スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    プレシーズン

    就任したてのクラブでは、やることがたくさんありすぎて大変です。
    とりあえず、選手やスタッフの確認&入れ替えをして、シーズンを戦う準備をしなければ。

    WS000027.jpg

    はい、こちらがリーグ開幕時の選手一覧です。
    なんと、初期のメンバーにはDMを本職とする選手が一人もいなかったため、急いで2名ほど補強しました。
    シーズンを通して安定した守備をしようと考えると、どうしてもDMを配置したくなるんですよね。
    後は、将来性のある若手をリザーブやU-18から上げて、夏の編成は終了。
    一部選手の売却や期限付移籍で稼いだおかげで40Mほど予算があまりましたが、これは冬の移籍のためにとっておくことにします。


    それでは、今シーズンの主要な選手の紹介を。
    (選手名の読みがおかしいところもあるかと思いますが、ご容赦ください。)


    George Long (ジョージ・ロング・GK)
    WS000021.jpg

    弱冠18歳の正GK。飛び出しと予測力に不安が残るが、それでも控えの2人よりも上との判断。将来への期待込みでの起用となるが、結果はどう出るか。


    Danny Higginbotham (ダニー・ヒギンボザム・D(CL))
    WS000002.jpg

    このクラブの守備の要。Stoke Cityなどに在籍していた経歴をもつ実力者。スキルだけでなく、ベテランと呼ぶにふさわしいメンタル面の能力の高さも非常に魅力的。


    Harry Maguire
     (ハリー・マグワイア・DC)
    WS000003.jpg

    クラブ期待の若手DF。競り合いには強いが、スピード・敏捷性が物足りないのが難点。ロングと共に将来の成長に期待。


    Cristiano Zanetti (クリスティアーノ・ザネッティ・DM,MC)※新加入
    WS000023.jpg

    あのザネッティが未所属でいたので即契約。中盤の底で守備&攻撃の起点として期待。年が年なので、フィジカルの衰えは否めないが、スキルとメンタルの能力の高さは流石といったところ。



    Floribert N'Galula (フロリベルト・エンガルラ・DM,MC)※新加入
    WS000022.jpg

    同じくフリーで新加入のDM。中盤の底で潰し屋を担当してもらう予定であったが、その後加入してきたザネッティとの兼ね合いで守備的なMCを担当してもらう機会が増えるかもしれない。


    Barry Robson (バリー・ロブソン・M(RCL),AM(RC))
    WS000010.jpg

    中盤の攻撃的ポジションであればどこでもこなせる便利屋。が、能力的にMCで起用することが多くなりそう。攻撃を組立てるキーマンとしての活躍を期待。



    Kevin McDonald (ケビン・マクドナルド・MC)
    WS000013.jpg

    パス能力の高いMC。ロブソンといろいろカブってしまっているが、控えにしておくにはもったいない能力。なんとか共存する方法を考えなくては。



    Jamie Murphy (ジェイミー・マーフィー・AM(LC)ST)
    WS000014.jpg

    このクラブで最も走力のある選手。ストライカーが多いこのクラブにあっては、比較的層の薄いウイングを任せる場面が多くなりそう。


    Dave Kitson (デイヴ・キットソン・ST)
    WS000015.jpg

    このクラブのエース。速さはないが、高さと決定力で勝負する。プレシーズンでは、第2戦の開始から10分でハットトリックを決めるなど、5得点を挙げて実力を示した。


    以上です。その他の選手は試合で活躍した時などに順次紹介していこうかな。


    次に、今シーズン採用したフォーメーションを。基本的に4-1-2-2-1。プレイメーカーをロブソン、ターゲットマンをキットソンに設定。攻撃は、とりあえずキットソンに当てて、そこから両ウイングとセンターハーフが絡んで攻撃できたらいいな、という希望。守備は、こだわって獲得したDMと最終ラインに頑張ってもらおう。プレスとタックルは共に強めでガツガツと。でも、大量のカードや負傷者が出るようだったら少し考えなくてはいけないかも。
    あと、サブ戦術として両ウイングを下げた4-1-4-1も用意。相手や状況に応じて使い分ける予定です。
    WS000026.jpg



    最後に、プレシーズンマッチの結果を。
    WS000031.jpg

    結果は4勝1分。前後半でメンバーを大きく入れ替えながら戦った割には、いい成績だと思います。
    に、しても守備が安定しないなぁ。4部、5部のような格下相手でも、Schalkeのような超格上相手でも同じように失点するあたり、なんともつかみどころがない感じですね。
    まぁ、その辺はシーズンを戦いながら様子を見ていきたいと思います。


    それでは、今回はこれまで。
    次回はいよいよシーズン開幕です!

    スポンサーサイト
    [ 2013/04/06 22:41 ] Sheff Utd(12/13) | TB(0) | CM(0)

    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://isoyaki1.blog.fc2.com/tb.php/3-80a9c808







    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。