スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    下位連戦。

    ハイライト動画はじめました。


    画質は最高画質(1080p)でアップロードしてあります。
    視聴の際は720p以上でフルスクリーンにしないと、選手名が潰れて読めないかもしれません( ̄ω ̄;)
    とりあえず、試しに前回の最後に記録したChelsea戦のものをアップしてみました。
    今後も気が向いた時や、重要な試合のものをアップしていこうかなーと思ってます。
    はじめは全試合についてやろうかとも思ったのですが、心が折れてブログの更新自体が面倒臭くなるとマズイなーと思ったので、できる範囲の事をできるだけやろうということにしました。
    「細々と長く」・・・コレで行きたい思います(´▽`)



    さて、それでは今回も引き続きSheffield Utdの足跡を記録していきます。
    今回はFA杯3回戦、Dagenham and Redbridge戦からの記録となります。



    Dagenham and Redbridge vs Sheff Utd The FA Cup with Budweiser 3回戦/2015.01.03(Sat)

    Starting Line-up

    WS001188.jpg

    Key Player

    WS001192.jpg

    WS001193.jpg

    WS001194.jpg

    新年明けての1試合目は、アウェイでFA杯3回戦となるDag&Red戦となる。
    相手は実質5部所属の格下であるが、この試合の前後がそれぞれ1週間空いているという余裕のある日程のため、ほぼベストに近いメンツで挑んだ。
    また、この試合からDMシモンが代表戦(Cup of Nations)のため約1ヶ月間離脱する。中盤の底で我がクラブの守備を支えてくれている重要な選手の離脱となるため、とてつもなく痛いところであるが、なんとか乗り切れるように頑張っていきたい。
    なんだか、現実世界で各クラブ関係者が「代表戦うぜー」ってなる気持ちが少しわかったような気がします( ̄ε ̄;
    とりあえず、代わりの選手としてボッデ・・・は怪我してるか。コトバニ・・・も怪我してる。じゃあカリーソ・・・はDCで出場させる予定か。・・・ってあれ?こんな時に限ってDMを熟達以上でこなせる選手が離脱しまくってます(ノ∀‘)アチャー
    ということで、この試合はDMを配置しない中盤をフラットに構えた4-4-2のシステムを採用することとした。こんな理由で採用する戦術を決めるとか、行き当たりばったり過ぎて情けないですわ。
    ダメ監督のミスを選手たちがカバーしてくれるのを祈りつつ、試合を進めていきましょう!


    Result

    WS001191.jpg

    WS001190.jpg

    勝。
    実質5部相手のクラブに最少得点差で勝利という、なんとも情けない結果となった。
    開始早々に先制したまでは良かったが、その後はパミッチのPK失敗に始まり、枠に3本も嫌われるという不運が続き、結局1点を取っただけで終わってしまった。
    前節は味方をしてくれたポスト&クロスバーさん達ですが、どうやらこの試合では敵に回ってしまったようです(; ̄ー ̄)
    それでもなんとか次のラウンドに駒を進めることができ、とりあえず理事会が要求していたFA杯4回戦進出という目標は達成することができた。




    Everton vs Sheff Utd Barclays Premier League 第21節/2015.01.10(Sat)

    Starting Line-up

    WS001199.jpg

    Key Player

    WS001209.jpg

    WS001198.jpg

    WS001210.jpg

    リーグ第21節は、アウェイで19位Evertonと対戦する。
    ちなみにこの試合からEverton(19位)→Southampton(18位)→Brighton(20位)と、降格圏の相手と立て続けに試合を行う日程となっている。
    今回は、先日の強豪3連戦とは正反対の下位3連戦となるため、勝点を伸ばすチャンスと思ってしっかりと戦っていきたい。
    Evertonは、我がクラブがプレミアに昇格してきて初勝利を挙げた相手。今回はアウェイであるが、いい試合ができるように頑張りたい。
    採用したシステムはいつもの通り守備的な4-2-3-1。アウェイで先制点を奪われると苦しい展開になりがちなので、とりあえずは守備を大事にして試合に臨むこととした。


    Result

    WS001201.jpg

    WS001200.jpg

    季アウェイ2勝目!
    試合は、スタッツを見ての通りほぼ互角なものとなった。
    試合を分けたのは前半26分にエクスラジャーが得たPKだった。
    カウンターから相手ディフェンスラインの裏に抜け出し、GKと1vs1になった所を相手DCP.Jagielkaに倒されてPKをゲットすることができた。
    これをパミッチが落ち着いて決めて決勝点を挙げることができた。
    前半12分にJ.Heitingaが、45分にはM.Demichelisと、それぞれディフェンスの選手が負傷退場したために、相手が効果的に交代カードを切れなかったことがこちらにとっては大きかったような気がする。
    兎にも角にも前節のChelsea戦に続いて今季2度目の連勝となった。前回は2連勝で止まってしまったので、今回はもう少し長く続けられるように頑張りたい。




    Sheff Utd vs Southampton Barclays Premier League 第22節/2015.01.13(Tue)

    Starting Line-up

    WS001203.jpg

    Key Player

    WS001202.jpg

    WS001211.jpg

    WS001212.jpg

    リーグ第22節は、ホームにSouthamptonを迎える。
    前回対戦は追いつかれてのドローとなっている。今回はホームでの試合でもあるので、勝利を手に入れたい。
    また、この試合はミッドウィークに組まれているため、スタメンを一部入れ替えて臨むこととした。代わって入った選手の奮起に期待したい。
    ちなみに、吉田選手は日本代表に合流しているため欠場との事。そしてこれ↓。
    WS001204.jpg
    「Maya Yoshidaを欠くのはSouthamptonにとって大きな痛手だ。」
    すげー!なんかすげー!どうやら吉田選手はチームにとって重要な選手になっているようです。あくまで「降格圏のチームで」ですけど(ボソ


