スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    鬼日程。

    なんだか知らないですが、最近になって他クラブから監督就任のオファーが殺到しています。
    しかも、同じプレミアのクラブから。
    なにがあったんでしょうか?

    まず初めに来たのがNewcastleから
    WS001126.jpg

    そして立て続けにSouthamptonから
    WS001127.jpg

    で、少し間をおいてEvertonから
    WS001161.jpg

    ま、当然といえば当然ですが、すべて下位に沈むクラブからのオファーとなっています。
    そして、これまた当然のことですが、ぜーんぶ断りました(´▽`)
    3部からここまで持ってきたクラブを、この状況で自分から放り出す馬鹿はいないでしょうw
    それより衝撃的だったのが、どのクラブも移籍予算2~3B&人件費予算5~6B/年という莫大な予算を持っていた事ですね。
    我がクラブの年初の予算が移籍予算0.4B&人件費予算1.57Bということを考えると、これら下位のクラブでさえ同じディビジョンとは思えないほどの資金力の差があったみたいです。
    これなら確かに降格候補に予想されるわって感じですね( ̄ω ̄;)

    ま、プレミアの中では予算が少ない事は分かっていたことなので、あまり気にせずにこれからも頑張っていきましょう!



    さて、それでは引き続きリーグ戦の結果を中心に記録していきます。
    今回はリーグ第14節、Norwich City戦からの記録となります。




    Norwich City vs Sheff Utd Barclays Premier League 第14節/2014.11.23(Sun)

    Starting Line-up

    WS001128.jpg

    Key Player

    WS001122.jpg

    WS001119.jpg

    WS001123.jpg

    リーグ第14節は、アウェイでNorwich Cityと対戦する。
    相手は現在17位と、降格圏に片足を突っ込んでいる位置にいる。
    前節に続いて残留争いのライバルとの試合となるため、アウェイでの戦いとなるが絶対に落とせないものになりそう。


    Result

    WS001130.jpg

    WS001129.jpg

    調な試合となった。
    シュート数は両チームとも一ケタ。そしてチャンスらしいチャンスはほとんどなかった。
    開始6分にデミルのクロスがそのままゴールに吸い込まれるというラッキーゴールが生まれ、運を味方につけての勝利を手にできるかと思ったが、勝負の神様はそんなには甘くなかったようだ。
    とりあえず、残留争いのライバル相手にアウェイの試合で負けはしなかった。それが唯一と言える収穫だった。




    West Ham Utd vs Sheff Utd Barclays Premier League 第15節/2014.11.28(Sat)

    Starting Line-up

    WS001134.jpg

    Key Player

    WS001131.jpg

    WS001132.jpg

    WS001133.jpg

    リーグ第15節は、アウェイでWest Hamと対戦する。
    West Hamは昨シーズンChampionshipで2位の成績を残し、今シーズンに我々と一緒に昇格したクラブである。
    開幕前のメディア予想順位は18位と、我がクラブと同じく降格圏内が予想されている。
    この試合で3試合連続で残留争いのライバルとの試合となるため、精神的に若干疲れてきたが、今節もなんとかいい結果を手に入れたいところ。
    メンバーを見てみると、若干の補強はしているようだが基本的には昨シーズンとメンツ的には大きく変わってはいないように見える。
    大きく補強して戦力アップを図った(つもり)の我がクラブにとっては、アウェイとはいえ負けられない試合になりそう。


    Result

    WS001136.jpg

    WS001135.jpg

    ウェイ初勝利!!
    今シーズンのアウェイ戦、8試合目にしてやっと勝利を手にすることができた。
    試合自体はしょっぱいものだったが、結果としては最高のものが手に入った。
    唯一の見所は18分に決まったフリンのゴール。ゴール前の狭いスペースでパミッチエクスラジャーフリンと流れるようにパスが繋がり、ボールを受けた時点でフリーだったフリンが落ち着いて決めてくれた。
    シュート自体は平凡なものだったが、そこへ至るまでの繋ぎが綺麗に決まり、監督的今シーズンベストゴールと言える内容だった。
    これで降格圏までの勝点差は9。少しは余裕がでてきた・・・かな?



