スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    大混戦。

    2018.12.01(Sat)
    月初から嬉しいニュースキタ―――(゚∀゚)―――― !!
    WS008234.jpg
    クラブの財政が改善したとかなんとか言って、理事会様が移籍予算の増額を行ってくれた。
    その額なんと、41億円!
    一瞬、画面の前で固まってしまいましたよ、あまりにもビックリしすぎてw
    予算が碌に残っていなかったこともあって、今冬に補強を行うことは半ば諦めていたのだが、これだけの予算を頂いたら使わない手はないでしょう・・・!ということで、急遽方針を変更して新戦力の品定めを始めてみた。
    さーて、ここ最近は暇ばっかりしていたスカウト陣の皆様、待ちに待った仕事だよ!頑張って調査してきてね!



    そんなこんなで楽しい気分で迎えた12月の予定はこんな感じ。
    a12.png
    WS008307.jpg
    今月予定されているのは、全部で7試合。
    既にキャピタル・ワン・カップを敗退していおかげ(?)で、中旬に10日ほど間が空くという恵まれた日程になっている。
    それでも、その前後ではもれなくミッドウィークに試合が組まれるという過密な日程になっているので、上手く選手を入れ替えながら戦っていきたいと思う。
    ちなみに、今月の重要試合は8日に行われるリーズ戦&11日に行われるブルージュ戦の2試合。
    リーズ戦は言わずと知れたヨークシャーのライバル対決、そしてブルージュ戦はCLの決勝トーナメント1回戦の運命を決める試合となっており、いずれの試合も全く手を抜けないものとなっている。
    こんな大事な試合が中2日で組まれるという困った事態になってしまっているが、なんとか上手く選手を起用して最高の結果を手にできるように頑張らねば(`・ω・´)


    さてさて、それでは今回も順番にやっていきます。
    先ずは月頭に行われたリーグ第13節、アウェイでスウォンジーと対戦した試合から記録していきます。
    2018.12.01(Sat)
    Swansea City (11位/予想11位) vs Sheffield United (4位/予想8位) Barclays Premier League 第13節

    Starting Line-up
    WS008244.jpg
    ミッドウィークに行われたアトレティコ戦が非常に厳しい試合だったため、一部主力選手が疲れを残したまま週末を迎えてしまった。
    今節もアウェイでのスウォンジー戦という決して楽な試合ではないのだが、無理をさせて怪我をされたら元も子もないということで、前の試合からフィールドプレイヤーのうち6人を入れ替えて試合に臨むこととした。

    Result
    WS008246.jpg

    WS008247.jpg
    辛勝。
    スタッツが表わしている通り、試合自体は非常に苦しいものになってしまった。
    特にシュート数&決定機の数は相手の足元にも及ばず、ここだけ見ればなぜ勝てたか分からないような試合になってしまった。
    それでも、アレオラ神セーブ連発ダプレラ千載一遇のチャンスをモノにする勝負強さのおかげで勝利を手にすることができ、激しさを増す上位争いから脱落せずに踏ん張ることができた。
    にしても、ホントに他の上位クラブは負けないよね。
    今節も上位5クラブは当たり前のように勝点3を上積みしてるし、こんな調子が続いていたら5月まで心が持たないよ、マジで(-ω-;)



    2018.12.04(Tue)
    WS008248.jpg
    スウォンジー戦で、5回あった相手の決定機をすべてセーブして見せたアレオラ君が週間ベスト11に選出された。
    ありがとう、そして本当にありがとう!!



    2018.12.04(Tue)
    Sheffield United (4位/予想8位) vs Hull City (14位/予想16位) Barclays Premier League 第14節

    Starting Line-up
    WS008250.jpg
    主力選手のコンディションがボロボロになってきた・・・。
    仕方が無いので、この試合についてはコンディションと士気が良好な選手から順番にチョイスして並べてみた。
    上手く機能するかどうかは正直言って分かりません!

