スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    2013-2014シーズン開幕!

    オフ~プレシーズンも終わり、いよいよ2013/2014シーズン開幕です!
    今シーズンの目標は一にも二にも「残留」です。
    恐らく厳しいシーズンになることが予想されるため、昨年同様カップ戦?ナニソレ美味しいの?というスタンスで臨みたいと思います。


    さて、それではnpowe Football League Championship 第1節 Milwall戦から記録していきたいと思います。



    Milwall vs Sheff Utd npower Football League Champinship 第1節/2013.08.10(Sat)

    Starting Line-up

    WS000483.jpg

    Key Player

    WS000480.jpg

    WS000481.jpg

    WS000482.jpg

    リーグ開幕戦はアウェイでのMilwall戦。
    相手選手の能力を見てみると、やはり3部の選手に比べて六角形が大きい( ̄ε ̄;
    これだけの選手が揃っていて事前のメディア予想が12位とか言われると、やはり我がクラブは降格候補と言われても仕方ないような気もしてきた。
    しかし、弱音ばかりはいていても始まらないので、なんとか勝点を持ち帰れるように頑張っていきましょう!


    Result

    WS000485.jpg

    WS000484.jpg

    高の開幕戦となった。
    エースマーフィーが前半4分と11分に立て続けに得点を挙げて素晴らしい立ち上がりを見せた。
    その後、18分に相手MRN'Guessanの目の覚めるようなミドルを決められてすぐに1点を返されてしまったものの、その後は得点を許さず、敵地からまさかの勝ち点3を持ち帰ることに成功した。
    34分に負傷退場したキャリーも、さほど大きな怪我ではなかったらしく、戦列を離脱せずに済んだことも嬉しい誤算となった。


    WS000488.jpg

    マーフィーが週間ベスト11に選出されました。開幕戦での勝利の立役者にふさわしい選出ですね。おめでとう!




    Carlisle Utd vs Sheff Utd Carling Cup 1st Round/2013.08.13(Tue)

    Starting Line-up

    WS000494.jpg

    Key Player

    WS000486.jpg

    WS000487.jpg

    Carling Cup1回戦はCarlisle戦。
    昨年まで同じディビジョンで戦った相手。通算成績はカップ戦を含めてこちらの2勝1敗1分と、一応勝ち越しているが決して侮ることはできない。
    が、今後の日程が数週間先までミッドウィークに試合の組まれている過密日程であることから、主力組には出来るだけ休みを与えることとした。
    サブのメンバーの奮起に期待したいところであるが、どうなるだろうか。


    Result

    WS000496.jpg

    WS000495.jpg

    んとか勝利を収めることができた。
    支配率、シュート数ともに相手の方が上回っていたものの、最後の所でなんとか踏ん張ることができた。
    新加入の2人のDCが頑張ってくれたのが嬉しかった。
    攻撃陣も、トップに新加入のマッデンを据えるなど、いつもとは全く違ったメンバーで臨んだためほとんどチャンスは作れなかったが、セットプレイをうまく生かして得点を挙げてくれた。
    サブメンバーを多く起用したことによって苦戦は強いられたものの、なんとか上位ディビジョンの面子は保つことができた。




    Sheff Utd vs Cardiff City npower Football League Champinship 第2節/2013.08.17(Sat)

    Starting Line-up

    WS000500.jpg

    Key Player

    WS000498.jpg

    WS000499.jpg

    WS000502.jpg

    リーグ第2節はホーム開幕戦となるCardiff戦。
    ミッドウィークのカップ戦をサブメンバーで戦ったおかげで、主力選手のコンディションは万全。
    しかし、相手はメディア予想で優勝を予想されている強豪。
    実際、相手選手の能力を見てみると、優秀なストライカーを加えればそのままでプレミアで戦っていけそうなメンツが揃っている。
    ホーム開幕戦で無様な試合を見せることだけは何とか避けたいところ。


    Result

    WS000504.jpg

    WS000503.jpg

    ってドロー。
    試合は、立ち上がりから完全に相手ペース。こちらは攻撃の形すら作れずに一方的に攻め込まれる。
    しかし、相手もなかなか決定機を決めることができず、38分に中盤のキーマンであるD.Cowieを負傷退場で欠いてしまう。
    それ以降は、こちらも相手も大きな決定機を迎えることなく時間が過ぎていく展開。
    が、引き分けに持ち込めるかと期待し始めた74分、相手MLKim Bo-Kyungにこぼれ球を押し込まれるという悔しい形で失点をしてしまった。
    このままでは敗戦となってしまうため、ここまで不調の攻撃陣を一気に3枚交代するという賭けに出る。
    なんとこれが成功し、交代で入ったフリンが83分にヘンリーの右からのクロスに合わせて起死回生の同点ゴールを決めてくれた。
    敗色濃厚のところからなんとか追いついて、優勝候補相手に勝ち点1を手にすることができた。




