スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    ~最終節&まとめ。

    今回は、リーグ最終節までの残り6試合の結果と、シーズンのまとめを簡単に。
    ・・・と、思っていたところにこんなニュースが。
    WS006947.jpg
    おぉ、そういえば次節はスティールシティ・ダービーだったわ。
    前回の対戦は、11月に行われた第17節。
    アウェイでの試合だったけど、相手が前半のうちに一人少なくなったこともあって3-1のスコアで勝利を収める事ができたんだよね。
    今回はホームだし、きっと前回よりも良い結果を残してくれるでしょう!事前の評でもこっちが有利と言われてるし。

    WS006948.jpg
    ファンの皆様も、勝利を期待してスタジアムに来るんだろうなーきっと。
    ブラモール・レーンの収容人数は32,609人(FM内では)だから、ほぼ満席になるみたい。
    これだけたくさんのお客さんの前で、恥ずかしい試合はできませんな(`・ω・´)

    選手一覧はこちら
    名前をクリックすると、各選手の能力値などが表示されます。




    2016.04.02(Sat)
    Sheffield United (1位/予想18位) vs Sheffield Wednesday (19位/予想12位) Sky Bet Championship 第41節

    Starting Line-up
    WS006949.jpg
    さて、いよいよ迎えた第2回スティールシティ・ダービー。
    代表ウィーク明けという事もあって、代表戦でハム離れをやらかしたローリー以外はベストのメンバーを組む事ができた。
    事前の予想でも、対戦成績でもこちらが有利と出ているので、必ず勝点3を手に入れたいところ。
    採用したシステムは、使い慣れたいつもの4-4-2。
    で、相手のシステムが中盤をフラットに構えた4-5-1。
    過去の対戦を見る限りでは比較的相性が悪い組合せみたいだが、ダービーマッチで生温いことも言ってられないので、全力でぶつかっていく事とする。
    とりあえず、開幕から「ラインを上げる指示」と「プレスを掛ける指示」を追加してみた。
    気持ち見せろよ!気持ち。

    Result
    WS006951.jpg

    WS006950.jpg

    WS006952.jpg
    っしゃぁぁぁ!!!
    立ち上がりから主導権を握ると、18分にPA内でマーフィーからのパスを受けたアニャがゴール左隅に叩き込んで先制に成功する。
    しかし、36分に相手エースのS.Mayのゴールで追いつかれ、さらにロスタイムにはジローラモが負傷(軽傷)を追って途中交代してしまうという残念な形で前半を終える。
    これはマズイな・・・と思っていたのだが、今季からストライカーに抜擢したマーフィーが大仕事をやってのけてくれた。
    59分にアニャがゲットしたPKを冷静に沈めて勝ち越し点を挙げると、そのわずか1分後に相手に止めを刺す3点目を挙げるという活躍を見せてくれた。
    これで、今季のリーグ戦での成績は17G8A
    開幕直前に、監督の思いつきで突然プレイするポジションを変えられてしまった可哀そうな選手だったが、見事な成績を残して期待に応えてくれた。
    こういう選手がいてくれると、監督としては本当に助かりますね(´▽`)



    WS006953.jpg
    Sky Bet Championship 優勝!!
    ダービーマッチで勝利を収めた結果、6試合を残している2位のクラブとの勝点差が19となったため、彼らの結果を待たずして優勝が決定しました。
    ホームで宿敵相手に勝利を挙げ、優勝まで決めてしまう・・・。
    なんだか出来過ぎで怖くなりますなw

    WS006957.jpg
    理事会様も喜んでくれているみたい。

    WS006956.jpg
    サポーターからも「最高の監督の一人」と評される・・・うーん、これはいい気分だw

    WS006958.jpg
    現エヴァートン所属のフィル・ジャギエルカからもコメントが。
    調べてみたら、この選手ってシェフィールド・ユナイテッドのユース出身だったんだね。
    全然知らなかったよ。



    WS006955.jpg
    来季に向けて、早くも理事会から初期予算の設定連絡が入った。
    フムフム・・・って、え??
    人件費予算と移籍予算を合わせると、約5.5B
    今季の初期予算が約1.6Bだったから、ざっと3倍以上の予算設定ってことになるぞ・・・。
    理事会様、本気過ぎじゃね?
    意地でも残留しろよ^^」っていうメッセージなの?これは。
    おいおい、やめてよそういうの。怖いったらありゃしないっすわw

