スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    不満と冬移籍。

    さて、今回からシーズン後半戦に入っていきます。
    と、その前に“選手との約束”というものについて少し。

    まずは、私が現時点でトップチームの選手たちと交わしている約束をご覧ください↓
    WS009506.jpg
    なんか多くね?みたいなw
    ここに載っているだけでも、全部で11人の選手と約束をしてしまっています。トップチームには24人の選手が所属しているので、約半数が何かしらの不満を抱えているという事になります。
    で、その大半が「出場機会の確保」についてという事態。
    これだけ多くの選手が同時に出場機会を求めてきても、11人しか同時にピッチに送り出せない以上、どうしても切り捨てなければいけない選手も出てきますよね。残念だけど。
    まぁ、でもこれについて頭を使って上手く回していけば、やってやれないことはないといった感じだと思います。
    でもね、問題は一覧表の下から3人の件。

    (`・ω・´)「CLで優勝(若しくはそれに準じた成績)したいッス!」

    ・・・。
    えー。
    なんなん?それ。CLを優勝することが、どんなに難しいかは彼らが一番よくわかっているはずなんですけどねー。
    これはもうアレですね、無理難題をふっかけて移籍する気満々!って感じなんですかね?
    とりあえず、この一件によって「CL敗退=彼らの不満爆弾が爆発」というイベントが起こることが確定してしまったので、今は少しでもそのXデーを先延ばしできるように頑張っていこうかなと思っています。

    でも、何の対策も取らないままXデーを迎えるのもどうかと思うので、一応セーフティネット的なものを張ってみました。
    それはそう、「彼らの後釜の獲得」。コレです。
    ということで、その後釜ズを紹介しておきます↓


    Cédric (セドリック(・ソアレス)・D(R))
    ←AS Roma(ITA),移籍金2B(一括)
    WS009314.jpg
    ローマから強奪してきた右サイドバック。テイテイ不満爆発後の後釜予定。
    能力値の傾向は、テイテイと同じ「攻守バランス型」。
    攻守両面の基礎値事態はテイテイのそれを上回るが、当たりの強さと空中戦に不安を残すといった特徴がある。
    ということで、当面の間はムーアウィズダムの控えになってもらう予定。
    にしても、このレベルの選手に移籍金20億円は出しすぎだよなー絶対。リアルの方のセインツですら、24歳のこの選手を10億円弱の移籍金で獲得してたくらいだし。
    今シーズンは予算が唸るほど余っているからいいけど、普通だったら手を出しちゃ駄目な感じだよねきっと。


    Christian Atsu (クリスティアン・アツ・M/AM(L),AM(R))
    ←Inter(ITA),移籍金4B(一括)
    WS009339.jpg
    もう一人はこの選手。同じくシストの後釜予定。
    能力値的には、シスト同じかそれ以上。正直、このレベルの選手がこのタイミングで買えたことが信じられないくらい。
    でも、一つ問題がありまして・・・。
    それはそう、彼の「効き足」。
    シストが右足なのに対して、この選手は左足なんだよね。
    となると、ウチの戦術の大原則である「左ウイングは切り込んでシュートを、右ウイングはクロスマシーンに」というものにモロに反することになっちゃうんだよね。
    まぁ、この選手が入るときは左右のタスクを逆にするというのも一つの手なんだけど、そうすると今度はサイドバックとの絡みがおかしくなってくるんだよなー。
    うーむ、難しい・・・けど、今ここで悩んでいても仕方がないので、とりあえずは試合に使ってみてそれから考えよう!
    もしかしたら奇跡の化学反応がおこるかもしれないしw


    もう一人のCL絡みの不満っ子フレッジについては、彼と同レベルの選手がどうやっても見つからない&見つかっても来てくれないという事態になってしまったので、後釜獲得については諦めました。
    とりあえずはカザイシュヴィリがいるし、イザとなったらスクーガルサンチェスもトップ下でプレイできるし、なんとかなるでしょう!たぶん。


    ・・・と思っていた矢先。

    WS009321.jpg
    ・・・。

    ・・・・・・・。

    ( ̄◇ ̄)!!

    あああああああああーーーーーー

    やっちまった・・・最低移籍金のこと忘れてたよ・・・。
    イヤ、正確に言うと忘れてはなかったんだけど、彼は今「クラブに対して不満がある」状態なので、契約更新しようにも「交渉に応じてもらえない=最低移籍金条項の削除(or増額)ができない」という状況だったのですわ。
    つまり、ある程度の財力を持ったクラブに目を付けられた時点で彼はこのクラブを去る運命だったんだよね。残念だけど。
    でもなーこのクラスの選手が25億は安すぎるよなー。
    この反省を生かして、これからは出来るだけ最低移籍金を設定するのは止めることにしよう!相手側から要求されても、出来る限りその条項を消すように努力をしようそうしよう!・・・はぁ(-ω-;)



    ・・・という、突然の衝撃に襲われてピヨピヨしながら過ごした1月の結果はコチラ↓
    a1a.png
    WS009463.jpg
    Premier League:3勝1分1敗(勝点10) 10得点 5失点(得失点差+5)
    The FA Cup:5回戦進出!

    1月は対戦相手に恵まれたこともあって、バタバタしていた割には好成績を残すことができた。
    それもこれもボナッツォーリ君のおかげ。
    リーグ戦だけで月間8ゴールという素晴らしい成績を残してくれた。流石エースといった感じ。
    さらに、新加入ながら助走期間もなしにシストの代役押し付けられてしまったのアツも、格下とのカップ戦という注釈付きながら2ゴールを挙げる見事なデビューを飾ってくれた。
    元々の能力は文句のつけようのない物を持っているし、もう少し試合を重ねればきっと大丈夫でしょう・・・大丈夫なはず!絶対!大丈夫じゃないと困るし!



    1月末の順位表はこんな感じ↓
    WS009358.jpg

    暫定ながら首位に立ったのはマンチェスター・ユナイテッド。
    我がクラブは、それに続いての2位。
    その後は3位セインツを挟んでアーセナル、チェルシー、シティと並んでいる・・・が、彼らは1試合少ない状況なので、実際はほとんど差がない状況と言えそう。
    しかも、来月はリーグ戦でユナイテッド、チェルシー、リヴァプール、スパーズと連戦が待ち構えているという超ハードモードなので、上手く乗り切らないと頭の中で「蛍の光」が流れるような展開になってしまうかもしれない。


    それでは、今回はここまで。
    次回は、強豪ラッシュのリーグ戦とCLアトレティコ戦の結果を中心に記録していく予定です。
    スポンサーサイト
    [ 2016/02/26 23:21 ] Sheff Utd2(20/21) | TB(0) | CM(0)

    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://isoyaki1.blog.fc2.com/tb.php/170-c254b245







    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。