    WS001143.jpg

    ボッデが今シーズンでの引退を発表しました。
    DMと守備的なMCの両方のポジションをこなすことができ、地味に重宝していたため非常に痛いところですが、本人の意思なので仕方ないですね・・・。
    まだ32歳なので、もうちょっとできたような気がするんだけどなー。チームの年俸総額を気にするあまり、契約更新のオファーを遅らせたのがいけなかったんでしょうか(-ω-;)



    WS001142.jpg

    キーンが練習中にお股を痛めてしまったようです。
    離脱期間は約3週間。右サイドバックは我がクラブの中で最も層が薄いポジションなので、一日も早い復帰を期待したいと思います。



    WS001137.jpg

    マグワイアが11月の月間最優秀若手選手に選出されました!
    昨年までは当たり前のようにこの栄誉を勝ち取ってきたのですが、まさかプレミアの舞台でも同じように獲得できるとは思いませんでした。おめでとう!




    Q.P.R vs Sheff Utd Barclays Premier League 第16節/2014.12.06(Sat)

    Starting Line-up

    WS001144.jpg

    Key Player

    WS001145.jpg

    WS001141.jpg

    リーグ第16節は、アウェイでのQ.P,R戦。
    Q.P.Rには先日のCarling Cupの2回戦で延長戦の末、121分に許したゴールによって敗戦という悔しい思いをさせられている。
    あの試合はミッドウィークに開催されたという都合上、サブ中心のメンバーで挑んだので(言い訳)、ベストメンバー同士がぶつかり合う今回が本当の意味での勝負の舞台だと勝手に思っている。
    どうかリベンジさせてください( ̄人 ̄)


    Result

    WS001147.jpg

    WS001146.jpg

    勝!のはずが辛勝・・・。
    試合は、開始2分にエースエクスラジャーがゴール前のこぼれ球をうまく押し込んで先制という最高の形で始まった。
    これで勢いに乗ったチームはさらに相手を押込み、36分にはパミッチがPAエリアのすぐ外から目の覚めるようなミドルを叩き込んで追加点を挙げることに成功する。
    得点経過的にもスタッツ的にもこちらが相手を圧倒するような試合展開だったので、今シーズン初めてと言っていいくらい余裕を持って試合を見てられたのだが、それが突然一変してしまう。
    それは後半開始直後の51分、守備の要ヒギンボザムがこの日2枚目のイエローを受けて退場してしまった。
    ロスタイムを含めると残りはまだ40分以上。しかし、こんなに優位に進めていた試合を落とすわけにはいかない・・・。そんなことを考えて、残り時間については完全に攻撃を捨てた守備的な4-2-3-1(の、ゼロトップ型)で守り切ることを選択した。
    その後は予想通りサンドバック状態で攻められ続けたのだが、一人少ない中でも残ったメンバーが全員で集中して守り、なんとか無失点で試合を〆ることができた。
    これで降格圏との勝点差はついに二ケタの12。アウェイでの連勝は大きすぎて笑いが止まりません(´▽`)
    ちなみにこの試合で退場してしまったヒギンボザムですが、彼には私が監督に就任してから今まで散々世話になったので、今回の件のみで罰金を課すのもいかがなものかと思い、とりあえず警告をするに留めた。




    Sheff Utd vs Stoke City Barclays Premier League 第17節/2014.12.13(Sat)

    Starting Line-up

    WS001151.jpg

    Key Player

    WS001148.jpg

    WS001149.jpg

    WS001150.jpg

    リーグ第17節は、ホームにStoke Cityを迎える。
    相手は、開幕前のメディア予想順位では8位と予想されていたが、16節終了時点でなんと首位に立っている。
    他の上位陣の成績を見てみても、特に大きな取りこぼしはしていないので、純粋な強さが理由となっているようだ。
    その原動力は、上でキーマンにも挙げたSTF.Cavenaghi。昨年までメキシコリーグのPachuca CFでプレイしていたこのアルゼンチン人は、ここまで13点を挙げて得点ランキングのトップを走っている。
    他にも、中盤にはChelseaを自由契約になったF.Lampardが、最終ラインには同じくChelseaを自由契約となったA.Coleそれぞれ構えており、非常に効果的な補強をしているように見える。
    今節はホームの試合であるが、とりあえず負けないことを目標に頑張りたいと思う。


