スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    ~最終節。

    今回は、予告通りシーズン終了まで一気に記録していきます。
    記録する試合数は8。
    普通にやってもずいぶんと長くなりそうなので、早速本題に入っていきたいと思います。


    それでは、今回はリーグ第32節Norwich City戦からの記録となります。



    Sheff Utd vs Norwich City Barclays Premier League 第32節/2015.04.04(Sat)

    Starting Line-up

    WS001330.jpg

    Key Player

    WS001327.jpg

    WS001329.jpg

    WS001328.jpg

    リーグ第32節は、ホームにNorwichを迎える。
    相手は現在17位と、残留争いにどっぷり浸かっている。
    試合前の予想ではこちらの勝利を支持する声が多いのだが、窮鼠猫を噛む的な怖さはあるので気を引き締めてかかりたい。
    採用したシステムは、ホームで採用することの多い4-1-4-1。ここ最近の過密日程のため一部主力に疲れが見えるが、ホームでの格下相手の試合を落とすわけにはいかないため、極力ベストに近いメンバーで挑むこととした。
    ちなみに、この試合で引き分け以上の結果が得られれば、他の試合結果に関係なく残留が決定する。今シーズン最大の目標を達成するためにも、なんとかいい結果を手に入れたいところ。


    Result

    WS001332.jpg

    WS001331.jpg

    残留決定!
    スタッツを見ての通り、どうして勝てたか分からない試合となったが、結果だけは最高のものが手に入った。
    たぶんもう一回やったら同じことにはならないだろうなー思えるくらいラッキーな勝利となった。
    兎にも角にも今季最大の目標であった「残留」をすることができた。開幕前は不安しかなかったが、結局6試合を残しての残留決定という思いもよらない結果となった。
    尚、この試合でも決勝点となるゴールを挙げてくれたエクスラジャーですが、ここ最近の好調でついに得点ランキングの5位まで上がってきました。
    現在得点王のE.Adebayorまでは10点も差が付いているため、さすがにそこまで行くのは難しいと思いますが、1つでも順位を挙げられるように頑張ってもらいたいところですね(*^-゚)




    Blackpool vs Sheff Utd Barclays Premier League 第33節/2015.04.08(Wed)

    Starting Line-up

    WS001333.jpg

    Key Player

    WS001334.jpg

    WS001335.jpg

    WS001336.jpg

    リーグ第33節は、アウェイでBlackpoolと対戦する。
    相手は現在4連勝&4試合連続無失点中と非常に調子がいいようだ。
    前回対戦では、前半で2点を先行しながらも後半に反撃を受け、辛くも2-1で逃げ切っての勝利を収めている。
    今回はアウェイでの試合となるが、なんとかいい結果を出せるように頑張りたい。


    Result

    WS001338.jpg

    WS001337.jpg

    Theスコアレスドロー。
    スタッツの通りこちらがやや優勢に試合を進めていく展開となったが、結局得点を奪えずにドローとなった。
    MOMが相手キーマンにも挙げたDCC.Cathcartが選出されたのが象徴するように、両チームとも攻撃陣よりも守備陣が目立った試合となった。




    Sheff Utd vs Tottenham Hotspur The FA Cup with Budweiser 準決勝/2015.04.12(Sat)

    Starting Line-up

    WS001339.jpg

    Key Player

    WS001340.jpg

    WS001341.jpg

    WS001342.jpg

    前の試合から中2日で迎えたFA杯準決勝はWembley StadiumでTottenhamと対戦する。
    Tottennhamとはここまでリーグ戦で2度対戦したことがあるが、結果は0-3(A)、0-0(H)と一度も勝ったことが無い。
    今回はカップ戦なので少しはメンバーを落としてきてくれないかなーと期待していたのですが・・・うん、これはベストメンバーですね(; ̄ー ̄)
    さすがにFA杯の準決勝ともなると、本気で勝負に出てくるみたいです。
    対するこちらも、ミッドウィークの試合での疲れが抜けてないのを承知でベストメンバーで挑むこととした。


