スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    「元」エース。

    WS001221.jpg

    突然ですが、「元」エースマーフィーが移籍をしました。
    移籍先は、同じプレミアに所属するwigan Athletic。
    3部に所属していた我がクラブをプレミアの舞台まで伸し挙げてくれた立役者の一人ですが、今シーズンから加入した「新」エースエクスラジャーが予想以上に好調な事、そして控えにはマッデンという似たような能力を持った選手がいること、等を考慮して売却することに決めました。


    ・・・と、いうのは建前で、本当のところはコレ↓
    WS001222.jpg

    新ストライカー獲得しましたー(´▽`)
    移籍金は頭金100M+48ヶ月分割で400Mの計500M。
    とりあえず契約を成立させるために200M以上が必要だったのですが、夏の移籍期間で予算を使い果たしていた我がクラブにこんな大金用意できるはずもなく・・・。
    しかし、この時点で本人の希望で移籍リストに載っており、地味に他クラブとの争奪戦が繰り広げられていたので、この機会を逃してしまったら2度目のチャンスはない事が目に見えていたため、なんとかお金を用意しなければ・・・(-ω-;)
    で、思いついたのが今シーズン出場機会がめっきりと減ってしまった「元」エースの売却だったというわけです。
    ちょうど昨シーズン2部でですが得点ランク2位に入ったことで評価が上がっていたし、ここが売り時!と判断しました。
    おかげさまで移籍リストに載せてすぐにwiganからオファーがあり、提示額も現時点での評価額と同額だったため、即決とさせていただきました。お買い上げありがとうございます(´▽`)

    今シーズン出番のなかった「元」エースを400Mで売り、将来性のある「新」エース候補を500Mで買えたので、まぁまぁうまく行ったんじゃないかなーと思ってます(*^-゚)


    それでは紹介します。新ストライカー二クラス・ヘレニウスです!

    Nicklas Helenius (二クラス・ヘレニウス・ST,AMC)
    ←Cagliari(ITA) , 移籍金500M (100M+400M (48ヶ月分割))
    WS001374.jpg
    Cagliariから獲得した大型ストライカー。
    身長195cm&ジャンプ16と、いかにもヘディングが強そうな印象があるが、そのヘディング能力が9と決して得意ではないようだ。
    実際、youtubeなどで検索してプレイ動画集を見てみるとほとんどが足でのゴールで、頭で決めたものが皆無と言っていいレベル。
    リアルでは今夏にAston Villaに移籍したようですが、今のところあまり出場機会を得られていないようです。
    とりあえず、来シーズンからの活躍を楽しみにしておきましょう!

    ・・・

    「来シーズンからの」

    ・・・

    「2015.6.9に Sheff Utd へ 移籍予定」


    はい。移籍金はなんとか捻出できましたが、年俸まではとても手が回らなかったため、来シーズンからの加入にしてもらいました。ごめんね(つω‘*)





    それでは、マーフィーの突然の移籍でマトモに使えるストライカーがエースエクスラジャーと控えマッデンの2人きりになってしまった我がクラブの綱渡りの記録をしていきます。
    今回は、リーグ第24節Newcastle Utd戦からの記録となります。



    Newcastle Utd vs Sheff Utd Barclays Premier League 第24節/2015.01.27(Tue)

    Starting Line-up

    WS001238.jpg

    Key Player

    WS001235.jpg

    WS001236.jpg

    WS001237.jpg

    先週末のFA杯からわずか2日で行われたリーグ第24節は、アウェイで17位Newcastleと対戦する。
    前回対戦はホームでビックリするくらいの塩試合を演じ、スコアレスドローという結果に終わっている。
    今回は、少しでも面白い試合ができるように頑張りたい。
    ちなみに、相手エースのP.Cisseは我がクラブのシモンと同じく代表戦(Cup of Nations)のため離脱している。そして、2番手以下のST陣は彼と比べるとそこまで怖くはないメンツとなっている。
    これをチャンスと思って、いい結果を手に入れることができるようにしたいところ。


    Result

    WS001240.jpg

    WS001239.jpg

    戦連続の追いつかれドロー。そして塩試合。
    シュート数は前回と同じく両チームとも一ケタ。前回と違ってお互いに1点ずつ取れたのが唯一の救いと言っていいほど見所の少ない試合となってしまった。
    リーグ戦では直近の2試合が追いつかれてのドローとなっていたため、今回は先制点を挙げた後から守備を意識した布陣&作戦に切り替えたのだが、結局は同じ結果となってしまった。
    後から考えると、下手に動かない方が良かったんじゃないかなーとか思ってしまいましたが、これも勝負事なので仕方がないと思って切り替えていきたいと思います。
    あーもったいね( ̄ε ̄;




    Sheff Utd vs Aston Villa Barclays Premier League 第25節/2015.01.31(Sat)

