スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    まさかの・・・。

    そういえばすっかり忘れていましたが、今年のnpower Football League 1のプレイオフの結果が出たようです。
    この間、少し書いた時にはSheff UtdがYeovil Townに負けて今シーズンの昇格がなくなってしまったことと、決勝ではそのYeovil Townと本割で3位だったBrentfordが対戦する予定であることを書きましたが、つい先日その決勝が行われたようです。
    結果は2-1でYeovil Townが勝利を収め、来シーズンのChampionshipへの切符を手に入れたようです。
    Brentfordは本割で3位と、一番昇格に近かったのでとても悔しい思いをしていると思いますが、今シーズン0勝2敗と一度も勝ってないYeovil Townが勝ち上がってきてしまったのが運の尽きだったのかもしれませんねぇ( ̄ω ̄;)


    さて、それでは話を箱庭の方に戻しまして、今回はCarling Cup 2回戦のBrighton戦から記録していきます。




    Brighton & Hove Albion vs Sheff Utd Carling Cup 2nd Round/2013.08.27(Tue)

    Starting Line-up

    WS000524.jpg

    Key Player

    WS000526.jpg

    WS000527.jpg

    WS000525.jpg

    今週のミッドウィークはCarling Cup2回戦、相手は同じディビジョンに属しているBrighton。
    ここまでリーグ戦では3勝1敗で6位と、調子は良さそうに見える。
    カップ戦であるため、おそらくメンバーを入れ替えてくると思われるが、当然のことながら控え選手の能力も高い。
    なんとか守備で耐えていい勝負に持ち込みたい。


    Result

    WS000523.jpg

    WS000522.jpg

    全に読み違えをしてしまった。
    ミッドウィークのカップ戦ということで、当然サブのメンバーがくると思っていたが、蓋を開けてみたらほぼベストの布陣であった。
    これはマズイと思ったが、意外にも25分にドゥルリーの目の覚めるようなミドルが決まって先制に成功する。
    その後も割と良いペースで試合を進めることができ、前半終了間際にも先制点を挙げたドゥルリーの直接FKがクロスバーを直撃するなど、追加点の臭いを感じながら前半を終えることができた。
    後半に入っても勢いは衰えず、相手陣内に攻め込む場面がいくつか見られた。
    が、58分に開幕から安定した守備を見せてくれていたGKフリースがなんでもない相手クロスをファンブルしてしまい、そのこぼれ球を押し込まれる形で失点してしまう。
    このミスで、ここまでうまくいっていた守備が綻び始め、69分には今度はコトバニのミスから決勝点を献上してしまった。
    その後は、実力差の通りの試合展開となってしまい、結局追いつくことなく試合終了となってしまった。
    これで去年に続いてCarling Cupは2回戦で敗退となってしまった。理事会には3回戦進出を期待されていたので、ずいぶんと失望されてしまったようだ。




    Brighton & Hove Albion vs Sheff Utd npower Football League Champinship 第5節/2013.08.31(Sat)


    Starting Line-up
    WS000528.jpg

    Key Player

    WS000526.jpg

    WS000529.jpg

    WS000525.jpg

    リーグ第5節は、ミッドウィークのCarling Cupで敗戦を喫したBrightonとアウェイで対戦する。
    相手主力の多くが中3日での連戦となるため、コンディションが若干良くないようだ。
    対するこちらの主力は、カップ戦で無理をさせなかったためコンディションに不安はない。
    この利を生かしてカップ戦での借りを返したい。


