スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    首位快走。

    WS000768.jpg

    C.ロナウドが今年のバロンドールを獲得しました。
    これまで、お腹いっぱいになるくらいメッシが獲得するのを見てきたので、自分には全く関係ないのですが少し嬉しく思ってしまいました(´▽`)

    いつか自分のクラブの選手が獲得する所を見てみたいものですね。

    それでは、引き続き記録をしていきます。
    前回はリーグ第29節まで記録をしましたが、今回は第30節・・・の前にFA杯3回戦が組まれていたので、そこからの記録となります。




    Sheff Utd vs AFC Bournemouth The FA Cup with Budweiser 3回戦/2014.01.04(Sat)

    Starting Line-up

    WS000770.jpg

    Key Player

    WS000767.jpg

    WS000766.jpg

    WS000765.jpg

    新年明けて2試合目は、FA杯3回戦。ホームに3部所属のBournemouthを迎える。
    Bournemouthとは、昨年は同じディビジョンであったため、2度対戦経験がある。結果は、ホーム&アウェーともに1-1の2分けだった。
    相手の布陣を見てみると、メンバー&システムともに若干変わっているものの、中心選手はそこまで大きく変わっていないようだ。
    対するこちらは昨年からメンバーを入れ替えて大きく戦力を増強をしている(と思う)。
    ここは、決着をつけるという意味でも絶対に勝ちを手にしたい。
    また、この試合は4-4-2のシステムを採用した。攻撃的に出て、力の差を見せつけたいところだが結果はどうなるだろうか( ̄‥ ̄)


    Result

    WS000772.jpg

    WS000771.jpg

    辛勝・・・。
    今回は攻撃的に試合を進めようとDMを配置しない4-4-2で試合に入ったが、これが結果的に失敗となってしまった。
    と、いうのも相手がワントップの下にトップ下を配置したシステムであったため、DMがいないせいでそのトップ下に自由にプレイさせる結果になってしまったからだ。
    それでも、2TOPの攻撃力を生かそうと頑張ってみたのだが、予想通り相手のトップ下にやりたい放題やられて押され気味に試合が進んでしまう。
    これはマズイと、後半から慣れ親しんだ4-1-4-1に戻して主導権を奪い返すことを試みる。
    なんとかこれが成功し、一時は4割近くまで下がった支配率を5分5分まで戻すことができた。
    そして81分、ゴール前の混戦の中でマッデンが相手DFに倒されてPKを獲得!これをロブソンがきっちり沈めて先制に成功した。
    残りの時間は、守備を意識しながら試合を運び、なんとか勝利を手にすることができた。




    WS000774.jpg

    我がクラブのプロリハビラーのマクドナルドがまた怪我をしたそうです。
    今回はリザーブの試合中に脚を怪我したそうです。
    あまりに故障が多いので、彼の故障歴を晒しときます。

    WS000776.jpg

    スゴくね?もうね、怪我してない時間の方が短いくらい。
    怪我の個所も、股ハムストリング脚モモ膝膝手首むちうち脚膝脚とか、もう普通に生活するのも困難じゃね?っていう位いろんな所が壊れてますw
    彼には次世代の中盤の要となることを期待していたのですが、もう我慢の限界です。
    とりあえず今の怪我が治り次第、移籍リストに載せてみたいと思います( ̄ε ̄;




    Watford vs Sheff Utd npower Football League Champinship 第30節/2014.01.07(Tue)

    Starting Line-up

    WS000777.jpg

    Key Player

    WS000773.jpg

    WS000534.jpg

    WS000536.jpg

    リーグ第30節は、アウェイで8位Watford対戦する。
    先週末のFA杯3回戦は、控え組を多く起用したためスタメン陣のコンディションも少しだが回復している。
    Watfordとは、前回対戦ではホームで0-0と退屈な引き分けとなってしまっている。
    選手層を見てもやっぱりいい選手が揃っているな~という印象。
    とりあえず、先制点だけは取られないように守備的に試合に入っていくこととした。

