スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    怪我人と代表と。

    さて、引き続き日程を進めていきます。
    とりあえず、リーグ戦は開幕3連勝と、スタートダッシュに成功したので、このままの調子で行きたいところですね。

    そういえば、つい先日、親クラブを選定して提携を結びました。

    WS000024.jpg

    理事会に打診したところ、候補として見つけてきたのはこの4クラブ。
    なんか、ずいぶんと立派なメンツですね。うちの理事会もなかなかやるもんです。

    WS000025.jpg

    で、選んだのがNewcastle Utd。この4クラブの中では、最も格が下かと思われます。実際、支援金も1番少なかったし・・・。
    しかし、Newcastle Utdは以前プレイしたことがあり、割と愛着も湧いていたため、ほとんど迷うことなく選択しました。
    とりあえず、カバイエ貸してください。タダで。


    さて、それではリーグ第4節から記録していきます。



    Stevenage vs Sheff Utd npower Football League1 第4節/2012.09.01(Sat)

    Starting Line-up

    WS000082.jpg />


    Key Player

    WS000078.jpg

    WS000079.jpg

    WS000077.jpg

    3連勝で迎えたリーグ第4節は、アウェイでのStevenage戦。現在の順位は10位。
    フォーメーションは4-4-2ながら、DMを2枚置いたやけに引き気味の形をとってきました。
    カウンター狙いなんかな?


    Results

    WS000086.jpg

    WS000085.jpg

    4連勝!
    前半は、相変わらず微妙な展開。点は取られないが、チャンスらしいチャンスも作れない。
    しかし、69分にロブソンから裏への浮きパスを受けたマーフィーが、キーパーをかわして無人のゴールへ流し込んで先制!
    いつものように、後半に試合が動いて、勝利。開幕からの連勝を4に伸ばした。


    WS000084.jpg

    (ノ∀`)アチャー
    エースキットソンが肘を怪我して2週間の離脱。しかし、全治2週間の肘の怪我ってどんなんだろ?




    Sheff Utd vs Coventry Johnstone's Paint Trophy 1回戦/2012.09.04(Tue)

    Starting Line-up

    WS000091.jpg


    Key Player

    WS000089.jpg

    WS000088.jpg

    WS000094.jpg

    カップ戦1回戦。相手は、リーグ2位と好調なCoventry。
    カップ戦ということで、こっちも相手もサブの起用が目立ちます。
    そもそも、Johnstone's Paint Trophyは、3部と4部のクラブが参加するカップ戦なのに、1回戦で3部の1位と2位が対戦するってどうなのよ?もうちょっと楽な相手がよかったなー。


    Results

    WS000142.jpg

    WS000092.jpg

    WS000093.jpg

    合は終始攻め込まれるも、前後半ともに無得点で凌ぎ、PK戦で決着をつけることに。
    ここで、我がクラブのGKに神が降臨した模様です。
    PKを4本連続で止めるという、今まで見たことのない離れ業をやってのけてくれました。
    彼のおかげで1回戦突破!ありがとう!

    こちらが我がクラブの神です。
    Mark Howard (マーク・ハワード・GK)
    WS000095.jpg

    全体的にやや寂しい能力。年齢のこともあり、より若くて可能性を秘めたロングにスタメンを奪われている状況。
    このPK連続ストップで監督の評価も・・・変わんないかな?ゴメン。




    Bury vs Sheff Utd npower Football League1 第5節/2012.09.08(Sat)

    Starting Line-up

    WS000098.jpg


    Key Player

    WS000096.jpg

    WS000097.jpg

    カップ戦の劇的な勝利の勢いを持って臨んだリーグ戦。相手は下位に沈むBury。
    アウェイとはいえ、確実に勝利を持って帰りたいところ。
    が、マグワイアロングがU-19代表に召集されたため、それぞれ代役が出場することに。
    相手キーマンも、攻撃的な選手に集まっていることもあり、守備面に不安が残る。
    攻撃陣も、エースキットソンが不在の中、どこまで得点がとれるか。


    Results

    WS000104.jpg

    WS000099.jpg

    な予感が的中!
    開始早々、クレスウェルの得点で先制するが、その後守備が崩壊。
    なんとかマーフィーのゴールで後半途中に追いつくが、そのまま終了まで我慢できずに勝ち越しを許してしまう。
    開幕からの連勝が5試合目に、それも下位相手で止まってしまった。
    次の試合も、代表の2人は帰ってこない予定なので、守備の立て直しがカギになりそう。
    とりあえず、トレーニングの重点項目を守備に切り替えてみようかなぁ。




    Sheff Utd vs Portsmouth npower Football League1 第6節/2012.09.11(Tue)

    Starting Line-up

    WS000105.jpg


    Key Player

    WS000103.jpg

    WS000102.jpg

    WS000101.jpg

    前節に続き、マグワイアロングは代表に召集中。
    2試合続けて守備の崩壊は許されないが、結果はどう出るか。


    Results

    WS000107.jpg

    WS000106.jpg

    倒的に試合を支配して攻め続けるも、結局無得点。
    相手GKのファインセーブや、クロスバーに嫌われて最後までゴールを割ることができなかった。
    しかし、守備時は無失点で切り抜けて一安心。
    次節は代表組も帰ってくるので、また安定した試合運びができるようになるかな?




    Sheff Utd vs Yeovil npower Football League1 第7節/2012.09.15(Sat)

    Starting Line-up

    WS000110.jpg


    Key Player

    WS000113.jpg

    WS000109.jpg

    WS000108.jpg

    リーグ第7節は、ホームに17位Yeovilを向かえる。
    相手キーマンは、身長201㎝&ジャンプ18という、まさに空中戦専用機のDC D.Burnと、我がクラブの誰よりも走力のあるST P.Madden
    とりあえず、この2人に仕事をさせないようにして、勝利を目指したい。


    Results

    WS000112.jpg

    WS000111.jpg

    表帰りのマグワイアが攻守に大活躍!
    守備では、90分通して安定したプレイを見せ、相手に得点を与えなかった。
    攻撃では、後半開始早々にロブソンのCKをニアサイドに走りこみながらヘッドで合わせて決勝点を叩き出した。
    流石U-19代表!いい仕事しますわ。
    201cmの彼は、こちらのロングボール等は堅く跳ね返していたが、失点シーンでは別の選手のマークに付いていたようで、ペナルティエリアの中央付近に佇んでいましたw
    これでリーグ戦では、3試合ぶりの勝利を飾ることができた。この調子でまた連勝街道といきたいところですね。




    WS000214.jpg

    ここまで、リーグ7戦で5勝1敗1分で3位。
    やっぱり、ロングマグワイアが代表で欠けた2試合を落としたのが地味に痛いですね。
    キットソンが怪我をしてから得点力も落ちてきてるし・・・。
    まぁ、まだシーズンも始まったばかりなので、これから巻き返して行きましょう!

    それでは、今回はこれまで。


    順位表のSSを撮り忘れてしまった・・・(´・ω・`)

    スポンサーサイト
    [ 2013/04/12 22:42 ] Sheff Utd(12/13) | TB(0) | CM(0)

    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://isoyaki1.blog.fc2.com/tb.php/5-a17b2459







    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。