    Result

    WS000531.jpg

    WS000530.jpg

    ップ戦での借りを返すことに成功した。
    試合は、立ち上がりからこちらが相手陣内に積極的に攻め込む展開。いい感じで試合に入ることができた。
    その流れを決定付けたのが、開始わずか10分に相手エースL.Ulloaが暴力行為によるレッドカードで退場したことだった。
    ここからは、一人少なくなった相手にこちらがほぼ完全にペースを握る展開になり、44分にロブソンのスルーパスからマーフィーが先制点を挙げることに成功した。
    後半に入ってからもさらに攻勢を仕掛け、53分にマグワイアが、75分にロブソンがそれぞれ追加点を挙げた。
    その後、主力組の一部をコンディション維持のため早めに交代した結果、試合終了間際に1点を返されてしまったものの、試合を通じてこちらが主導権を握っての完勝となった。
    これで5試合を消化して3勝1敗1分けの勝ち点10となり、順位は7位。事前のメディア予想に反して好調なスタートを切ることができた。


    WS000538.jpg

    ロブソンが週間ベスト11に選出されました。前の試合で1G1Aを挙げる活躍をしたのが認められたようです。おめでとう!


    WS000532.jpg

    マグワイアが8月のリーグの最優秀若手選手に選出されました。まだ20歳ながら我がクラブの予想外の快進撃を立派に支えてくれてます。おめでとう!




    Sheff Utd vs Watford npower Football League Champinship 第6節/2013.09.03(Tue)

    Starting Line-up

    WS000539.jpg

    Key Player

    WS000534.jpg

    WS000535.jpg

    WS000536.jpg

    事前の予想に反して好スタートを切った我がクラブのリーグ戦第6節は、ホームでWatfordを迎え討つ。
    相手はここまで4勝1敗の勝ち点12で4位と、メディアの予想通りに上位につけている。
    ここは胸を借りるつもりでぶつかっていきたい。
    相手システムは5-3-2。5バックの相手とは初めての対戦となるので、とりあえず手探りで試合に入っていくことになりそうだ。


    Result

    WS000541.jpg

    WS000540.jpg

    退屈なドローとなってしまった。
    スタッツが示す通り、両チームともシュート数が少なく、見所が少ない試合になってしまった。
    75分に相手が両サイドバックの位置をウイングバックの位置に上げてきたので、こちらも両サイドハーフをウイングに上げた4-1-2-2-1に変更して対抗したのだが、結局お互いにチャンスらしいチャンスを作れずに試合が終わってしまった。
    しかし、結果だけ見れば上位相手に勝ち点1を手に入れることができたので、決して悪くない結果と言えそうですねぇ(-ω-)




    Leicester City vs Sheff Utd npower Football League Champinship 第7節/2013.09.14(Sat)

    Starting Line-up

    WS000545.jpg

    Key Player

    WS000544.jpg

    WS000542.jpg

    WS000543.jpg

    リーグ3戦無敗で迎えた第7節は、アウェイでLeicesterと対戦する。
    相手はメディア予想が11位ながら、6節を終わって5勝1敗で首位。しかも、前の試合までで4連勝と非常に調子に乗っているようだ。
    相手の売りはなんといっても攻撃力。6試合消化時点で16得点と、1試合平均約2.5点というとんでもない数字を叩き出している。
    とりあえず、守備から入ってなんとか勝ち点を手に入れたいところ。
    相手キーマンはいずれも攻撃的な選手。彼らに仕事をさせないことが試合のカギとなりそう。


    Result

    WS000547.jpg

    WS000546.jpg

    位相手にまさかの敵地での勝利を挙げてしまった。
    試合開始早々に相手GKのミスから先制点を挙げられたのが大きかった。
    その後は戦前の予想通り相手のペースで進むが、最後の所でやられないように落ち着いて守ることができた。
    さらに、前半終了直前にヘンリーのクロスをマーフィーがダイレクトで合わせて、この日2点目となる追加点をもぎ取ることに成功した。
    後半も前半と同じく相手が主導権を握る展開となるが、得点は与えずに凌ぐことができた。
    相手キーマンに挙げた各選手は、試合終了間際に得点したSTWood以外はほとんど仕事をさせずに試合を終わらせることができた。
    これで、なんとリーグ戦は引き分けを挟んで3連勝!開幕前は降格候補と言われていましたが、今のところ非常にいい戦いを演じられてるような気がします。


    WS000551.jpg

    マーフィーが週間ベスト11に選出されました。前の試合でチームを勝利に導く2得点を挙げる活躍をしてくれました。おめでとう!




