スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    開幕。

    さて、いよいよ6年目のシーズンの開幕となります!
    まずは8月の予定を。
    a8.png
    WS008811.jpg
    今月予定されているのは、上の2試合。
    相手の予想順位を見てみると、フルハムが13位、そしてウェストハムが20位なので、比較的恵まれた日程と言ってもいいかも。
    プレシーズンマッチの勢いそのままに、良い結果を残せたらいいな。


    それでは、順番に記録していきます。
    まずは迎える開幕戦、アウェイでのフルハム戦から記録していきます。
    2019.08.17(Sat)
    Fulham (-位/予想13位) vs Sheffield United (-位/予想7位) Barclays Premier League 第1節

    Starting Line-up
    WS008795.jpg
    いよいよ迎えた開幕戦。
    相手はフルハム。
    新しく導入した4-2-3-1は、あくまでホーム用の戦術なので、アウェイで試合が行われる今節は昨年とおなじく4-1-4-1を採用して試合に臨む。
    メンバーはもちろんベストで。
    1トップにボナッツォーリババカルのどちらを起用するか最後まで悩んだが、プレシーズンマッチの出来を考慮した結果、ボナッツォーリに賭けてみることにした。

    Result
    WS008805.jpg

    WS008806.jpg
    開幕戦勝利!!でもね・・・。
    (-ω-;)
    WS008799.jpg
    ( ̄◇ ̄)・・・。
    WS008798.jpg
    なんと、我がクラブのキーマン二人が同時に負傷離脱してしまった。
    イヤ、この二人って、インサイドハーフの攻守それぞれのファーストチョイスなんだけど・・・。
    幸い離脱期間は短いけれど、それでも今後1~2試合は使えなくなってしまった。
    試合自体は、開始早々に先制を許しながらも最終的に4点を取って逆転勝利を挙げるとい最高のものだったのに、一気にテンションが下がってしまいましたわ。
    せっかく新加入のボナッツォーリシストフレッジの3人が揃ってゴールを挙げたのにね。こっちの方の喜び半減以下って感じですわ。
    あーあ。



    2019.08.19(Mon)
    新加入選手。
    WS008800.jpg
    ウェストウッドが本格的に退団する流れになってしまった事を受けて、新しい選手を獲得してきた。
    最も得意とするポジションはインサイドハーフだけど、センター線であればトップ下からボランチまで幅広くこなせるので重宝することになりそう。
    前所属はサンダーランド。
    当箱庭1年目で2部に降格して以来、一度もプレミアの舞台に帰って来れずにいる。
    あれから5年も経って、選手も刈られ尽くした感があるので、しばらくは駄目かもしれませんな。

    Magnus Wolff Eikrem (マグヌス・ウォルフ・エイクレム・DM,M(C),AM(C))
    ←Sunderland(ENG),移籍金180M(一括)
    WS008801.jpg
    典型的なパサーといった感じ。
    パス能力、視野、判断力、予測力を重視して獲得してきた。
    決して当たりに強いタイプではないけれど、中盤でボールを散らしている分には問題にならないでしょう。たぶん。
    それにしてもコンディションが残念や・・・。
    できれば即チームに合流させたかったのに、こんなコンディションじゃ使えるようになるまで3週間~1ヶ月くらいかかっちゃうじゃない。あーあ、ホント残念だ( ̄ε ̄;



    2019.08.20(Tue)
    WS008802.jpg
    フレッジマカレニーボナッツォーリの3人が週間ベスト11に選出された。
    おめでとう!



