スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    開幕!

    今回はいよいよ新しいシーズンの開幕となります。
    まずは開幕月の予定を↓
    a8.png
    WS009397.jpg
    開幕戦は、優勝オッズ2001倍を付けられてダントツ最下位に予想されているミドルスブラ
    しかもホーム開催というオマケ付き。
    幸先の良いスタートを切るという意味では、だいぶ恵まれた相手と言えそう。
    その後は、それぞれ中1週をはさんでスウォンジーニューカッスルとの試合が組まれている。
    こちらの方は両クラブとも実力のある相手なので、きっちりと準備をして臨みたい。
    特にスウォンジーには、昨シーズンの対戦時にベンテケ、シグルズソン、シンクレアの3人にいいように掻き回された苦い記憶があるので、きっちりと借りを返したいと思う。


    さて、それでは順番に記録していきます。
    今回は「FM2016のパッチが来るまで」という期限が決まった状態でのスタートとなるため、スピードアップのために飛び飛びで記録をしていきます。

    2020.08.15(Sat)
    Sheffield United (-位/予想5位) vs Middlesbrough (-位/予想20位) Barclays Premier League 第1節

    Starting Line-up
    WS009138.jpg
    開幕戦の相手は、ダントツの降格予想をされているミドルズブラ。
    日程的にも余裕があるのでベストメンバーで臨む・・・が、フレッジが東京オリンピックにオーバーエイジ枠で参加&グループステージを突破してしまったため未だ日本に幽閉中
    もう一人我がクラブから同オリンピックに参加していたボナッツォーリは、無事(?)にグループステージで敗退して帰って来たものの、試合&長旅の疲れでコンディションが優れないためベンチに置いておくのが限界といった感じ。
    さらにシストも先日行われたコミュニティーシールドの試合で負った怪我が完全に治っていないため同じくベンチがやっと・・・と、クラブのキーマンが3人同時に欠場という、全く胸を張ってベストとは言い難いメンツになってしまっている。
    でもまぁ、大丈夫でしょ、相手が相手だし(慢心しt

    Result
    WS009139.jpg

    WS009142.jpg
    干の不安を抱えての開幕戦だったが、ザ・代役ズが活躍してくれたおかげで勝点3を手にすることができた。
    まずは、先制点を挙げたカザイシュヴィリ
    新加入選手にいきなり「フレッジの代役」という重い任務を課してしまったのだが、見事に結果を出してくれた。
    同じくボナッツォーリの穴を埋めたババカルも、相手に止めを刺す2点目&3点目を挙げる活躍を見せ、まだまだ後進にエースの座を譲る気が無いという逞しさを見せてくれた。
    また守備の方も、試合終盤に直接FKを叩き込まれるというアクシデントはあったものの、大きな破綻をすることなく試合を終えることができた。
    とりあえずは、無難なスタートを切れたって感じかな(´▽`)

    WS009425.jpg
    カザイシュヴィリの記念すべき初ゴール。
    決して易しいシュートではなかったが、きっちりと決めてくれた。


    WS009140.jpg
    あーあ・・・。
    開始3分に先制点を挙げるという鮮烈なデビューを果たしたカザイシュヴィリだったが、試合中の怪我でいきなりの離脱となってしまった。
    フレッジはまだ東京で頑張っているみたいだし、代役の代役は誰に任せたらいいのやら・・・(-ω-;)
    フレッジー!!!はやくきてくれー!!! そんな感じ。



    2020.08.18(Tue)
    WS009143.jpg
    ミドルスブラ戦で2得点を挙げたババカルが、週間ベスト11に選出された。
    おめでとう!



    2020.08.29(Sat)
    Sheffield United (1位/予想5位) vs Swansea City (5位/予想9位) Barclays Premier League 第3節

    Starting Line-up
    WS009155.jpg
    リーグ第3節は、ホームにスウォンジーを迎える。
    このチームで怖いのは、前線のベンテケ、シグルズソンの2人。
    主に左サイドを務めているシンクレアも怖い存在だが、この試合はベンチ・・・って、代わりに出てるのマルコ・ファビアンじゃんw
    そらベンチに座ってろって言われるわ・・・。マッチアップするのテイテイだけど大丈夫かな・・・不安だ。
    ちなみに、相手の右サイドバックにひっそりと“元”チームメイトのマクローリンがいましたとさ。
    えーと、君、昨冬の移籍期間にシティに強奪されてったはずだよね?なんでこんなとこにいるの??w
    ちなみに、第2節まで不在だったフレッジが先日ようやく帰国したため、迷うことなくスタメン起用をした。

