スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    シーズンのまとめ。

    FM2016の発売日が発表されましたね。
    しかし、まさかの「おま国」という・・・。
    セガさん、なんとかなりませんかね?
    ホント、「おま値」でも「30ドルDLC」でも構わないので、日本国内で堂々とプレイできるようにしてもらいたいものです。
    とりあえず、しばらくの間は「今回のおま国設定は日本語版復活への布石に違いない!」という超希望的観測&プラス思考を持って現実逃避しておこうかと思いますw
    ・・・はぁ。

    さて、それでは気を取り直してやっていきましょう!
    今回は2018/19シーズンのまとめということで、まずはリーグ戦の順位表を。
    WS008577.jpg
    我がクラブの最終順位は3位
    一時はシティに抜かれて4位に転落することも覚悟したけれど、そのシティがラスト4試合で1勝2分1敗という大失速をやらかしてくれたおかげで、思ったよりも余裕を持って3位をキープすることができた。
    対戦相手自体は、ウチよりも遥かに楽なメンツだったんだけどね。どうしちゃったのかな。
    で、優勝を果たしたのは、今年もモウ様のチェルシー
    これで昨年に続いての連覇を達成されてしまったので、来年こそは違うクラブが優勝できるように頑張ってもらいましょう!
    ウチはそうだな・・・チェルシーに年間ダブルを食らうこと“だけ”は避けられるように頑張りましょうかね。
    それが、結果的にチェルシーの独走を食い止めること、ひいては他のクラブが優勝することに繋がるだろうし。
    一方、下位の方はというと、今シーズン降格の憂き目に会ってしまったのはノッティンガム・フォレストアストン・ヴィラウェスト・ブロムウィッチの3クラブ。
    なんと、揃いも揃って今シーズンの昇格クラブという珍しい事態になってしまった。
    いつもだったら、少なくとも1クラブは残留を掴み取るんだけどね・・・。まぁ残念でした、ということで(´・ω・`)


    続いては、個人成績を。
    WS008602.jpg WS008603-1.jpg
    得点王には、シティのベラルディが24ゴールを挙げて輝いた。
    なんと、昨シーズンに続いて2年連続でのタイトル奪取となった。
    シーズン中に割と負傷離脱しているのを見かけたんだけどね、彼。
    どんだけ効率良いんだよ!って感じですかね。
    また、ウチのババカル君が19ゴールを挙げて3位に入賞した。
    開幕前に「P.シセ化したら困るな・・・」と心配していた監督を尻目に着実に得点を重ね、終わってみれば文句なしのチーム得点王となる活躍を見せてくれた。
    そして、アシスト王にはなんと!我がクラブのアラモが輝きました~ヽ(´▽`)ノ
    第37節終了時点まではチェルシーのD.コスタと並んでの1位タイだったのだが、最終節で1アシストを記録したおかげで嬉しい単独アシスト王となることができた。
    CKはおろか、FKでもキッカーを務めているわけでもないのに、これだけのアシストを決めてくれたのは立派の一言に尽きると思う。
    来季も、ババカルと並んでウチの攻撃陣を引っ張っていく存在になってくれることを期待したいと思う。



    続いては、リーグ関連の個人賞を。
    WS008565.jpg
    年間ベスト11に、我がクラブからはリーグアシスト王に輝いたアラモが選出された。
    その他のメンツは大体妥当といった感じだけど、唯一、左サイドがアザールじゃないってのが違和感を覚えるところかな。

    WS008564.jpg
    同賞のサブメンの方に、ブルマ君が選出された。
    上の方で名前がなかったアザールは、何故かこちらの方に格下げを食らっていたみたい。
    成績的には昨シーズンと遜色ない数字を残していたし、理由がさっぱり分かんないなぁ。ま、いいけど。




    WS008561.jpg
    PFA Player of the Yearには、チェルシーのジエゴ・コスタが選出された。
    選手間投票で選ばれたってことは、やっぱり相手にしたら嫌な選手だってことだよね。
    ウチの選手にももっと頑張ってもらって、いつの日かこの賞を頂けるようになりたいものですな。

    WS008562.jpg
    記者選出の方の年間MVPには、同じくチェルシーのアザールが選出された。
    ほらね、やっぱりちゃんと活躍してたんだよ、彼。
    となると、余計に「どうして年間ベスト11の方に本選出されなかったんだろう?」と思っちゃうよね。
    うーん、イマイチそのカラクリが理解できないな。