    Result
    WS008252.jpg

    WS008253.jpg
    勝キタ━━━ヽ(゚ω゚)ノ━━━!!
    前節のスウォンジー戦とは打って変わって、試合開始直後から圧倒的に試合を支配し続け、20分を迎える前に試合を決定づけてしまった。
    この恵まれた展開のおかげで、ここ最近の強行出場連発のせいで顔が青くなり始めていたアラモを開始35分という非常に早い時間でベンチに引っ込めることができ、あと一歩という所まで迫っていた我がクラブの右サイドの崩壊をギリギリのところで食い止めることができた。
    さて、週末はいよいよリーズ戦。
    この大勝のおかげでチーム状態も最高と言っていいところまで上がってきたし、憎きライバルをホームで叩きのめしてやりましょうか!!

    WS008395.jpg
    相手の戦意をガッツリ削り取った4点目のゴールシーン。
    スクーガルからのパスを、ノートラップ&ノーステップでゴール逆隅に叩き込んだ。しかも相手キーパーが一歩も動けない弾速で。
    ムーア君、それはディフェンダーが打っていいシュートではありませんよw




    2018.12.05(SWed)
    おかえり!!
    WS008254.jpg
    シェフィールドの(元)至宝マグワイア君を買い戻したったった!
    マグワイア君と言えば、十代のころから我らがシェフィールド・ユナイテッドの守備の要として大活躍をしていた選手で、私の中ではクラブを象徴する選手の一人だったんです。
    リアルの方のシェフィールドの理事会様も同じような考え方を持っていると勝手に信じていたので、当然のように本編(FM2015 Sheff Utd編)でも一緒に仕事ができると思っていたわけですよ。
    ・・・が、FM2015リリース前の2014-15シーズンの夏移籍でハルシティにまさかの移籍をしていってしまい、私が本編を始めた時にはシェフィールドからいなくなってしまっていたのです・・・。
    もうね、それはもうすごいショックで、リアルの方でそのニュースを目にした時には画面を三度見くらいしてしまいまいたw
    で、「この箱庭の中だけでもいつか買い戻したる!!」と思いながらずっとプレイをしていたんですが、ある日目にした彼の評価額が15億円くらいにまで跳ね上がっているのを見て、「やっぱり無理かも・・・」と半分諦めていたんですね。
    所属クラブも、ハル・シティよりも格上のエヴァートンという立派なクラブになっていたし。
    が!ここで来たんですよ、冒頭で書いた大予算増額祭りが。
    コレは今動くしかない!と、試しにスカウトを派遣してみたところ、能力は問題なし&怪我もしていない、そしてなんとステータスの所に「不満」のアイコンが。
    どうやらエヴァートンでは碌に出場機会を与えられてなかったみたいで、その事に対する不満がちょうど爆発したところだったみたいなんです。
    となれば、もう迷うことは一つもない・・・!ということで、光の速さで正式オファーを出して今回の里帰りが実現する運びとなったわけです。
    実際にチームに合流するのは来年の1月頭となりますが、今からその日が楽しみでなりませんな。
    早く来ないかな~元旦(´▽`)



    2018.12.07(Fri)
    ( ゚д゚)・・・。
    WS008255.jpg
    アニャ選手、これで3回連続の復帰初戦での負傷離脱・・・。
    通算でも今季5度目の離脱という、もはや異常とも言える事態。
    イヤ、無理なんか全然させてないよ?
    体調が戻るまでU21戦にすら出さないようにしてるし。
    今回の負傷離脱で、巷のプロリハビラーもビックリの稼働率の悪さになって参りました。
    一応、この間までは今シーズンで切れる契約を延長しようかとも思っていたけれど、もうさすがに無いなコレは。
    いっそのこと、所属そのものもU21に落としてやろうかな。その方がスッキリしそうだし。



    2018.12.08(Sat)
    Leeds United (10位/予想20位) vs Sheffield United (2位/予想8位) Barclays Premier League 第15節

    Starting Line-up
    WS008258.jpg
    非常に大事なライバル対決。
    ミッドウィークの試合を上手くこなせたおかげでチーム状態は非常に良い。
    これは勝つしかないでしょう!

