スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    新エース・マーフィーと冬移籍期間

    WS000301.jpg

    今年のバロンドールはやっぱりメッシでした。
    いつか、我がクラブからも受賞者を出してみたいものです。


    と、そんな夢のような話は置いといて、現実に戻りましょう。
    今回は、冬の補強とリーグ第29節からの記録となります。



    Winter transfer 2013.01.01(Tue)~2013.01.31(Thu)

    今冬の移籍期間で補強したのは以下の3人。いずれも中盤より前の選手です。
    ディフェンス陣は、ここまでリーグ最小失点でという安定した成績を収めてくれているので、補強はなくてもいいと判断しました。

    Graham Carey (グラハム・キャリー・ML,AML,DL)
    WS000304.jpg

    今まで左サイドアタッカーを務めていたマーフィーが、キットソンの離脱によってトップに繰上がってしまったため、その穴を埋めるべく獲得した選手。
    足は速くないが、クロス16等スキル系能力が比較的高い。プレースキックも得意のようなので、キッカーを任せる機会も増えそう。

    Andy Drury (アンディ・ドゥルリー・M(RC),DM)
    WS000314.jpg

    中盤であればどこでもできるユーティリティプレイヤー。
    先月の過密日程で改めてこういった選手の重要性を感じたため獲得を決めた。能力的にも控えとして置いておくには十分なものを持っている。

    Sami El-Nounou (サミ・エル‐ヌヌ・ST)
    WS000305.jpg

    キットソンの離脱によって手薄になったフォワード陣の補強のために獲得。
    決定力18に惹かれて契約してしまったが、実際どのくらい活躍してくれるだろうか。
    ま、駄目でも今シーズン末までの契約&年俸8.1Mと、クラブ運営的にそこまで痛くないので深刻に考えないことにします。





    WS000312.jpg

    年明け早々キットソンが練習をサボったそうです。初詣にでも行っていたのでしょうか?ここまで堕ちると逆に笑えてきますね。
    問答無用で2週間分の罰金を言い渡します。
    これ以上お互いの関係が悪化する余地もないので、もう怖いものなしです(´▽`)

    WS000313.jpg

    まーた罰金に不服とか言うんでしょ・・・ってあれ?
    なんだかしおらしくなってて拍子抜けといった感じです。
    まぁ、相変わらず個人面談には応じる様子もなく、モチベーションも最低のままなので構想外であることには変わりはないんですけどね。




    Portsmouth vs Sheff Utd npower Football League1 第29節/2013.01.01(Tue)

    Starting Line-up

    WS000307.jpg

    Key Player

    WS000103.jpg

    WS000300.jpg

    WS000101.jpg

    元旦に開催されたリーグ第29節は、アウェイで最下位Portsmouth戦。
    前回対戦は、ホームで圧倒的に攻め立てるも1点が奪えず悔しい引き分けとなってしまった。
    今回こそ得点を決めて勝ち点3を持って帰りたい。
    システムは、最近の攻撃陣が復調の兆しを見せていることから、引き続き4-4-2で固定していくこととした。


    Results

    WS000310.jpg

    WS000309.jpg

    待通り勝ち点3を手に入れることができた。
    マーフィーが前半終了間際の先制点を含めて2得点と、攻撃陣の復調をさらに印象付ける活躍をしてくれた。
    さらに、70分までに3点のリードを奪うこともでき、新加入のキャリーエル・ヌヌをデビューさせることもできた。
    試合終了間際に1点を返されてしまうものの、それ以外は理想的な試合運びとなった。
    やっぱり4-4-2いいなぁ。補強のおかげでフォワードの枚数も足りるようになったことだし、しばらくはこのシステムで行ってみようかな。


    WS000311.jpg

    キャリーエル・ヌヌがデビューしました。
    早くチームにフィットして、大活躍してくれることを期待してます。


    WS000308.jpg

    この試合でウィリアムスが太ももの怪我をしてしまいました。幸い7~10日の離脱で済んだので良かったですね。
    能力は微妙ですが、我がクラブでは数少ない左サイドバックを本職としている選手なのでいないと地味に困ります。




    Yeovil Town vs Sheff Utd npower Football League1 第30節/2013.01.05(Sat)

    Starting Line-up

    WS000315.jpg

    Key Player

    WS000113.jpg

    WS000108.jpg

    ここ3試合負けなしで迎えたリーグ第30節は、Yeovilとアウェイで戦う。
    さらに勝ちを重ねて2位以下との差を広げていきたい。


    Results

    WS000317.jpg

    WS000316.jpg

    合は、前半までに2点ををリードする有利な展開。
    その後は、守備陣の奮闘もあって無失点であっさり勝利を収めた。
    MOMはマグワイア。前回対戦時にもMOMを獲得しており、Yeovil戦を得意としているようだ。
    これでここ4試合は3勝1分、10得点2失点と調子が出てきた。キットソンいなくても全然やっていけるじゃん(´▽`)


    WS000319.jpg

    ウィリアムスマクマホンマクファゼンマクドナルドが週間ベスト11を獲得しました。おめでとう!
    一度に4人とは珍しいこともあるものですね。




    Sheff Utd vs Brentford npower Football League One 第31節/2013.01.12(Sat)

    Starting Line-up

    WS000353.jpg

    Key Player

    WS000128.jpg

    WS000127.jpg

    WS000354.jpg

    好調を持って迎えたリーグ第31節は、ホームでのBrentford戦。
    前回対戦では、アウェイでの大事な上位対決を制されるという悔しい結果となってしまっている。
    なんとしてもホームで借りを返したいところ。


    Results

    WS000321.jpg

    WS000320.jpg

    りを返すという目標は達成できなかった。
    試合は、前半19分に先制点を許してしまう苦しい展開。前回対戦が先制しての逆転負けだったことを考えると、ここから勝ちまで持っていくのは非常に苦しいことを覚悟した。
    実際、後半開始早々に与えられたPKをなんとか決めて追いつくのがやっととなってしまった。
    スタッツではシュート15本、枠内シュート8本となっているが、どれも決定機とは程遠い凡シュートばかりで、得点の臭いは感じられなかった。


    WS000324.jpg

    マグワイアが週間ベスト11に選出されました。おめでとう!