    WS008563.jpg
    年間最優秀監督賞には、同じくチェルシ・・・
    まぁ、これは見慣れすぎて吐き気がする光景なので、まるっと省略ってことでw



    続いては、国内カップ戦の結果を。
    WS008599.jpg

    WS008600.jpg
    今年のFA杯はチェルシーが、そしてキャピタル・ワン・カップはユナイテッドがそれぞれ王者に輝いた。
    ・・・って、この2クラブって両方ともウチが敗れた相手やん!w
    まぁアレだよね、優勝したクラブに負けたなら仕方がないよね~^^みたいな(言い訳




    さて、ここからは自クラブのまとめをしていきます。
    まずはポジションごとの総括を。
    GK
    WS008610.jpg
    GKについては、特に書くことはないかな。
    なんといっても、我がクラブのGK=アレオラって感じだしw
    で、ここまで起用が偏ると当然ウィリスが不満満載という事態になってしまっているので、彼はとりあえず1年間レンタルに出す予定でいる。
    代わりのGKは、暇そうな選手を他クラブから安く買ってこようかな。

    D(C)
    WS008606.jpg
    今シーズンのセンターバックは、新加入のブルマを中心とした起用で回してみた。
    周りとの連携という部分で心配をしていたのだが、開幕してすぐに結果を出して監督の信頼をがっちりキープしてくれた。
    また、ムーアも強豪相手の右サイドバックとして十分すぎる活躍を見せてくれた。
    マグワイアマクガーイーについては、来季も貴重なクラブ内育成枠選手として頑張ってもらう予定。
    ボドリは・・・既に不満が爆発している状況だし、来夏にどこかに売り飛ばそうかな。買い手が付けば、だけど。

    D(RL)
    WS008605.jpg
    左右のサイドバックについては、どの選手もまずまずの活躍を見せてくれた。
    特に左サイドバックの2人が素晴らしく、どちらの選手をピッチに送り出しても全く心配がないという、我がクラブにあっては珍しいポジションの一つになっている。
    一方の右サイドバックは、左の2人には劣るもののそこそこの数字を残してくれた。
    マクローリンの出場試合数が少ないのは、3月の頭にハム断裂の大けがをしてしまったため。
    まぁ、そのおかげで若手のテイテイの出場機会を確保することができたので、差し引きゼロって感じかな。
    今はまだ頼りない能力となっているが、潜在能力的にはマクローリンに匹敵するモノを持っているらしいので、このまま成長してくれることを期待したいと思う。
    ちなみに、今シーズンのキャプテンだったオールコックは、シーズン終了直後にミルウォール(2部所属)にドナドナされていった。
    既に不満爆発状態だったし、絵に描いたような余剰人員だったし、まぁ仕方がないって感じかな。

    DM,M(C)
    WS008607.jpg
    ピッチ中央を仕事場にしている選手たちはこんな感じ。
    完全にスクリーニがポジションリーダー的な存在になっている。
    そのほかの選手達も、決して能力が低いわけではないのだが、イマイチ数字に結果が表れてこないのが残念な感じ。
    とりあえず来季に向けて、このポジションにスクリーニと並ぶ能力を持った目玉選手を獲得してくる予定でいる。(目下交渉中)

    M(RL)
    WS008609.jpg
    サイドハーフの選手はこんな感じ。
    ゴール数、アシスト数ともにアラモがぶっ飛んだ数字になっている。一体、彼に何があったのか・・・。
    結果としてはとても嬉しいものだし、これからも彼には全幅の信頼を寄せるつもりでいるのだが、やっぱり30歳を迎えた選手にすべてを押し付けるわけにもいかないと思うので、もう一人、活きのいい若手右サイドハーフを加入させる予定でいる。(こちらも目下交渉中)
    左サイドの2人ついては、相変わらずの安定感といった感じ。
    しかし、マクレーンの方が既に31歳となって一部の能力に衰えが見え始めたので、ボチボチ代わりの選手を探そうかと思っている。

    ST
    WS008608.jpg
    ストライカー陣については、どの選手も期待していた以上の活躍を見せてくれた。
    特にババカルはシーズン26ゴール(うちリーグ戦19ゴール)を挙げ、エースの座を手中に収めることとなった。
    前エースのエレーラについても、ゴール+アシストの合計で見れば決してババカルに劣る数字ではないので、来季もチームの軸として活躍してくれることを期待したいと思う。
    イングスについては、上の2人が盤石すぎてイマイチ使いどころがない状態になってしまっている。
    出場時間当たりのゴール+アシスト数が表わしている通り、良い選手であることには間違いないので、拗ねないように上手く使っていきたいと思う。