    Result
    WS008260.jpg

    WS008261.jpg
    シーズン最低の糞試合となってしまった。
    アウェイでの試合とはいえ、開幕前のメディア予想で最下位とされている格下の相手に、不覚を取るどころか普通に力負けをしてしまった。
    イヤ、試合開始から嫌な予感はしてたんだよね。
    ツートップにボールが全く収まらない、パスミスが異常に多い、トラップが長くてすぐにボールを奪われるなどなど・・・。
    手を変え品を変え何とか流れを変えようと奮闘したものの、相手に得点を奪われないように粘るのが精一杯といった感じになってしまった。
    あーちきしょう!超悔しい( ̄ε ̄;

    WS008263.jpg
    弱り目に祟り目。
    左サイドハーフの貴重な控え、マクレーンが怪我をしてしまった。
    一応はダプレラがこのポジションでプレイできるけど、そうすると左サイドバックの控えが居なくなるんだよね。
    さて、やり繰りどうしよっかな。



    2018.12.10(Mon)
    WS008264.jpg
    クジ運悪すぎワロタwww
    先日のキャピタル・ワン・カップ緒戦の抽選でユナイテッドを引いてきただけに飽き足らず、FA杯でもいきなり苦手スパーズを引いてきやがった。
    さすがに国内カップ戦を二つとも緒戦で敗退したら理事会様も怒るよね?
    でもさ、この相手じゃ仕方ない・・・よね?w



    2018.12.11(Tue)
    WS008266.jpg
    あまり活躍をした印象はないけれど、アラモが週間ベスト11に選出された。
    とりあえず、おめでとう!



    2018.12.11(Tue)
    Sheffield United (1位) vs Club Brugge (4位) UEFA Champions League group stage 第6節

    Starting Line-up
    WS008267.jpg
    この試合の結果によって、決勝トーナメント1回戦の相手のレベルが大きく変わる恐れがある。
    なんとしても1位通過をするために、全力で試合に臨む。
    唯一の不安は、コンディション不良のエレーラを起用できなかったこと。
    代役はジローラモしかいない状況なので渋々起用するけど、現時点での彼の士気「とても悪い」なんだよね。
    期待できないな、こりゃ。

    Result
    WS008269.jpg

    WS008270.jpg
    めんなさい、ジローラモ様m(_ _;)m
    もうね、これは土下座するしかないでしょうw
    超大事な試合で、先制点からのハットトリックという形でチームに最大級の貢献をしてくれた。
    士気が滅茶苦茶低いのに、どうしてこんな動きができるの?
    君にとって、士気は単なる飾りでしかないの??
    兎にも角にも、勝利が至上命題だった大事な試合で、7-2という違う球技と見紛うようなスコアで大勝を収めることができた。

    WS008396.jpg
    この試合のチーム4点目となるジローラモのゴールシーン。
    アラモからのクロスに対し、ニアに走りこみながら見事なボレーで合わせてくれてた。
    能力は決して高い選手ではないけれど、妙にファインゴールが多い気がするんだよね、この選手。




    CLグループステージ全日程終了!
    WS008276.jpg
    グループDの勝ち抜けは我がクラブとアヤックス。
    本命と見られていたアトレティコは、勝点を5ポイントしか稼げずにまさかのEL行きとなってしまった。



    その他のグループの結果はこんな感じ。
    WS008277.jpg

    WS008278.jpg
    一部例外はあるけど、ほとんどのグループで順当な結果が出たみたい。
    ざっと見た感じだと、ウチが1回戦で当たる可能性があるのはベンフィカ、プラハ、PSG、シャルケの4クラブってところかな。
    この中だったらプラハと当たりたいな~。
    まぁ本当にそうなった日には、世間からは「超つまんないカード」とか言われるだろうけどw



