スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    中位。

    今シーズンも残すところあと10試合ちょっと。そして現在の順位は8位。
    降格圏までの勝点差を考えると、よほどのことがな限り当初の目標であった残留は勝ち取ることができそうです。
    と、なると次なる目標はEL出場権の獲得となるのですが、現在5位のMan.Cとの勝点差が13も開いていることから、自力でFA杯を優勝するor決勝がリーグの上位陣同士のカードになることを祈りつつリーグで6位に入る。という2つの道しか残されていないようです。
    で、FA杯のトーナメントツリーを見てみると、現時点で残っている上位陣はMan.UとTottenhamのみ・・・。幸いツリーの両端に位置しているため、決勝までこの2チームが当たることはないのですが、そんなにうまくいくのかなー(-ω-;)
    とりあえず、難しい事は考えても仕方がないので、目の前の試合に集中していきましょう!



    それでは、今回はリーグ第28節Tottenham戦からの記録となります。



    Sheff Utd vs Tottenham Hotspur Barclays Premier League 第28節/2015.02.24(Tue)

    Starting Line-up

    WS001280.jpg

    Key Player

    WS001278.jpg

    WS001279.jpg

    WS001277.jpg

    リーグ第28節は、ホームに4位Tottenhamを迎える。
    Tottenhamには前回対戦時、手も足も出ずに0-3というスコアで惨敗を喫している。
    今回はホームでの試合であるため、リベンジ!とまではいかなくても、なんとか恥ずかしくない程度の試合は見せられるように頑張りたい。
    ちなみに、採用したしシステムは守備的な4-2-3-1。さらにDMの組み合わせをボッデシモンとし、我がクラブで考えられる中で最も守備に重点を置いた戦術で挑むこととした。


    Result

    WS001283.jpg

    WS001282.jpg

    コアレスドロー。
    試合直前のトレーニングを守備練習に割いたのが良かったのか、前回対戦時に3失点を喫した相手を無失点で抑えることができた。
    スタッツ的にもシュート数、支配率ともに相手を下回りはしたが、前回対戦時のような虐殺を思わせるようなものとはならなかった。
    リーグ戦ではここ6試合連続で失点をしていたため、実に7試合ぶりのクリーンシートとなったが、まさかTottenham相手に達成できるとは思わなかったので喜びもひとしおですね(*^-゚)




    Sheff Utd vs Mancester Utd Barclays Premier League 第29節/2015.02.28(Sat)

    Starting Line-up

    WS001285.jpg

    Key Player

    WS001286.jpg

    WS001287.jpg

    WS001288.jpg

    リーグ第29節は、Mancester Utdとアウェイでの対戦となる。
    前回対戦はこちらのホームで1-1のドローという結果だった。
    試合内容的にも互角に近いもの演じることができ、大きな自信を手に入れることができた。
    今回はアウェイでの試合であるが、前回同様にいい試合ができるように頑張りたい。
    ちなみに、前回対戦時には怪我で離脱していたVan Persie香川選手が今回はスタメンに名を連ねている。
    非常に破壊力のある攻撃陣となっているが、前節のTottenham戦で見せた安定した守りを今節も見せてくれることを期待したい。


    Result

    WS001290.jpg

    WS001289.jpg

    ( ゚д゚)・・・。
    前半39分までは割といい試合だったが、衝撃的な先制点を挙げられた所から守備が崩壊してしまった。
    そのシュートはゴール向って左のPA外から放たれ、浮きあがるようにゴール右上のクロスバーを叩いてゴールに吸い込まれた。
    打たれた瞬間は上に大きく外すシュートと錯覚したため、余計にショックが大きかった。
    で、その先制点を挙げた犯人はC.Lawal

    WS001291.jpg

    生成選手にありがちなアンバランスな能力構成になっているが、そのアンバランスさが割と高いレベルで起こっているため、これからも非常に怖い存在になりそうだ。
    しかもまだ17歳って・・・。
    結局、この17歳に好き放題やられてしまい、1G2Aを記録されてしまった。
    終了間際にマッデンパミッチのスルーパスを受けて1点を返すゴールを挙げて一矢報いたが、時すでに遅すぎて笑えるわ!という感じだった。
    たぶんこれが本当のMan.Uなんですね。前回少しいい試合ができたからといって、いい気になってたのが恥ずかしく思えてきました(/ω\)






    WS001292.jpg
    シモンが2月の月間最優秀選手に選出されました。
    中盤の底で我がクラブの守備を支えてくれている重要な選手です。
    得点やアシストを挙げるといった目立った活躍がしにくいポジションなのですが、こうやって評価してもらえると嬉しいものですね(´▽`)



    WS001293.jpg
    マグワイアが2月の月間最優秀若手選手に選出されました。
    これで11月から4カ月連続での同賞の受賞となります。なんだか当たり前のように受賞しているのが凄過ぎてよくわからなくなってきました。
    こうなってくると、年間ベスト11とかに選出されるんでしょうか?とても嬉しい事なのですが、確か割と高額なベスト11ボーナス条項を付けてあったような気が・・・。
    ま、この際なので細かい事を気にするのはやめましょう( ̄∇ ̄*)




    Middlesbrough vs Sheff Utd The FA Cup with Budweiser 6回戦/2015.03.07(Sat)