    2019.08.21(Wed)
    Oh・・・。
    WS008803.jpg
    スクーガルが怪我をしてしまった。
    3日後の試合を前に、コンディション調整の最後の仕上げとしてU21戦に出場させたのだが、見事に失敗に終わってしまっった。
    あーあ、どうすんだよ・・・。
    次の試合で4-2-3-1をお披露目しようと思ってたのに、トップ下の1番手&2番手が同時に居なくなっちゃったよ・・・。



    2019.08.24(Sat)
    Sheffield United (3位/予想7位) vs WestHam United (10位/予想20位) Barclays Premier League 第2節

    Starting Line-up
    WS008807.jpg
    ホーム開幕戦の相手は、最下位に予想されているウェストハム。
    本当は新戦術4-2-3-1のお披露目をしたかったのだが、トップ下を務めるはずのフレッジスクーガルが同時に怪我をしてしまったため、今回は見送ることにした。
    ということで、採用したのは4-4-2。
    昨シーズンと全く同じで面白味が無いけれど、ボナッツォーリババカルを同時に起用できる唯一のシステムでもあるので、その反応を見てみたいと思う。

    Result
    WS008809.jpg

    WS008810.jpg
    ん、楽勝!
    前半の内に3点をリードすると、後半も手堅く試合を運んで開幕戦と同じ4-1というスコアで勝利を挙げることができた。
    ボナッツォーリババカルのコンビは、まぁまぁといった感じかな。
    一応、ババカルの先制ゴールはボナッツォーリが左から上げたクロスに合わせたものだったし。
    それよりも、マクロードが素晴らしい出来だった。
    シストのクロスに合わせた2点目&PA内で相手のクリアボールを拾って豪快に叩き込んだ4点目、どちらのゴールも素晴らしいものだった。
    スクーガルフレッジがいない今、チームの攻撃を仕切れるのはこの選手しかいないため、今しばらくこの調子を維持してもらえたらな、と思う。



    2019.08.27(Tue)
    WS008812.jpg
    シストマクロードマカレニーボナッツォーリの4人が週間ベスト11に選出された。
    超おめでとう!



    2019.08.29(Thu)
    どーん
    WS008813.jpg
    ハイ、来ましたCLの抽選会。
    今年の結果は最悪の一言。
    あのバルサに加えて、FM2014・フランス編の時にボコボコにやられてしまったせいで、すっかり苦手意識が付いてしまったPSGまで同じグループという事態。
    これはアレだな、今年はELに行って来い!という神様からのメッセージだな。たぶん。

    その他の組分けはこんな感じ。
    WS008814.jpg
    WS008815.jpg
    グループAが良かったな。それかF。
    グループBにドニプロが入った時には「ざまぁwww」とか思ったのに、自分たちがもう一つの地獄に放り込まれるとは・・・。
    人の不幸を喜んではいけないってことですな、きっと。



    2019.08.30(Fri)
    WS008817.jpg
    クジ運わるいなぁ、オイw
    CLの抽選会の翌日に行われたキャピタル・ワン・カップ3回戦の抽選でも、見事にハズレを引いてきた。
    このラウンドの16試合のうち、プレミア同士の試合は4試合しかないんよ?
    なんでこの確率を引いてくるかな~ホント。



    a8a.png
    WS008818.jpg
    Premier League:2勝0分0敗(勝点6) 8得点 2失点(得失点差+6)

    開幕戦&第2節の結果は、こんな感じ。
    問題はないというよりも、出来過ぎといった方がいいかも。
    新戦力も問題なく動いてくれているし、既存の選手達もしっかりと働いてくれているし、今のところ良いチーム状態を維持できているかな。
    怪我人が数名出ているけど、そろそろみんな帰って来るし、9月の代表ウィーク明けには万全の状態になるでしょう。たぶん。



    WS008821.jpg
    8月の月間最優秀監督賞は、例のあの人
    相変わらず滅茶苦茶な成績を残しているみたい。
    なんだよ6-1、5-1ってw
    一人だけ違う競技をやってるんじゃね?って思えてきたよ。



    WS008822.jpg
    で、その立役者が同クラブのエース様、と。
    なんや、このチェルシー祭りはw
    まぁ今に始まったことじゃないけど、いい加減ほかのクラブも頑張れよ!と言いたい。マジで。



