であることに違和感を覚えますわ。

    バイエルンは、私の中ではレアルと並んで“CLにおけるラスボス”みたいな存在なので、
    気分的にはRPG終盤のボス連戦をやらされてる感じに近いですねw
    まぁ、如何ともし難い実力差がある相手なので、十中八九、厳しい結果になってしまうと思いますが、
    少しでも見応えのある試合ができるように頑張りたいと思ってます(`・ω・´)

    ダイス監督も、インドネシアにもう1年留まる決意をされたようで、個人的には嬉しい限りですw
    なんだかややこしいレギュレーションのようですが、それに惑わされる事なく優勝カップに向かって頑張ってください!
    [ 2014/12/15 23:07 ] [ 編集 ]

    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://isoyaki1.blog.fc2.com/tb.php/105-7505ce10







    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。