スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    いざ開幕。

    いざ開幕!
    ということで、新しいシーズンが始まります。
    まずは、開幕月の8月の予定を。
    82.png
    WS007588.jpg
    開幕戦の相手はリーズ・ユナイテッド
    我らがシェフィールドのすぐ北に位置する都市で、同じヨークシャーに属することから「激しいライバル」として扱われている。
    一応は今季からプレミアに昇格してきたクラブなので格下であると思われるが、「勝者のメンタリティ」と「ライバル戦ならでは雰囲気」を持ったクラブとの開幕戦でやるのは少し嫌かも。
    その他の試合は、中~下位に予想されているのノリッジと、2部所属のバーミンガム・シティとのカップ戦だけなので、リーズ戦ほど神経を使わなくてもよさそう。
    という事で、超重要なリーズ戦の結果からどうぞ。

    2017.08.20(Sun)
    Sheffield United (-位/予想19位) vs Leeds United (-位/予想18位) Barclays Premier League 第1節

    Starting Line-up
    WS007566.jpg

    Result
    WS007568.jpg

    WS007571.jpg
    開 幕 戦 勝 利!
    試合内容、結果共に文句のない結果となった。
    MOMは、殊勲の2ゴールを挙げたジローラモ。開幕戦で大仕事をやってのけてくれるあたりは流石!といった感じ。
    とりあえず完勝には完勝だったのだが、今回については元々の実力差がある相手だったので、この結果がシーズンの行方を占う!といった感じにはならないと思う。
    それよりも、先発陣が軒並み評価点7点台を記録している中で、右サイドハーフのアラモが一人だけ6.5という残念な感じだったのだ気になる・・・。
    エレーラと並んで、今シーズンの攻撃のキーマンなので、調子を落としているようだとちょっと困るぞ・・・。
    もし駄目だったら・・・その時は、Mr.アフロアニャ!頼んだぞ!!ということでw

    あ、そうそう。
    WS007572.jpg
    ファンの皆様も開幕戦の勝利に喜んでくれているみたい。
    ま、ホームゲームとはいえ、ライバルクラブをあそこまで完膚なきまでに叩き潰せば満足でしょうなw
    今後もこの調子で、良い試合を一つでも多く見せられるように頑張ってかなければ(`・ω・´)



    2017.08.26(Sat)
    Norwich City (14位/予想13位) vs Sheffield United (4位/予想15位) Barclays Premier League 第2節

    Starting Line-up
    WS007575.jpg

    Result
    WS007577.jpg

    WS007578.jpg
    幕戦の熱気はどこへやら・・・。
    両チーム合わせてシュートわずか7本という、記録に残る塩試合を演じてしまった。
    相手が相手だっただけに、できれば開幕連勝スタートをキメたかったところだが、結果は結果なので諦めましょう(-ω-;)



    2017.08.29(Tue)
    WS007579.jpg
    マクレーンが週間ベスト11に選出されたとの事。
    昨シーズン末に続いて、2度目の「え?なんで?」状態の選出。
    評価点は7.1
    ノーゴール、そしてノーアシスト
    試合を決定付ける仕事は、何一つしてないのに選出という不思議な事態。
    よっぽど他のクラブのサイドハーフが酷かったの・・・かな?w



    2017.08.30(Wed)
    Birmingham City vs Sheffield United Capital One Cup 2回戦

    Starting Line-up
    WS007580.jpg

    Result
    WS007582.jpg

    WS007639.jpg
    ブメンは所詮サブメンか・・・。
    エレーラスクーガルスクリーニのセンター線3人以外のメンツをサブのメンツで組んでみたのだが、結果は御覧の通り。
    2部のクラブ相手に、見事なまでの五分試合を演じましたとさw
    決勝点も、怪しい判定で得たPKという始末。
    ま、戦術も4-1-2-2-1という、「過去作では使い慣れているけどFM2015ではほとんど使った事のないモノ」を採用したので、選手のせいだけじゃないかもしれないけど。
    にしても、やっぱり不満が残る試合だよな~。



    8r.png
    WS007586.jpg
    Premier League:1勝1分0敗(勝点4) 2得点 0失点(得失点差+2)
    Capital One Cup:3回戦進出!

    8月に行われた3試合の結果は、2勝1分。
    格上との対戦が皆無だったとはいえ、良い結果と言えそう。
    なによりも、3試合すべてで無失点というのがデカい。
    なけなしの予算を使って、守備陣を補強したのが効いている・・・といいんだけど。



    WS007593.jpg
    8月の月間最優秀監督賞は、シティのライカールト監督が選出された。
    ・・・え?
    そう、リアルでは監督業引退を表明した“あの”ライカールト監督がこんな所に。
    当箱庭のライカールト監督は、サウジ代表監督を辞任後「ヴィジャレアル→ローマ」と渡って、今シーズンからシティの監督に就任したみたい。
    さすがに優秀な能力値を設定されているだけあって、当たり前のように一線級を渡り歩いているみたいですな。

    ・・・あれ?という事は、昨シーズンに首の皮一枚で辞任を免れた前任者・マンチーニ監督は???