    WS006959.jpg
    予算調整画面も、意味が分からない感じになっちゃったし。
    人件費1.5B/年とか、本当なら予算オーバーしてたはずだったのに、一瞬で1B以上の余裕ができちゃったよw
    さて、とりあえず移籍市場でも荒らしに行きましょうかねw



    月頭に優勝が決まり、消化試合だらけになってしまった4月の結果はこんな感じ。
    4月
    WS006990.jpg
    6試合で4勝2敗。獲得勝ち点は12ポイント。
    まぁこれだけ見れば良い感じのような気がするけど、内容がまぁ酷いことw
    まずは攻撃陣。
    得点は13点と、1試合平均で2点を超えてるからヨシとしようか。
    だが守備陣、テメーらはダメだ。
    6試合で11失点とかナニ?マジで。
    毎試合失点するのはお決まりとして、6試合中4試合で複数失点はヤバいでしょ・・・。
    いくらローリーが負傷離脱したからといって、ここまで急激に崩壊するなんてのはさすがに予想外だわw
    来季に向けて、とりあえずは守備を強化しなきゃいかんかな、これは・・・。




    さてさて、ここからはシーズンのまとめを簡単に。
    まずはリーグ戦の結果から。
    WS007013.jpg
    優勝は我らがシェフィールド・ユナイテッド。
    前半戦で勝ち点58ポイントを稼ぎながら、終わってみればギリギリ100ポイントという残念(?)な結果に終わった。
    残る昇格クラブは、2位のカーディフ・シティとプレーオフを勝ち抜いたワトフォード。
    カーディフシティには1勝1分と勝ち越してるからいいんだけど、問題はワトフォード。
    まだ調子が良かった昨年末に2度対戦したのだが、結果は2戦2敗という残念なものに。
    プレミアで戦う来期は、同じ昇格組から取りこぼすことは絶対に許されないというのに、超相性の悪い奴らと同期になってしまった。
    あーあ、どうしたもんかねぇ・・・。



    WS007016.jpg
    リーグの年間ベスト11はこんな感じ。
    我がクラブからは、ハリスマクレーンが選出された。
    よく見たらジローラモもサブメンバーとして選出されてるね。
    兎にも角にも、おめでとう!!



    ここからは選手の個人成績を。
    昨シーズンまでは、全員の成績を1画面で撮って載せていたけれど、めざまし監督やわわらば監督の記事を読んで「これは見やすい!わかりやすい!」と思ったので、その形をパクらせて参考にさせていただきました。
    ではでは、GKから順番に。

    GK
    WS007000-1.jpg
    今季もGKは2人体制で1年間行ってしまった。
    一応、ユースにも期待の星的な子がいるんだけど、結局今年もトップチームでは出番なしに終わってしまった。
    で、トップチームの2人はというと・・・どちらもビミョーな感じ。
    将来性を買ってロングを多く起用してみたけれど、結果は「失敗」と言わざるを得ないかなぁ。
    1試合平均で1失点を大きく超える成績じゃ擁護のしようがないわw
    一応、現能力★3個&潜在能力★4個という感じなので直ちにクビ!ということはしないけれど、来季に向けての要補強ポジションと言えそう。

    DC
    WS007001.jpg
    失点の多さは、決してGKのせいだけじゃないのよ・・・。
    と言いたいくらいに酷い成績のセンターバック陣。
    平均評価点7点を超えてるのって、ローリーただ一人って・・・w
    その彼を欠いた終盤に守備が崩壊したのも納得!といったところ。
    このポジションも要補強って感じかなぁ。

    D(LR)
    WS007002.jpg
    サイドバック陣はこんな感じ。
    今季で契約満了→放出予定のマケヴェリー以外の選手は、まずまずの活躍を見せてくれた。
    特に、プレースキックから多くの得点を演出してくれた左サイドバックのハリスはシーズンを通してよくやってくれたという印象。
    右サイドバックは不動のオールコック&便利屋クインのコンビで安定していたんだけど、つい先日にクインのほうが「もう便利屋なんてやってられるか!」と、移籍を志願してきたので、来季はいなくなってるかも。
    と、なるとここも要補強ポジションとなってしまう。
    あれ?お金、足りるのか?コレw

