スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    ラストスパート?

    今回は、予告通りシーズン終了まで一気に記録していきます。

    そういえば、前回の最後に記録したFA杯のStoke City戦で負傷してしまったヒギンボザムの怪我の状態を書くのをすっかり忘れてしました。

    WS000880.jpg

    肋骨を痛めて6~8日の離脱となってしまいました。
    過密日程中もほとんど休みなく酷使したのがマズかったんですかね( ̄ω ̄;)
    少しの間ですが、守備の要を欠いた戦いとなってしまいそうです。


    さて、それでは続きを記録していきます。
    今回はリーグだ第41節、Hull City戦からの記録となります。




    Sheff Utd vs Hull City npower Football League Champinship 第41節/2014.04.05(Sat)

    Starting Line-up

    WS000877.jpg

    Key Player

    WS000682.jpg

    WS000678.jpg

    WS000679.jpg

    リーグ第41節は、ホームにHull Cityを迎える。
    ここまで守備の要として大活躍のヒギンボザムが怪我のため離脱してしまっている。
    代役として、今年から加入のコトバニを起用することとしたが、どんな働きを見せてくれるでしょうか?


    Result

    WS000879.jpg

    WS000878.jpg

    ームであることを考えると、恥ずかしすぎるドローとなった。
    ボール支配率、シュート数共に相手の圧勝。もし判定というものがあったならば今日は完敗といった感じでしょう(  ̄_ ̄)
    なんとか無失点で凌げたものの、守備は決して安定していたとは言えないものだった。
    特に、ヒギンボザムの代役として出場したコトバニの出来がひどく、後半開始早々にピッチから退いてもらうことになってしまった。
    攻撃陣はいつもとあまり変わらないメンツだったのだが、なぜか全く機能せず、結局枠内シュートゼロという情けない結果となってしまった。




    Leeds Utd vs Sheff Utd npower Football League Champinship 第42節/2014.04.12(Sat)

    Starting Line-up

    WS000881.jpg

    Key Player

    WS000660.jpg

    WS000882.jpg

    WS000662.jpg

    前節から丸々1週間空いてのリーグ第42節は、アウェイでLeeds Utdと対戦する。
    前回対戦は3-1で余裕の勝利を収めている。今回も良い結果を手にできるように頑張りたい。
    ちなみに、先日怪我をしてしまったヒギンボザムがこの試合から復帰する。
    本当はもう少しコンディションが整ってから・・・と思っていたのだが、前節に代役として起用したコトバニの出来があまりにも悪すぎたため、まだ本調子ではないがやむなく復帰させる羽目になってしまった。


    Result

    WS000886.jpg

    WS000885.jpg

    ロー沼。
    リーグ戦3戦連続のドローとなってしまった。
    しかも、今節は前節と違って勝てそうな試合を勝ち切れなかった、といった感じになってしまった。
    試合は開始からほぼ互角に進んでいくが、作ったチャンスの数・質はこちらがやや上回るといった感じ。
    そして55分にザネッティの高い位置からのプレス→素早い縦パス→フリンPA内でフリーでシュート→ゴール!!といういい形で先制点を挙げることに成功する。
    その後も、完全に試合を支配出来ないものの、あまり危ないシーンを迎えることなく時間を潰していく。
    しかし迎えた81分。相手に中盤の高い位置でボールを回されると、ディフェンダーが次々と釣り出されて行ってマークが滅茶苦茶になってしまう。
    そして、その隙を突くように相手DLS.WarnockにPA内に走り込まれ、そこへR.Austinからいい縦パスが入る。
    突然PA内に侵入してきたサイドバックを誰も捕まえることができず、そのままドフリーでシュートを打たれてしまい、残りあと10分の所で同点に追いつかれてしまった。
    来週からまた毎週ミッドウィークに試合が組まれる過密日程になるだけに、前節から中1週間という余裕の日程だった今節は確実に勝点3を積んでおきたいところだったが、その目論見は脆くも崩れてしまった。




    Tranmere Rovers vs Sheff Utd npower Football League Champinship 第43節/2014.04.15(Tue)

    Starting Line-up

    WS000889.jpg

    Key Player

    WS000693.jpg

    WS000891.jpg

    WS000692.jpg

    リーグ第43節は、アウェイで12位Tranmere Roversと対戦する。
    この試合を含めて残り4試合で2位との勝点差は10。この試合に勝利をすれば他の試合は関係なく優勝&自動昇格が決定する。
    前回対戦ではホームでスコアレスドローとなった相手ではあるが、なんとか勝利を手に入れたい。