    Result
    WS009157.jpg

    WS009158.jpg
    っしゃ完勝!
    相手にほとんど何もさせず、効率が悪いながらも2得点を挙げて勝利を収めることができた。
    東京オリンピックから帰って来たフレッジも、金メダルを獲った勢いそのままに素晴らしい活躍を見せてくれた。
    MOMは2得点を挙げたマカレニー
    2つあった決定機を両方とも沈め、評価点9.1という文句のない活躍を見せてくれた。

    WS009159.jpg
    新加入のセンターバックウィズダムが怪我をしてしまった。
    開幕戦のミドルズブラ戦、そして前節のニューカッスル戦で素晴らしい働きを見せて上々のスタートを切れた所だったのになぁ・・・。
    幸い後ろの方は比較的層が厚い方なのでチームへの影響は最小限にと留められそうだけど、個人的に楽しみにしてた選手だからなぁ・・・。残念すぎる(-ω-;)



    a8a.png
    WS009418.jpg
    Premier League:3勝0分0敗(勝点9) 7得点 2失点(得失点差+5)

    8月の結果はこんな感じ。
    怪我やらオリンピックやらで一部主力が出遅れたにもかかわらず、ほぼ完璧に近い成績を残すことができた。
    来月からは、いよいよミッドウィークに容赦なく試合が放り込まれるという過密日程がスタートするが、この勢いを持って乗り切っていきたい。



    WS009160.jpg
    8月の月間最優秀監督賞を頂いちゃいました(´▽`)
    とは言っても、他の強豪クラブ様たちが互いに潰し合ってくれたおかげなんだけどね。上位陣にあって、格下3連戦を組んでもらったのウチだけだったし。
    まぁでも、貰えるものは有難く頂いときましょう!



    あ、そうそう。
    WS009152.jpg
    8月の末にCLの抽選会が行われた。
    今年の対戦相手は上の通り。
    いつものことだけど、う~~んといった感じ。
    バイエルンの勝ち抜けは固いとして、モナコとウチで2位争いか~。
    まぁ、こればっかりはやってみないと分からないので、とりあえずは準備をしっかりやることを考えましょう(`・ω・´)

    その他の組み合わせはこんな感じ。
    WS009150.jpg
    WS009151.jpg
    傍から見て楽しそうなのがグループCグループF
    両方とも3強1弱の様相を呈しているので、最後までカオスな状態になりそう。
    どこが抜けて来るか楽しみだ( ̄ー ̄)



    続いては、一気に2ヶ月分いってみます(`・ω・´)
    9-10.png
    WS009398.jpg
    9~10月は、8月のぬるま湯日程からは打って変わって忙しいものになっている。
    ローテーションを組む際にメインに据えるのは、CLの3試合。
    ここを勝ち抜かない限りはビッグイヤーなど夢のまた夢なので、なんとかいい結果を残したい。
    とは言っても、リーグ戦の方も強豪との対戦が続く厳しいものになっているので、CLばかりに気を取られるとマズイことになりそう。
    やっぱり、9月末から始まるモナコ→リヴァプール→チェルシー→バイエルンの4試合が厳しい所だよな~。
    一応、途中に代表ウィークによる中断期間が挟まっているけれど、怒涛の4連敗みたいなことをやっちまうとチームの士気に関わるから困る。
    できれば2勝1分1敗くらいで凌ぎたい(超願望)
    それでは、今月も飛び飛びで記録していきます。
    とりあえずカーディフ・シティ戦をスキップして、チャンピオンズリーグのCSKAモスクワ戦から記録していきます。



    2020.09.16(Wed)
    Sheffield United vs CSKA Moscow UEFA Champions League group stage 第1節

    Starting Line-up
    WS009175.jpg
    いよいよ開幕を迎えたCLの緒戦は、CSKAモスクワ。
    グループステージを突破しようと思うのならば、絶対に負けられない相手。
    変にメンバーを落として取りこぼすという事態は避けたかったので、遠慮なくべスメンバーで臨むこととした。
    この試合の後、中2日でユナイテッドとのアウェイ戦が控えてるけれど、そんなこと知るか!そんな感じ。

    Result
    WS009177.jpg

    WS009178.jpg
    (´▽`)
    思ったよりも一方的な試合になった・・・けれど、決して楽な試合ではなかった。
    シュートを打ちまくったのに無得点でハーフタイムを迎えた時には、正直言って嫌な予感しかなかったですわw
    思い切って戦術を弄ろうかとも思ったけれど、「後半15分まで我慢」と言い聞かせてピッチに送り出したのが結果的に正解だったみたい。
    MOMはシスト
    ブルマの先制点のアシスト&2点目のゴールを記録し、評価点8.7という十分な数字を残してくれた。
    さて、これでとりあえず目的は達成!・・・で、週末のユナイテッド戦、どうしよっかな・・・(-ω-;)