    Sheff Utd vs Peterborough Utd npower Football League Champinship 第8節/2013.09.17(Tue)

    Starting Line-up

    WS000559.jpg

    Key Player

    WS000548.jpg

    WS000549.jpg

    WS000550.jpg

    第8節はホームにPeterboroughを迎える。
    相手は、事前のメディア予想で14位とされながらここまで3位と、我がクラブと同じように予想外の成績を収めている。
    選手を見てみても、センターラインを中心にいい選手が揃っている。
    しかし、ホームである以上易々と負ける訳にはいかないので、なんとか勝ち点を奪えるように頑張りたい。


    Result

    WS000561.jpg

    WS000560.jpg

    グワイア様々の試合だった。
    シュートは17本放ったが、そのうちPA外からのミドルシュートが11本もあり、チャンスを作ったと呼べるものではなかった。
    しかし、セットプレイから効果的に得点を挙げ、なんとか勝利を収めることができた。
    1点目はフリンのCKからマグワイアがヘッドで決め、、2点目はヘンリーのFKからドイルがバーを叩くシュートを放ち、そのこぼれ球をマグワイアがうまく押し込む形で得点することができた。
    1点リードして前半を終えながら、後半開始1分に一度は追いつかれるという嫌な展開であったが、その後勝ち越し点を奪って勝利することができた。




    Derby County vs Sheff Utd npower Football League Champinship 第9節/2013.09.21(Sat)

    Starting Line-up

    WS000566.jpg

    Key Player

    WS000564.jpg

    WS000565.jpg

    WS000563.jpg

    リーグ4戦連続無敗で迎えた第9節。今節はアウェイで14位Derby Countyを対戦する。
    相手は中盤より後ろにいい選手が多くいる模様。
    ここ最近の好調を維持すべく、なんとか攻撃陣に奮闘してもらって勝ち点3を持ち帰りたいところ。


    Result

    WS000568.jpg

    WS000567.jpg

    エースマーフィーが持ち前のスピードを生かした大活躍の試合となった。
    まず開始10分に右サイドを相手ディフェンダーを引きつけながらドリブルで突破すると、PA中央でフリーになっていたロブソンに的確なクロスを供給し得点を演出した。
    さらに同点に追いつかれた直後の39分には、センターサークル付近で相手からボールを奪うと、そのままピッチ中央を疾走し、最後は約20mの地を這うミドルを突き刺して決勝点を挙げた。
    これでこのシーズンのマーフィーはリーグ9試合で7得点と、2部でも十分通用することを証明してくれている。やっぱ頼りになるエースがいると監督としては非常に助かりますねぇ(´▽`)





    WS000599.jpg

    今回記録した6試合の結果です。
    Carling Cupは残念ながら2回戦で敗退となってしまいましたが、リーグ戦では5試合で4勝1分と、連続無敗記録を更新しています。
    開幕前は苦戦が予想されていましたが、ここまではいい意味で予想を大きく裏切る結果となっています。


    WS000569.jpg

    第9節終了時点での順位表です。
    なんと、第9節で勝利したことによって首位に立ってしまいました。
    リーグ優勝を期待されていた昨年と違って、今年は残留をノルマとされたシーズンなので、この位置にいるのは予想外と言うか、なんとなく落ち着かない感じですね( ̄∇ ̄*)ゞ



    それでは、今回はここまで。

    スポンサーサイト
    [ 2013/05/23 21:15 ] Sheff Utd(13/14) | TB(0) | CM(0)

    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://isoyaki1.blog.fc2.com/tb.php/18-6fae342b







    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。