    Result

    WS001206.jpg

    WS001205.jpg

    いつかれてのドロー。
    試合は、スタッツの通りこちらがやや優勢なものだった。
    実際、53分にはフリンからの綺麗なスルーパスに反応したエクスラジャーがGKとの1vs1を冷静に沈めて先制点を挙げ、このまま勝利を手にしてもおかしくない展開だった。
    しかし、終了間際の84分。E.Mayukaの左からのクロスをJ.Rodriguesに決められ、前回対戦と同じく追いつかれてのドローとなってしまった。
    結局、今回の連勝も前回と同じく2連勝でストップしてしまった。やっぱりこのレベルのリーグで大きく連勝をするのは難しいですねー(-ω-;)




    Brighton vs Sheff Utd Barclays Premier League 第23節/2015.01.17(Sat)

    Starting Line-up

    WS001218.jpg

    Key Player

    WS001215.jpg

    WS001213.jpg

    WS001214.jpg

    リーグ第23節は、アウェイでBrightonと対戦する。
    相手は現在19位と、降格圏にどっぷり浸かっている。
    今回はアウェイでの試合であるが、前回対戦した時と同じように勝利を収めることができるように頑張りたい。


    Result

    WS001220.jpg

    WS001219.jpg

    試合連続で追いつかれてのドロー。
    マグワイアが24分にセットプレイから先制点を挙げてくれたのだが、終了間際に相手エースのJ.Waltersに同点ゴールを許してしまった。
    この経過だけ見るといかにも悔しいドローだったように見えるが、実際はスタッツによく表れている通り、ドローで上出来と言える試合だった。
    アウェイでの試合とはいえ、下位にここまで押込まれると少し考えてしまいますが、良く考えてみたら我々もバリバリの下位に予想されてるクラブなので、実際はこんなもんかなーと言うような気もしますね( ̄∇ ̄*)
    とりあえず、先日のEverton戦から始まった下位3連戦は1勝2分けの勝ち点5という結果に終わった。
    先日の強豪3連戦でも勝点4を得ることができたことを考えると、もう少し出来たような気もしますが、これも実力なのでしょうがないと思ってまた頑張っていきましょう!



    WS001223.jpg
    ファビアンスキーが練習中に頭を怪我してしまったようです。
    離脱期間は6~8日と短いものですが、とりあえず次戦のFA杯4回戦は欠場することになりそうです。
    ちょうどリーグ戦の谷間だったのが不幸中の幸いでしたね(´▽`)




    Sheff Utd vs Tranmere The FA Cup with Budweiser 4回戦/2015.01.24(Sat)

    Starting Line-up

    WS001227.jpg

    Key Player

    WS001232.jpg

    WS001233.jpg

    WS001234.jpg

    FA杯4回戦はホームでTranmereと対戦する。
    Tranmereは現在2部所属のクラブだが、昨年と一昨年は同じディビジョンで戦った相手である。
    これまでの対戦成績は1勝1敗2分けの完全五分。しかし、今回は初めて違うディビジョンに所属しての戦いとなるため、格の違いというものを見せつけられるようにしたいところ。
    ちなみに、この試合の次は中2日で本割のNewcastle戦が組まれているため、サブ中心のメンバーで挑むこととした。


    Result

    WS001229.jpg

    WS001228.jpg

    れがエースという奴か・・・。
    サブ中心のメンバーだったせいか、格下相手に五分五分の試合展開となってしまう。
    さらに、1TOPに座ったマッデンの出来が壊滅的に悪く、決定的なチャンスを作ることができないまま時間が流れて行ってしまう。
    このままでは引き分け再試合となってしまい、ただでさえ過密な日程がさらに殺人的になってしまうことが予想されたため、意地でも勝負をつけるべく采配を行った。
    まずは75分にエースエクスラジャーを投入し、80分からは両サイドハーフに超攻撃的な指示を与えるという2つの事を行った。
    これがうまくハマり、83分にセットプレイからエクスラジャーが待望の先制点を挙げ、終了間際の93分にはマテユのスルーパスを、これまたエクスラジャーがうまく受け、ダメ押しの2点目を挙げて試合を決めることに成功した。
    膠着した試合の残り15分から出場して試合を決める・・・さすがエースといった働きを見せてくれました(´▽`)
    ミッドウィークの試合を睨んで休養を与える予定が若干狂ってしまいましたが、とりあえず再試合による超過密日程となることは避けることができた。



    格下相手にドローの危機を救うエクスラジャー。さすが我がクラブのエースです(´▽`)



    WS001231.jpg

    今回記録した5試合の結果です。
    FA杯では苦しみながらも勝利を挙げ、5回戦に進出することができました。
    リーグ戦では、下位相手と考えると少し物足りないですが、相手に勝点3を与えなかったと考えれば上出来ではないかなーと思ってます。



    WS001230.jpg

    第23節終了時点での順位表です。
    前回終了時の9位から、さらに順位を挙げて7位となっています。
    しかも、すぐ上を見ると勝点差わずか2であのChelseaがいます。これを抜けばEL出場権が・・・などとは考えずに、とりあえず目の前の1戦1戦を丁寧に戦っていきたい思います(`・ω・´)



    それでは、今回はここまで。
    次回もリーグ戦の結果を中心に記録していきたいと思います。

    スポンサーサイト
    [ 2013/09/03 00:07 ] Sheff Utd(14/15) | TB(0) | CM(0)

    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://isoyaki1.blog.fc2.com/tb.php/33-4fc32910







    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。