    2020.09.19(Sat)
    Manchester United (3位/予想2位) vs Sheffield United (1位/予想5位) Barclays Premier League 第5節

    Starting Line-up
    WS009179.jpg
    CSKAモスクワ戦から中2日。
    主力陣の多くに疲れが見える中、迎えたアウェイでユナイテッド戦。
    スタメンとしてピッチに送り出したのは↑の11人。
    約半数が控え選手という、半分崩壊したメンツとなってしまった。
    実力的にも練度的にも不安しかないけれど、なんとか勝点1は持ち帰れるように頑張ってもらいたい。

    Result
    WS009181.jpg

    WS009182.jpg
    すよねー^^
    こんな1.5軍と呼ぶのすら申し訳なく思えるメンツで、アウェイのユナイテッド戦が乗り切れるわけなかったわw
    シュート数をはじめとした各種スタッツで、完全に後れを取る残念な結果になってしまった。
    支配率とパス成功率が辛うじてマトモな数字に見えるけど、コレは中盤で鳥籠やって遊んでただけですから!w
    そんなんじゃと点、取れないよ・・・。



    2020.09.29(Tue)
    AS Monaco(4位) vs Sheffield United(2位) UEFA Champions League group stage 第2節

    Starting Line-up
    WS009192.jpg
    CLグループステージ第2節は、アウェイでモナコと対戦する。
    直前のリーグ戦から中2日でフランスに飛ぶというキツめの日程だったけれど、主力陣を休ませておいたおかげで何とかベストに近いメンバーを組むことができた。
    この試合の目標は、とにかく勝点1
    恐らく2位争いをすると思われるライバル相手に勝点3ポイントを配給することは許されないので、気合を入れてドローを狙いに行く。
    とりあえず注意しなければいけないのは、バロテッリ、コマン、コンドグビアらが控えるピッチ中央。
    対策として、こちらは同ポジションにサンチェス、スクリーニ、シモンの守備能力が比較的高い3人を充てて迎え撃つこととした。

    Result
    WS009194.jpg

    WS009195.jpg
    ぁぁ・・・。
    あともう少しで貴重な勝利を挙げることができそうだったのに、ラスト5分を切ったところでスルリと逃げて行ってしまった。
    値千金のゴールを挙げやがったのは、A.Theryという生成選手。
    83分にピッチに入って来たかと思ったら、ムーアウィズダムが鎮座するウチ自慢の右サイドをドリブルでスルスルと突破し、あっさりとゴールを決めてしまった。
    能力的にはこんな感じ↓
    WS009426.jpg
    あっ・・・コレ、完全に単騎突破型の子じゃないですか・・・。
    一番やらせちゃいけないプレイを、一番やらせちゃいけない時間にやられてしまったって感じですな・・・。
    でも・・・まぁ、勝点1は持ち帰れたし・・・試合前の目標・・・達成できたし・・・。めちゃくちゃ悔しいけど、とりあえずヨシとしようそうしよう。

    WS009427.jpg
    チーム2点目となるボナッツォーリのゴール。
    相手DF二人との競り合いを制して、見事にゴールに叩き込んだ。
    この時はイケると思ったんだけどなぁ・・・。




    2020.10.17(Sat)
    Chelsea (5位/予想4位) vs Sheffield United (2位/予想5位) Barclays Premier League 第8節

    Starting Line-up
    WS009204.jpg
    リーグ第8節は、アウェイでチェルシーと対戦する。
    代表ウィーク明けの試合なので、一時は疲れが溜まって青い顔をしていた主力陣もコンディションは万全。
    ・・・という事で、宿敵チェルシーを倒すためのベストメンバーを組んでみた。
    この試合の後、中2日でCLバイエルン戦が控えている気がするけれどキニシナイ。きっと何とかなるさ!