    Result

    WS001344.jpg

    WS001343.jpg

    年連続準決勝敗退(-ω-;)
    試合は開始から予想通り相手に押し込まれる展開。
    しかし、守備陣の奮闘でなんとか無失点で凌いでいた63分。MLマクレーンが逆サイドでMRフリンが挙げたクロスにうまく走りこみながら合わせて先制点を挙げることに成功する。
    残りはロスタイムを入れると約30分。この虎の子の1点を守るべく、チームに守備的な指示を与える。
    その後は相手に圧倒的に攻め込まれながらも決定的な場面を作られることなく、時間を潰していくことができた。
    が、残りあと5分となった85分。これまで守備面で獅子奮迅の働きをしていたシモンが、PAの左角で相手を倒してPKを献上してしまう。
    全く決定的な場面ではなかったので無理してスライディングなんてしなくてよかったのに、なんで・・・。
    そして、このPKをE.Adebayorにあっさり決められ、決勝まであと少しのところで同点に追いつかれてしまった。
    土壇場で追いつかれてしまったチームに再び勝ち越し点を奪う気力などは残っておらず、延長戦でさらに2点を失っての敗退となってしまった。
    昨年のWigan戦に続いて、2年連続でのFA杯準決勝敗退となってしまった。なんとなくですが、今後もこの「準決勝」というやつが見えない壁になってしまいそうでイヤ~な予感がしますね( ̄ω ̄;)




    Sheff Utd vs West Ham Utd Barclays Premier League 第34節/2015.04.18(Sat)

    Starting Line-up

    WS001349.jpg

    Key Player

    WS001353.jpg

    WS001347.jpg

    WS001348.jpg

    リーグ第34節はホームに13位West Hamを迎える。
    West Hamは、第15節で我がクラブに今季初のアウェイ勝利を挙げさせてくれた相性のいい相手。
    今回はホームでの試合となるため、是が非でも勝利を手に入れたい。
    相手のシステムは中盤をフラットに構えた4-4-2。2TOPにはエースのM.Boselliと・・・ってあれ?いない・・・。
    なぜか相手エースはベンチスタートになったようだ。日程的にも全然タイトではないし、コンディションも万全のようだし、一体何があったんだろうか?
    ま、とりあえずこちらとしてはやりやすくなったのでラッキーと思っておきましょう(´▽`)


    Result

    WS001352.jpg

    WS001351.jpg

    転勝利!
    前半はこちらが押し気味に試合を進めたが、この日はエースのエクスラジャーの調子が悪く、なかなか先制点を奪うことができない。
    しかし、後半開始早々に相手のキーマンでありキャプテンのM.Nobleが2枚目のイエローを貰って退場するというビックチャンスが訪れる。
    こうなったらなんとしても勝たねばと、システムをこれまでの4-1-4-1から相手と同じ中盤をフラットに構えた4-4-2に変更して攻勢をかける。
    ところが57分、先制点を奪うどころか逆に相手のベテランストライカーG.Holtにゴールを許してしまう。
    これはマズイな・・・さてどうしたものかと考えた結果、とりあえず数的優位を生かすために展開の幅を広くして攻める&より高い位置からプレスをかけて守る作戦に変更した。
    この変更のおかげかはよく分からないが、その後78分にマクレーンが倒されて獲得したPKと、ゴールほぼ正面からのミドルシュートを共にパミッチが決めて逆転で勝利を挙げることができた。
    この結果、現在の順位は8位となり、さらにELに出場するチャンスを手に入れる可能性が残る6位のChelseaまでの勝点差は4に迫った。
    残りが4試合で、その相手もStoke(4位)、Arsenal(3位)、Q.P.R(18位)、Man.C(2位)ということを考えると追いつくことは相当難しいと思われるが、数字の上で不可能になるまでは夢を見てみようかなーと思います( ̄∇ ̄*)ゞ






    WS001350.jpg

    フリンが試合中の接触で肋骨を痛めてしまいました。
    離脱期間は6~8日。幸い、これから最終節までは週1ペースでしか試合が組まれていないので、恐らく次の試合のみの欠場で済みそうです。




    WS001354.jpg

    West Ham戦で2得点を挙げてチームを勝利に導いたパミッチが週間ベスト11に選出されました。
    おめでとう!




    Stoke City vs Sheff Utd Barclays Premier League 第35節/2015.04.25(Sat)

    Starting Line-up

    WS001358.jpg

    Key Player

    WS001355.jpg

    WS001356.jpg

    WS001357.jpg

    リーグ第35節は、アウェイでStoke Cityと対戦する。
    相手は現在5位に付けており、来年のCL出場権争いを繰り広げている。
    この大事な時期に我がクラブのような格下相手にホームで取りこぼしはできない!といった姿勢で臨んでくることが予想されたため、いつもの通り守備的な4-2-3-1を採用して守りから試合に入ることとした。