    Result

    WS000779.jpg

    WS000778.jpg

    先制点だけは、と書いたのに・・・。
    試合は、開始からこちらが支配する展開。10分までにマーフィーが惜しいシュートを2本ほど放ち得点の臭いがしていた。
    が、12分にカウンターから相手STT.Deeneyに先制点を挙げられてしまう。
    先制点だけは取られないようにと思っていたが、この時点でプランが狂ってしまった。
    その後も、60%以上ボールを支配して攻め続けるもなかなか同点に追いつくことができない。
    なんでかな~と思って試合を良く見てみると・・・DCMC(ロブソン)MC(ボッデ)DCとか、DCMRMC(ボッデ)DCとか。
    まぁ、何が言いたいかというと、ボッデバックパス多すぎ!
    せっかく前目の選手が走りこんでたり、フリーでいたりしてるのに、彼は後ろにパスすることに生きがいを感じてしまっているようです。
    以前から薄々感じてはいたのですが、守りでは体の強さを生かしていい働きをしてくれるボッデですが、どうやら攻撃のセンスは全く無いようです。
    追いつかなければならない状況でこれはなかなか辛いので、ボッデには下がってもらって代わりに攻撃的なセンスを備えているザネッティを投入しました。
    これが功を奏したのか、迎えた60分、代わって入ったザネッティからのクロスをマーフィーが角度のないところからうまく決めて同点に追いつくことに成功した。
    この後もボールを支配して攻め続けたのだが、勝ち越し点は奪えず引き分けで試合終了となった。



    Peterborough Utd vs Sheff Utd npower Football League Champinship 第31節/2014.01.11(Sat)

    Starting Line-up

    WS000780.jpg

    Key Player

    WS000548.jpg

    WS000549.jpg

    WS000550.jpg

    リーグ第31節は、アウェイでPeterboroughと対戦する。
    前回対戦では、ホームで2-1で勝利を収めている。
    布陣を見てみると、一部ポジションで前回とは違う選手がスタメンを務めているようだ。
    中でも、エースのL.Tomlinが怪我明けでコンディションが悪いため、ベンチスタートとなってしまっているのが一番大きな違いか。
    対するこちらも、ミッドウィークから中3日での試合となるため、一部選手を入れ替えての戦いとなる。
    代わって入った選手の奮起に期待したい。


    Result

    WS000782.jpg

    WS000781.jpg

    なんとか引き分けた試合となってしまった。
    支配率はなんと3:7!打たれたシュートは倍以上!
    これでよく引き分けに持ち込めたなぁと思います。
    試合中も、選手交代や細かい戦術変更などで対抗することを試みたのですが、結局最後まで流れを変えることができなかった。
    これで2試合連続でドロー。しかも、試合内容も良くない試合が2つ続いてしまっている。
    なんとか流れを変えなければ・・・( ̄ε ̄;




    WS000783.jpg

    ノルウェーのMolde FKからルーマニア人のマテユを獲得しました。
    ポジションはMC。攻守にバランスのとれた能力を持っているので、チームに大きく貢献してくれると期待しています。
    もしこの選手がチームにうまくフィットしてくれた場合には、エンガルラが担っていた役割をやってもらおうかなと思ってます。
    エンガルラは現在リハビリ中ですが、4~5ヶ月の重傷を負ってしまっただけあって怪我の直後からガンガン能力が下がっているので、まともに復帰できるか怪しい気がしてきたので・・・。
    もしかしたら、彼(エンガルラ)とは今シーズンでお別れになってしまうかもしれません(  ̄_ ̄)
    ま、それは置いといて、下にマテユの能力値を載せておきます。

    Alexandru Mateiu (アレクサンドゥル・マテユ・MC)

    WS000784.jpg




    Sheff Utd vs Derby County npower Football League Champinship 第32節/2014.01.18(Sat)