    Result

    WS000897.jpg

    WS000896.jpg

    優勝決定!!
    試合の結果自体は、ここ最近の流れを脱することができずにドローとなってしまったが、2位Burnlyが敗れたため優勝が決定した。
    シーズン開幕前は降格候補と言われていたが、予想を大きく裏切る結果となった。やったね(´▽`)


    WS000893.jpg

    優勝決定にサポーターも喜んでくれているようです。
    それにしても「奇跡の担い手」とは少し言い過ぎな気がしますねぇ( ̄∇ ̄*)ゞ


    WS000894.jpg

    理事会も予想外の出来事に大喜びしてくれていいるようです。
    創立125年目の歴史的な年に・・・って一応キリがいいの・・・か?(; ̄ー ̄)




    Sheff Utd vs Ipswich Town npower Football League Champinship 第44節/2014.04.17(Thu)

    Starting Line-up

    WS000901.jpg

    Key Player

    WS000703.jpg

    WS000898.jpg

    WS000705.jpg

    優勝&昇格を決定して迎えたリーグ第44節は、ホームに15位Ipswichを迎える。
    前回対戦では先制しながら悔しい逆転負けを喫してしまっている。
    今回はホームのサポーターに優勝報告をすることを兼ねて、いい結果を届けたいところ。
    ちなみに、前節から中1日での試合となるため、メンバーを一部入れ替えての戦いとなる。


    Result

    WS000903.jpg

    WS000902.jpg

    勝!
    ボール試合率、シュート数ともに相手を圧倒しての勝利となった。
    試合は開始15分にマーフィーが4試合ぶりの得点を挙げて先制すると、その後も試合を支配する。
    そして、後半ロスタイムにはカウンターからドゥルリーがトドメの2点目を挙げて勝利を決定付けた。
    なんか久しぶりに勝った気がするなーと思って調べてみたら、リーグ戦では実に5試合ぶりの勝利でした(´▽`)
    ちなみに中4試合はすべてドロー。ドロー沼半端ねぇっす( ̄ε ̄;




    Wigan Athletic vs Sheff Utd The FA Cup with Budweiser 準決勝/2014.04.19(Sat)

    Starting Line-up

    WS000906.jpg

    Key Player

    WS000904.jpg

    WS000905.jpg

    WS000907.jpg

    前の試合からまたまた中1日で迎えたFA杯の準決勝は、アウェイでWiganと対戦する。
    今回もプレミア所属の格上との対戦となるため、守備的4-2-3-1のシステムを採用した。
    に、しても今週は火曜日(リーグ43節)→木曜日(リーグ44節)→土曜日(FA杯)と、すべて中1日の超鬼日程を組まれてしまっている。
    おかげでこの試合のスタメンは今まで見たことのないような組み合わせになってしまった。
    コンディションを大きく崩さないようにローテーションを組みながらここまで戦ってきたが、さすがにこの日程は乗り越えることができなかった。
    さて、このメンバーでどこまで戦うことができるかなー(; ̄ー ̄)
    ちなみに、藤本選手が2月からこのクラブに所属しているようです。移籍金はいくらついたのかな~と思って見てみたら「自由移籍」でした。
    やっぱりこの箱庭内でも国内クラブ所属の日本人選手は、現実と同じくゼロ円移籍となってしまうことが多いんですかねぇ( ̄ε ̄;


    Result

    WS000910.jpg

    WS000909.jpg

    てる試合を落としてしまった。
    試合は、開始から実力に勝る相手がこちらを押し込む展開。しかし、急造で組んだディフェンスラインが予想外に踏ん張って得点を許さない。
    すると、62分に中盤でイヤな働きをしていたG.Maniatisが2枚目のイエローを受けて退場処分となる。
    これで数的有利となったこちらが反転攻勢に出るが、なかなか得点を奪うことができずに90分が終了してしまう。
    延長に入ってもこちらの勢いは衰えず、あとはゴールを決めるだけ!といった感じになった。
    さらに110分には相手のSTA.Koneが負傷退場となる。交代枠を使い切ってきた相手は、選手を補充することができず、こちらが2人も多い展開となる。
    これは貰ったな!と思ったが、ここ最近の連戦で疲労が蓄積していたせいか、こちらもチャンスをうまく作ることができない。
    結局、試合の半分近く数的有利の時間帯があったにもかかわらず1点も奪えずにドローとなってしまった。
    で、行われたPK戦。

    WS000908.jpg

    はい、負けました。せっかく相手の1人目が外してくれたのに、逆転負けを喫してしまった。残念( ̄ε ̄;
    FA杯でもリーグ戦同様、大方の予想に反して準決勝という大舞台まで勝ち上がってきましたが、ここで今回の冒険は終了となってしまいました・・・。
    また来年がんばりましょう!




