スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    いざ、プレミアの舞台へ。

    今年も新しいシーズンが始まります!
    シェフィールド・ユナイテッドに就任して3年目のシーズン、今年の舞台は・・・そう「Barclays Premier League」。
    マンチェスターユナイテッドやシティ、アーセナルやチェルシーといった、世界に名を馳せているビッグクラブの方々と同じリーグで1年間戦うこととなります。
    で、そんな中、我がクラブの開幕前の予想順位は19位タイ(20クラブ中)。
    もうね、誰も残留できるなんて思ってない感じだよね、コレ。
    だって、ウチの理事会様ですら「降格してもOK、ただし勇気をもって残留争いに立ち向かってくれ!」とか言い出す始末ですからねw
    とは言っても、さすがに最初から白旗を揚げながら向かっていくのもどうかと思うので、とりあえずは悪あがきをしてやろうかと思っております。
    そこで、考えたのが「ザ・新戦術
    基本的には昨シーズン”たまに”使っていた4-1-4-1の改良型になるんですが、とりあえず下で紹介します↓

    WS007230.jpg WS007231.jpg
    これが基本的な並び&チーム指示になります。
    基本的な考え方は、守備6&攻撃4といった具合。
    守備は、とりあえず中央・・・というかバイタルを固く閉ざすことを第一目標にしました。
    個々の守備力があるチームですら、バイタルでの守備を疎かにすると痛い目に合うというのに、個々の能力が低いウチがそのポイントを無視できるわけないでしょ?ということです。
    その分、サイドから攻め込まれる事が多くなると予想されますが、そこは今シーズン補強した「ノッポさん部隊」に跳ね返してもらう予定ですw
    とりあえず、スタメンだけでもダフィ(DC)、ケオ(DR)、ロー(DM)の3人は190cmオーバー、そしてエレーラ(ST)も189cmあるので、空中戦でボコボコにやられることはないでしょう。たぶん。

    そして、攻撃の方はサイド攻撃、それもとりわけ左サイドに活路を見出そうかと思ってます。
    キーマンは、マクレーン(ML)&ハリス(DL)(orプディル(DL))。
    この左サイドの2人に上がり目の指示を出し、これにインサイドハーフのウォレスを絡めた3人で崩そうかと思ってます。
    サイドバックが上がった裏は、「ボランチがディフェンスラインに落ちる→センターバックがサイドに流れる」という形で埋めたいと思っているのですが、なかなか思ったように動いてくれないので、今後に向けて「要調整」といった感じになりそうです。インサイドハーフの2人もバイタルを埋めてくれないし( ̄ε ̄;
    一方の右サイドは、Mrアフロ・アニャの個人技頼みになりそう。
    右サイドバックのケオは守備専の選手なので、アニャのフォローには行かずに守備に専念してもらうことになると思います。
    そして、最前線を任せるのはエレーラ
    今夏移籍の目玉選手を敵のゴールから一番近い所に配置し、みんなが頑張って運んできたボールをゴールに沈める仕事をお願いする予定です。
    一応、イメージしているのはこんな感じです。
    その他、個人指示などの細かい調整については、試合を見ながらやっていくつもりです。


    それでは試合結果を順番に記録してきます。
    今回は、リーグの開幕月となる8月からの記録となります。

    82.png
    プレミアに残留するために、少しでもいいスタートを切りたい8月。
    予定されているのは下の4試合。
    WS007226.jpg
    開幕戦の相手はカーディフ・シティ
    昨シーズンのチャンピオンシップで2位に入り、ウチと一緒に昇格してきた同期組さん。
    メディアの予想順位では16位と、優勝した我がクラブを差し置いて、昇格組の中では頭一つ抜けた評価を受けている。
    所詮は予想順位と言ってしまえばそれまでだけど、それでもなんか悔しいな・・・ちきしょう。
    その他の対戦相手はニューカッスルとノリッジ。
    どちらも中位~下位に予想されているクラブなので、一つでも多くの勝点を手にしたいところ。
    カップ戦の方では、一応ミッドウィークにキャピタル・ワン・カップの2回戦が組まれているけど、相手が3部所属のブラックプールなので、ローテーションで簡単にしのぐことができるかな。