    WS007654.jpg
    Robert Mancini :England
    イングランド代表監督www
    マジかw
    イタリア人のイングランド代表監督とか、カペッロ監督の二の舞になるんじゃね?大丈夫??
    ま、元気にやってるならそれでいいけど。



    WS007591.jpg
    選手の方の月間MVPは、チェルシーのアザール選手が選出された。
    昨シーズンの年間MVPも獲得してたし、もはや恒例行事みたいになってきたから面白くもなんともないわ!
    という事で、特にコメントなし( ̄ε ̄;



    いつもは華麗にスルーしている「月間最優秀若手選手賞」について少し。
    WS007592.jpg
    なんと、我がクラブのジローラモが選出されました~!
    やはり、リーズとの開幕戦で挙げた2ゴールのインパクトが大きかったみたいですな。
    この調子で活躍して、順調に成長してくれ!・・・信じてるよ。
    あと、センターバックのマクガーイーもひっそりと3位に選出されているので、後で誉めてやらねばw



    WS007583.jpg
    まだ2試合しか消化してないリーグ戦の順位表はこんな感じ。
    我がクラブは、なんと5位!
    もう見ることのない順位かもしれないので、この機会に目に焼き付けておかなければw
    ちなみに、首位は唯一2連勝を飾ったシティ、そして最下位は同じく唯一2連敗のハル。
    ま、この辺も1試合の結果ですぐに入れ替わってしまうので、総評はもう少し経ってからにしようかな。



    本当は9月まで記録しようかと思ったのですが、「そう言えば戦術について書いてない!!」という事を急に思い出したので、それについて記録して今回の記事の〆にしたいと思いますw

    今シーズンの基本戦術は、昨シーズンと同様の4-1-4-1。
    基本の形と指示はこんな感じ。
    4-1-4-1
    WS007647.jpg WS007641.jpg

    見ての通り、攻撃の基本形はサイド攻撃
    そこに、アドバンスドPMのマクロードとBox to Boxのバシャムが絡んでいく感じ。
    左右のバランスを一言でいうと、左攻撃&右守備
    元々は、プディルの攻撃力を生かすための戦術だったのだが、今シーズン加入のクレスウェルも攻撃的センスを持っている選手なので、同じような運用を考えている。
    右サイドは・・・相手のサイドハーフにズタズタにされなければ御の字という程度に考えている。

    守備については、センターバックの2人+DMスクリーニのトライアングルが肝。
    この3人で中央を抑え、サイドはサイドバックの2人が頑張ってくれることを期待している。
    この時、左サイドバックのクレスウェルの裏が狙われることを避けるため、彼には「攻撃参加した時にはアーリークロスを多めにあげてね(´▽`)」という指示を与えてある。
    これによって、「深い位置まで上がる→ボール奪われる→左サイドの裏がががが・・・」という場面をできるだけ作らないようにしている、つもり。

    ・・・とまぁ、こんな感じです。
    本当は、左サイドの裏は「ボドリが左に流れる→スクリーニがセンターバックの位置に落ちる」という形で埋めたいなーとか思っているんだけど、ボドリスクリーニもイマイチ上手く動いてくれないので、とりあえずはクレスウェルの動きを制限することによって穴ができないように気を付ている。
    この辺が上手く調整できれば、攻撃の方にもっと幅が生まれるんだけどな~。

    ちなみに、サブ戦術は以下の2つ。
    4-4-2
    WS007645.jpg WS007653.jpg

    4-1-2-2-1
    WS007646.jpg WS007652.jpg

    4-4-2については、昨シーズンと全く同じ。
    点が欲しいときor格下相手に採用する戦術。
    4-1-2-2-1は、将来的に主戦術にする予定で考えているが、とりあえず今のところはテスト中。
    一応、現時点で上手くハマっている4-1-4-1と同じ方向性を持った指示を与えているが、試合をこなしながら必要なところは改変していく予定。
    使い物になる日がいつになるのかは、現時点では不明w

    どの戦術も、昨シーズンの途中から仕込んであるので、熟練度は「滑らか」との評を受けてる。
    試合展開に応じて、猫の目のように変更しながら戦っていくつもりだけど、上手くいくかなぁ・・・。


    という事で、今回はここまで。
    次回は、9&10月分あたりを記録していく予定です。
    スポンサーサイト
    [ 2015/06/13 22:29 ] Sheff Utd2(17/18) | TB(0) | CM(2)

    チェルシーより上とか素晴らしい…って言おうと思ったら
    2試合で8得点とか恐怖でしかないですね…

    戦術はもう自分は最近固定化してきてますね~
    ウィング置いてるし、「ロングパス主体」で「アーリークロス」「変化するクロス」で「展開を広く」
    これで点を取りに行ってますな

    あ、守備で「プレスもっとかけろ」&「タイトにマーク」って相当イエローもらったりするんで、かなり葛藤してしまいます。
    試合後に相手監督がメディアに「ダイス監督は怪我をさせるつもりはない」ってのしょっちゅう言われたりするんですよねぇ
    [ 2015/06/14 02:28 ] [ 編集 ]

    どもです。

    >ダイスさま

    チェルシーより上と言っても、まだ2試合しか消化してないですからねw
    で、そのチェルシーさんなんですが、ホームでの開幕戦でボーンマスを7-0で虐殺してるんですよね・・・。
    昇格してきたばかりの相手を、文字通り「虐殺」するあたりは流石といったところでしょうかw

    戦術に関しては、私もほぼ固定で行っている感じですね。
    入れる選手によって個人指示のパターンは幾つかあるのですが、チームとしてのやり方は大きく変えていません。
    試合中に変更するのは「ラインの高さ」と「プレスの強度」くらいですかねぇ。
    まぁ私の場合は、上手くいっていないと感じた時には「戦術セットそのもの」を変更してしまうことが多いので、軽微な変更があまり意味を持たないだけかもしれませんがw
    [ 2015/06/14 21:44 ] [ 編集 ]

    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://isoyaki1.blog.fc2.com/tb.php/141-30bbae4e







    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。