    2018.12.14(Fri)
    WS008272.jpg
    控えの控えに成り下がってしまったウェストウッドが、U21戦で人知れず怪我をしていたみたい。
    アニャほどではないけど、この選手も怪我が多いよな~。
    まぁ、そもそもがフリーで拾ってきた選手だし、ハナから大きな期待はしてないから気にしないで次行ってみよ~(´▽`)



    2018.12.16(Sat)
    WS008273.jpg
    ショッキングな報告が上がってきた。
    先日、ついに「出場機会ガーー病」が爆発してしまったジローラモ君が、再び爆発してしまったみたい。
    対話を通して説得することを試みてみたものの、「オメーは嘘つきだから嫌い!死ね!!(意訳)」と言われてしまったため、とうとう移籍を認めるという運びとなってしまった。
    不幸中の幸いというべきか、現時点でイタリアセリエAの2つのクラブから獲得の打診があり、両クラブとも諸条件込みで合計10億円弱の移籍金を提示してくれている。
    もう売るしかないよね・・・コレは。



    2018.12.21(Fri)
    WS008279.jpg
    CL決勝トーナメント1回戦の組合わせ抽選が行われた。
    我がクラブの相手は、シャルケ04に決定した。
    とりあえずは、苦手PSGと当たるという最悪の事態は回避できた。
    でも、シャルケも十分すぎるほどの力を持ったクラブなので、全力をもってぶつかっていけるように準備をしたいと思う。

    ちなみに、他の組合わせ結果はこんな感じ。
    WS008315.jpg
    この結果を見ると、本当に1位通過しておいてよかった~と思わざるを得ない。
    もし、アヤックスに逆転されて2位通過になっていたら、他の2位通過組のイングランド勢と同じ運命を辿っていたと思われる。
    にしても、相手がそれぞれユーヴェバイエルンバルサとか、厳しいにもほどがあるでしょ?w
    今年のUEFAポイントは、シティに頑張って稼いでもらうしかないかな。
    ・・・え?ウチ?ウチはあくまでオマケでしょう。ほら、そもそも今回がクラブ史上初のCLなんだし(; ̄ー ̄)



    2018.12.22(Sat)
    Queens Park Rangers (7位/予想13位) vs Sheffield United (2位/予想8位) Barclays Premier League 第16節

    Starting Line-up
    WS008286.jpg
    ミッドウィークのブルージュ戦で余裕のある試合運びができたため、数名の主力選手を2試合連続でスタメン起用してみた。

    Result
    WS008288.jpg

    WS008289.jpg
    っぶね。
    下馬評よりも良い成績を残しているQPRが相手とはいえ、上位を争う上で負けは許されない状況だっただけに、2点差を追いつた事には素直に喜びたいと思う。
    まぁ贅沢を言えば、同点に追いついてからの残り20分で逆転まで持っていきたかったところなんだけど。
    兎にも角にも、このあと中3日で迎える2位アーセナル戦を、残念なチーム状態で迎えること“だけ”は避けられたのでヨシとしたいと思う。

    WS008397.jpg
    値千金のシモンの同点ゴール。
    右からムーアが挙げたクロスに対し、難しい位置から見事なシュートを放ってくれた。


    WS008290.jpg
    QPR戦で軽傷を負ったローだが、試合後の診断結果、足首の捻挫で4週間の離脱となってしまった。
    既に不満爆発して士気が「とても悪い」で固定されている選手なので、いなくなっても特に困らないでしょう、たぶん。



    2018.12.25(Tue)
    WS008291.jpg
    QPR戦で先制ゴールを挙げたアラモが、週間ベスト11に選出された。
    おめでとう!