    Result

    WS001360.jpg

    WS001359.jpg

    足感十分のドロー。
    試合は、予想通り相手が一方的にこちらを攻め立てる展開となった。
    しかし、こちらも守備を固めて対応したためなんとか無失点で前半を終えることができた。
    が、前半のシュート数が0対7・・・。
    試合を見ていると、ボールは奪えてもその先の人数が足りていないため、ハーフライン付近でボールを奪われる→相手の攻撃→クリアするがハーフライン付近で・・・といったようにずっと相手のターンになってしまっていた。
    なんとか前半は凌げたものの、こんなことでは後半は持たないなーと思い、思い切ってシモンと中盤の底でダブルボランチを組んでいたマッキャンを1列挙げてシステムを4-1-4-1にし、前目の位置でのつなぎ役を増やしてみた。
    すると、これが功を奏したのか前半とは打って変わって攻撃が機能し始める。
    そして迎えた52分、シモンがPA内に放り込んだボールを相手GKがまさかのファンブルを犯し、これを詰めていたパミッチが無人のゴールに蹴りこんでまさかの先制点を挙げることに成功した。
    これはイケるか!と思ったが、相手も5位につけている好調なチームだけあって、58分と67分にそれぞれこちらのゴールを揺らして逆転に成功する。
    さすがにこれで終戦かと思ったが、79分に相手MCC.Carmonaが2枚目のイエローを受けて退場となった。
    残すはあと10分強。一人少ない相手にこのまま敗戦というのは癪に障るので、一か八かでシステムを4-4-2に変更して勝負に出た。
    すると、この変更の直後の80分。途中出場のSTマッデンが左サイドのキャリーからのクロスを頭で押し込んで、なんと同点に追いついてしまった。
    ここまで来たら逆転を!と残り時間も攻め続けたが、勝ち越し点を奪うことはできずに2-2のドローで試合終了となった。
    しかし、格上相手に苦しい試合展開ながらも勝点1を持ち帰ることができ、十分満足のいくドローとなった。






    WS001365.jpg

    試合の後、ヒギンボザムの衰えについてのレポートが上がってきました。
    確かに今季は今までのような安定した評価を得られなくなってきているなーとは思っていたので、そろそろ世代交代の時期かな?とは思っています。
    それでも契約は来季末まで残っているので、貴重なバックアッパー&精神的支柱としての活躍を期待したいと思います。




    Sheff Utd vs Arsenal Barclays Premier League 第36節/2015.05.02(Sat)

    Starting Line-up

    WS001369.jpg


    Key Player

    WS001366.jpg

    WS001367.jpg

    WS001368.jpg

    今シーズンも残すところあと3試合となったリーグ第36節は、ホームにArsenalを迎える。
    Arsenalには前回対戦で1-4でボコボコにやられた苦い記憶がある。
    今回はホームでの試合となるため、前回よりはマシな試合を見せられるように頑張りたい。
    とりあえず、システムは守備的な4-2-3-1を採用して守備をしっかりと固めて試合を進めていく作戦とし、メンバーについても、現在考えられるベストの布陣で全力をもって挑むこととした。


    Result

    WS001371.jpg

    WS001370.jpg

    も実力のうち?
    スタッツを見ての通り、ボール支配率とシュート数に関しては相手が上回っていた。
    しかし、スコアは2-0でこちらの勝利。得点シーンも決して相手ディフェンスを崩して挙げたものではなく、1点目&2点目ともに相手ディフェンス陣の致命的なミスからのものであった。
    また、こちらの守備陣も相手の強力な攻撃陣を前に何度も決定的なシーンを作られながらも粘りを見せ、90分間で枠に4度も助けられるという運にも助けられながら無失点で凌ぐことができた。
    前回対戦時には手も足も出なかった相手に、ホームでの試合だったとはいえ2-0という思いも寄らないスコアで勝利を挙げることができた。






    Q.P.R vs Sheff Utd Barclays Premier League 第37節/2015.05.10(Sun)

    Starting Line-up

    WS001380.jpg

    Key Player

    WS001377.jpg

    WS001378.jpg

    WS001379.jpg

    リーグ第37節は、アウェイで17位Q.P.Rと対戦する。
    今シーズンも残すところあと2試合。そしてFA杯の結果次第であるが、EL出場の夢を見ることのできる6位までの勝点差は6。
    現在の6位がChelseaであることを考えると絶望的ではあるが、一応可能性は残っているので最後までEL出場権を目指していきたい。
    採用したシステムは、アウェイということもあって守備的な4-2-3-1。メンバーは現在考えられるベストのメンツで挑む。


