スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    曇りのち晴れ。

    今回は、2月の結果を記録して行きます。
    月初時点での予定はこんな感じ↓
    a2.png
    WS008404.jpg
    なんか試合数、多くね?
    よく見てみたら、全部の週でミッドウィークに試合が組まれてるね。
    FA杯とかCLの試合とかがあるのは仕方がないとして、リーグ戦まで隙間なく詰め込んであるのは優しさが足りないよね、まぁそうでもしないと日程を消化できないんだろうけど。
    こんなことになるんだったら、スッカスカだった先月に1試合でも回してくれればよかったのに。
    対戦相手も上位~中位のクラブばかりだし、一体どうやってローテーションすればいいんだろ。
    まぁ、今の時点で難しく考えても仕方がないから、その時々で臨機応変に対応していこっと。


    それでは、順番にやっていきます。
    今回はリーグ第22節、ここまで12位と中位をキープしているノリッジ・シティとのアウェイマッチから記録していきます。
    2019.02.02(Sat)
    Norwich City (12位/予想14位) vs Sheffield United (3位/予想8位) Barclays Premier League 第22節

    Starting Line-up
    WS008371.jpg
    前節から1週間空いたため、主力陣のコンディションは万全。
    しかも、この試合の直前に、先日アフリカネィションズカップに拉致られていたババカルシモンが帰ってきた。
    どうやら、両国ともグループステージで敗退したみたい。
    本人にとっては残念かもしれないけど、クラブ監督からすれば最高の展開だぜい!
    という事で、早速ババカルをベンチに入れてみた。
    できればシモンも使いたかったけれど、彼はまだ代表戦の疲れが抜け切れてない顔をしていたので、今回は遠征メンバーから外してみた。
    まだまだ先は長いし、ここで無理して怪我でもされたら困るもんね。

    Result
    WS008373.jpg

    WS008374.jpg
    ~ん。
    試合前の予想に反して割とオープンな展開になってしまったのだが、結果は1-1のドローで痛み分けといった形になってしまった。
    得点シーンは互いにセットプレイからだし、特に書くことないや。
    唯一の収穫と言えそうなのが、代表帰りのババカルが得点を挙げたことくらい。PKで、だけど。



    2019.02.05(Tue)
    WS008375.jpg
    ブルマが週間ベスト11に選出された。
    この選手がノリッジ戦のMOM&週間ベスト11に選出されたという事は、傍から見れば「守備陣が頑張ってドローに持ち込んだ」って感じなのかな。
    まぁ、そんなことをここで言ってても仕方がないから次行こう!次!



    2019.02.05(Tue)
    Sheffield United (4位/予想8位) vs Southampton (10位/予想10位) Barclays Premier League 第23節

    Starting Line-up
    WS008378.jpg
    ここ最近、どちらかと言えば相性が良いと言っていいセインツが相手。
    前節のモヤモヤを吹き飛ばすためにも、気持ちよく勝っておきたいところ。

    Result
    WS008380.jpg

    WS008381.jpg
    、ヤバイわコレ。
    前半は完全にこちらのペース。
    ボールも支配できてるし、シュートも打ててるし、あとは点を入れるだけだな!ということで、ハーフタイムに選手達を激励してピッチに送り出した。
    さぁ、勝負の後半!

    49分
    WS008509.jpg
    ズサ~~~・・・・。

    もうね、アホかと。馬鹿かと。
    まったく危ないシーンじゃなかったのに、無理してんじゃねーよ。
    すぐ近くで見てたマクロード君は、きっと「あっ!」って言ってるよコレ。
    しかも、相手のキープレイヤー・シュールレ選手を病院送り(足首捻挫・全治4週間)にしちゃうし。
    という事で、このプレイのせいで一人少なくなってしまったウチができることは、残り40分以上を耐えに耐えてドローに持ち込むことくらいでしたとさ。
    普通にいったら勝点3を取れるはずの試合だったんよ・・・。
    こういう試合を落とす時ってのは、チームの状態が良くない時だぞ・・・たぶん。
    さて、どうやって立て直そうか。とりあえず、チームミーティングでも開いてみよう。