    MF
    WS007004.jpg
    中盤の選手は一括で。
    一応、表の上から下に行くにつれて攻撃的な選手といった並びになってます。
    ここでも、やっぱり攻撃的な選手の評価が高く、守備的な選手の評価が低いといった印象。
    守備の不安定さは、最終ラインの前のフィルターのところから始まってたんや!ってことなんかな?
    じゃ、ここも要補強ポジションと言うことでw
    アレ?ここまで全部の項目で「要補強」って言ってね?w

    ST
    WS007003.jpg
    最前線のトップの選手たちはこんな感じ。
    パッと見ただけで、今季の攻撃はマーフィージローラモの2枚看板で持っていたことがよくわかる。
    マクナルティも、出場機会が少ないながらよく頑張ってくれたと言えそう。
    しかしバクスター・・・。
    出せば使えず、出さねば文句を言う。
    まだ契約が残ってるけど、今のところは全力で放出してやるという方向のなりそう。
    となると、駒数が絶対的に足りなくなるので、ここも要補強ポジションかな。

    結局、全部のポジションで「要補強」ランプが点灯してしまったね。
    まぁ、何が言いたいかというと、この戦力じゃプレミア無理っすってことですわw

    はい、それでは続いてチーム内のタイトルを。
    今シーズンは、得点王にはマーフィージローラモが、そしてアシスト王にはジローラモが輝いた。
    となると、監督的年間MVPはジローラモってことでよろしいですかね。
    一応、下に2人をプロフィールを↓

    Jamie Murphy (ジェイミー・マーフィー・M/AM(L),ST)
    WS007006.jpg

    Diego De Girolamo (ディエゴ・デ・ジローラモ・AM(LC),ST)
    WS007007.jpg



    続いては、サポーターの皆様からの評価を。
    年間ベスト11はこんな感じ。
    WS007032.jpg
    まさにザ・無難といったメンツ。
    あまりに妥当過ぎて、特にコメントは無しということでw

    WS007034.jpg
    サポーターが選ぶ年間MVPも、監督的MVPと同じくジローラモが選出された。
    やっぱり格が違ったもんね。
    こちらも納得の選出といえそう。



    自クラブのまとめの最後は、理事会様のお話で。
    WS007010.jpg
    いただいている評価は「極めて安泰」。
    ですよねー。3部のクラブを一気にプレミアまで持ってけば、まぁこうなるわな。
    しかし、おかげで来季は地獄を見ることになるぞ!覚悟しとけよ!w

    各項目の評価はこんな感じ。
    WS007011.jpg
    カップ戦が目標に届かなかったのでイマイチの評価だけど、両大会ともプレミアのクラブに負けたということで、理事会様もそんなに怒ってないみたい。
    ステータスの項目が相変わらず低いなぁ、と思ってみてみると・・・

    WS007042.jpg
    なるほど!そういうことか!
    要は「簡単にクビにできるから気が楽だわ~」ってことなのね?
    じゃあ、次から任期途中で解任した場合の違約金をモリモリで契約してもらいましょうかw
    ってか、そもそもそんな項目あったっけ?



    さて、それでは最後に主要リーグ&CL/ELの結果を紹介して〆にします。
    まずは、ディティールレベルを設定している5か国の結果を。

    <Barclays Premier League>
    WS007017-1.jpg
    プレミアリーグを制したのは、今年もマンチェスター・ユナイテッド。
    2位以下も、まぁこんなもんかな?といった感じ。
    一方、降格したのはアストン・ヴィラ以下の3クラブ。
    アストン・ヴィラは置いといて、イプスウィッチとかレスターあたりには残留してほしかったのになー( ̄ε ̄;
    残ったメンツはどこもちゃんとしたクラブばっかりだよ?これじゃあ、ボコボコにやられる画しか想像できないっすわw

    と、そこへこんなニュースが。
    WS007031.jpg
    ファン・ハール監督が引退するとの事。
    そういえば、リアルでもユナイテッドがキャリア最後のクラブになるとか言ってたよね。
    にしても、後任人事の飛ばしっぷりがすごいね。
    名前が挙がっている中では、ビエルサ監督が作るユナイテッドを見たい気がするけど、きっと上手くいかないだろうなーって気もしますわ、実際。

