スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    無敗街道。

    前回の更新から少し間が空いてしまいましたが、引き続き記録していきます。

    今回は、リーグ第10節Middlesbrough戦からの記録となります。
    開幕前は降格争いを演じることが予想されていた我がクラブですが、9節を終わった時点でまさかの首位に立っています。
    なんというか、あまりに予想外過ぎてイマイチ落ち着かない気がしますが、とりあえず行けるところまで行ってみよう!という感じで進めていきたいと思います。




    Middlesbrough vs Sheff Utd npower Football League Champinship 第10節/2013.09.28(Sat)

    Starting Line-up

    WS000592.jpg

    Key Player

    WS000591.jpg

    WS000590.jpg

    WS000589.jpg

    リーグ節目の第10節はアウェイでMiddlesbroughと対戦する。
    直近5試合で4勝1分けと絶好調を維持している。そしてなんと前節の勝利によって、ついに首位にまで登り詰めてしまった。
    降格争いを覚悟して臨んだシーズンでまさかの昇格争いを演じている。
    とりあえず、この好調に浮かれることなくいつも通りの戦いをすべく、いつも通りのシステム&メンバーで臨むこととする。


    Result

    WS000594.jpg

    WS000593.jpg

    得のドローとなった。
    試合は、17分に相手エースS.McDonaldヒギンボザムがゴール前で競り負け先制点を許す苦しい展開。
    その後も相手にボールを支配される時間が長く、なかなか主導権を奪い返すことができない。
    さらに、この日はエースマーフィーの出来が悪く、前半終了時の評価点が5.7と今まで見たことのないような点を叩き出してしまう。
    仕方なく後半からはエースを下げ、代わりに今季新加入のマッデンを投入する。また、左サイドハーフのキャリーの出来も良くなかったため、コトバニをDMに入れて中盤のメンバー構成を少し変えた。
    結果的にはこの交代が大成功となる。
    敗戦濃厚となりつつあった80分。センターサークル付近でボールを奪ったコトバニが裏へ抜け出したマッデンに絶妙なロングパスを出す。
    これをPAのすぐ外側でこれまた絶妙なトラップで受けたマッデンが、焦って飛び出してきたキーパーを嘲笑うかのように放ったロブショットは、綺麗にゴールマウスに吸い込まれていった。
    このゴールで追いつくことに成功したチームは、その後2TOPに変更して猛攻を仕掛けてきた相手の攻撃をなんとか凌ぎ、アウェイで貴重な勝ち点1を手にすることができた。
    これでリーグ戦では7戦無敗。2位以下も勝ち点を伸ばすことができなかったため、なんと今節終了時点でも首位の座をキープすることに成功してしまった。


    WS000595.jpg

    この試合でエンガルラが軽傷を負ってしまいました。
    大事を取って交代したのですが、試合後に上がってきたレポートを見てビックリ( ̄◇ ̄)
    なんと、尻の怪我で4~5ヶ月の重傷だそうです。
    尻の怪我って何?そして4~5ヶ月の離脱って何?( ̄ω ̄;)
    中盤における守備でこれ以上ない貢献をしてくれていた選手の長期離脱に、正直やや混乱気味です。。。
    昨シーズン終盤にも、彼が離脱してしまったことによって守備が不安定になってしまった苦い記憶もあるので、とりあえずこの危機をどう乗り越えるか一晩考えてみたいと思います。


    WS000600.jpg

    マグワイアが週間ベスト11に選出されました。前の試合でもMOMに選出される大活躍でしたからね!おめでとう!


    WS000601.jpg

    なんと、マグワイアが先月に続いて2カ月連続で月間最優秀若手選手に選出されました。おめでとう!
    9月の5試合で2回もMOMに選出されたのが大きかったのでしょうか。
    これほど頼りがいのある若手がいると、監督としては頼もしい限りです。





    Sheff Utd vs Sheff Wednesday npower Football League Champinship 第11節/2013.10.01(Tue)

    Starting Line-up

    WS000603.jpg

    Key Player

    WS000604.jpg

    WS000605.jpg

    WS000597.jpg

    前節から中2日で迎える第11節は、ホームにSheff Wednesdayを迎える。
    相手は、我がクラブと同じSheffieldをホームタウンにする所謂ライバルクラブである。
    昨シーズンはディビジョンが違っていたため対戦することはなかったので、我がクラブにとって初のダービーマッチとなる。
    試合前から相手監督が挑発してきたり、チケットは売切れ必至というニュースが入ってきたりと、いつもの試合と違って周りが賑やかい。
    これは絶対に負けられない戦いとなりそうだ( ̄‥ ̄)=3