    WS008382.jpg
    シモンは、とりあえず1試合の出場停止処分との事。
    規律委員会の結果次第では、処分が追加されるみたい。
    まぁでも、きっと追加されるだろうな~。
    あれはさすがに擁護不可能なくらい悪質だったし、相手選手に怪我までさせちゃってるし・・・。
    これから過密日程に入っていくっていうのに、何してくれんの?マジで( ̄ヘ ̄)



    2019.02.09(Sat)
    Sheffield United (4位/予想8位) vs Manchester City (3位/予想3位) Barclays Premier League 第24節

    Starting Line-up
    WS008383.jpg
    今週は苦手シティ戦。
    チーム状態が悪いこのタイミングで当たりたくなかったのにな~。
    ガチガチに守ろうにも、シモンという守備局面における超大事な駒が使えない状況だし。
    とりあえず、中盤の底にアデミを代役として据えて、行けるところまで行ってみる作戦で行くこととした。
    1点取られたら終わりって感じかな。
    でも、相手もエース・ベラルディを怪我で欠いているみたいだし、上手くいけば守りきれるような気がする。甘いかもしれないけど。

    Result
    WS008385.jpg

    WS008386.jpg
    ッコボコにやられたけど、勝点1をもぎ取ったよ!
    本当はホームの試合だから勝点3を狙いに行かなきゃいけない所何だけど、チームの状況的に無理じゃん?と割り切って、守備的に戦術で臨んだことが功を奏したみたい。
    相手も、試合を支配している風でいて、最後の詰めが甘くてチャンスを作りそびれるみたいな展開が多かったし。
    ホント、ベラルディの代わりにトップに入ったデパイに感謝って感じですな。
    前線でボールを受ける仕事をしなければいけないはずの彼が、ことごとくボールをロストしてくれたおかげで、非常に守りやすい展開になってくれた。
    まぁ、こっちのマグワイアブルマの肉壁コンビの出来が良かったってのもあると思うけど。
    ということで、不安で一杯の中迎えたシティ戦だったが、相手のミスのおかげもあって勝点1を分け合うという結果になった。



    (; ̄ー ̄)
    WS008387.jpg
    やっぱりキタよ、追加措置。
    追加は2試合か~。
    ということは、エヴァートンとのリーグ戦とFA杯のQPR戦が出場停止になるということね。
    たとえば1試合だけでも、カップ戦が絡んでくれたが不幸中の幸いといった感じかな。



    2019.02.12(Tue)
    Everton (16位/予想7位) vs Sheffield United (4位/予想8位) Barclays Premier League 第25節

    Starting Line-up
    WS008390.jpg
    前節の試合から中2日。
    シモンのせいで、スクリーニアデミが死にそう。
    でも、今週末はFA杯だから、この試合だけ頑張って!お願い。

    Result
    WS008392.jpg

    WS008393.jpg
    しみながらも貴重な勝点3をゲットすることができた。
    前半の終了間際に、ブルマがCKからの混戦の中で先制点を挙げ、試合終盤にもババカルがカウンターから上手く抜け出してダメ押し点を決めてくれた。
    試合内容ではまだまだ不満は多いけど、直近3試合で1点しか取れてなかったことを考えれば、久しぶりに複数得点を挙げて勝つことが出来たのは、復調の兆しとしては充分のような気がする。
    今後もこの調子でやっていきたいけど、過密日程のせいで毎試合メンバーを変えなければいけないのが少し不安。
    調子が悪くて手が付けられない状態ならともかく、こうやって調子が上向いてきた時には、できるだけメンバーを固定して戦っていきたいんだけどね。
    まぁ、今さら日程様に文句を言ってもしょうがないので、与えられた中で少しでも上手くやる方法を考えていこうっと。