    Starting Line-up

    WS000785.jpg

    Key Player

    WS000564.jpg

    WS000565.jpg

    WS000563.jpg

    リーグ第32節は、ホームに21位Derbyを迎える。
    直近2試合はアウェイの試合であることを差し引いても内容の悪い引き分けと、調子を落としているような気がする。
    久しぶりにホームに帰ってきての試合となるため、もう一度いい試合を見せて調子を取り戻したいところ。


    Result

    WS000787.jpg

    WS000786.jpg

    地味な勝利となった。
    試合は開始直後からこちらが押し込む展開となり、36分にサイドに流れたマーフィーのクロスをドゥルリーが押し込んで先制に成功する。
    が、その後に作りだしたいくつかの決定的なチャンスは、相手キーパーやクロスバーなどに阻まれて追加点を挙げることができないまま時間が過ぎてしまう。
    相手の方も、下位に沈んでいるクラブにふさわしく(?)こちらを焦らせるようなシーンを作り出せなかった。
    結局試合はこのまま1-0で終わってしまった。
    できれば早々に点差を開いて、新加入のマテユをデビューさせてあげたかったのだが、さすがにそこまで甘くはなかった。
    それでも3試合ぶりに勝利を挙げることができ、2位との勝ち点差も6に開くことができた。




    Sheff Utd vs Sheff Wednesday The FA Cup with Budweiser 4回戦/2014.01.25(Sat)

    Starting Line-up

    WS000785.jpg

    Key Player

    WS000788.jpg

    WS000789.jpg

    WS000790.jpg

    今週末の試合はFA杯4回戦。相手は我がクラブの最大のライバルであるSheff Wed。
    前回の対戦は昨年10月に行われたリーグ戦の第11節。その時はホームで1-0の勝利を収めている。
    今回はカップ戦での戦いとなるが、ライバル相手の試合では大会の格は関係ない。
    幸い、今週も来週もミッドウィークに試合は組まれておらず、チームの疲労を気にしなくてすむ。
    とりあえず、現在組むことのできる最高のオーダーで全力で勝ちにいく。


    Result

    WS000793.jpg

    WS000792.jpg

    劇的な勝利となった。
    試合は開始から相手にペースを握られる苦しい展開。しかし、センターバックの2人を中心になんとかチャンスの芽を摘みながら凌いでいく。
    そして迎えた31分、ドゥルリーがゴール正面約20mのFKを見事に叩き込んで先制に成功する。
    完全に相手の時間帯であったが、ワンチャンスを決めてくれた。
    このままゼロに抑えて勝利しようと目論んだが、そこはさすがのダービーマッチ。そんなには甘くなかった。
    試合も残り20分強となった66分、相手CKの混戦からM.Taylorに同点ゴールを決められてしまった。
    このままでは、引き分け再試合というスケジュール的に最悪の結果となってしまうため、システムを4-4-2に変更して攻勢に出た。
    そして攻めに攻め続けて迎えた終了間際の88分、右サイドで得たFKをドゥルリーがゴール前に放り込み、それをマグワイアが見事に頭で押し込み決勝点を挙げてくれた。
    再試合を免れ、かつライバルに勝利するという、最高の結果を手にすることができた。





    WS000795.jpg

    今回記録した5試合の結果です。
    カップ戦が2試合&リーグ戦が3試合となってます。
    楽な試合は1試合もなかったのですが、なんとか無敗で乗り切ることができています。
    ディフェンスは相変わらず安定しているのですが、あまり得点出来ていないのが気になりますねー( ̄ε ̄;


    WS000794.jpg

    第32節終了時点の順位表です。
    今回記録したリーグ3試合は1勝2分けとビミョーな感じでしたが、2位以下も取りこぼしをしているらしく、あまり差は縮まっていないようです。
    残りはとあと16試合。まだまだ先は長いですが、なんとか2位以上をキープできるように頑張っていきましょう!


    それでは、今回はここまで。

    スポンサーサイト
    [ 2013/07/03 23:34 ] Sheff Utd(13/14) | TB(0) | CM(0)

    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://isoyaki1.blog.fc2.com/tb.php/23-82dfb429







    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。