スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    9~10月。

    随分と間が空いていしまいました。
    今回は、9月&10月の結果を記録していきます。
    数えてみたら2ヶ月で12試合もこなしていたので、今回もところどころ端折りながら記録してきます。
    という事で、まずは9月の予定を。
    a9.png
    WS008863.jpg
    代表ウィークによる2週間の中断期間があるにもかかわらず、6試合も組まれている。
    特に月の後半は、すべての週でミッドウィークに試合が予定されている始末。
    CLの試合もあるし、主力を上手く起用していかないと苦しいことになってしまいそう。
    とりあえずリーグ戦をメインに据えてローテーションを組んでみようかな。


    それでは順番にやっていきましょう。
    先ず記録するのはリーグ第3節、アウェイで宿敵リーズと対戦する一線から記録していきます。
    2019.09.01(Sun)
    Leeds United (16位/予想17位) vs Sheffield United 21位/予想7位) Barclays Premier League 第3節

    Starting Line-up
    WS008824.jpg
    この試合の後、2週間の中断期間に入るので、迷うことなくベストメンバーを選択。
    開幕戦で怪我をしてしまったスクリーニが戦線復帰した。
    ボランチを務めるのは、いつものシモンでなくアデミ。
    前節のウェストハム戦で良い働きをしてくれたので、引き続き起用してみた。
    この2人にマクロードを加えた3人が、相手の2MC+1DMの3人をどう攻略するかがこの試合の鍵となりそう。
    両サイドは・・・サイドバック、ウイング共にコチラの方が質が上だから、ほっといても何とかしてくれるでしょう(他人事

    Result
    WS008826.jpg

    WS008827.jpg
    勝。
    前半の終了間際にCKから先制点を許すと、その1分後に司令塔マクロードが負傷退場してしまうという最悪の展開。
    おかげで、ハーフタイムにやろうと思っていた戦術変更のプランが全部ぶっ飛んでしまった。
    とりあえず、怪我をしてしまったマクロードの代わりにスクーガルを入れて・・・ってアレ?ベンチにいない。
    じゃあ、フレッジを・・・ってこっちもいない。
    そう、まさかまさかのベンチメンバーの選択ミス。
    攻撃を仕切れるインサイドハーフの控えをベンチに入れ忘れちゃったんだよね(-ω-;)
    仕方がないのでシモンスクリーニのポジションに入れて、そのスクリーニマクロードの代わりをやってらうことにした。
    そんなこんなで全く期待しないで迎えて後半だったけど、62分に相手のO.Gで同点に追いつくと、試合終盤の77分に途中出場のボナッツォーリが勝ち越しゴールを挙げて逆転に成功してしまった。
    戦術的には完全に破たんしてたんだけどね。これぞまさに予想外って感じかな、うん。
    兎にも角にも、シェフィールド・ウェンズデイに次ぐライバルであるリーズから勝点3をもぎ取る事ができた。
    よかったよかった(´▽`)



    2019.09.18(Wed)
    HNK Rijeka vs Sheffield United UEFA Champions League group stage 第1節

    Starting Line-up
    WS008837.jpg
    いよいよ開幕したCL本戦。
    初戦の相手はクロアチア王者のHNKリエカ。
    このグループだとバルサ&PSGにばかり目が行きがちだけど、地味にこのクラブも良い選手が揃っている。
    どのポジションも、ウチとの比較で★2.5~3の選手が数名所属している。
    プレミアで言うところの中位~下位のクラブくらいの力はありそう。
    これは舐めてかかるとやられるな、きっと。
    ということで、前掛かりの戦術を採るのはやめて、あくまで最終ライン~前線まで四ツに組める戦術で挑むこととした。