    2018.12.26(Wed)
    Sheffield United (5位/予想8位) vs Arsenal (2位/予想4位) Barclays Premier League 第17節

    Starting Line-up
    WS008292.jpg
    コンディションがやや不良な主力選手も、この試合に関しては頑張って出場してもらう。
    ここ最近の対強豪対策として定着しつつある「右サイドバック・ムーアの術」を、この試合でも試してみたいと思う。

    Result
    WS008294.jpg

    WS008295.jpg
    いぃぃぃよっしゃぁぁぁ!!!
    勝点2ポイント差の中に2位~5位までの4クラブがひしめき合う熾烈な上位争いの中で、超貴重な勝点3をもぎ取ることができた。
    開始3分にウェルベックに先制点(しかもヘッドでw)を奪われた時には\(^o^)/と思ったんだけどねw
    そこから選手たちが良く盛り返してくれました。
    まぁ、33分のPKも怪しい判定(試合後に物議を醸す)だったり、81分に相手選手が交代枠を使い切った後にが負傷退場して10人になったりというラッキーがあったお陰だったりもするけど、とりあえずは「CL出場権終了のお知らせ」は回避することができた。
    さて、週末には間髪入れずアウェイでのリヴァプール戦がやってくる。
    この勢いをもって、連勝を目指して行きたいと思う。



    WS008296.jpg
    劇的勝利でチームが盛り上がっている中、ローの不満が再度爆発した。
    って、君、今、足首捻挫してるじゃん!
    試合に出せ!とか言われても、それは無理だよさすがにw
    ということで、こんな訳の分からない文句を言ってくる奴は放出決定!という事で。



    2018.12.29(Sat)
    Liverpool (6位/予想5位) vs Sheffield United (3位/予想8位) Barclays Premier League 第18節

    Starting Line-up
    WS008297.jpg
    2試合続けての強豪対決。
    勝点的には既にCL出場権争いから脱落しているリヴァプールだけど、チームの実力はそれとは別の話。
    一部主力が死にそうな顔でこっちを見ているけれど、上手く行ったアーセナル戦から大きく変えることを避けたメンツで試合に臨むこととした。
    さすがにシステムは守備的な4-1-4-1に変更したけど。

    Result
    WS008299.jpg

    WS008301.jpg
    !対リヴァプール戦、初勝利!
    しかも、ゴールラッシュというオマケ付き。
    普段は鉄壁の守備&凄まじい速攻で爆撃してくるリヴァプールだが、この試合では何かがおかしかった。
    守備ではゴール前でウチの選手を何人もフリーで放置し、速攻の切れ味も全く感じることができなかった。
    一部主力を欠いていたとはいえ、そこまでサブメインといった感じでもなかったんだけどね。
    ということで、この敗戦で4位までの勝点差が8ポイントになってしまった(しかも消化試合数が1試合多い)リヴァプールを踏み台に、我がクラブは再びCL出場権獲得圏内の2位に順位を戻すことができた。

    WS008398.jpg
    相手に止めを刺す81分のババカルのゴール・・・直前のワンシーン。
    見事なフェイント&加速で、マークについていたサコーを一瞬で置き去りにしてみせた。
    キレッキレのババカル君を止めるのは、一流選手を持ってしても難しいってことみたいですな(´▽`)




    WS008304.jpg
    我がクラブ自慢の両サイドハーフ、アラモマカレニーが揃って週間ベスト11に選出された。
    おめでとう!



    a12a.png
    WS008303.jpg
    Premier League:4勝2分0敗(勝点14) 14得点 5失点(得失点差+9)
    Champions League:1勝0分0敗(勝点3) 7得点 2失点(得失点差+5)

    下位との試合が少なく、上位~中位との試合が多かった12月だったが、結果は4勝2敗と十分なものを残すことができた。
    特に攻撃陣の調子が良く、CLブルージュ戦での大爆発を含めて月間で7試合21得点(平均3得点/試合)という素晴らしい破壊力を見せてくれた。
    それだけに、不発に終わったリーズ戦が残念でならない。
    こういった試合を無くしていかない事には、現在首位を独走しているチェルシーに追いつく日は来ないしょう、たぶん。