    WS008823.jpg
    8月終了時点での順位表はこんな感じ。
    第3節が月をまたいで開催されるので、一部クラブの消化試合が少なくなっている。ウチも含めて。
    で、首位を走るのはモウ様のチェルシー。
    もうね、「もうさま」って入れたら「首位を走るのはモウ様のチェルシー」って変換されるように辞書登録してやろうとすら思えてきたよw
    今の状況を見る限り、今年もこのクラブが突っ走っていく姿しか想像できませんな。
    いつからプレミアはドイツやイタリアと並ぶ一強独裁のリーグと化してしまったんでしょうか?w


    それでは、今回はここまで。
    中の人がシルバーウィークという名の強制家族サービスに駆り出される予定となっているので、次回の更新は少し遅くなりそうです。
    それでも、月末くらいには何とかしたいなぁ・・・。
    スポンサーサイト
    [ 2015/09/20 01:35 ] Sheff Utd2(19/20) | TB(0) | CM(2)

    そろそろチェルシーも年齢的に落ちてくると思ってたらよく見たらファンヒンケルが主力になってムニルもいるとか世代交代もしっかりされてるみたいですね
    sheffutdも2試合連続4-1ですし、調子はいいんじゃないですか?ただ、私がプレイするときもそうなんですが点差の割りにスタッツに差がないのは選手のクオリティ自体はプレミア中堅とそこまで差がないとかが原因なんですかね?(自分がメガクラブとやると勝てても圧倒的なスタッツ差なんですが、逆に同じDivの下位チームでも点差はついてもスタッツは同じ位なんですよね)

    あとCLとカップの組み合わせは運があまりない感じですね。自分だったらバルサとPSGでカップはしょっぱなからプレミア同士とか即リセットしそうな勢いですけど、Akakiriさんなら苦にもせずにGS突破されてる気がするなー
    [ 2015/09/20 16:00 ] [ 編集 ]

    どもです。

    >通りすがりさま

    どもども、返信が遅くなってしまって申し訳ないです。

    チェルシーですが、落ちてこないどころか更に加速度をつけて成長してやがりますよw
    アザールやオスカルといった既存の戦力が最盛期を迎え、そこに若手が絡んできて手が付けられない状況になっています。
    三十路を超えたジエゴ・コスタも、8月の3試合で4得点を挙げて月間MVPを獲得しているところを見ると、まだまだ一線級で活躍できそうな感じですし・・・。
    このチームに「隙」や「弱点」と言った言葉は存在しないかもしれませんねw
    一応ウチも頑張って食らいついていこうと思っていますが、開幕戦で開始4分に先制されてみたり、主力に怪我が相次いでいたりと、万全のチーム状態と呼ぶには程遠い状況かなぁと思っています。

    スタッツについては、いろいろな要素が絡みすぎているので、深く考えすぎないようにしていますw
    試合中、特に気にして見ているのは「シュート本数」「決定機&ハーフチャンスの数」「パス成功率」「クロス成功率」くらいでしょうか。
    ボール支配率については、それと試合内容が比例しないことが間々あるので、過剰に気にしないようにしています。
    それは、ポゼッションよりも縦への速さを重視したチームスタイルのせいかもしれませんが・・・。

    各種抽選会は、もはや諦めの境地に達しつつあります。
    いつも緊張しながら一つずつクリックしていくのですが、自クラブの名前が出たときに「よっしゃ!」と思った記憶があまりないので・・・。
    まぁ、今回のCL抽選会は、その中でも酷い部類に入ると思いますけどねw

    FM2016の現状を考えると、ここから更に1年くらい2015をプレイする可能性が高そうなので、長い足跡の中でELに回される年があってもいいんじゃね?という気楽な感じで臨もうかと思っています。
    ほら、バルサやPSGに「絶対に勝ってやる!」なんて意気込みでぶつかっていったら、試合後の脱力感がハンパないことになりそうですしw
    とりあえずは当ブログのモットーの通り、「細く長く」、ゆるゆるとやっていく予定でいますので、また気が向いたときに寄ってみて下さいヽ(´▽`)ノ
    [ 2015/09/24 20:43 ] [ 編集 ]

    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://isoyaki1.blog.fc2.com/tb.php/161-aa6b6441







    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。