    2019.02.16(Sat)
    Queens Park Rangers vs Sheffield United The FA Cup 5回戦

    Starting Line-up
    WS008399.jpg
    駒数が足りているフォワードはともかく、その他のポジションでは笑っちゃうくらいのサブメンバーで挑む。
    負傷離脱&不満離脱をしている選手が多くなってきたので、過密日程時のやり繰りが非常に困るようになってきた。
    FA杯は重要な大会であることには間違いはないけれど、今はチームが崩壊してしまうのを避けることの方が大事なので、無理に勝つことはしない方向で行く。
    ま、簡単に言ってしまうと「負けてもいいや」。そんな感じ。

    Result
    WS008402.jpg

    WS008403.jpg
    んという最悪の展開
    イヤ、だから試合数が多いのは困るって言ったよね?
    勝って次のラウンドの試合が増えるならともかく、何よ再試合って・・・。
    まさに無駄に試合数だけが増えたといった感じですな。
    残り1分までリードしてたってのに、なにやっちゃってくれてんの?まったく( ̄ε ̄;



    WS008401.jpg
    超久しぶりに公式戦に出場したアニャが、光の速さで怪我をした。
    今季何度目だ?これ。7回目くらい?w
    まぁ、もはや戦力として考えていない選手なので、リハビリでもなんでも好きにやってね^^って感じ。
    どうせ契約も今年いっぱいだし。



    うはwww
    2019.02.18(Mon)
    WS008405.jpg
    突然、フットボールディレクターのMurtough氏から連絡が入った。
    アニャの契約、打ち切りましたよ」・・・と。
    マジかw
    この不満分子の移籍先を自分で探すのが面倒くさくなって、先日FDに処遇を一任したんだけど、任せた瞬間にクビ切りおったw
    しかも、怪我した直後に。
    ウチのFD鬼すぎワロエナイ。
    ってか、アニャも同意してる場合じゃないでしょ。これでいいの?大丈夫なん?



    2019.02.18(Mon)
    WS008406.jpg
    FA杯6回戦の抽選が行われた。
    次に対戦するのは、ハル・シティ
    ま、その前にQPRに勝てれば、だけど。



    2019.02.19(Tue)
    FC Schalke 04 vs Sheffield United UEFA Champions League 1回戦(1st Leg)

    Starting Line-up
    WS008409.jpg
    とうとう迎えたチャンピオンズリーグ・決勝トーナメント。
    1回戦の相手は、ドイツのシャルケ。
    1stレグはアウェイでの試合という事で、失点に気を付けつつ、隙を狙ってアウェイゴールを持ち帰えれればいいなーみたいな感じで行くこととした。
    相手のキーマンは、中盤のゴレツカ&左ウイングのドラクスラーあたりか。
    とりあえず、こちらの右サイドの守備をしっかりとしない事には勝負にならないと判断し、必殺「右サイドバックムーアの術」を採用して試合に臨む。

    Result
    WS008411.jpg

    WS008412.jpg
    よっしゃぁぁ!
    昨シーズンの終わり頃から、ババカルの陰で目立たなくなってしまった“元”エース様が、大事な試合で最高の活躍を見せてくれた。
    これで、チャンピオンズリーグでは出場4試合で4得点
    平均評価点でも7.95ポイントと、チームで一番の出来を披露してくれている。
    こういった大きな大会で活躍してくれる選手がいてくれるってのは、ホント頼もしい限りですな。
    ちなみに、右サイドの守備を任せたムーアも、相手左ウイングのドラクスラーを見事に抑え切り、評価点7.1と十分な働きを見せてくれた。
    さて、次はいよいよホームでの試合だ。
    普通にやれば次のラウンドに進める気がするけど、何が起こってもおかしくない大会なので、きっちりと準備をして臨みたいと思う。