    <Liga BBVA>
    WS007018-1.jpg
    リーガでは、レアルが昨年の雪辱を果たす結果に。
    リアルで大健闘を見せているバレンシアは、当箱庭では平凡な成績になってしまっている。
    やっぱり総得点で並んで三桁を叩き出す両クラブは、このリーグでは別格の存在みたいですな。

    <Bundesliga>
    WS007021-2.jpg
    ブンデスリーガは、今年も当たり前のようにバイエルンが優勝という結果に。
    2位シャルケ以下も御覧の通り。
    それよりも、マインツ・・・やっちまいましたな。
    言わずと知れたリアルでの岡崎選手の所属クラブが、残念ながら降格の憂き目にあってしまった。
    ま、岡崎選手自体は、ストークからの誘いに乗って脱出したみたいだけどね。
    ・・・ってストークって今2部じゃんw
    ドイツ2部からイングランド2部に脱出か~。うーん・・・。
    それでも、来季に昇格できれば来々季はプレミアでやれるし、意外と悪くない選択かもしれませんな(; ̄ー ̄)

    <Serie A>
    WS007019-1.jpg
    セリエAは、今年もユヴェントスがスクデットを獲得した模様。
    こっちもリアル同様に安定しすぎてて面白くない感じ。
    それよりも、インテル2位&ミラン3位が熱いですな!
    長友選手も本田選手もそれぞれのクラブで元気にやってるみたいだし、CLの舞台でも活躍してくれることを祈っときましょう。

    <Ligue1>
    WS007020-1.jpg
    今年のリーグアンを制したのは、ASモナコ。
    特に大きな補強をしたわけではないのに、PSGを抑えて見事に優勝を果たした。
    そしてつい先日、そのモナコに”あの”バロテッリが加入したというニュースが入ってきた。
    移籍金は5.5B。
    さてさて、来季のモナコはどうなっちゃうんかな?

    <UEFA Champions League>
    WS007026.jpg
    今季のビッグイヤーを獲得したのは、バイエルン・ミュンヘン。
    ペップのチームは相変わらず安定してるね、まったく。
    それより、ディナモ・キエフが準優勝という結果にビックリ。
    若干対戦相手に恵まれた感は否めないが、それでもあと一歩で大偉業を成し遂げるところまで行ったのは見事と言えそう。
    そして、このトーナメントで一番可哀そうなのはマンチェスター・ユナイテッド。
    せっかくグループステージを首位で通過したというのに、ベスト16で2位通過のバイエルンと当たるという不運。
    しかも、そのバイエルンは優勝までしちゃうし・・・。
    そら、ファン・ハール監督も辞めたくなるわw

    <UEFA Europa League>
    WS007028-1.jpg
    ELのタイトルを獲得したのは、ウチの親クラブ様であるアーセナル。
    シュミット監督率いるレヴァークーゼンを破って、見事に優勝を果たした。
    ってか、地味にスタンダール・リエージュがベスト4に残ってる・・・。
    調べてみたら、川島選手は主力として元気に活躍しているみたい。
    今回の箱庭では、多くの日本人選手がリアルと同じクラブで主力として活躍している例が多い気がする。
    このままの調子で頑張ってもらいたいですな。



    最後に、私事を。
    WS007038.jpg
    契約、更新したよ~。
    オフに入ってすぐに、いくつか名のあるクラブ様から面接のオファーが来たので、それらに顔を出しながらフラフラとしていたら、理事会様が焦って契約更新を打診してくるという事態にw
    おかげで、年俸は12.5M/→120M/年に大幅アップ!ってか約10倍
    リアルだったら小躍りするレベルですな、これはw


    それでは、今回はここまで。
    次回は、いよいよプレミアに挑むシーズンのスタートを記録していく予定です。
    スポンサーサイト
    [ 2015/04/05 00:47 ] Sheff Utd2(15/16) | TB(0) | CM(4)

    優勝おめでとうございます

    ウェンズデイとのダービーを制しての優勝は格別でしょう(^ω^#)ビキビキ
    ↑とか言いつつ自分もチャールトンプレイ時にウェンズデイを倒して2部優勝を決めた人