    Result

    WS001153.jpg

    WS001152.jpg

    標通りの引き分け。
    試合前に相手のメンツを見てビビりまくっていた割には、まともな試合になった。
    それどころか、スタッツを見ての通りにこちらが若干押し気味に試合を進めることすらできたように感じた。
    もう少しうまくやれば勝てたような気がする試合ではあったが、とりあえずは目標であった「負けない試合」をすることができた。
    さて、次節からは本物(?)の強豪であるArsenal→Man.C→Chelseaと鬼のような3連戦が始まる。しかも、それぞれ中2日&3日という、コンディション的にも厳しいものとなっている。
    選手層の差がモロに出そうで非常に怖いところであるが、なんとか3連敗だけはしないように頑張っていきたいと思う(`・ω・´)




    Arsenal vs Sheff Utd Barclays Premier League 第18節/2014.12.20(Sat)

    Starting Line-up

    WS001164.jpg

    Key Player

    WS001167.jpg

    WS001168.jpg

    WS001156.jpg

    リーグ第18節は、アウェイでArsenalと対戦する。
    今節のArsenal戦を皮切りに、ミッドウィークにはMan.C戦、来週末にはChelsea戦と、超強豪クラブとの鬼のような3連戦が予定されている。
    今節はアウェイでの試合となるが、その後の2試合はホームで試合ができるので、なんとか3連敗だけは避けられるように頑張りたい。
    で、肝心のこの試合についてだが、さすがに昨年優勝したクラブだけあってどの選手も能力が高い。
    恐らく、我がクラブの選手は誰一人としてこの中に割って入っていくことはできないだろうなー・・・と思ってしまうほど控えを含めて優秀な選手が揃っている。
    とりあえず、ボコボコにやられるにしても大量失点だけはしないようにいつもの通り守備的な4-2-3-1で試合に入っていくこととする。


    Result

    WS001166.jpg

    WS001165.jpg

    いですね、Arsenal(  ̄_ ̄)
    大量失点だけはしないように守りを固めて試合に入ったのだが、前半だけで3失点と、守備が崩壊してしまった。
    アウェイでの強豪との試合ということで「捨て試合」とまでは言わないが、疲労が蓄積してそうな主力組を一部休ませたことが、この惨劇を生み出してしまった一因になってしまったかもしれない。
    前半終了間際にマテユがスーパーなゴールを決めてくれたのだが、それすら喜べないような状況になってしまった。
    そういった訳で、鬼の3連戦の緒戦は最悪の結果となってしまった。これはもしかして3連敗来る・・・のか?
    あ、あとO.Giroudすごいですね。おそらく監督に就任してから、初めて相手選手にハットトリックなるものをやられたような気がします(-ω-;)




    Sheff Utd vs Mancester City Barclays Premier League 第19節/2014.12.23(Tue)

    Starting Line-up

    WS001171.jpg

    Key Player

    WS001174.jpg

    WS001175.jpg

    WS001176.jpg

    前節アウェイで大敗を喫して迎えたリーグ折り返しの第19節は、ホームにMan.Cを迎える。
    相手は現在のところ2位と、実力通りの順位に付けている。
    メンバーを見てみると・・・なんじゃこりゃ?
    中盤の5人、一体いくらかけたらこんな豪華なメンツが揃うんですかね?現在の我がクラブでは、この5人の内の2人を雇ったら年間予算が消し飛んでしまうのではないかと思います。
    とりあえず、今節はホームでの試合となるので、前節のような失態をサポーターに見せることが無いように頑張って行きたいですね。


    Result

    WS001173.jpg

    WS001172.jpg

    さかのスコアレスドロー。
    今シーズンが始まって、数えるほどしかクリーンシートを記録できていなかった我がクラブが、なんとMan.C相手に無失点試合をすることができた。
    しかもスタッツを見ても分かるように、試合を通じてそこまで一方的にやられたという感じではなかった。
    兎にも角にも、この結果のおかげで鬼の3連戦を3戦全敗という最悪の結果となることを免れることができた。