    WS008305.jpg
    シティのライカールト監督が月間最優秀監督賞に選出された。
    月間で7戦6勝1分は立派な数字ですな。
    地味に、私も6戦4勝2分の数字を残して2位に選出されたりしてますw



    WS008306.jpg
    12月の月間最優秀選手賞は、シティのコバチッチ。
    今シーズンの夏移籍期間に、インテルから58億円という凄まじい額の移籍金との交換によってシティに加入した選手。
    ぶるべあさんのインテル編で紹介されている通り、21歳の時点でもぶっ飛んだ能力を持っている選手なのだが、当箱庭で24歳を迎えている彼は更に凄みを増した能力の持ち主に変貌を遂げている。
    こんなのがゴロゴロいるんだよね、プレミアってところは。
    改めてとんでもないリーグだなぁ・・・と思う今日この頃でしたとさ。



    WS008302.jpg
    12月終了時点での順位表はこんな感じ。
    快調に首位を走っているチェルシーは置いといて、2位~5位のカオスっぷりが酷いことに。
    消化試合数にバラつきがあるものの、現時点では勝点1ポイントの中に4クラブが詰め込まれているというとんでもない事態になっている。
    この「CL出場権争いスーパーリーグ」の中で最下位になってしまったクラブは、来季ELに回らければいけなくなるんだよね・・・。
    ホント、怖えぇよ。
    しっかし、相手となるクラブが全部メガ~準メガクラブ級ばっかりだから、ウチの場違い感が半端ないですなw


    それでは、今回はここまで。
    次回も魑魅魍魎の渦巻くリーグ戦の結果を中心に記録していこうかと思っています。
    スポンサーサイト
    [ 2015/08/17 23:08 ] Sheff Utd2(18/19) | TB(0) | CM(6)

    41億とか……

    ……セリエのビッグクラブのインテルでさえ追加予算は30億なのに、41億……( ゚ω゚ )
    このプレミアバブルが(´ ゚Д゚` )!
    しかしマグワイアを取り戻せたのはよかったですね(^ω^) さーて彼をいつまで登用できるのかな? いつ彼の出場不満は始まるのかな?(^ω^)ニヤニヤ
    ジローラモに10億……( ゚ω゚ ) え、彼、能力値かなりしょぼいですよね? こ、これが成り上がりで使い続けた故の評価爆上げの結果なのか……
    アーセナルにホームで2-1とか、リヴァプールにアウェーで4-1とか、Akakiri監督はほんと小粒な戦力でよく戦えてるなーと感心しきりですよ(・ω・)

    ああ、コバチッチ……まさかリアルでレアルに移籍とか(ヽ´ω`) ← マグワイアがハルに行った時のAkakiriさんと似たような気持ち
    これでコバチッチがインテルで使えるのは今作までになってしまいました
    48億円くらいの移籍金らしいです。Akakiriさんの箱庭よりも安い(´・ω・`)
    でもぶっちゃけ、リアルの彼って微妙だから、ゲームで活躍できるほど活躍しないから、レアル行ってもポジションベンチじゃないかなぁと思ってるんですが
    ゲームの次回作でレアル所属になっても、もしかすると、途中からぶんどれる可能性は残ってる選手じゃないかなぁ
    ただ、ウチでは不動のトップ下だけどな(`・ω・´)! リアルなぞ知らん! ゲームで輝けコバチッチ!
    [ 2015/08/19 05:55 ] [ 編集 ]

    どもです。

    >ぶるべあ(・ω・)さま

    41億円、貰っちゃいましたw
    これが10億、20億といったオーダーだったら、過去に何度か貰ったことがあるんですが、これだけの額を一度にってのは初めてだと思います。
    ホント、理事会様々といった感じです。
    今季の始めにクラブが買収されてしまった時にはどうなることかと心配していたのですが、新理事会様も“お金”という名のやる気を持っている方のようなので、とりあえずは一安心をしているところです。
    今後もこの勢いで投資を続けてもらって・・・間違ってもプレミアの某白黒ユニのオーナー化しないことを願うばかりですw