    ちなみに、チームの最多得点&アシストを記録したのは以下の二人。
    来季も同じような活躍を見せてくれることを期待したい。

    <チーム最多得点:26得点>
    Khouma Babacar (クマ・ババカル・ST)
    WS008611.jpg

    <チーム最多アシスト:20アシスト>
    Javi Álamo (ハビ・アラモ・M/AM(R))
    WS008612.jpg



    ファン選出の年間ベスト11はこんな感じ。
    WS008587.jpg
    例年通り、「ザ・妥当」といった感じ。
    やはり、ファンの間でもエースの座はババカルのものになってしまったようだ。



    WS008586.jpg
    年間MVPに選出されたのは、2年連続でマカレニーとなった。
    数字的にはもっと良いものを残した選手がいるというのに、何故ゆえに彼が選出されるのか・・・。
    相当愛されているってこと?w



    自クラブの話題の最後は、理事会様から頂いた評価を。
    WS008569.jpg

    WS008568.jpg
    シーズン終了時点の評価は「非常に安泰
    当面はクビの心配はしなくてよさそうですな。
    それよりも、ファンの皆様に「面白いサッカーをしている」と評価されているのが嬉しい。
    勝つことも大事だけど、やっぱり「魅せるサッカー」ってやつも大事だと思うので。
    まぁ、その理想に囚われてチームを崩壊させたら元も子もないんだけどねw



    それでは、シーズンまとめの〆として欧州主要リーグの結果を記録していきます。
    一応、ここで紹介しているリーグにはディティールレベルを設定しているので、それなりにきっちりとした結果になっていると思います。
    <Liga BBVA>
    WS008578.jpg
    今年のリーガを制したのは、バルセロナ
    昨シーズンは2ポイント差、そして今シーズンは1ポイント差という当事者からすれば笑えないほどの僅差でレアルを振り切っている。
    ここまで6シーズン連続で指揮を執ってきたアンチェロッティ監督も、そろそろクビが涼しくなるかもしれない。
    ちなみにバルセロナのMSNトリオは、今シーズンは3人合わせて103得点を叩き出した模様。(カップ戦含む)
    昨シーズンが同84得点だったから、さらに破壊力が増しているみたい。
    彼らが衰える前に対戦してみたい気もするけど、抑える方法が皆目見当がつかないので、やっぱり遠慮しておこうかな。
    ホラ、CL決勝トーナメント1回戦とかで当たったら泣いちゃうし。

    <Bundesliga>
    WS008581.jpg
    ブンデスリーガを制したのは、今年もペップのバイエルン
    昨シーズンは2ポイント差でドルトムントが食らいつくという結果だったのだが、今シーズンはそのドルトムントがまさかの失速をしてしまったせいで半ば独走状態での優勝となってしまった。
    また、ミュンヘンをホームとしているもう一つのクラブ「1860ミュンヘン」が、10年以上ぶりの昇格シーズンをぶっちぎりの最下位という残念な結果で終えてしまっている。
    次に上がってくるのはいつになるんかなぁ・・・(遠い目

    <Serie A>
    WS008579.jpg
    イタリアセリエAは、いつもの通りユヴェントスが優勝。
    優勝争いをした形跡すらないので、特にコメントはなし。
    早よ他のクラブ優勝せい!マジで。
    ってか、ラツィオ・・・。

    <Ligue1>
    WS008580.jpg
    フランスリーグ1は、今年もPSGが優勝を果たしている。
    昨シーズンは箸にも棒にもかからなかったモナコだが、今シーズンは1ポイント差まで迫る活躍を見せた。
    その原動力は、なんとあのバロテッリ。
    シーズン合計で53得点10アシストという、もはや何の競技だか分からないような成績を残してチームに貢献したようだ。
    加入直後にスピード違反をやらかしているリアルの方とは、文字通り雲泥の差があるって感じみたいですなw

    <UEFA Champions League>
    WS008583.jpg
    今シーズンのビッグイヤーを獲得したのは、マンチェスター・シティ
    準決勝でウチを破ったレアルを、決勝で打ち破って優勝を決めた。
    スタッツを見る限りではレアルが圧倒的に試合を支配していたみたいだけど、決定力の差でシティが優勝をかっさらっていったようだ。
    あれだけ圧倒的な数字を持ってして負けるとか・・・自分がレアルの立場だったら一晩二晩は寝れんな、たぶん。
    さて、リーグでもCLでも2位に甘んじたアンチェロッティ監督は、来季も指揮を執ることができるのでしょうか??