    理事会評価のステータスの項目、「早期打ち切り出来るから」と低いのは、これなんとかならないんですかね(・ω・)
    僕もチャールトンの時にずっとこれでしたよ。EL優勝しようが契約更新しようが低いままでしたよ。高く保つ方法あるんでしょうかね

    しかし前々から気になってたんですが、在任中に他クラブから面接のオファーがあるなんて羨ましい
    僕はチャールトンでプレイしていた時、結局辞任しないと面接のオファーは来ませんでしたよ(´・ω・`) 在任中はどこからもオファーが来ず

    プレミアに戦々恐々とされてますが、しかし優勝の立役者のマーフィーとジローラモの能力を見ると、
    むしろ、失礼ながら、こんな能力の選手でぶっちぎり優勝できたのですから、Akakiri監督の手腕なら余裕で残留は出来るんじゃないですか(^ω^)ニヤニヤ
    予算も出ましたし、来季の補強が楽しみですね(一括縛りでどうなるか分かりませんが)
    [ 2015/04/05 01:30 ] [ 編集 ]

    どもです。

    >ぶるべあ(・ω・)さま

    どもども、ありがとうございます。
    計らずとも、ウェンズデイの目の前で優勝を決めてしまいましたw

    理事会のステータスは、もはや諦めるしかないんでしょうかね?
    契約の時の付帯条項に望みを持っていたのですが、契約を更新してもダメってことは、もう手の出しようがないじゃないですか・・・。

    あれ?成り上がりでプレイしていると、2部に上がったあたりから妙に面接のオファーが来るようになりません??
    今オフも欧州のマイナーリーグを含めて7~8個のクラブから面接の招待状が来て、その中に確かOGCニースとかバーゼルといったクラブも入っていたような記憶がありますよ。
    ま、途中から面倒くさくなって面接そのものを辞退してましたけどねw

    正直言うと、やっぱプレミア怖いっす。
    だって選手の能力が他に比べて圧倒的に低いんですもん。
    ぶるべあさんの仰る通り、チームの柱の選手ですらプレミアクラスではない状況で、どうやって戦えとw
    とりあえず多額の予算はもらいましたが、どこまで選手を補強できるかは未知数って感じですね。
    本当はごっそり入れ替えたいくらいの気持ちですが、それをやるとQPR状態になるような気がするので止めときますw

    ではでは、地獄へ行って参ります!
    また適当な間隔で更新していきますので、気が向いたときにでも寄ってもらえると嬉しいです(´▽`)
    [ 2015/04/05 22:33 ] [ 編集 ]

    無事優勝おめでとうございます♪
    個人的には勝点100&得点100のW大台を見てみたかった気もしますが、さすがに難しいですよね~

    プレミアまでストレート昇格を果たしてる名将に対しての扱いがぞんざいですね…
    自分みたいな流浪監督のステータスが低くても文句は言えないけどねw

    プレミア編ではまたなんやかんやで優勝争いしてる記事が見れると予想して待ってます←壮絶なムチャ振り
    プレミア地獄に疲れたらアフリカ地獄に気分転換でくるのもいいですよw
    [ 2015/04/06 00:26 ] [ 編集 ]

    どもです。

    >ダイスさま

    どもども、ありがとうございます(´▽`)
    後半戦は本来の実力どおり(?)苦戦しましたが、前半戦の貯金にモノを言わせて優勝することができましたw

    勝点&得点で大台ですか~。
    優勝したことでさえ有り得ない自体だと言うのに、そんなことやらかしてしまった日には、きっと八百長疑惑をかけられちゃいますよ。
    ま、八百長したところで「誰得?」って感じかもしれませんがw

    プレミアで優勝・・・争い・・・?
    いやいや、来季は間違いなく残留争いを演じるものだと思っています。
    清水寺で発表されるアレ的なものでいうと、「負」とか「落」とかになるんじゃないかなー、きっと。
    とりあえずは、それを「残」にできるように頑張ってみますけどね!

    もしも「降格→クビ」ルートに入ってしまったら、ダイスさんを頼ってアフリカに行くことにしますわ。
    その時は、ご指導ご鞭撻の程よろしくお願いしますw
    [ 2015/04/06 17:21 ] [ 編集 ]

    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://isoyaki1.blog.fc2.com/tb.php/128-9086a6f5







    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。