    WS000323.jpg

    左サイドバックのヒルがウエイトのやりすぎが原因で肩の怪我をしてしまったようです。離脱期間は3週間。一時の過密日程中ではないとはいえ、やっぱりこの離脱は痛いものになりそうです。




    Sheff Utd vs Mk Dons npower Football League One 第32節/2013.01.19(Sat)

    Starting Line-up

    WS000325.jpg

    Key Player

    WS000322.jpg

    WS000134.jpg

    WS000133.jpg

    リーグ第32節は、ホームにここまで21位のMK Donsを迎える。
    ヒルが怪我で離脱してしまっているため、本来はセンターバックのヒギンボザムを左サイドバックに回し、センターバックをキャプテンのコリンズに任せることとした。
    ここ最近の好調の一因であったディフェンスラインに大きく手を加えるのは少しためらいがあったが、控え左サイドバックのウィリアムスの能力が微妙なことを考えると、この処置が一番いいかなーという気がします。


    Results

    WS000327.jpg

    WS000326.jpg

    裕の無失点勝利!
    前半14分にCKからのこぼれ球をマグワイアが押し込む形であっさり先制すると、その後もほとんど危ない場面を迎えることなく順調な試合運びを見せる。
    そして76分、ここ4試合で4得点と新エースと呼ぶにふさわしい活躍を見せていたマーフィーが試合を決定付けるゴールを挙げた。
    これでリーグ6試合負けなし、4勝2分けと優勝に向けて大きく前進する勝利となった。
    また、マグワイアが3試合連続となるMOMに選出された。クラブ期待の若手が順調に成長していく姿はいいものですねぇ(´▽`)



    Preston North End vs Sheff Utd npower Football League1 第33節/2013.01.26(Sat)

    Starting Line-up

    WS000330.jpg

    Key Player

    WS000115.jpg

    WS000116.jpg

    WS000114.jpg

    リーグ第33節は、アウェイでPrestonと対戦する。相手は、ここまで22位と降格圏を脱せずに苦しんでいる。
    前回対戦では、キットソンの2得点で2-0で勝利を収めた相手。
    今回は、新エースマーフィーが代わりに活躍して勝利を収めて欲しいところ。


    Results

    WS000334.jpg

    WS000333.jpg

    調が持続しているのを感じさせる結果となった。
    前半開始早々に、CKからマグワイアが2試合連続のゴールを挙げて先制に成功する。
    そして、44分には相手STJ.Garnerが一発レッドで退場となり、さらに有利に試合を進めることとなった。
    事前に期待した新エースマーフィーの活躍はあまり目立ったものではなかったが、チームとしては文句なしの試合運びができ、無敗記録を7試合に伸ばすことができた。


    WS000335.jpg

    フリンがこの試合で肘の怪我をしてしまったため、2週間ほど離脱するようです。
    意外と層の薄い右ウイングなので、代わりに誰を出そうか少し頭が痛い問題になりそうです。


    WS000337.jpg

    マグワイアコリンズが週間ベスト11に選出されました。ヒルの離脱によって急遽スタメン出場となったコリンズがいい仕事をしてくれたので非常に助かりました。



    WS000338.jpg

    npower Football League1の1月の移籍市場のまとめコメントです。
    当初はあまり動くつもりはなかったのですが、エースキットソンの予期せぬ離脱のおかげで、ディビジョンで最多の資金を使う羽目になってしまいました。
    獲得した選手が期待通り活躍してくれるのを祈るばかりです。



    WS000339.jpg

    マグワイアが1月の月間MVPを獲得しました。
    3試合連続のMOM獲得など、ずば抜けた活躍を見せてくれたので納得の受賞となりましたね。


    WS000340-1.jpg

    マグワイアと並んで、私も1月の最優秀賞を受賞することができました。
    エースの離脱でどうなる事かと思いましたが、一時の不調を乗り越えてなんとかチームを立て直せてきたような気がします。
    あとは、当初の目標である優勝を手に入れるだけですね!





    WS000375.jpg

    今回記録した5試合の結果です。
    下位との対戦が多かったこともあって、4勝1分けと無敗で乗り切ることができました。
    マーフィーが5試合で4得点といい働きを見せ、新エースを襲名しそうな勢いです。


    WS000332.jpg

    33節終了時点での順位表です。
    2位までの勝点差が8と広がってきました。
    このまま突っ走って、1試合でも多く残して優勝を決めてしまいたいですね(*^-゚)



    それでは、今回はここまで。

    スポンサーサイト
    [ 2013/05/03 22:29 ] Sheff Utd(12/13) | TB(0) | CM(0)

    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://isoyaki1.blog.fc2.com/tb.php/11-fb5e8ba9







    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。