スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    まさかの戦列復帰。

    ゲームの話ではないですが、今年のnpower Football League1の全日程が終了したようです。
    Sheffield Utdは、19勝9敗18分の勝点75で5位となり、プレーオフ進出を果たしましたが、プレーオフ1回戦で4位Yeovil TownにH&Aトータルスコア1-2で敗れてしまいました。
    今期も昇格を期待されたシーズンでありましたが、残念ながらその機会は来季に持ち越しになってしまいました。
    と、いうことでFM2014でもこのクラブは3部からのスタートになりそうです(-ω- )
    ちなみに、決勝は5/19(日)にWembley Stadiumで行われ、本割で3位だったBrentfordと4位Yeovin Towwが対戦するそうです。
    どちらがChampionshipへの切符を手に入れるんでしょうか?


    さて、それでは本題に戻りましょう。
    我がクラブは、33節終了時点で2位に勝ち点差8をつけて首位を独走している状態です。
    リーグ第34節はその2位につけているCoventry Citとのアウェイゲームとなります。
    それでは、ぼちぼち記録していきましょう。



    Coventry City vs Sheff Utd npower Football League1 第34節/2013.02.02(Sat)

    Starting Line-up

    WS000342.jpg

    Key Player

    WS000341.jpg

    WS000140.jpg

    WS000139.jpg

    好調を持って迎えたリーグ第34節は、現在2位と、我がクラブと優勝争いを演じているCoventryとの対戦となる。
    前回はホームで4-0というスコアで粉砕した相手。
    しかし、その試合でハットトリックを決めたキットソンは今はいない。
    その代役として獲得したエル・ヌヌが同じように活躍してくれるだろうか。


    Result

    WS000344.jpg

    WS000343.jpg

    エースマーフィーが期待以上の活躍を見せてくれた。
    25分にセットプレイから先制点を献上してしまう嫌な試合展開であったが、前半のうちにロブソンのゴールで追いつくことに成功する。
    そして、後半はマーフィーが主役の展開となった。56分にキャリーのグラウンダーのクロスに合わせて勝ち越し点を奪うと、86分には鋭い出足で相手のバックパスをカットすると、そのままゴールに流し込む得点を挙げた。
    いやーほんと最近のマーフィーはスゴイの一言ですね。キットソンが抜けた穴を見事に埋めてくれています。
    それに対して試合前に期待をしていたエル・ヌヌは・・・なんだかビミョーな感じですね(  ̄_ ̄)
    まぁ、まだ加入して間もないですし、これからチームにフィットしていってくれるのを期待しましょう。


    WS000345.jpg

    マーフィーが週間ベスト11に選出されました。チームを牽引する正にエースと呼べる活躍でしたね!




    Sheff Utd vs Swindon Town npower Football League One 第35節/2013.02.09(Sat)

    Starting Line-up

    WS000346.jpg

    Key Player

    WS000160.jpg

    WS000161.jpg

    WS000162.jpg


    リーグ第35節は、ホームでSwindonを迎え討つ。
    前回対戦では、0-1で敗戦を喫している。今節はホームであるし、なんとしても勝ちを収めたい。
    先日、ウエイトのやりすぎで怪我をしてしまった左サイドバックのヒルがこの試合から復帰する。
    久しぶりにディフェンスラインのメンバーが揃ったことも追い風にして頑張ってほしいところ。


    Result

    WS000348.jpg

    WS000347.jpg

    (ノ∀‘)
    試合は、前半だけで3失点してしまうという今シーズン一度も経験したことのない緊急事態に陥ってしまう。
    しかも、10分に訪れたPKの大ピンチをロングが止めてくれたのにもかかわらず・・・。
    仕方がないので、後半からは指示を超攻撃的に設定して、なりふり構わず得点を奪いに行く作戦をとった。
    これが功を奏したのか、58分と79分に得点を挙げることに成功し、残り10分強を残して1点差まで詰め寄る。
    しかし、反撃もここまで。結局ホームで3失点を喫し敗戦という情けない結果となってしまった。
    に、してもエル・ヌヌ良くないですねぇ。これは獲得失敗だったような気がしてきました。
    このあと、2週間ちょっとの中断期間に入ることですし、とりあえず親善試合を組んでチーム連携を高めるトレーニングをしてみることにします。





    中断期間に入って間もなく、チーム情報を眺めていると、キットソンのモチベーションがいつもと違うことに気づきました。
    先日のトラブル以来、ずっと「最低」だったのが「普通」になっていたのです( ̄0 ̄;)
    試しに、個人面談を持ちかけてみると・・・

    WS000349.jpg

    おぉ!応じてくれたわ。
    ってか、何しれっと「なんでしょう、監督?」とか言っちゃってんの?
    とりあえず、エル・ヌヌが期待外れだったので仕方がないので戦列に復帰させてあげましょう。
    決してこちらから頼んで復帰してもらうんじゃないからね!