    <UEFA Europa League>
    WS008584.jpg
    ヨーロッパリーグを制したのは、アーセナル
    これで、2年連続でCL&ELの両大会をイングランド勢が制することとなった。
    この結果、カントリーランキングではイングランドが2位スペインを大きく引き離し、ダントツで1位をキープすることとなった。
    リアルとの剥離が酷いッス、マジで。
    ちなみに、この大会で優勝したアーセナルは、来季のCLの予備予選への出場権を獲得することとなった。
    リーグ戦を5位で終えた彼ら的には、まさに首の皮一枚でつながったって感じですかね。


    それでは、今シーズンはここまで。
    次回は、新しいシーズンの導入部分を少しだけ記録していく予定です。
    スポンサーサイト
    [ 2015/09/08 23:24 ] Sheff Utd2(18/19) | TB(0) | CM(10)

    本当におま国だったらショックですね
    [ 2015/09/11 20:17 ] [ 編集 ]

    ですよね。

    >みことさま

    個人的には、まだ望みはあると思ってるんですけどね。
    現在、日本以外にも中国や韓国などの東アジア数か国も一緒におま国されてるので。
    でも、もし他国がアンロックされた時点で日本だけ取り残されたら・・・その時は諦めようかと思っています。

    にしても、理由がさっぱり分かりませんね。
    オンライン絡みなのか、それともサカつく絡みなのか・・・。
    どちらにしても、なんのアナウンスもなしに突然こういう措置を取ったセガという企業に対するイメージは、日を追うごとに悪くなるばかりって感じですかね。

    とりあえず、現時点では判断できる材料が少なすぎるので、続報を待ってみたいと思います。
    できれば、その続報が「悲報」でなくて「朗報」であってくれればいいのですが・・・。
    [ 2015/09/11 23:50 ] [ 編集 ]

    はじめまして質問です

    はじめまして
    ロゴパック等を導入したくて少し質問させてもらいます。
    めんどくさかったらスルーしてもらっても結構です

    Jリーグディヴィジョン2でプレイしたくて、Football Manager TCM15 Logo Megapack(http://www.passion4fm.com/football-manager-tcm15-logo-megapack/)を導入してみたのですがうまくいかなかったのですが

    C:\Users\ユーザー名\Documents\Sports Interactive\Football Manager 2015\graphics\Megapack TCM15 にフォルダを置きましたが導入の仕方など間違っているためでしょうか?
    [ 2015/09/12 04:57 ] [ 編集 ]

    はじめまして。

    >たいちさま

    どもども、はじめまして。

    ロゴパックの件ですが、TCM15のページを読んでみたところ、当該フォルダを「Documents/Sports Interactive/Football Manager 2015」に置くようにという記述があるので、もしかしたら「graphics」フォルダではなくて「Football Manager 2015」フォルダ直下に置くのが正解かもしれません。あまり聞いたことのないパターンですが・・・。

    あと、J2のクラブでプレイするということはJリーグMODを導入していると思うのですが、そちらで各クラブに割り振られている「ユニークID」がTCM15内で割り振られているものと違う可能性があると思います。
    もし、欧州の主要クラブのロゴが正しく反映されていて、Jクラブのロゴだけうまく反映されていない場合には、こちらのパターンだと思います。
    各クラブのユニークIDは、ゲーム設定内の「ユニークIDを表示する」にチェックを入れることによって表示されるようになるので、そのIDとTCM15内のロゴ画像のファイル名を比較してみてください。
    もし、それらが同じ数字となっていなかった場合には、TCM15内の画像ファイル名を、ゲーム内で表示されているユニークIDのものと同じになるように変更する必要があると思います。
    その場合は、もれなくTCM15に同梱されているXMLファイルの編集も必要になってくるので、メモ帳かXMLエディターを使って修正してください。
    「Football manager 画像 差し替え」などのキーワードで検索をかければ、詳しい手順を解説してくれているページが表示されると思うので、そちらを見てみてください。
    多くは選手の顔画像の差し替えについての解説となっていると思いますが、クラブロゴの場合でも考え方&手順は基本的に同じなので、きっと役に立つと思います。

