スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    強豪連戦。

    さて、今回も引き続きぼちぼちと記録をしていきます。
    まずは今後の日程について少し。
    WS002110.jpg
    うん、厳しいですねこれは。
    リーグ戦の相手だけでも強豪ぞろいなのに、なんでこの間にCLのBayern戦が挟まって来るかなー。
    本来ならばローテーションを組んで臨みたいくらい過密日程な部分もありますが、このレベルの相手にかます余裕などは持ち合わせていないので、主力陣には怪我をしないギリギリの範囲での連戦に耐えてもらおうかなーと思ってます。


    それでは、行ってみましょう。
    今回はリーグ第6節のMan.C戦からの記録となります。


    Sheff Utd vs Mancester City Barclays Premier League 第6節/2016.09.24(Sat)

    Starting Line-up

    WS002043.jpg

    Key Player

    WS002044.jpg

    WS002045.jpg

    WS002046.jpg

    リーグ第6節は、ホームにMan.Cを迎える。
    Man.Cとは過去5戦で3分2敗と、一度も勝った事がない。
    プレミアで戦うのも3年目となるので、そろそろ一回くらいは勝っておきたいところ。
    採用したシステムは4-1-4-1。
    相手が相手なので、手持ちの戦術の中で最も守備的なものを採用した。


    Result

    WS002048.jpg

    WS002047.jpg

    ってドロー。
    前後半ともに開始直後に失点をしてしまうという苦しい展開。
    しかし、左サイドハーフのマクレーンの活躍で2点差を追いついてドローに持ち込むことができた。
    に、してもヘレニウスが決めた2点目。
    ディフェンダーが頭でGKに戻したバックパスをかっさらって決めるという、先日某国代表がやらかしたシーンを思い出してしまいました・・・(  ̄_ ̄)





    WS002049.jpg

    マクレーンが週間ベスト11に選出されました。
    Man.C戦では2点ビハインドの厳しい状況から光を見出す得点を挙げ、チームを勇気づけてくれました。
    おめでとう!



    Basel vs Sheff Utd Champions League GroupeB 第2節/2016.09.28(Wed)

    Starting Line-up

    WS002050.jpg

    Key Player

    WS002052.jpg

    WS002053.jpg

    WS002054.jpg

    CLグループステージ第2節は、アウェイでBaselと対戦する。
    グループステージを突破するためには、アウェイとはいえ負ける事は許されない相手となる。
    日程的に厳しいため控え選手の起用が目立つが、なんとか勝利を収めたいところ。


    Result

    WS002056.jpg

    WS002055.jpg

    いついてのドロー。
    ほぼ互角の展開ながら、先制点を奪われる苦しい展開。
    先制点を挙げたのは、なんと日本人選手である小野祐二
    と、言ってもゲーム開始当初ベルギーにいる方の小野ではなく、Jリーグパッチの中にいる出来のいい方の小野ですが。
    ちなみに、ベルギーにいた方の小野選手は今シーズン始めにアルビレックス新潟に移籍している事を確認しました(; ̄ー ̄)
    肝心の試合の方は、先制点を奪われた直後に4-4-2に変更したことがハマり、途中出場のヘレニウスが先制された5分後に同点ゴールを奪うことに成功した。
    その後も割と攻め続けたのだが、最後まで勝ち越し点を奪うことができず、勝点1ずつを分け合う結果となった。




    Liverpool vs Sheff Utd Barclays Premier League 第7節/2016.10.01(Sat)

    Starting Line-up

    WS002059.jpg

    Key Player

    WS002060.jpg

    WS002061.jpg

    WS002062.jpg

    リーグ第7節はLiverpoolとアウェイで対戦する。
    昨年の成績は1勝1敗。お互いに相手方のホームで勝利を挙げるという、少し珍しい結果となった。
    と、なると今回は我がクラブに分があるような気がしてくるが、相手は前節終了時点で首位。
    難しい試合となることが容易に予想できるが、出来れば勝点を1つでも持ち帰りたい。


    Result

    WS002067.jpg

    WS002066.jpg

    想外の勝利!
    試合前のオッズも試合展開も完全に相手が優位に立っていたが、結果だけはこちらが良いものを手に入れた。
    そしてこの試合の結果、第7節終了時点でなんと首位に立ってしまった。
    ここまで楽な試合など一つもなかったのでイマイチ実感が湧かないが、少しでも長くこの位置にいられるように頑張っていきたいと思う。




    Sheff Utd vs Arsenal Barclays Premier League 第8節/2016.10.15(Sat)

    Starting Line-up

    WS002073.jpg

    Key Player

    WS002069.jpg

    WS002070.jpg

    WS002071.jpg

    代表ウィーク明けの第8節は、ホームにArsenalを迎える。
    相手は現在7位と、ここまでは予想外の苦戦を強いられているようだ。
    本来であれば4-1-4-1の守備的な布陣で挑むところであるが、相手が不調である(という予想の)ため試しに4-4-2を採用して攻撃的に出てみる。
    あまりにも機能しないようだったら早めに見切りをつけて、使い慣れた4-1-4-1に戻せるように準備をして試合に臨む。


    Result

    WS002076.jpg

    WS002074.jpg

    戦連続のジャイアントキリング達成!
    前半に挙げた連続得点で流れをがっちりと掴むことができた。
    試合終盤にファン・デルホールンが一発レッドを食らって退場してしまったが、残ったメンバーをうまく組み替えて凌ぐ事ができた。
    に、しても故意のハンドはやったらアカンですわ・・・。
    チームを窮地に追いやる退場をしてしまった場合には、初犯であればとりあえず警告で済ますのですが、内容が内容なので彼には1週間分の罰金を科しておきました( ̄ε ̄;