    Result
    WS009206.jpg

    WS009207.jpg
    ( ̄◇ ̄)・・・。
    ミッドウィークに控えるバイエルン戦を犠牲にしたにもかかわらず、最低最悪の結果となってしまった。
    まぁ、0-3なんてスコアになったのは監督が悪いんですけどねw
    75分からシステムを4-4-2に変更して同点に追いつこうとしたのが、そもそもの間違いだったみたいですな。
    無駄に主力を疲れさせ、得るものは何もナシ。
    さて、この先どうやって乗り切っていきましょうかね・・・。



    2020.10.20(Tue)
    WS009208.jpg
    出た!恒例の謎の週間ベスト11
    チェルシーに惨敗を喫した週に、マカレニーが週間ベスト11に選出された。
    何故だ・・・何故なにもしてない彼が選ばれるんだ・・・。
    もうね、意味わかんないっすw



    2020.10.20(Tue)
    Sheffield United(2位) vs Bayern München(1位) UEFA Champions League group stage 第3節

    Starting Line-up
    WS009209.jpg
    ボコボコにやれれたチェルシー戦から中2日。
    CLグループステージの第3節は、ホームにバイエルンを迎えての一戦となった。
    ・・・。
    えーと・・・あれ?まさかのホーム開催
    何をどう間違ったのか、今の今までアウェイの試合だと思ってました~(´▽`)
    アウェイの試合なら負けても何とかなるかな^^(星勘定的に)」
    と思ってチェルシー戦で主力を使ったのに、ホームじゃ話が違うってばよ。
    とりあえず、疲れが残る主力を無理やり起用してみたけれど、いくつかのポジションは控え選手を起用する羽目になっちまったわ。
    ヤバイ・・・コレはヤバいぞ・・・。

    Result
    WS009211.jpg

    WS009210.jpg
    ナコの悲劇再び。
    完全に負け試合になると思っていた割には良い試合ができたものの、ここまで行ったら勝ちたかったよ。
    87分に失点したモナコ戦に続いて、今度は89分ですかそうですか。
    前回の反省を生かして、残り5分から「守備的&時間を稼げ」で凌いでやろうと思ったのに、全然意味なかったよ。
    いくら守りを固めても、セットプレイ(CK)からの失点は防ぐのが難しいんだよな~。
    「そもそもCKを与えなければ良かったのにね^^」と言われたらそれまでなんだけど(-ω-;)
    いままであまり深く考えてこなかったセットプレイの守備というやつと、少しは真面目に向き合った方がいいのかなぁ・・・。

    WS009429.jpg
    直前のスクリーニのシュートをファインセーブし、尻餅をつくノイアーさんに向かって容赦なくシュートを放つテイテイの図。
    このゴールが決まった時にはイケると思ったのになぁ・・・(超既視感。




    9-10r-1.png
    WS009424.jpg
    Premier League:4勝1分2敗(勝点13) 13得点 9失点(得失点差+4)
    Champions League:1勝2分0敗(勝点5) 8得点 5失点(得失点差+3)
    Capital One Cup:3回戦敗退

    9&10月の結果は上の通り。
    対戦相手、日程共にヌル目だった8月とは違い、本格的にシーズンが始まったんだなぁと思える2ヶ月となった。
    結果は、まずまずといった感じ。
    相変わらず「強きを助け弱気を挫く」という格好の悪いスタイルが染み付いてしまっている。
    下位相手の取りこぼしが少ないことは良い事なんだけど、それと同じくらい優勝争いのライバルたちに勝点を配給しないってことも大事なんだけどな~。
    なかなか上手くいかないものですな(-ω-;)
    とりあえず、11月以降の予定を見る限り今後もなかなか厳しい試合が続きそうなので、今の調子を少しでも保てるようにしていきたいな。
    どうか、大きな怪我をする子が出ませんように( ̄人 ̄)



    WS009223.jpg
    10月終了時点での順位表はこんな感じ。
    我がクラブは、現在3位
    首位にはアーセナルが立っているけれど、勝点的には上位3チームが並ぶという混戦状態。
    ・・・というか、7位のノリッジまで勝点3の中にひしめき合っているという、上位大混戦状態
    上位陣が無駄に取りこぼしているという印象はないので、上位と下位の格差が大きい状況になっているみたい。
    特に最下位は10試合やって勝点2という酷い状況。
    そして、それがトッテナムという一粒で二度驚くオマケ付きw
    おいスパーズよ、一体何があったんだ・・・。



    WS009222.jpg
    折り返しまで来たCLの順位表はこんな感じ。
    我がクラブは、バイエルンに続いての2位
    一応は事前の予想の範疇に入っているけれど、終了間際の失点癖さえなければもっと素敵なことになっていたはずなんだけどなー。
    そう思うと、なんか残念( ̄ε ̄;


    それでは、今回はここまで。
    次回は、11月から1月の結果を記録していく予定です。
    スポンサーサイト
    [ 2016/02/10 22:12 ] Sheff Utd2(20/21) | TB(0) | CM(0)

    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://isoyaki1.blog.fc2.com/tb.php/168-890b4b31







    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。