    そんな8月のピックアップゲームは、カーディフ・シティとの開幕戦。
    今回から、毎月1~2試合程度をピックアップゲームとして記録して、その他の試合は結果のみの紹介に留める感じで行こうかなと思ってます。
    というのも、このままのペースだと、CL制覇の目標を達成する前にFM2016が発売されてしまいそうな気がしてきたので・・・w
    それでは、8月の結果をどうぞ↓


    2016.8.13(Sat)
    Sheffield United (-位/予想19位) vs Cardiff City (-位/予想16位) Barclays Premier League 第1節

    Starting Line-up
    WS007057.jpg
    開幕戦の相手はカーディフ・シティ。いきなり同じ昇格組との対戦となった。
    今シーズンの日程表を見渡してみても、数少ない”勝てる気がする”相手との対戦となるので、取りこぼしは許されない。
    しかも、今節はホームでの対戦となるので、「ドロー=負け」くらいの気合で試合に臨む。
    採用した戦術は、就任1年目から擦り切れるほど使ってきた4-4-2。
    この試合に関しては上で紹介した4-1-4-1で守備を意識した戦いをするのではなく、あくまで勝点3を目指していくこととした。


    Result
    WS007059.jpg

    WS007058.jpg

    WS007060.jpg
    よっしゃぁぁぁぁ!!!
    大事な大事な大事な開幕戦で、最高の結果を残すことができた。
    スタッツ的にはボール試合率、シュート数ともに相手に後れを取るという不安の残るものとなってしまったが、効率のいい攻撃で見事に3点を挙げることができた。
    MOMはアニャ
    先制点のアシストを決め、その後に自らも2得点を挙げるいう、文句のつけようのない活躍を見せてくれた。
    やるじゃん!すげぇじゃん!さすがアフロじゃん!w



    2016.8.16(Tue)
    WS007063.jpg
    そのアニャと、先制点を決めたマクレーン、そしてGKながら評価点8.6を叩き出した新加入のGKアレオラが週間ベスト11に選出された。
    3人ともおめでとう!



    8r.png
    8月の結果はこんな感じ。
    WS007132.jpg
    開幕戦では見事に勝利を挙げたものの、その後は1分1敗と結果を残すことができず。
    特にニューカッスル戦ではシュートが4本対28本という、90分間サンドバック状態で攻められ続けるという情けない内容となってしまった。
    それでも、開幕3試合で勝点4を獲得し、順位表のちょうど真ん中あたりで開幕月を乗り切ることができた。
    一方カップ戦では、マーフィージローラモといった昨年までの主力陣が躍動し、3部のクラブ相手に完勝を収めて次のラウンドに進むこととなった。
    そして、その次のラウンドの相手は・・・

    WS007078.jpg
    ウルブスに決定!
    記事にある通り、昨シーズンの対戦成績はこちらの2戦2勝。
    得点は5点、そして失点は1点と、内容でも十分な結果を残している。
    相手はチャンピオンシップのクラブだし、ここは一つ、格上としての貫録を見せつけてやろうかね(`・ω・´)



    9.png
    WS007227.jpg
    8月の末~9月の頭にかけて代表ウィークがあったため、9月の緒戦は11日の日曜日。
    相手は”あの”マンチェスター・シティ
    今の戦力でシティとやるという、想像しただけでゾッとするような試合になると思うが、この試合の目標を「勝ち負け」ではなく「失点を1つでも少なくすること」に据えて頑張る予定。
    それよりも、ウチにとって大事なのがウエストハム&フルハムのハムハム連戦
    両クラブのメディア予想順位が13位&17位であることを考えると、残留を勝ち取るためには簡単に負けることが許されない試合になりそう。
    今回は共にアウェイでの試合となるが、せめて勝点1は持ち帰れるように頑張らねば。