    Starting Line-up

    WS001244.jpg

    Key Player

    WS001241.jpg

    WS001242.jpg

    WS001243.jpg

    リーグ第25節は、ホームにAston Villaを迎える。
    この試合の直前にシモンが代表から帰ってきた。大会の結果を見てみると、グループリーグで3戦全敗しての敗退だったようだ。
    本人にとっては残念だと思うが、クラブにとっては早く帰って来てくれたので非常に助かる結果になった。
    早速スタメンとして復帰してもらおうかと思ったが、この試合の2日前に試合を行っていたため、とりあえずベンチスタートとすることとした。


    Result

    WS001246.jpg

    WS001245.jpg

    勝!
    試合は、開始直後から相手が気持ちが良いまでの縦ポンサッカーを展開してくる形で始まった。
    完全にC.Bentekeの高さと、D.Bentの走力をアテにしたゴリ押しと言う感じだったので、こちらはラインを深くして裏のスペースを消す作戦をとった。
    とりあえず、これがうまくハマったのか戦術を変更してからは大きなピンチを迎えることなく試合を進めていくことができた。
    得点の方はと言うと、それらはすべて後半に生まれた。
    まずは49分、エクスラジャーがPA内で相手のパスをうまくカットすると、そのままシュートし先制点を挙げる。
    さらに55分、今度はパミッチが相手のバックパスをカットし、そのまま追加点となるゴールを挙げた。に、しても相手ディフェンスライン、ミスしすぎでしょ・・・。自分が監督だったら完全にキレてるレベルですね(; ̄ー ̄)
    その後、57分に警戒していたD.Bentに裏へ抜け出されて、1点差に迫られるゴールを決められてしまうが、80分に途中出場のマテユマクレーンからのクロスをうまく頭で合わせてトドメの3点目を挙げて試合を決定付けてくれた。
    直近3試合続けて追いつかれてのドロー沼に少し悩まされていたが、この試合は久しぶりに勝ち切ることができた。
    そして、この試合を終えての順位はなんと6位!まさかまさかのEL出場圏内まで上がってきてしまいました(´▽`)





    WS001247.jpg
    マグワイアが1月の月間最優秀若手選手に選出されました。
    これで11月、12月に続いて3ヵ月連続の受賞となりました。ほんとに凄いですね・・・おめでとう!




    Sheff Utd vs Swansea City Barclays Premier League 第26節/2015.02.03(Tue)

    Starting Line-up

    WS001253.jpg

    Key Player

    WS001258.jpg

    WS001251.jpg

    WS001252.jpg

    ミッドウィークに組まれたリーグ第26節は、ホームに11位Swansea Cityを迎える。
    前回対戦はアウェイで1-3という残念なスコアで敗れている。
    今回はホームでの試合となるので、その借りを返したいところ。
    ちなみに、この試合の直前にSwanseaから監督就任のオファーがきましたw
    次節対戦相手の監督にオファー出すとかどーなのよ?って感じですが、丁重にお断りさせていただきました(´▽`)
    WS001248.jpg


    Result

    WS001257.jpg

    WS001256.jpg

    っかりドローとなった。
    スタッツを見るとこちらが勝つべき試合だった思うが、結果はドローとなってしまった。
    37分に相手DCL.Nielsenが一発レッドで退場し、一人少なくなった相手から54分にパミッチが美しいゴールを決めて先制に成功した時には、当然この試合は貰った!と思ったのですが・・・。
    大誤算となったのは84分、相手の苦し紛れのロングボールを相手STとPA内で競りあったヒギンボザムがまさかのPKを取られてしまう。
    これをS.Brownにきっちり決められて同点に追いつかれてしまった。
    残り時間は2TOPに変更して怒涛の攻めを見せたのだが、結局勝ち越すことはできず、一人少ない相手に悔しいドローとなってしまった。
    ちなみに、ヒギンボザムは16節Q.P.R戦に続いて今季2度目の退場処分となってしまった。
    前回は警告で済ませましたが、今回は2度目と言うことで1週間分の罰金を言い渡すことにしました。
    そしたらこれ↓
    WS001255.jpg

    はい、来ました「懸念」。そして面談要望。
    当然、文句を言われたのですが、こちらも簡単に譲るわけにはいかないのできっちりと主張させてもらいました。ただし冷静に。

    WS001254.jpg

    ふぅーーー。なんとか納得してもらえました。
    一瞬、一昨年のキットソンの悪夢が脳裏をよぎりましたが、なんとか最悪の事態は回避することができました。
    年齢は重ねていますが、我がクラブの守備陣にとって超重要な選手であることには変わりはないので、このタイミングで離脱されたら流石に涙目になるところでした。よかったよかった(´▽`)




    Wigan Athletic vs Sheff Utd Barclays Premier League 第27節/2015.02.07(Sat)

    Starting Line-up

    WS001262.jpg

    Key Player

    WS001264.jpg

    WS001260.jpg

    WS001261.jpg

    リーグ第27節は、アウェイでWiganと対戦する。
    前節で退場処分となったヒギンボザムは、2回目の退場処分ということで今回は2試合の出場停止となるようだ。ま、仕方がないですね。
    代役を務めるのはカリーソ。ここまでカップ戦を含めて15試合に出場しているが、そのほとんどを本職のDCではなく、DMとして出場してもらっている。
    当然、もう一人のDCマグワイアとのコンビもあまり試したことが無いので若干の不安があるが、なんとか頑張ってもらいたい。