    Result
    WS008856.jpg

    WS008857.jpg
    勝!
    直前のパレス戦をサブ混じりのメンツでこなしたおかげで、この試合はほぼベストメンバーで臨むことができた。
    そのせいか、試合開始直後から完全にこちらが主導権を握る展開となった。
    得点経過も、13分にアラモ、そして35分にボナッツォーリがそれぞれ得点を挙げ、前半だけで試合を半分決めてしまった。
    結局、終わってみれば3-0という文句のつけようのないスコアで勝点3をゲットすることができた。
    でもね・・・

    バルサはん、何やっとん?( ̄ヘ ̄)
    WS008855.jpg
    ウチと2位争いをする(予定)のPSGに、ホームで勝点を供給するってどんな嫌がらせよ?w
    せっかく開幕戦で勝利したのに、気持ち的には勝点1のディスアドバンテージを受けた気分だよ・・・まったく。



    2019.09.21(Thu)
    WS008839.jpg
    イングス君、おこなん?
    確かに開幕5試合で出場時間0分だったけどさ、あんなユルユルの日程じゃ仕方ないじゃん?君、STの3番手だし。
    でも、これから日程が過密になってくるから、今までよりは出場機会を与えてあげられると思うよ、たぶん。



    2019.09.21(Sat)
    Southampton (16位/予想8位) vs Sheffield United (2位/予想7位) Barclays Premier League 第5節

    Starting Line-up
    WS008840.jpg
    ミッドウィークのリエカ戦から中2日だったので、メンバーの大半を入れ替えて臨んだ。
    相手は下位に沈んでいるセインツだし、いい結果を期待してるよ!

    Result
    WS008842.jpg

    WS008843.jpg
    ーあ。
    完全に押してた試合なんだけどね。負けちったよ。
    相手の決定機4回も、すべて1回のチャンスに凝縮されてたものだったし。
    3回連続でアレオラがスーパーセーブを見せてくれたんだけどね。4回目は駄目だったわ、さすがに。
    ってか、4回もこぼれ球を拾われてドフリーでシュートを打たれるとか、ウチの選手たちはナニをやってたん?
    あーもったいね、マジで。



    a9a.png
    WS008864.jpg
    Premier League:3勝0分1敗(勝点9) 8得点 2失点(得失点差+6)
    Champions League:1勝0分0敗(勝点3) 3得点 0失点(得失点差+3)
    Capital One Cup:4回戦進出!

    9月の結果はこんな感じ。
    セインツ戦で残念な結果になってしまった以外は、すべての試合で勝利を挙げることができた。
    試合内容も悪くないし、この感じだったらしばらくは大崩れすることはないかな。
    ちなみに、キャピタル・ワン・カップ4回戦は抽選の結果スパーズと当たることになった。
    なんか、2年に1回くらいカップ戦でスパーズとやってる気がする。
    不思議な縁ってやつなんかな。



    WS008859.jpg
    9月の月間最優秀監督賞は、いつものあの人。
    今月は相手が厳しい所が多かったのにね。結局全勝だよ。
    すげぇな、まったくw



    WS008860.jpg
    月間MVPは、アーセナルのガブリエル・バルボサ。
    リアルでは”ネイマール2世”とか言われている選手みたいだけど、当箱庭ではアーセナルに所属している。
    移籍金は57億円。
    過去2年間はイマイチな成績だったけれど、プレミア3年目の今シーズンは「ゴール数>出場試合数」という立派な成績を残している。
    いよいよ怪物が目を覚ましたといった感じなんかな。こわいなぁ。



    引き続き10月を。
    a10.png
    WS008905.jpg
    今月も、先月とよく似た予定表となっている。
    しかし、決定的に違うのが相手クラブのレベル。
    バルサから始まって、PSG、シティと、強豪との連戦が待ち構えている。
    そして、〆はスパーズとの連戦。
    対スパーズ攻略法を得てからはまずまずの成績を残せているものの、元々は超苦手にしていた相手なので、今月は最後まで気を抜くことができなさそう。



    2019.10.01(Tue)
    Sheffield United vs Barcelona UEFA Champions League group stage 第2節