    とりあえず、現時点で考えられる原因はこれくらいのような気がします。
    私自身、TCM15を導入した経験がないのであくまで推察となってしまいますが、よかったら参考にしてみてください。
    [ 2015/09/12 12:04 ] [ 編集 ]

    >>Akakiriさま

    丁寧に解説ありがとうございます
    色々と試した結果うまくいかなかったのでJリーグは諦めて
    海外チームの方はロゴなど入れることができていたのでそちらでプレイしていきます

    アドバイスありがとうございました!!!!!!
    [ 2015/09/12 12:34 ] [ 編集 ]

    ババカルが活躍しましたねぇ……どうしてうちのババカルは活躍できなかったんやろうか……
    しかし、やっぱりプレミアでプレイするとどうしてもチェルシーが立ちはだかりますねぇ。
    うちもモウ時代のチェルシーには殆ど勝てませんでした(´;ω;`)……まぁ、残りのチームに全勝してたから問題ないんですけどね(・∀・)
    リアルなら、絶対モウが何か言ってるに違いないけど。

    セリエは名門・古豪がよく降格しますからねぇ。
    うちの時はACミランが普通に落ちてましたから。
    しかも、降格→選手一斉に移籍志願→若手は売れるけど高年俸ベテラン(もちろん降格による減額契約なし)は売れ残る→財政悪化。
    そのままセリエCに落ちて、未だに上がれていませんから……おぉ、怖い怖い。


    ……そういえば、チェルシーに移籍したGKの彼は出番あったんですかね?
    [ 2015/09/12 14:24 ] [ 編集 ]

    どもです。

    >たいちさま

    とりあえずは良かった・・・のかな?
    海外クラブのものが導入できたという事は、やっぱりユニークIDの相違が悪さをしてそうですね。

    そういえば、JリーグMODを作成されている方のページで、J用のフェイスパックやロゴパックが公開されていたような・・・。
    うろ覚えなので、間違っているかもしれませんが。
    [ 2015/09/12 21:12 ] [ 編集 ]

    どもです。

    >デイラミさま

    ババカル、活躍しちゃいました(´▽`)
    今ではエースの座だけに留まらず、「クラブの顔」と言っていいくらいの地位を確立しています。

    やはり、どこの箱庭でもモウ様のチェルシーは猛威を振るっているようですね。
    イタリアで言うところのユヴェントスみたいなものでしょうか。
    早く退任してくれれば楽になることはなるんでしょうけど、やはり彼が率いているチェルシーを倒したい!という願望があるので、モウ様留任のニュースを見ると心のどこかで喜んでいる自分がいたりしますw
    来季はプレミアに昇格して4シーズン目になるので、そろそろマトモな優勝争いというやつをやってみたいと思っています。
    過去3シーズンは、順位こそ上位につけていますがお世辞にも優勝争いをしたとは言えない状況になってしまっているので・・・。

    ウチの箱庭では、名門の降格はあまり見かけませんねぇ。
    強いて言えば、1年目にストーク&サンダーランドが降格して、そのままチャンピオンシップの中位に定着してしまっていることくらいでしょうか。
    彼らも、今のところは上がってくる気配は全くない感じですねw

    チェルシーに移籍したGK・・・あっ、ロング君の事ですか!
    完全に忘れてましたよw
    で、早速調べてみたのですが、今シーズンは1試合も出場しなかったみたいですw
    チェルシーが戦った年合計51試合、すべての試合&時間でクルトワがゴールマウスを守ったという記録が残っています。
    でも、チェフが開幕前に引退してくれたおかげで、ほぼ全試合でベンチに座ることはできているみたいです。
    なので、クルトワにもしものことがあった場合には彼がファーストチョイスになるのではないかと思います。
    まぁその時はチェルシーが優勝争いから脱落することになると思いますがw
    [ 2015/09/12 21:37 ] [ 編集 ]

    JリーグMODのサイトにて紹介されていたMetallic Logoを入れてみたところ、Jリーグにもチームロゴが出るようになりました!
    ファイルのサイズが大きかったですけどねw
    [ 2015/09/14 20:57 ] [ 編集 ]

    おぉ。

    >たいちさま

    それは良かったです(´▽`)
    かく言う私が使っているロゴパックも、3GB以上という半端ないサイズですがw

    これで、心置きなく愛着のあるクラブでプレイできますね!
    良い結果が出せるように、陰ながら応援させていただきますよ(`・ω・´)b
    [ 2015/09/14 22:13 ] [ 編集 ]

    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://isoyaki1.blog.fc2.com/tb.php/157-86006ddc







    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。