    2019.02.24(Sun)
    Sheffield United (4位/予想8位) vs Tottenham Hotspur (8位/予想6位) Barclays Premier League 第26節

    Starting Line-up
    WS008413.jpg
    シャルケ戦から中4日空いたので、主力の多くをそのまま起用してみた。
    採用した戦術は4-4-2。
    この戦術を使用し始めてからスパーズには負けていないので、この試合でも良い結果が出ることを期待している。

    Result
    WS008415.jpg

    WS008416.jpg
    スパーズ4戦連続無敗キタ━━━ヽ(゚ω゚)ノ━━━!!
    やっぱり、この相手にはこの戦術が一番うまくハマるみたい。
    1トップの時と比べて、明らかに最前線の選手へのマークが甘くなっているような気がする。
    とりあえず、マンチーニが監督をやっているうちは今の戦い方で問題なく勝てるような気がしてきた。
    苦手スパーズが、まさかのお得意さま化・・・。
    やっぱり、戦術ってのは大事なんだなぁ、と再確認。



    2019.02.27(Wed)
    WS008418.jpg
    6か月ぶり2度目の不満表明。
    たった2試合連続でスタメンを外しただけで、この文句の言いよう。
    君、この間のQPR戦でめっちゃ出来が悪かったじゃん。
    文句を言う前に、信頼を得られるプレイをしてくれってことですよ、マジで。



    2019.02.27(Wed)
    Sheffield United vs Queens Park Rangers The FA Cup 5回戦(再試合)

    Starting Line-up
    WS008420.jpg
    FA杯5回戦の再試合。
    この試合の後、中2日で首位チェルシー戦が控えているので、極限までサブメンバーを起用してみた。
    駒数の都合でどうしても試合に出さざるを得なかった主力陣(エレーラシモンあたり)は、試合展開に依らず前半で交代させる予定。

    Result
    WS008422.jpg

    WS008423.jpg
    、勝っちゃった。
    そこまで勝利にこだわって臨んだ試合ではなかったので、適当に流して見ていたのだが、ピッチの上の11人はやる気で満ち満ちていたみたい。
    スタメンの11人は、ほとんどが評価点7点以上だったし。
    特に、2得点を挙げてMOMを獲得したイングス評価点8.8という、勝利の立役者と呼ぶにふさわしい結果を残してくれた。
    ま、だからと言ってすぐに序列を変えることはないんだけどねw
    だって、エレーラババカルはそれ以上の活躍をしてるんだもん。
    この2人を超えるのは、並大抵の選手じゃキツイんじゃないかな。たぶん。



    WS008424.jpg
    という事で、次の相手はハル・シティ
    比較的・・・と言うか非常に相性が良い相手なので、QPR戦よりも楽な気持ちで臨むことができそう。この間の試合でも5-1で勝ってるし。
    それよりも、問題なのがリーグ戦の日程。
    なんと、この試合が決まったことでユナイテッド戦が延期になってしまった。
    今まで特に記事には書いてなかったけれど、これで実に3度目の延期だったりする。
    次に試合が組まれたのは4月9日。
    特定のクラブと、4月になるまで1試合もやらずにシーズンが進んでいくのは初めての経験なんじゃないかな。
    ま、だから何?って感じかもしれないけどw



    a2a.png
    WS008427.jpg

    超忙しかった2月の結果はこんな感じ。
    前回記事の最後で書いた“嫌な予感”が的中し、月頭は勝てない試合が続いてしまった。
    予想では「失点が多くて勝てない」パターンになると思っていたのだが、実際は「点が取れなくて勝てない」というパターンにハマってしまった。
    それでも、中旬のエヴァートン戦で2得点を挙げたのをきっかけに復調し、終盤には再び安定し戦いを取り戻すことに成功した。
    守備陣については見ての通り。
    QPR戦で謎の大崩れをやらかしてしまった以外は、比較的安定した守りを披露してくれた。
    という感じで、チーム状態は先月に比べれば良い感じになってきてるような気がしている。
    さて、来月の緒戦はいよいよ首位チェルシー戦
    数字的には既に絶望的な差が開いているけれど、なんとか一泡吹かせてやりたいですな。