    Result

    WS001275.jpg

    WS001263.jpg

    んとか追いついてのドローとなった。
    試合はこちらがボールを支配する形で始まったのだが、開始11分にCKをゴール真正面でA.Millicに合わされて先制を許してしまう。
    その後も変わらずこちらが優位に試合を進めていったが、なかなか追いつくことができない。
    このままではマズイと思い、72分にアウェイの試合であったが一か八かで2TOPのシステムに変更する。
    すると、これがいきなり機能する。
    システム変更をしたわずか1分後、2TOPの一角として投入したマッデンがPA内にドリブルで切り込み相手GKと1vs1になる。
    しかし、さあシュート!というタイミングで、GKを嘲笑うかのように横へパスを出す。そして、そのパスの先にいたのは並行して走りこんでいたエクスラジャー
    フリーでボールを受けたエクスラジャーは、そのまま無人のゴールへ蹴りこみ同点に追いつくことに成功した。
    その後も、勢いに乗ったこちらが勝ち越し点を奪うべく猛攻を仕掛けたが、結局同点のまま試合は終わってしまった。
    ちなみに、出場停止だったヒギンボザムの代役として出場したカリーソですが、なんとMOMを獲得しました!代わりに出した選手が活躍をしてくれたので一安心といったところですね(´▽`)


    WS001269.jpg
    カリーソが週間ベスト11に選出されました。
    累積警告で出場停止中のヒギンボザムの代役として出場してもらったのですが、試合のMOMに続いての栄誉を獲得しました。
    ヒギンボザムも今年で36歳と、第一戦で活躍するのが厳しい年齢になってきたので、次の世代の選手がこうやって活躍してくれると監督してもひと安心できますね(´▽`)




    Crystal Palace vs Sheff Utd The FA Cup with Budweiser 5回戦/2015.02.14(Sat)

    Starting Line-up

    WS001271.jpg

    Key Player

    WS001266.jpg

    WS001274.jpg

    WS001268.jpg

    FA杯5回戦はアウェイでCrystal Palaceと対戦する。
    Crystal Palaceと言えば、現実では今シーズンにプレミアに返り咲いたクラブですが、当箱庭ではまだ2部に縛り付けられているようです。
    今シーズンに入ってからプレミア所属の各クラブの選手を見過ぎているせいか、昨年まで優秀に見えていた2部所属の選手達がずいぶん見劣りして見えてしまう。
    しかし、舐めてかかると痛い目に会うことが多いような気がするので、ベストメンバーで挑むこととする。幸い日程的にも余裕があることだし(*^-゚)
    ってか、今シーズンのカップ戦アウェイの試合多すぎじゃね?と思って調べてみたら、5試合中4試合がアウェイでした。残念( ̄ε ̄;


    Result

    WS001273.jpg

    WS001272.jpg

    転勝利!
    開始わずか9分に先制点を許した時にはどうなる事かと思ったが、逆転で勝利することができた。
    失点の原因は相手STG.Murrayにバックパスをかっさらわれてそのまま決められるという残念なものだった。
    記事ではファビアンスキーのミスのように書かれているが、こちらから見た感じではカリーソが不用意だった気がするんだけどなー(-ω-;)ま、どっちでもいいけど。
    兎にも角にも勝利を手にして、次のラウンドへ駒を進めることができた。
    ちなみにMOMはマッキャン。3得点すべてに絡み、自身も1G1Aを記録した。






    WS001276.jpg
    今回記録した5試合の結果です。
    リーグ戦では1勝3分。攻撃陣はエースエクスラジャーがコンスタントに得点を決めてくれているおかげで、とりあえず大きな問題はなさそうですが、守備陣が・・・。見事に毎試合1失点を喫し、完封というものに無縁な感じになってしまっています。
    もともとかなり守備を重視した戦術を採用しており、これ以上守備寄りにするわけにもいかないので、とりあえずトレーニングで守備に割く時間を長くしてみようかと思います(; ̄ー ̄)



    WS001265.jpg
    第27節終了時点の順位表です。
    一時はEL出場権を獲得できる6位まで上昇したのですが、現在は8位となっています。
    そもそも、今シーズンは残留が目標だったのでこれでも十分すぎる出来と言っていいのはないでしょうか?
    に、してもドロー多いですね・・・。27試合やって14個とか、半分以上ドローって事ですか・・・うーん(-ω-;)




    それでは、今回はここまで。
    次回もリーグ戦の結果を中心に記録していきます。

    スポンサーサイト
    [ 2013/09/08 23:39 ] Sheff Utd(14/15) | TB(0) | CM(0)

    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://isoyaki1.blog.fc2.com/tb.php/34-a5ec65a3







    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。