    FC Bayern vs Sheff Utd Champions League GroupeB 第3節/2016.10.19(Wed)

    Starting Line-up

    WS002079.jpg

    Key Player

    WS002081.jpg

    WS002083.jpg

    WS002082.jpg

    先のリーグ戦から中3日で迎えたCLグループステージ第3節は、アウェイでBayernと対戦する。
    本来ならば主力を休ませたいところだが、このレベルの相手に対してサブ中心で臨んだ日には虐殺される未来しか見えなかったのでベストに近い布陣で挑むこととした。
    大量失点だけはしないように気を引き締めていきたい。


    Result

    WS002086.jpg

    WS002085.jpg

    張ったけど敗戦。
    ファウルとカードの数から分かるように、ひたすら守備に追われた90分間だった。
    激しく守ってカウンターしか勝機が見いだせないような試合で、2点も先行されたら苦しくなるに決まっているというわけで。
    これでグループリーグ3試合を終えて1勝1分1敗で3位。予想通りか、それ以上の頑張りを見せてくれていると思います。





    Sheff Utd vs Southampton Barclays Premier League 第9節/2016.10.22(Sat)

    Starting Line-up

    WS002087.jpg

    Key Player

    WS002088.jpg

    WS002089.jpg

    WS002091.jpg

    リーグ第9節はホームに19位Southamptonを迎える。
    試合前の予想オッズがこちらの勝利につけられたのが1.17倍に対して相手の勝利は11.0倍。
    さすがにそこまで実力差はないでしょーと思いながらも、攻撃的な2TOPの布陣を引いて確実に勝利を目指していく。


    Result

    WS002094.jpg

    WS002093.jpg

    待通りの勝利!
    試合展開的にはもう1,2点取れたような気もするが、とりあえずは望まれていた勝点3を手にすることはできた。
    次の試合は1週間後なので、疲労がたまった主力陣にはこの機会にゆっくりと休んでもらわなければ。




    Chelsea vs Sheff Utd Barclays Premier League 第10節/2016.10.29(Sat)

    Starting Line-up

    WS002095.jpg

    Key Player

    WS002096.jpg

    WS002097.jpg

    WS002098.jpg

    10月のラストゲームはアウェイでのChelsea戦。
    前節から1週間空いたので、主力陣のコンディションはほぼ万全。
    強豪相手のアウェイ戦という事で、いつものように4-1-4-1を採用して守ってからのカウンターを主体に戦っていく。

    Result

    WS002100.jpg

    WS002099.jpg

    んとかドロー。
    前半34分にピアースの軽い守備からLukakuに決められて先制を許してしまう。
    この日のピアースは何故か動きがイマイチだったので、前半だけで退いてもらった。
    で、交代で出場したのが今季から控えに回ることが多くなってしまったマグワイア
    結果的にはこの交代のおかげ(?)で同点ゴールが生まれ、なんとか勝点1を手にすることができた。




    Sheff Utd vs FC Bayern Champions League GroupeB 第4節/2016.11.1(Tue)

    Starting Line-up

    WS002101.jpg

    Key Player

    WS002102.jpg

    WS002103.jpg

    WS002104.jpg

    CLグループステージ第4節は、ホームにBayernを迎える。
    今回はホームでの試合となるので、前回とは少しでも違った戦いを見せたいところ。
    採用したシステムは手持ちの中で最も守備的な4-1-4-1。
    相手が相手なので、ホームとはいえ強気に出る事ができなかった。


    Result

    WS002106.jpg

    WS002105.jpg

    っちゃった。
    相変わらず試合は支配されてしまったものの、ラッキーなPKそしてエクスラジャーの超珍しい頭でのゴールという素敵な事象が重なって、見事に勝利を挙げる事ができた。
    とりあえず、この試合をもって1ヶ月以上にわたって続いた強豪連戦シリーズを終える事ができた。
    結果の方は8試合で4勝3分1敗と、予想以上に良い成績を残すことができた。
    これから年末にかけては比較的組みしやすい相手が続くため、ガシガシ勝点を積み上げていきたいと思う。





    WS002109.jpg
    今回記録した8試合の結果です。
    強い相手が続いた割にはそこそこの成績を残すことができました。
    クリーンシートが2試合だけというのが少し気に掛かりますが、今のところ攻撃陣がコンスタントに点を取ってくれているので、しばらくは大きくメスを入れるような事はしないでいいかなーと思ってます。


    WS002107.jpg
    第10節終了時点での順位表です。
    現在の順位は2位。上出来すぎです。
    まだ先は長いので、今の順位に一喜一憂しないで目の前の試合を勝っていく事に集中していきたいと思います。


    WS002108.jpg
    チャンピオンズリーグの順位表です。
    第4節まで終わりましたが、なんですかこの混戦。
    勝点、得失点差ともに1試合の結果ですべてがひっくり返ってしまうレベルで接近しています。
    早々に突破を決めて、ラスト1,2試合は消化試合にして主力陣を休ませるなどといった素敵なプランは、このグループのどのクラブにとっても夢物語で終わりそうです。



    それでは、今回はここまで。
    スポンサーサイト
    [ 2013/12/22 01:15 ] Sheff Utd(16/17) | TB(0) | CM(0)

    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://isoyaki1.blog.fc2.com/tb.php/53-f45cca19







    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。