    WS000610.jpg

    相手監督のClarkが挑発してきました。
    ライバルとの戦いはサッカーの試合以上の戦いになる!とかなんか物騒なこと言ってます。
    お願いなので暴動とかは起こさないでくださいね(-ω-;)


    WS000609.jpg

    チケットは売切れ必至だそうです。
    さすがダービーマッチ。ファンの注目度も他の試合よりも高いようですね。


    Result

    WS000607.jpg

    WS000606.jpg

    のダービーマッチはなんとか勝利を収めることができた。
    試合は、開始早々からこちらが主導権を握る展開。
    そして13分に相手のミスが起点のカウンターからエースマーフィーが先制点を挙げた。
    こういった試合で活躍してくれるとは、流石エースといったところですね(´▽`)
    その後も試合を支配するが、なかなか追加点を奪うことができない。が、相手にもほとんどチャンスを作らせない展開となった。
    後半以降はやや退屈な試合展開となってしまったが、大事な試合でとりあえず勝利を挙げることができた。


    WS000611.jpg

    ファンもこの勝利にはとても喜んでくれたようです。
    試合終了時の歓声がいつもよりも格段大きかったのも頷けます。




    Crystal Palace vs Sheff Utd npower Football League Champinship 第12節/2013.10.05(Sat)

    Starting Line-up

    WS000617.jpg

    Key Player

    WS000614.jpg

    WS000615.jpg

    WS000616.jpg

    リーグ第12節は、アウェイでCrystal Palaceと対戦する。
    相手のメディア予想順位は20位と、我がクラブと同じように降格争いをすることを予想されながら、ここまで10位と健闘を見せている。
    ここまでの戦績を見てみると、得点はあまり多くないものの失点数がリーグで3番目に少なく、堅守で勝点を稼いでいるようだ。
    やはり、キーマンにも挙げたGKJ.Speroniが中心となっていい守備をみせているのだろうか。
    我がクラブも決して強力な攻撃陣を持っているわけではないが、なんとか得点をして勝利を手に入れたいですね( ̄‥ ̄)


    Result

    WS000619.jpg

    WS000618.jpg

    合前の予想通りの展開となった。
    お互いに相手守備陣をなかなか崩すことができず、シュートのほとんどがPA外からのものとなった。
    開始10分にこちらが、80分に相手がそれぞれキーパーとの1vs1という決定機を迎えたが、お互い決めることができなかった。
    それ以外は、正に退屈な試合といった感じで試合が終わってしまった。
    それでも中位相手にアウェイで勝点1を手に入れることができたので、良しとしたいと思います(´▽`)
    この試合の後、代表ウィークのため2週間のミニ中断期間に入ります。
    我がクラブにはA代表選手はいないので、とりあえず来週末に親善試合でも組んでみようかなー( ̄∇ ̄*)


    WS000613.jpg

    親クラブのNescastle Utdから、提携2年目になって初めて期限付移籍の提案がありました。
    貸してくれると言っている選手はN.Ranger。ポジションは基本的にST。
    能力を見てみると・・・うーーーん(-ω-;)
    そういえばこの選手、前にNewcastleでプレイしていた時に真っ先に放出したのを思い出しましたわ(笑)
    とりあえず、せっかくタダで貸してくれると言っているので使う予定は無いけど借りときます(´▽`)
    一応、下に能力値を。

    Nile Ranger (ニール・レンジャー・ST)
    WS000612.jpg



    WS000620.jpg

    マーフィーがスコットランド代表に初選出&初出場しました。
    我がクラブ初の中堅以上の国のA代表選手です。
    彼がこの地位をキープできるように、クラブも最大限バックアップしていきましょう!
    でも、代表戦で怪我して帰ってくるのは勘弁してね・・・( ̄∇ ̄*)ゞ




    Sheff Utd vs Huddersfield Town npower Football League Champinship 第13節/2013.10.19(Sat)

    Starting Line-up

    WS000625.jpg

    Key Player

    WS000621.jpg

    WS000626.jpg

    WS000627.jpg

    代表ウィークによる中断期間明けの第13節は、ホームにHuddersfieldを迎える。
    相手は現在20位と、降格争いに巻き込まれている。
    選手層を見てみても、どのポジションにおいても確かに他のクラブに比べて迫力がないような感じを受ける。
    ホームでの試合でもあるので、ここは絶対に勝ち点3を手に入れたい。


    Result

    WS000629.jpg

    WS000628.jpg

    運な勝利を手にすることができた。
    試合は、開始直後から予想に反して積極的に攻め込んできた相手に防戦一方となってしまった。
    しかし33分、相手MCK.Southernがこの試合2枚目のイエローカードを受けて退場となり、こちらが一人多い展開となる。
    そして直後の44分、ゴール前の混戦からのこぼれ球をザネッティが押し込み先制に成功する。
    後半もこちらが押し込む展開となるが、追加点を奪うことができないまま試合終了となった。
    前半に相手が退場者を出したこと考えれば、もう少し点差をつけたかった所であるが、とりあえず最低限の勝ち点3を手に入れることができた。


    WS000636.jpg

    マグワイアが週間ベスト11に選出されました。開幕から絶好調を維持しているようです。おめでとう!