    WS008426.jpg
    ・・・と思ってたら、当のチェルシーがすげぇ成績を残してやがったぜ!というオチ。
    なにこの無双感
    どう考えても、最高のチーム状態でウチと試合をすることになりそうじゃん。
    なんだか突然自信がなくなってきたぞ・・・。



    WS008425.jpg
    となると、当然選手の方のMVPもチェルシーの選手が選出されていた。
    その選手の名は、クアドラード
    そう、リアルの方で先日ユヴェントスへのレンタル移籍が決定したあの選手。
    リアルとは違って、当箱庭ではモウ様の信頼をがっちりとキープしており、ここまでほぼすべての試合に出場するという活躍を見せている。
    左アザール、右クアドラード・・・。
    この二人が揃って絶好調だったら、そら強いに決まってるわなw



    WS008428.jpg
    2月終了時点での順位表はこんな感じ。
    前回記事で十中八九決定と書いたチェルシーの優勝確率は、ついに100%(実質)となりました!おめでとうございます。
    ウチはというと、消化試合数が少ないこともあって現在4位となっている。
    このままいけば、来季のCL出場権が手に入れることができそうだけど、できれば本戦にストレートインできる3位に入りたいと思っている。
    だってホラ、CLのプレーオフは超心臓に悪いんだもん。
    抽選から始まって、ホーム&アウェーの2試合でしょ・・・?
    ダメだ、想像しただけで心が苦しくなってきた(-ω-;)


    ということで、今回はここまで。
    次回もリーグ戦の結果と併せて、国内外のカップ戦の結果も併せて記録していく予定です。
    スポンサーサイト
    [ 2015/08/28 21:39 ] Sheff Utd2(18/19) | TB(0) | CM(6)

    FAカップはPKじゃなくて再試合なのが日程的にほんとにきついですよねw 引き分けならもう負けでいいから休ませろと何度も思いましたよ。

    akakiriさんは成り上がりプレイのときってスタッフはどれくらい厳選されてますか?1部のチームでしかプレイしたことなかったのですが、日記を見てなりあがりしようと思ったのですが、上限賃金とかスカウト知識の関係でろくなスタッフがみつからないんですよね。
    [ 2015/08/29 22:06 ] [ 編集 ]

    どもです。

    >通りすがりさま

    ホント、引分け再試合だけは勘弁してもらいたいですよね。
    その再試合も、ただでさえ過密な日程に無理やりねじ込まれるので、後々まで影響を及ぼす羽目になってしまいますし。
    延長戦アリでも構わないので、せめてその日のうちに決着がつくようにしてもらいたいものですね。

    スタッフは、序盤ではそれほど頑張って厳選はしてないですよ。
    特に下部リーグで戦っているうちは、全ての能力に優れたコーチと契約することは不可能ですし。
    でも、特定の分野に特化した、いわゆる「一芸屋」的なコーチだったら割と最初から雇うことが可能なので、そういった人たちを集めることから始めるようにしています。
    上手く集めれば各トレーニング項目の★が3.5~4個くらいは確保できると思うので、しばらくの間はそれで十分にやっていけると思います。(イングランド3部の場合)
    ★4.5~5個を狙うには、専門分野以外のサブパラも大事になってくるので、そういったスペシャルなコーチは1部に昇格してから探すようにしています。

    スカウトに関しては、理事会から許可される活動範囲に合わせて増強していくといった感じですかね。
    成り上がりプレイだと、最初は自国+αくらいの範囲しか許可されていない事が多いので、その範囲内で能力判定値が優秀な人材を探して入れ替えるようにしています。
    こっちの方も、コーチと同じように能力判定値以外のサブパラについては後回しにするようにしています。