    そんな9月のピックアップゲームは、マンチェスター・シティ戦とウェストハム戦の2試合。
    ということで、順番に結果をどうぞ↓


    2016.09.11(Sun)
    Sheffield United (7位/予想19位) vs Manchester City (10位/予想3位) Barclays Premier League 第4節

    Starting Line-up
    WS007112.jpg
    代表ウィーク明けで迎えたリーグ第4節。相手はマンチェスター・シティ。
    相手は3試合を終えて1勝1分1敗と、イマイチな成績となっている。
    しかし、その1分1敗の相手がアーセナル&リヴァプールであることを考えると、絶望的にチーム状態が悪いという感じでははなさそう。
    現時点での所属選手のメンツを見渡してみても、そこまでファンタジーな感じにはなってないみたいだし。
    ただ一つ、気になったのが・・・「監督:ロベルト・マンチーニ」
    マジかwwwみたいな。
    ガラタサライを退任した後、インテルではなくシャルケに就任し、そこでリーグ2位の成績を残して昨シーズン退任(解任ではない)したみたい。
    にしても、よく戻ってこれたよな~。さすがにこの人事は予想外だったわw
    とりあえず、久しぶりに会った懐かしい顔に一泡吹かせられるように、この試合については特に気合を入れて頑張っていこー(`・ω・´)

    Result
    WS007114.jpg

    WS007113.jpg

    WS007115.jpg
    ったよりも頑張ったけど、やっぱりアイツらすげーやw
    スタッツの通り、試合の多くの時間を相手に支配される展開。
    しかし、守備陣の頑張りで決定的なチャンスを作らせない。
    ・・・でもね、よく考えてみたら、このレベルの選手たちは「決定機」じゃなくても普通にゴールを奪ってくるんだったわww
    ここ最近はずっと下部リーグで戦ってから、この感覚を完全に忘れてたよw
    結局、ナスリアサモアに目の覚めるようなファインゴールを叩き込まれ、0-2というスコアで完敗となってしまった。
    唯一の収穫は、MOMを獲得したバシャム
    中盤の守備で獅子奮迅の働きを見せ、負け試合でありながら評価点8.5を獲得する活躍を見せてくれた。
    とりあえず、当面の間は彼をファーストチョイスにした方が良いような気がしてきたぞ・・・。



    2016.09.17(Sat)
    West Ham United (17位/予想13位) vs Sheffield United (14位/予想19位) Barclays Premier League 第5節

    Starting Line-up
    WS007119.jpg
    シティに惨敗してから一週間空いて迎えたリーグ第5節は、アウェイでウェストハムと対戦する。
    相手は現在17位。そして、メディア予想は13位。
    なんとなくだけど、このクラブとは最後まで残留を争う仲になりそうな気がしますわ・・・。
    今節はアウェイでの試合ではあるが、こういった相手に簡単に勝点を献上するのはマズイ気がするので、とりあえずは”負けない”戦いを心がけることとした。
    採用した戦術は4-1-4-1。
    基本的にベストなメンツでスタメンを組んでいるが、前節のシティ戦でMOMを獲得した好調バシャムを入れてみたり、逆に調子がイマイチなアニャを外してみたりといった変更を試みてみた。
    さて、どんな結果になるんかな?

    Result
    WS007122.jpg

    WS007120.jpg

    WS007123.jpg
    さかの勝利!
    スタッツが表わしている通り、決して楽な試合ではなかったのだが、マカレニーの加入後初ゴールのおかげで嬉しい勝点3を手にすることができた。
    でもね・・・1点差とかホント心臓に悪いわ・・・(-ω-;)
    ラスト10分くらいからは「早く時間が過ぎてくれ~」と祈ることしかできなかったしw
    でも、本当にこの勝利は今後にとって大きい気がする。
    「もしかしたら、年間通じて1試合もないかも?」と思っていたクリーンシートを、開幕戦に続いて4試合ぶりに達成し、しかも今節はその守備のおかげで勝点3を拾うことができたからね!
    とりあえず、しばらくは自信をもってこの戦い方を続けていくことができそうだ。
    ちょっとだけだけど、気持ちが楽になった気がするよ(´▽`)