    WS000630.jpg

    この試合の勝利でリーグでの連続無敗記録がなんと10試合になったようです。
    しかし、評論家の皆様は「下位でリーグ戦を終えるだろう」とか予想しています。
    ここはぎゃふんと言わせてやるためにも、中位で終えることができるように頑張りましょう!
    ・・・優勝?・・・昇格?
    それを期待するのはさすがに酷でしょう( ̄ω ̄;)


    WS000624.jpg

    この試合の前にキットソンの移籍が決定しました。移籍先はスコットランド2部のLivingstonです。
    昨シーズン前半はエースとして活躍していましたが、例の乱の後は精彩を欠いていました。
    そして、今シーズンはマッデンの加入&チーム戦術が1TOP固定になったこともあって、開幕から出場機会が全く無い状況が続いていました。
    さらに、先日のレンジャーの加入によってスタメン陣が万が一怪我をしても駒は足りるという事態になってしまったため、敢え無く放出と言うことになりました。
    ま、なんというかいろいろ御苦労さん!新天地でも頑張ってね~(´▽`)/~




    Bolton Wanderers vs Sheff Utd npower Football League Champinship 第14節/2013.10.22(Tue)

    Starting Line-up

    WS000635.jpg

    Key Player

    WS000634.jpg

    WS000632.jpg

    WS000633.jpg

    前節から中2日で迎えたリーグ第14節は、アウェイでBoltonと対戦する。
    相手は現在6位とプレイオフ圏内に付けており、チーム力も我がクラブよりも上の模様。しかし直近2試合ではともに敗戦しており、やや勢いを失っているようだ。
    対するこちらは10試合連続無敗中と、勢いに乗っている。
    この差を生かしてなんとか勝点を1つでも持ち帰りたいところ。


    Result

    WS000639.jpg

    WS000638.jpg

    的な勝利となった。
    戦前の予想通り、試合開始から相手のペースで試合が進んでいく。
    しかし我がクラブのディフェンス陣も、いくつか決定機を作られながらも最後の所で踏ん張り、前半を無失点で終えることができた。
    後半に入っても、相手ペースで試合が進んでいくと思いきや、49分に相手の攻撃的キーマンに挙げたL.Chung-Youngが負傷退場してしまう。
    攻撃の柱を失った相手は勢いを失い、徐々にこちらのペースになっていく。
    この後は基本的にこちらが優勢の展開となり、いくつか惜しいチャンスを作りながら試合を進めていった。
    そして後半ロスタイム、ついに試合が大きく動いた。
    相手のミスから得たコーナーキックをフリンが蹴り、これをゴール正面でなぜかドフリーになっていたマグワイアがヘディングで叩き込んで決勝点を挙げることに成功した。
    これで前節に続いて2試合連続の1-0での勝利!
    前節は相手選手の警告退場が、今節ではキーマンの負傷退場がきっかけとなった勝利であったが、とりあえずこれで連続無敗記録を11に伸ばすことができた。


    WS000637.jpg

    ザネッティがろっ骨を怪我してしまったようです。
    幸い離脱期間は6~8日と長期間ではありませんが、エンガルラがいなくなった穴を埋めてくれていただけに非常に痛い離脱となってしまいました。




    WS000641.jpg

    今回記録した5試合+中断期間の親善試合1試合の結果です。
    なんというか、これ以上ない結果ではないでしょうか?
    特に、ディフェンス陣が親善試合を含めて5試合連続で無失点を続けています。
    攻撃陣も少ないながらも各試合ともに着実に得点をしてくれているので、うまく攻守がかみ合って勝点を重ねているという感じですね。


    WS000640.jpg

    リーグ第14節終了時点での順位表です。
    対戦相手のカップ戦のために1試合延期になってしまった関係で、他のチームより消化試合が少ない状況ですが、ここまで2位をキープしています。
    まだ全日程の1/3も終わっていない状況ですが、ここまでは開幕前に全く予想していない結果を出せているのではないでしょうか(´▽`)



    それでは、今回はここまで。
    次回も引き続きリーグ戦の結果を中心に記録していく予定です。

    スポンサーサイト
    [ 2013/05/30 23:10 ] Sheff Utd(13/14) | TB(0) | CM(0)

    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://isoyaki1.blog.fc2.com/tb.php/19-6d15bd51







    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。