    Starting Line-up
    WS008867.jpg
    直前のリーグ戦から中2日で迎えたバルサ戦。
    一応ローテーションをしてみたものの、ブルマババカルといった替えの効かない選手については連戦となってしまっている。
    怪我&コンディションの心配があるけれど、なんとか頑張ってもらいたい。
    採用した戦術は4-4-2。
    中途半端に守りを意識した戦術を採ると、90分間ずっと相手のターンとなるような気がしたので、少しでも抗う気持ちをこめてこの戦術を採用した。
    本当は新戦術の4-2-3-1を試してみたい気持ちもあったけど、さすがにあそこまで前掛かりな戦術をバルサ相手に使う勇気はありません(>_<)

    Result
    WS008869.jpg

    WS008870.jpg
    はー。
    思ったよりも良い試合ができたけれど、臨んだ結果は手に入らなかった。
    せめて引き分けたかったけどな~。残念。
    MOMは、決勝点を挙げたネイマール・・・ではなくて逆サイドのスターリング。
    リアルでは今シーズンの頭にリヴァプールを離れてしまったけれど、当箱庭では今シーズンの頭にバルセロナに移籍してきたみたい。
    ちなみに移籍金は51億円。
    確かにいい選手だけど、やっぱり94億円は高すぎだってw



    2019.10.16(Wed)
    WS008875.jpg
    スクーガルが怪我をしてしまった。
    ちょっと試合勘が鈍っている感じだったからU21戦に出場させたら、見事に怪我をして帰ってきやがった。
    これで早くもシーズン2度目の離脱。
    やっぱり、コーチレポートに「負傷にやや弱い」と書かれているのは伊達じゃないってことみたいですな。残念。



    2019.10.19(Sat)
    Sheffield United (2位/予想7位) vs Manchester City (7位/予想3位) Barclays Premier League 第8節

    Starting Line-up
    WS008878.jpg
    代表ウィーク明け一発目の試合は、ホームでのシティ戦。
    この試合のあと中2日でCL・PSG戦が控えているけれど、突破の期待が薄いCLよりもリーグ戦の方を重視して、この試合の方に主力陣を多く起用することとした。
    大切なCLの試合を犠牲にしたんだ、なんとしても良い結果を出してくれよ!

    Result
    WS008880.jpg

    WS008881.jpg
    (-ω-;)
    悪の展開や。
    力を入れた試合で負け。
    しかも、割と終盤まで拮抗した試合をやってしまったせいで、主力を早めにベンチに引っ込めるという措置もできなかったし。
    もう少し早く勝負が決してくれればブルマスクリーニあたりをもっと早く休ませてあげられたのに。
    あーあ、残念・・・ってか、次の試合どうしよう。



    2019.10.22(Tue)
    Sheffield United vs Paris Saint-Germain UEFA Champions League group stage 第3節

    Starting Line-up
    WS008883.jpg
    CLグループステージ第3節は、ホームにPSGを迎える。
    相手はここまで1勝1分の勝点4。
    パッと見は普通といった感じだが、その「1分」が”あの”バルサ相手にカンプノウで手にしたものなのでちょっと話が違う。
    グループステージ突破のライバルであるPSGが、絶対強者であるバルセロナから勝点をゲットしてしまった以上、この直接対決を制しない限り厳しい展開になってしまうのは間違いないと思う。
    という事で、絶対点を取って勝つ!という姿勢を込めて4-2-3-1を採用して試合に臨んだ。
    この試合でドローは即ち負けってことだからな!頑張れよ!

    Result
    WS008885.jpg

    WS008886.jpg
    バカル最高や!
    超大事な試合で、2ゴールを挙げる大活躍を見せてくれた。
    チーム全体を見ても、あのPSGを相手に終始優勢に試合を進めることができたし、言う事のない試合ができた。
    ちなみに、この試合の監督的MOMはセンターバックのブルマ
    相手ワントップのアグエロにマンマークの指示を出していたのだが、見事に仕事をやり切り、相手を「評価点5.9」という散々な状況に陥らせてくれた。
    兎にも角にも、グループ突破に向けて大事なPSGとの直接対決を制することができ、折り返しとなる第3節終了時点で首位に立つことができた。
    ん?首位・・・?