    ジローラモ君については、非常に残念ですが売っ払うことに決めました。
    既に会話もまともに成立しないレベルにまで心情が悪化しており、手の施しようが無いと判断しました。
    それでも、ぶるべあさんの仰るとおり「超しょぼい能力」しか持っていない彼に10億近い値が付いてくれたので、今まで頑張って使い続けた甲斐があったんかな~と思っているところです。

    コバチッチ、レアルへの移籍確定みたいですね。
    愛着がある選手が移籍してしまうってのは、やっぱり寂しいですよね・・・。
    今回のマグワイア君の出戻り劇は、偶然に偶然が重なったおかげで実現することが出来たので、ぶるべあさんの未来の箱庭でも同じような幸運が訪れることを願っていますw
    それともう一つ、ぶるべあさんの「現在進行形インテル」が、コバチッチと共にビッグイヤーを掲げる日が来ることも一緒に願っておきますね!
    [ 2015/08/19 17:04 ] [ 編集 ]

    いつも楽しく拝読しております。
    私はピッポのファンで、ピッポが余りにも不憫だったので、インザーギになってミラン再建プレイをして只今2024年です。
    出場機会の不満は本当に多すぎですよね。
    私は選手情報の短期プランの中に、「⚪︎⚪︎を退団する事を検討している。」が出たら次の試合はスタメンで出すようにしてます。
    あんまり選手ステータスは関係ないようですね。
    ボチボチ使っていこうと思ってたレンタル帰りの将来有望株でも開幕か
    1試合外しただけで文句言ってきます(笑)
    選手の性格や現在の能力や名声で変わってくるのだと勝手に推測してますが、私は神経質であんまり不満とか聞きたくないので毎試合スタメンが違うとかザラです‥
    ここまでマンマネージメントをやらせるならば、もっと契約時などに選手と話込めるようにして欲しいですね。
    次の更新も楽しみにしております。
    [ 2015/08/20 05:19 ] [ 編集 ]

    はじめまして。

    >ヒッポさま

    どもども、はじめまして。
    ミラン再興プレイをされているということですが、実を言うと私も前作FM2014を始める時に、サンラファエル編と平行して裏で同プレイをやってたクチだったりしますw
    結局、サンラファエル編の更新が遅くなってしまったことや、同時に2クラブの面倒を見るだけの脳味噌の容量がなかったこと等が原因で、ミラン編については超序盤ででドロップアウトしてしまったんですけど。
    現在2024年まで進めているということですが、そちらの箱庭の状況はどんな具合です?
    ユーヴェは相変わらずの強さを維持してたりします??
    10年近くも経つと、リアルで一線級の活躍をしている選手たちも引退やサブ降格に追いやられていると思うのですが、その事によってクラブ間のパワーバランスが崩れてしまうかどうか、少し気になっていたりします。

    そして、私にとって非常にショッキングな情報なんですけど、出場機会不満に選手ステータスが関係ないってマジですか?w
    てっきり契約時の約束を反故にしていることが原因かと思い込んでいたのですが、レンタル帰りの選手の例などを見ると何だか違うような気がしてきますね・・・。
    過去作では選手があまり不満を言わなかったこともあって、この分野でのノウハウは皆無に等しいので、これからもっと勉強していかねば!と思っているところです。
    また何か良い情報があったら教えてもらえたりすると嬉しいです(´▽`)

    中の人の都合のせいで更新間隔が長くなりがちな当ブログですが、また気が向いてたときに立ち寄って頂ければ幸いです。
    ヒッポさんも、ミランの再興プレイ頑張ってください!
    陰ながら応援させていただきます(`・ω・´)ゞ
    [ 2015/08/20 17:18 ] [ 編集 ]