    Wolves vs Sheff Utd npower Football League Champinship 第3節/2013.08.20(Tue)

    Starting Line-up

    WS000510.jpg

    Key Player

    WS000506.jpg

    WS000505.jpg

    WS000507.jpg

    前節の嬉しいドローからわずか中2日で迎えたリーグ第3節、相手はWolves。
    主力組のうち数名に疲れが見られたため、ローテーションをして臨んだ。
    相手選手を確認していると、その中にJunichi Inamotoの名が。なんと、あの稲本が今夏からプレミアの舞台に帰ってきていたようです。
    能力的にもまだまだやれるものを持っていて、敵に回すと面倒くさそうな選手です。
    監督と選手ということで、お互いの立場に違いはあるが、この日本人対決は是非とも勝利を収めたい。


    Result

    WS000512.jpg

    WS000511.jpg

    っぱりChampionshipは甘くなかった、ということを痛感させられた試合となった。
    ここまで1勝1分、しかも1分は優勝候補相手からもぎ取ったもので、ウチを降格候補とかいった奴出てこい!状態だったが、現実はやっぱりこんな感じでした。
    試合は、53分にマグワイアがCKからのこぼれ球を押し込んで先制に成功するが、実はこの時間まで我がクラブのシュート数はゼロだった。
    こんな状態で先制しても逃げ切れる訳もなく、その直後の60分にあっさり追いつかれたのを皮切りに、終わって見れば3失点の敗戦となってしまった。
    しかも、勝ち越し点となったPKの場面では、PKを与えてしまったプレイには全く関係のないドイルが審判に猛抗議をして退場するなど、後味の悪い試合となってしまった。
    まったく・・・何やってんの?という訳で、ドイルには1週間分の罰金を言い渡しときました(  ̄_ ̄)
    まぁ、今期は昨季と違ってディビジョンの中でも下位の立場なので、こんな試合も増えてくるんでしょうねぇ(-ω-;)




    Sheff Utd vs Burnley npower Football League Champinship 第4節/2013.08.24(Sat)

    Starting Line-up

    WS000518.jpg

    Key Player

    WS000515.jpg

    WS000514.jpg

    WS000513.jpg

    1勝1敗1分の五分で迎えた第4節は、ホームでBurnley戦。
    相手は、事前のメディア予想では16位ながら、ここまで2勝1分の3位と好調なスタートを切っている。
    なんといっても相手キーマンはSTC.Austin。能力的にも2部にいるのがもったいない程のものを持っている上に、ここまでカップ戦を含めた4試合で5得点と絶好調である。
    この選手に仕事をさせないことが勝利への絶対条件になりそうだ。


    Result

    WS000520.jpg

    WS000519.jpg


    想外の楽勝!
    相手キーマンに挙げたC.Austinには、こちらの守備の要ヒギンボザムをマンマークで付かせ、自由を与えないようにした。
    これが良かったのか、彼には74分に負傷退場するまでほとんど仕事をさせなかった。
    攻撃陣も、前半3分に直接FKでヘンリーが、前半12分にカウンターからマーフィーがそれぞれ得点を挙げたおかげで終始有利な試合運びができた。
    ラスト20分くらいからは、相手も追いつくために猛攻を仕掛けてきたが、77分にそれを逆手にとったカウンターから途中出場のフリンがダメ押し点を挙げ、試合を決定づけた。
    MOMはマグワイア。29分に相手にPKを与えてしまうミスを犯してしまうが、その場面以外の守備での奮闘が評価されたようだ。




    WS000598.jpg

    今回記録した5試合の結果です。
    なんと、カップ戦を含めた全試合で得点&失点をしています。
    開幕前に今年の方針は「点を取られなければ負けることはない」(キリッ とか言ってたのが恥ずかしいくらい真逆の展開となってます。
    今のところはなんとか得点できてますが、これが停滞したら連敗街道まっしぐらになりそうな気がします。
    早いところ守備を安定させなければ(-ω-;)


    WS000521.jpg

    第4節終了時の順位表です。
    まだ4試合しか消化してませんが、事前の予想に反して11位と、なんとか中位を確保できてます。
    少しでも長くこの位置に留まりたいものですねぇ(´▽`)


    さて、それでは今回はこれまで。
    次回も引き続きリーグ戦を中心に記録していく予定です。
    スポンサーサイト
    [ 2013/05/20 23:07 ] Sheff Utd(13/14) | TB(0) | CM(0)

    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://isoyaki1.blog.fc2.com/tb.php/17-a52eb383







    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。