    これは痛い・・・。
    WS007121.jpg
    ウェストハム戦の勝利の裏で、マクロードが重傷を負ってしまった。
    我がクラブの中盤のキーマンを、このタイミングで欠くことになろうとは・・・。
    今後しばらくは緩めの日程なので心配はなさそうだけど、これで代役のスクーガルにも万が一のことがあった日には、早くも残留に黄色信号が灯ることになってしまいそうだ。
    まったく・・・レイトタックルとかホントやめてよね( ̄ε ̄;



    9r.png
    WS007143.jpg
    上の2試合を含めた、9月の結果はこんな感じ。
    ウェストハム戦で自信をつけたチームは、続くキャピタル・ワン・カップのウルブス戦、そしてリーグ第6節のフルハム戦でも勝利を挙げ、公式戦3連勝を飾ることとなった。
    ここまでは、新戦術の4-1-4-1(改良型)が思ったよりも機能しているみたい。
    昨シーズンは塩試合メーカーとして猛威を振るっていた4-1-4-1だったのだが、今シーズンは攻守のバランスが良い戦術に生まれ変わりつつあるような気がする。
    やっぱり、守備一辺倒を捨てて、攻撃時に上がる人数を増やしたことが効いてるんかな?
    とりあえずはこの調子で改良を続けて、他クラブとの「絶対的な質の差」を埋める武器にしたいところですな(´・ω・`)



    さて、ここからは9月のニュースを。
    まずは、月間最優秀監督賞から。
    WS007147.jpg
    9月の月間最優秀監督に選出されたのは、リヴァプールのラファエル・ベニテス監督。
    シティのマンチーニ監督といい、当箱庭のプレミア理事会では懐古主義が流行ってんのかな?w
    ま、確実に一つだけ言えるのは「手強いライバル監督がまた一人増えた」ってことですかね。



    WS007236.jpg
    選手の方の月間MVPは、トッテナムのムサ・デンベレ
    9月緒戦のハル戦で2得点を挙げてMOMに選出された後、続くチェルシー戦、エヴァートン戦でも7点を超える評価点を得る活躍をしたみたい。
    ピッチの中央に、こんな”面倒くさい”選手に居座られたらやり難いこと極まりない状況になってしまうので、ウチと当たる年末までに調子を落としてくれていることを願ておくことにしようw



    続いて、キャピタル・ワン・カップ4回戦の抽選結果を。
    WS007131.jpg
    次の相手はスウォンジー・シティ
    現時点では順位表の真ん中より下にいる状況だが、ゴミスシグルズソンファビアンスキあたりがきっちりと残留しているので、非常に手ごわい相手になりそう。
    ま、とりあえずこの大会については、すでに理事会様のノルマはクリアしているので、サブメンの調整試合という本来の目的を見失わない程度に頑張っていきましょうかね(; ̄ー ̄)



    最後に第6節終了時点での順位表を。
    WS007141.jpg
    我がクラブは、3勝1分2敗の勝ち点10で順位は10位。
    上出来どころか、上出来といった感じ。
    それもこれも、第5&6節のハムハム連戦で得た勝点6のおかげ。
    ありがとうハムハムズ!次の対戦でも勝点3のプレゼントをヨロシク!
    ・・・しかし、問題は来月以降。
    ここまでは割と対戦相手に恵まれた日程になっていたのだが、来月以降はリヴァプールやアーセナルといったヤバい方々との対戦が多く控えている状況になっている。
    ので、その辺の結果次第ではチームの雰囲気がマズいことになるかもしれない。大量得点差で負けることだけはしないように気を付けなければ・・・。


    それでは、今回はここまで。
    次回は、一気に年末くらいまで進めていく予定です。
    スポンサーサイト
    [ 2015/04/20 23:17 ] Sheff Utd2(16/17) | TB(0) | CM(0)

    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://isoyaki1.blog.fc2.com/tb.php/131-7e2bdd06







    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。