    どーん。
    WS008894.jpg
    バルサはん、ホンマなにやっとるん?
    この間のPSGは百歩譲って分かるとして、リエカ相手にドローはさすがにマズくね?w
    十中八九、全勝すると見込んでいたバルサがこの状況だと、全く先が見通せないよ・・・。
    一体どうなるんでしょーね?



    a10a.png
    WS008904.jpg
    Premier League:2勝0分1敗(勝点6) 3得点 3失点(得失点差±0)
    Champions League:1勝0分1敗(勝点3) 2得点 2失点(得失点差±0)
    Capital One Cup:4回戦敗退


    10月の結果はこんな感じ。
    リーグ戦、CLの試合ともにまずまずの試合ができた。
    キャピタル・ワン・カップは、延長前半に一度は勝ち越されながらも同後半に追いつく執念を見せたものの、結局PK戦で敗れてしまった。
    今のところ好調を維持している選手が多いが、唯一気になるのが新加入のボナッツォーリ
    10月は結局ノーゴールノーアシストとなってしまい、既に8ゴールを挙げているババカルとの差が大きく広がってしまった。
    一応3ゴール4アシストを挙げてるとはいえ、今シーズンの補強の目玉なんだから、うちょっと活躍してくれることを期待したいよね。
    プレシーズンマッチではあれだけゴールを量産できたんだから、戦術が合ってないって訳ではなさそうなんだけどな~。
    うーん、原因はどこだろう?



    WS008902.jpg
    10月の月間最優秀監督賞は、シティのライカールト監督。
    ウチ以外にもスウォンジー、QPRにも勝利を挙げて、3連勝を記録したみたい。
    モウ様にばかり気を取られていると、あっさり足元をすくわれそうですな。



    WS008901.jpg
    月間MVPは、シティのヘンダーソン。
    3年前の17/18シーズンに、リヴァプールから50億円という高額移籍金をもって加入したみたい。
    そういえば、ウチとの試合でも1アシストを記録してMOMに選出されてたな・・・。



    WS008906.jpg
    第9節終了時点での順位表はこんな感じ。
    首位は相変わらずモウ様のチェルシー。
    そのすぐ後ろの2位につけているのが我がクラブ。
    既に2敗もしているけれど、他のクラブもイマイチ勝点を伸ばせていないおかげで良い位置につけられている。
    3位以下は御覧の通り。
    シティに始まってアーセナル、ユナイテッドと、いつも通りのメンツが揃っている。
    まだまだ差が開いていない状況だし、ちょっと調子を崩したらすぐにCL圏外に落ちていきそうで怖いですな。



    WS008990.jpg
    CLグループステージ第3節終了時点の順位表はこんな感じ。
    首位は、なんと我がクラブ。
    一見すると有利そうに見えるけれど、後半戦にバルサ&PSGのアウェイマッチを残しているので、決して良い状況とは言えない。
    それよりも心配なのがバルセロナ。
    メッシが怪我で一時離脱していたとはいえ、この結果はあんまりじゃね?
    彼らにはちゃんと全勝してもらって、PSGとの2位争いに持ち込む予定だったのに、この体たらくのおかげで色々と滅茶苦茶になってしまったじゃないか。
    もうね、この先がどうなっていくか全く読めないっスw


    それでは今回はここまで。
    次回は11月&12月の結果を記録していく予定です。
    スポンサーサイト
    [ 2015/09/29 20:45 ] Sheff Utd2(19/20) | TB(0) | CM(0)

    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://isoyaki1.blog.fc2.com/tb.php/162-18b51260







    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。