    Birmingham City vs Sheff Utd npower Football League Champinship 第45節/2014.04.22(Tue)

    Starting Line-up

    WS000912.jpg

    Key Player

    WS000710.jpg

    WS000711.jpg

    WS000709.jpg

    FA杯での120分の死闘から中2日で迎えたリーグ第45節は、アウェイでBirmingham Cityと対戦する。
    ここ最近の過密日程で、選手のコンディションはボロボロ。万全と呼べる選手は誰一人いない状態になってしまった。
    これなら誰を出しても一緒だよね?と、いうことでコンディションを半分無視してベストに近いメンバーで挑むこととした。


    Result

    WS000914.jpg

    WS000913.jpg

    我人祭り!
    わずか90分の間に負傷交代3名&軽傷2名。交代枠よりも多い負傷者数とか、さすがに聞いたことないですわ( ̄◇ ̄)
    コンディションを無視してベストに近いメンバーで挑む(キリッ とか言ってた馬鹿監督の責任ですね。
    今シーズンの残り試合があと1つだけというのが救いでした。これがシーズン真っ只中で起こった事を想像すると、それだけで背筋が寒くなりますね(; ̄ー ̄)
    試合の方は、ここ最近のドロー沼から抜け出せずに1-1のドロー。しかも、先制したにもかかわらずオウンゴールで追いつかれるという残念な結果になってしまった。



    WS000915.jpg

    キーンが肩の怪我をして2~3ヵ月の離脱となってしまいました。
    一足早く今シーズンが終わってしまいましたが、我がクラブ期待の若手ですので、来シーズンに向けてじっくり治してもらいたいものです。


    WS000916.jpg

    ボッデが膝の怪我で3週間の離脱となりました。
    年齢&能力的に来シーズンの戦力として計算するか微妙なところですが、とりあえずしっかり治してもらいましょう!




    Sheff Utd vs Doncaster Rovers npower Football League Champinship 第46節/2014.04.26(Sat)

    Starting Line-up

    WS000920.jpg

    Key Player

    WS000717.jpg

    WS000918.jpg

    WS000919.jpg

    リーグ最終節は、ホームにDoncaster Roversを迎える。
    リーグ戦直近の7試合で1勝6分という、非常に残念な成績になってしまっている。
    7試合やって勝点9ってことは、実質3勝4敗と同じですからね・・・。
    一応、優勝&昇格は無事決めることができたが、今シーズンを気持ちよく締めくくるためにもきっちり勝利を収めたいところ。


    Result

    WS000923.jpg

    WS000922.jpg

    ロー沼恐るべし・・・。
    結局、シーズン終盤にはまったドロー沼を抜け出すことができないまま全日程が終了してしまった。
    試合自体も、ボールは支配していたもののチャンスらしいチャンスを作ることができないまま、低調な内容で終わってしまった。
    この状態で来シーズンはプレミアで戦かうとか、完全にギャグにしか聞こえないので、オフに大補強を敢行しないといけない気がします。
    プレミアに上がれば予算が桁違いに増える(はず)なので、それに期待することにしましょう・・・(  ̄_ ̄)





    WS000940.jpg

    今回記録した7試合の結果です。
    なんというか・・・黄色いですねwドロー沼とはこんな感じの事を言うのですかね?


    WS000930.jpg

    全日程を終了後の順位表です。
    終盤にあれだけ取りこぼしたのにもかかわらず、2位との勝点差は結局9もつけたままフィニッシュとなりました。
    この結果、来シーズンはいよいよプレミアでの戦いとなることが決定しました。
    どう見ても戦力不足の感が否めませんが、少しでもいい戦いができるように、まずはオフシーズンの補強を頑張りましょう!



    それでは、今回はここまで。
    次回はシーズンの総括をしていく予定です。

    スポンサーサイト
    [ 2013/07/24 23:55 ] Sheff Utd(13/14) | TB(0) | CM(0)

    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://isoyaki1.blog.fc2.com/tb.php/26-bd33eabc







    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。