    Starting Line-up

    WS001295.jpg

    Key Player

    WS001298.jpg

    WS001299.jpg

    WS001302.jpg

    先週のMan.U戦で大敗し、傷心で迎えた今週末はFA杯6回戦でMiddlesbroughと対戦する。
    って・・・またアウェイかよヽ(`Д´)ノ
    はい、これで今季カップ戦6試合中5試合がアウェイでの試合となりましたー。誰だよクジ引いてる奴・・・( ̄ヘ ̄)
    それでも、FA杯ではここまでプレミア勢とは1試合もやっていないという一面もあるので、神様も完全には見捨てていないということでしょう。たぶん。
    そして今回対戦するMiddlesbroughも2部所属のクラブ。昨季までは同じディビジョンに属していた。
    お互いメンツが変わりすぎて参考にならないかもしれないが、これまでの通算対戦成績はこちらの2勝1分と相性はいいようだ。
    日程を確認してみると、この試合の後は来週末のFulham戦まで試合は組まれていないようなので、遠慮なくベストメンバーで挑むこととした。


    Result

    WS001297.jpg

    WS001296.jpg

    勝!
    スタッツの通り、こちらが多くのチャンスを作って勝利を手にすることができた。
    前半からいくつも決定的なチャンスを作りながら、70分まで点を取ることができなかったというのが少々不満ですが、期待していた結果は手に入れることができたのでヨシとしましょう(´▽`)
    次はいよいよウェンブリーでの準決勝となります。相手は、ここまで全くいい思い出がないTottenhamとなります。
    この時点ですでに無理ゲー臭が漂ってますが、なんとか決勝の舞台に立てるように頑張ってみましょう!




    Sheff Utd vs Fulham Barclays Premier League 第30節/2015.03.14(Sat)

    Starting Line-up

    WS001307.jpg

    Key Player

    WS001303.jpg

    WS001306.jpg

    WS001310.jpg

    リーグ第30節は、ホームにFulhamを迎える。
    この試合の後、代表ウィーク(親善試合)のため2週間のプチ中断期間に入る。
    現在我がクラブには数えるほどしか代表選手はいないため、コンディション等は気にせずベストメンバーで挑むこととする。


    Result

    WS001311.jpg

    WS001308.jpg

    WS001309.jpg

    勝!
    スタッツ的にはあまり差が無いように見えるが、試合を通じてこちらが多くのチャンスを作り出していた。
    相手のシュートの多くはアテのないミドルだったこともあって、点を取られる気配はあまりなかった。
    得点も、エースのエクスラジャーが2得点を挙げて勝利を呼び込んでくれた。
    途中で開催されていたFA杯で勝利を挙げていたせいであまり実感はなかったが、リーグ戦では実に5試合ぶりの勝利だったようだ。
    一時はビッグクラブに混ざって6位まで順位を挙げていたが、知らないちにその6位との勝点差6の8位まで順位を落としていたのも当然だったということですね。
    しかし、この勝利で残留ラインまで残り8試合で21。もしかしてもしかしたら次節あたりに今シーズンの残留が決定するかもしれません(´▽`)




    WS001312.jpg
    この試合の2点目、エクスラジャーのゴールが3月の月間ベストゴールの3位に選ばれました。
    これまでこの賞には縁遠かっただけに、3位とはいえ初のランクインをしたので少し嬉しいですね(´▽`)
    いつかは1位を獲得したいものですね(`・ω・´)




    Liverpool vs Sheff Utd Barclays Premier League 第31節/2015.04.01(Wed)

    Starting Line-up

    WS001313.jpg

    Key Player

    WS001324.jpg

    WS001325.jpg

    WS001326.jpg

    リーグ第31節は、アウェイでLiverpoolと対戦する。
    WS001317.jpg
    「大勝利 間違いなし.」
    なんかここまでハッキリと書かれると気持ちがいいもんですねw
    オッズを見てもこちらが勝利すると思っている人はごく少数のようです。
    一応、前回対戦ではホームでの試合でしたが割といい試合をしてドローという結果を出したのに、酷い言われようです(>_<)
    とりあえず、いつぞやのArsenal戦やMan.U戦のような悲惨な試合にならないように守備を意識した4-2-3-1で試合に入ることとした。


    Result

    WS001320.jpg

    WS001319.jpg

    敗?
    結果だけを見れば0-1という最少得点差だったため惜敗だったように見えるが、スタッツを見ての通り力の差がはっきりと出た試合になってしまった。
    一応、決定機とハーフチャンスを1つずつ作ることができたので、そのどちらかを決めれば追いつくこともできたことを思うと若干の悔しさもあるが、相手が相手だけにそんなに甘くはなかったようだ。
    試合前の予想が大差だった事を考えれば、もっと悲惨な結果になる可能性もあったので、この結果でもまぁいいかな?という気もしますね(´▽`)



    WS001322.jpg
    今回記録した5試合+代表ウィークの中断期間に組んだ親善試合の結果です。
    やっぱりビッグ4(+2)に勝利するのはなかなか難しいですね・・・。これらのクラブから勝てたのは20節のホームChelsea戦だけといった惨状です。
    ま、昇格1年目からサクサク勝ててもアレですので、これらのクラブに向こう張って戦うことができるようにこれから頑張って強くなっていきましょう!



    WS001321.jpg
    第31節終了時点での順位表です。
    現在のところ8位と、中位に付けています。
    ま、中位と言っても「強きを挫き弱きを助く」といった中位力の賜物ではなく、「強きに挫かれ弱きは助けない」というなんとも格好の悪い結果の産物ですが、降格候補として迎えた昇格1年目としてはよく頑張っていると言ってもいいのではないでしょうか?



    それでは、今回はここまで。
    次回はリーグ戦ラスト7試合+FA杯準決勝他まとめてシーズン最後まで一気に記録しようかなーと思ってます。

    スポンサーサイト
    [ 2013/09/13 00:21 ] Sheff Utd(14/15) | TB(0) | CM(0)

    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://isoyaki1.blog.fc2.com/tb.php/35-62f72305







    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。