    Sheff Utd vs Chelsea Barclays Premier League 第20節/2014.12.27(Sat)

    Starting Line-up

    WS001181.jpg

    Key Player

    WS001178.jpg

    WS001179.jpg

    WS001180.jpg

    リーグ戦二周り目の緒戦となる第20節は、ホームにChelseaを迎える。
    Chelseaとは今シーズンの開幕戦で対戦しており、その試合ではエースF.Torresと守護神P.Cechが怪我のため欠場していたのにもかかわらず0-2での敗戦(前回結果をリンク)を喫している。
    今節はというと、F.Torresは相変わらず負傷離脱をしているが、P.Cechは元気にスタメンを務めている。
    彼から得点を挙げることは非常に難しいと考えられるため、なんとか守備陣に頑張ってもらって、前節のMan.C戦と同じくスコアレスドローとすることを目標としたいと思う。


    Result

    WS001184.jpg

    WS001183.jpg

    さかまさかの勝利!
    試合は、予想通り開始から相手が主導権を握り、こちらは防戦一方となる。
    これはまた厳しい試合になるな・・・と思っていた前半7分、フリンからの縦パスを受けたエクスラジャーがPA内であのM.Richardsをかわして、あのP.Cechの守るゴールに叩き込んで先制点を挙げることに成功した。
    さらに、格下相手に負ける訳にはいかない!と前掛りになった相手を嘲笑うかのように、55分にはカウンターから同じくエクスラジャーが追加点を奪って見せてくれた。
    この日のエクスラジャーは怖いくらい確実に決定機を決め、正にエース!といった活躍を見せてくれた。
    こちらの得点シーン以外はことごとく相手のターンであったが、11人全員&ポスト・クロスバーが皆で力を合わせて、なんと超強豪相手に2試合続けてクリーンシートを達成することができた。
    結局、鬼の3連戦は1勝1敗1分の勝ち点4と、全くもって予想だにしなかった結果を手にすることができた。やったね(´▽`)




    WS001182.jpg

    ボッデが先の試合で転倒し、肘を怪我してしまったようです。
    離脱期間は約2週間。しっかり治して早く復帰してもらいたいですね。



    WS001187.jpg

    マグワイアが12月の月間最優秀若手選手に選出されました!
    先月に続いて2ヶ月連続の選出です。あくまで若手選手というカテゴリですが、凄い事をやってのけてくれました。おめでとう!




    WS001208.jpg

    今回記録した7試合の結果です。
    結果は3勝1敗3分と、強豪との鬼の3連戦をこなした割にはいい成績を残せたような気がします。
    要因は7試合中4試合でクリーンシートを達成してくれた守備陣の頑張りでしょうか?Arsenal戦では4失点と無残に崩壊してしまいましたが、それ以外の試合では安定した守備を見せてくれました。
    不動のセンターバックマグワイアが2ヶ月連続で月間最優秀若手選手に選出されたのも納得!ということですかね(´▽`)


    WS001207.jpg

    第20節まで終了した時点での順位表です。
    我がクラブは現在9位!見事に中位をキープしています。
    ちなみに降格圏までの勝点差はなんと14。
    思ってたよりも楽に残留できそうだな~プレミアもこの程度ですか^^などと言っていると地獄を見そうなので、残りの試合も気を抜かずに頑張っていきたいと思います(`・ω・´)


    WS001185.jpg

    ここまでの好調を受けて、理事会が目標の変更を打診してきました。
    「中位まで行けるんだったら予算増額するよ?」と言われましたが、頑として残留を目標とする旨を伝えさせていただきました。
    中位って・・・今いるのが中位だよ?シーズン終盤まで行ってこのポジションをキープできる自信なんてありません(>_<)




    それでは、今回はここまで。

    スポンサーサイト
    [ 2013/08/27 21:53 ] Sheff Utd(14/15) | TB(0) | CM(0)

    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://isoyaki1.blog.fc2.com/tb.php/32-2d9f6ebd







    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。