    Sheff Utd vs Carlisle Utd npower Football League One 第36節/2013.02.26(Tue)

    Starting Line-up

    WS000358.jpg

    Key Player

    WS000356.jpg

    WS000149.jpg

    WS000148.jpg

    2週間半の中断期間が明けて迎えたリーグ第36節は、ホームでCarlisleと対戦する。
    中断期間も親善試合を組んでいたおかげで、選手の試合勘は損なわれずに済んでいる。
    そして、何よりも大きいのが(元)エースキットソンが復帰したことだ。
    ここ最近で結果を残している4-4-2の攻撃的なシステムに、キットソンが加わったらどうなるんだろうか?と、ちょっと楽しみであります。


    Result

    WS000361.jpg

    WS000360.jpg

    に強いクラブの勝ち方といった感じですね。
    支配率は6割超え、そしてシュート数でも相手を上回っての勝利と、言うことなしの試合でした。
    ヒギンボザムが、前半にPK失敗という失態を犯してしまったことも気にならないレベルです(´▽`)
    復帰戦となったキットソンの出来は、可もなく不可もなくといった感じですね。新エースマーフィーの活躍の前に完全に消えてしまっていたのが気になるところですが・・・。
    とりあえず、中断明けの試合も無事に勝ちを収めることができて一安心です。




    Sheff Utd vs Doncaster Rovers npower Football League One 第37節/2013.03.02(Sat)

    Starting Line-up

    WS000363.jpg

    Key Player

    WS000153.jpg

    WS000362.jpg

    WS000364.jpg

    リーグ第37節は、ホームに9位Doncasterを迎える。
    長かったシーズンも、この試合を含めて残り10試合となった。
    現在、2位との勝ち点差は8。なんとか、この調子で最後まで走り切りたいところ。
    ちなみにDoncasterには、ここまで2試合戦って1敗1分と、まだ勝ったことがない。(共にアウェイでの試合ではあるが)
    今回は待ちに待ったホームでの試合となるため、是非とも勝点3を奪いたい。


    Result

    WS000366.jpg

    WS000365.jpg

    配率は重要ではあるが、すべてではない。
    その言葉が身に沁みた試合となってしまった。
    試合を通じて6割以上ボールを支配していたものの、得点を奪うことができず、相手にはカウンターとセットプレイから効率よく得点されてしまうという残念な展開。
    生半可にボールを支配できているせいで、戦術を大きく変えるのをためらっているうちに試合が終わってしまった。
    こんな時はどーしたらいいんでしょうねぇ( ̄ε ̄;




    Crewe Alexandra vs Sheff Utd npower Football League1 第38節/2013.03.09(Sat)

    Starting Line-up

    WS000369.jpg

    Key Player

    WS000167.jpg

    WS000168.jpg

    WS000368.jpg

    リーグ第38節は、アウェイで18位Crewe戦。
    ここ最近は週1試合ペースで日程が組まれているため、コンディションが整えやすくて助かります。
    この試合は、前節の敗戦を引きずらないためにも絶対に負けてはいけないと考え、4-1-2-2-1と、ここ最近愛用している4-4-2よりもやや守備に重きを置いたシステムで臨むこととした。


    Result

    WS000371.jpg

    WS000370.jpg

    節とは逆の展開となった。
    試合は、支配率・シュート数共に相手に軍配が上がったものの、今度はこちらがセットプレイとカウンターから効率よく得点を重ね終わってみれば4-0。
    枠に飛んだシュートが全部得点になるというステキな決定力を見せての勝利となった。
    しかし、4点も取ったのに、その中に(元)エースキットソンの名前が無いのはなんとも寂しいものですね。
    これで、例の騒動から復帰後は、試合に出しているにもかかわらず無得点を継続してます。うーん、困ったものですね(  ̄_ ̄)




    WS000376.jpg

    今回記録したリーグ戦5試合+中断期間に行った親善試合の結果です。
    リーグ戦の結果は3勝2敗。2敗は、共に前回対戦で負けているSwindonとDoncaster相手に喫してしまいました。
    特に格上でもなんでもない相手にホーム・アウェー関係なしにやられるとか、ホントに苦手意識があるとしか思えないような結果ですね。まったく困ったものです。
    それにしてもマーフィーが絶好調ですね。今回記録したリーグ戦5試合で5得点と、チームの攻撃陣を支えてくれています。
    それに対してキットソン・・・。エル・ヌヌが割と期待外れだったおかげで戦列復帰を果たしましたが、復帰後見事に無得点です(-ω-;)しっかりしてくれよ元エース・・・。


    WS000372.jpg

    38節終了時点での順位表です。
    2位との勝ち点差は8と、前回から変わっていませんが、得失点差のリードが前回から大きくなってます。
    残り試合数を考えれば、かなり優勝に近づいてきたような気がします。
    最低でも自動昇格はできる・・・よね?たぶん。



    それでは、今回はここまで。

    スポンサーサイト
    [ 2013/05/07 21:43 ] Sheff Utd(12/13) | TB(0) | CM(0)

    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://isoyaki1.blog.fc2.com/tb.php/12-869c7d76







    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。