    レスありがとうございます。

    早速のご返信ありがとうございます。
    当箱庭では我がミランが復興を果たしたということもあって、ユーベはずっと2位ですねw(しかし監督はずっとアッレグリ)
    ラッキーだったのはいきなり大物実業家のクラブ買収があったので、お金には困りませんでしたが、
    P○Gやマ○Uみたいに節操がないことはしたくなかったので、若手を育てることにしました
    序盤のユーベは強すぎて話にならなかったのですが、テべスが衰えて抜けた頃から迷走し始めて、CLでもGL敗退が結構あります。
    他のイタリア勢も奮わないので未だプレミアを抜けません。
    これだけ進めると実在選手がほとんどいなくなったり、引退寸前だったりして少し寂しいですね。
    でもメッシやネイマールは相変わらずリーガを賑わせてますw

    マンマネージメントのお話ですが、監督の能力や、名声も関係してると思います。
    ある選手をU20に落としたりして、チームミーティングでかなりひどいこと言ってもあんまり影響ないですw
    私のインザーギプレイでは最初から現役が代表選手だったので、かなりゆるいプレイになったのではないかと思います。
    それでも序盤はラミの反乱などがありましたorz
    あとはキープレイヤーでもベテランになってくるとスタメンを続けて外しても「トップチームのポジションを取り戻す意思がある」のコメントが出てきたりして文句は言ってこないですね。

    加入したての選手はステータスがトップチーム以下だと大抵「レギュラーになりたいと思っている」が出ているので3~4試合はスタメンで使ってあげて、あとはローテーションしても安定すると思います。逆に上記のコメントが出ているときに続けてスタベンだと文句を言ってくる感じですかねえ。
    これは選手の性格に関係していると思われるので、模範的プロフェッショナルだと必ずレギュラーになりたいはでますね。
    まあ詳しく検証しているわけではないので、あくまで参考程度になさって頂ければと思います。
    長々とすいません。FORZA Sheff U!
    [ 2015/08/20 22:26 ] [ 編集 ]

    なるほど。

    >ヒッポさま

    イタリアだと最初に「予算のやり繰り」という壁にぶつかるところだと思うのですが、なるほど大物実業家による買収があったんですね。
    まるで、41億円をポーンと出してくれたウチの新理事会様みたいじゃないですかw
    でも、それだけの予算を貰いながら若手を育てる方向に持って行ったのは凄いなと思います。
    私なんか、もらったお金を全部使い切る勢いで選手を買い漁りましたからねwその話は次回の記事で出てくると思いますけど・・・。

    ユーヴェは、思ったよりも無双しているというわけでもなさそうですね。
    やっぱり、リアルで活躍している選手たちは偉大だという事でしょうか?
    生成選手の中にも面白い能力を持っている選手がたくさん出てきていると思うので、そういった選手たちが現役世代の抜けた穴を上手く埋めてくれれば、ゲームとしてもっと面白くなると思うんですけどね。
    そう簡単にはいかないみたいですね。

    選手管理については、早速いい勉強をさせてもらいました。
    やっぱり監督の能力って関係あるんですね・・・。
    本編の一番最初の記事でも書いたように、私は「セミプロ選手&ナショナルCライセンス」止まりの監督としてスタートしているので、各数値がなかなか酷いものになってしまっています。
    特に規律性や選手管理といった項目については「5」という笑えるくらい低い数値となっているので、この辺が悪さをしているのかもしれませんね。
    でも今なさ嘆いても仕方がないので、「駄目監督が一流選手達を頑張ってまとめていく」というロールプレイでもやっていこうかと思いますw

    現時点で出来ることと言えば、ヒッポさんに助言を頂いた「各選手の短期プランのコメントに注視する」くらいしか思いつかないのですが、とりあえずはそれを取っ掛かりとして円滑なマンマネージメントができるように頑張っていきたいと思います(`・ω・´)
    愛着があって、それなりに使えるのに売らざるを得ない・・・まさに今回のジローラモのような選手を出してしまうのは、もう二度と御免なので・・・。
    [ 2015/08/21 00:44 ] [ 編集 ]

    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://isoyaki1.blog.fc2.com/tb.php/152-2fab4bd0







    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。