    1部のクラブと比べて、設備やスタッフ、そして所属している選手の質まで何もかもがショボイ感じでビックリすると思いますが、それらを少ずつ強化しながら勝ち上がっていくのが成り上がりプレイの醍醐味だと思っているので、通りすがりさんも是非是非トライしてみてください!
    陰ながら応援させていただきますよっ(`・ω・´)b
    [ 2015/08/30 00:15 ] [ 編集 ]

    スタッフはまったり探すのがよさそうですね。
    いろいろ聞いて申し訳ないですが、初年度の人件費ってどうやって確保されてますか?だいたいぎりぎりまで使っててしかも選手がそれほど能力が高くないのでほとんど買い手がつかないので人件費足りずレンタルでもほとんど選手が取れないのですが、契約打ち切りとかされてますか?
    [ 2015/08/30 01:22 ] [ 編集 ]

    うーん。

    >通りすがりさま

    そうですねー。
    どうせと言ってはなんですが、序盤で雇ったスタッフを最後まで使う事はほとんどないので、あまり深く考えなくていいと思いますよ。

    初年度の人件費は、不要選手の売却or契約打ち切りで確保しています。
    あと、将来的に不良債権化するのを覚悟の上で、ベテラン選手に「年俸ダウン&契約年数積み増し」のセット契約を持ちかけてみたりすることもあります。
    それでも、初年度は2~3名補強するのが精いっぱいって感じですかね。(自由移籍の選手を含めて)
    となると、超ピンポイントでの補強しか許されない状況になってしまうので、当初のスカッドを穴が開くほど見て、そのチームの強み&弱みを把握するようにしています。
    採用戦術も「自分がやりたいもの」よりも「そのチームで出来ること」を優先して考えるようにしています。
    自分がやりたいことは、強くなってからやろう!というのが私のモットーですw

    弱小クラブだと何かと制約が多くて大変ですが、貧弱な手駒を上手く使って勝てた時には相応の達成感があると思うので、いろいろ試してみたら面白いと思いますよ。
    コーチ&スカウトと同じで、選手も「一芸屋」をオススメしますよ!
    序盤で一番使えないのが「器用貧乏」的な選手なので、「足が速い“だけ”」とか「空中戦に強い“だけ”」といった選手を集めて組み合わせた方が上手くいくような気がします。
    プレイする国のレベルに左右されてしまうかもしれませんが、そういった選手だったら、意外と安く手に入ったりしますし。
    [ 2015/08/30 02:00 ] [ 編集 ]

    いろいろ教えていただきありがとうございます
    Akakiriさんのようにはいきませんがいろいろ試行錯誤しながらプレミア昇格と残留を目指してみたいと思います。
    いつかCLとか出たいなw

    Akakiriさんのプレミア制覇も期待してます。
    [ 2015/09/01 08:40 ] [ 編集 ]

    いえいえ。

    >通りすがりさま

    全然大したアドバイスになっていないと思いますが、よかったら参考にしてみて下さい。
    最初のうちは上手くいかないことも多いと思いますが、成り上がりプレイとはそういうものなのだ!と割り切っていくのもアリだと思いますよ。
    かくいう私も、初めてSheff Utdでプレイした時には「2年連続ストレート昇格→3年目でプレミアダントツ最下位→解任エンド」という失敗をやらかしたクチだったりしますのでw
    勝てない日々が続くと確かにストレスは溜まりますが、そこから色々と工夫をして抗っていくのが、このゲームの醍醐味なんじゃないかなぁとも思ってます。

    また、なにかあったら寄ってみて下さい。
    立派なことは何一つ書いていない当ブログですが、愚痴を聞くことくらいならできますのでw
    それでは、良いFMライフを!
    [ 2015/09/01 21:16 ] [ 編集 ]

    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://isoyaki1.blog.fc2.com/tb.php/154-f86ff3ce







    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。