    Result

    WS001382.jpg

    WS001381.jpg

    敗。そしてEL出場権バイバーイ( ´Д`)ノ~~
    試合は開始直後から圧倒的な相手ペース。前半40分の時点でこちらのシュートが1本なのに対し、相手は2ケタという惨状。
    なんとかしなくては!と、ここから最も修練度の高い4-1-4-1に変更して巻き返しを試みる。
    が、その変更の直後の44分。マグワイアが最終ラインでボールを奪われたのをきっかけに、B.Zamoraに先制点を許してしまう。
    システム変更をしてこれからというタイミングで残念なミスから先制点を許してしまった。
    この失点の衝撃が大きかったせいなのか、それともただ単に実力不足のせいなのかは分からないが、後半に入っても全く流れは変わらないまま時間が過ぎて行ってしまう。
    そして迎えた68分、先制点を挙げたB.Zamoraにトドメの2点目を決められて勝負あり、となってしまった。
    一応、ラスト20分は4-4-2に変更してさらに攻撃的に試合を進めようと試みたのだが、スタッツを見ての通りシュートすらまともに打てないまま試合が終了してしまった。
    うーん・・・一体何が悪かったんだろう?EL出場権を得るために絶対に負けは許されい大事な試合を、今シーズンのワーストゲームと言える出来で落としてしまった。




    Mancester City vs Sheff Utd Barclays Premier League 第38節/2015.05.17(Sun)

    Starting Line-up

    WS001383.jpg

    Key Player

    WS001387.jpg

    WS001384.jpg

    WS001388.jpg

    リーグ最終戦はアウェイでのMan.C戦。
    前回対戦では押込まれながらもスコアレスドローの結果を手にしている。
    今回はアウェイでの試合となるため、前回よりも厳しい試合になる事が予想されるが、なんとか良い結果を手に入れたいところ。


    Result

    WS001386.jpg

    WS001385.jpg

    ュート数1対20。しかしMan.C相手に2試合連続でスコアレスドロー。
    前回以上に相手に攻め込まれながらも、守備陣の踏ん張りでなんとか無失点に抑えることができた。
    シュート数は前回対戦時と合わせて32本。うち、枠に飛んできたのが11本。が、得点は0。
    相手からすればこちらのゴールには見えないバリアが張っているように感じているかもしれませんねw
    兎にも角にも今シーズンの最終戦は超格上相手から勝点1を手にして終わることができた。




    WS001393.jpg

    パミッチが試合中に膝を怪我してしまいました。
    2~3週間の離脱となりますが、前の試合を持って今シーズンの全日程が終了してこれからオフシーズンに入るため、チーム編成的には全く痛いくありません(´▽`)
    しっかり治して、また来シーズンも良い活躍をしてもらいたいものですね(^◇^*)




    WS001405.jpg

    今回記録した8試合の結果です。
    FA杯準決勝でTottenhamに延長戦の末に敗れてしまったのが非常に悔やまれますが、チーム力的に仕方がないといった感じでしょうか。
    しかし、リーグ戦はArsenalに2-0で勝利するなど、プレミアの舞台にあっても最後まで安定した戦いを演じることができたように思います。


    WS001389.jpg

    今シーズンのリーグ戦の全日程を終えての結果です。(まだカップ戦の決勝などが残っているため、EL出場権については一部未決定です)
    結果は13勝18分7敗で8位。全日程の約半分が引分けという、粘り強いのか勝負弱いのか分からないような結果になってしまいました。
    印象だけで言うと、試合終盤に追いつかれてドローの試合が結構あったような気がするので、残念ながら勝負弱い方が正解かもしれません( ̄ε ̄;
    兎にも角にも昇格1年目で降格候補に挙げられていたシーズンを、中位で終えるという上々の結果を手に入れることができたような気がします( ̄∇ ̄*)ゞ




    スポンサーサイト
    [ 2013/09/18 22:36 ] Sheff Utd(14/15) | TB(0) | CM(2)

    ヒギンボザムさんが34歳にして代表初デビューだそうです!
    ここで名前を見ていたせいで(お陰で?)他人ごとのように思えず、思わず書込させていただきましたw
    [ 2013/09/20 23:50 ] [ 編集 ]

    >sh.phさま

    え?マジで?と思ってググってみたら本当ですね・・・。
    ジブラルタル代表というフレーズがどうも聞きなれないなーと思ったのですが、今年の5月にUEFAに加盟承認を得たばかりの国のようですね。UEFA主催の大会には、来年行われるEURO2016の予選から参加可能になるみたいです。
    来年は35歳になりますが、36歳になっても我がクラブのディフェンスラインを支えてくれている彼ならきっと問題なくプレイしているはず!とりあえずEUROの予選が始まったら急いでチェックしにいかなければいけませんねw

    教えて頂かなければ、きっと気付かないで通り過ぎていた素敵なニュースをありがとうございました!
    [ 2013/09/21 11:08 ] [ 編集 ]

    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://isoyaki1.blog.fc2.com/tb.php/36-ef26499a







    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。