スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    2~3月。

    今回記録する7試合の予定です。

    WS002313.jpg
    FA杯5回戦は、ホームでのArsenal戦。
    4回戦のTottenhamに続いて非常に厳しい相手と対戦する羽目になってしまいました。
    今年は本当にクジ運が無いようです。
    リーグ戦の方は、第29節のChelsea戦を除いてボトムハーフとの試合が組まれています。
    アウェイでの試合が多いのが気掛かりですが、下位相手に取りこぼしのないように勝点を積み上げたいところです。
    そして、今回記録する中で最も重要な試合となるのがCL決勝トーナメント1回戦2nd Leg、ホームでのR.Sociedad戦。
    アウェイで行われた1st Legでは1-1のドローという結果を手にしているので、この結果を生かすためにも失点だけはしないような戦い方をしていこうかなと思っています。


    それでは、順番に進めていきます。
    今回はFA杯5回戦、ホームにArsenalを迎えての一戦からの記録となります。


    Sheff Utd vs Arsenal The FA Cup with Budweiser 5回戦/2017.02.12(Sun)

    Starting Line-up

    WS002314.jpg

    Key Player

    WS002315.jpg

    WS002316.jpg

    WS002317.jpg

    FA杯5回戦は、ホームでArsenalと対戦する。
    この試合の後、中2日でリーグAston Villa戦が控えているため、一部主力選手をサブに入れ替えた構成とした。
    採用したシステムは4-4-2。
    やや守備面に不安は残るが、今シーズンのここまで良い結果を出している戦術を持って臨むこととした。


    Result

    WS002320.jpg

    WS002319.jpg

    いついてのドロー。
    試合開始わずか6分にファン・デルホールンのミスから失点するという残念な立ち上がり。
    その後もパフォーマンスが改善する臭いがしなかったので、彼には前半だけで退いてもらった。
    試合の方は、69分にマッキャンマクレーンのクロスにうまく合わせて同点に追いつくが、勝ち越し点は奪えずそのままドロー。
    と、いうことで4回戦に続いて再試合が決定。
    WS002323.jpg
    はい、また最悪な所に飛び込んできやがりました。
    万全の態勢で臨みたかったリーグChelsea戦&CL決勝トーナメントR.Sociedad戦の前という嫌がらせレベルの事態。
    特に、Chelsea戦は中1日で迎える事に。
    なにしてくれるんだよ、もう・・・。




    Aston Villa vs Sheff Utd Barclays Premier League 第27節/2017.02.15(Wed)

    Starting Line-up

    WS002327.jpg

    Key Player

    WS002324.jpg

    WS002325.jpg

    WS002326.jpg

    リーグ第27節は、アウェイで9位Aston Villaと対戦する。
    相手がピッチ中央に人を集めたシステムを取る事が多かったため、DMを配置した4-1-4-1を採用した。
    また、右サイドハーフのトリッピアーに疲れが見えたため、代役として期待の17歳のクリステスクをスタメン起用した。


    Result

    WS002329.jpg

    WS002328.jpg

    ヤヒヤしたがなんとか勝利を手にできた。
    先発起用したクリステスクも、先制点を挙げる活躍を見せてくれた。
    また、前の試合で失点につながるミスをしてしまったファン・デルホールンも、試合終盤に決勝ゴールを挙げて見事に汚名を返上してくれた。




    Southampton vs Sheff Utd Barclays Premier League 第28節/2017.02.21(Tue)

    Starting Line-up

    WS002330.jpg

    Key Player

    WS002331.jpg

    WS002332.jpg

    WS002333.jpg

    リーグ第28節は、アウェイで16位Southamptonと対戦する。
    アウェイの試合とはいえ、下位相手に取りこぼしは許されない。
    きっちり戦って、きっちり勝点3を手に入れたいところ。


    Result

    WS002337.jpg

    WS002334.jpg

    っちまった・・・。
    前半6分に先制を許してしまうものの、前半30分までにエクスラジャーパミッチが立て続けに得点を挙げて逆転に成功する。
    が、喜んだのも束の間、逆転ゴールからわずか2分後に同点弾を浴びてしまう。
    もう一度勝ち越しを!と、システムを4-4-2に変更するなどの措置を施してみたが、結局同点のまま試合終了となってしまった。
    下位相手に勝てる試合を勝ち切れないという、残念な結果となってしまった。





    WS002338.jpg
    マクレーンが試合中に怪我をしてしまいました。
    離脱期間は約3週間。
    ここまで不動の左サイドハーフとして活躍していただけに、この離脱は痛すぎます。
    本来2番手であるべきクラインツもまだ負傷離脱中だし・・・。はぁーどうしよ。





    Arsenal vs Sheff Utd The FA Cup with Budweiser 5回戦/2017.02.25(Sat)

    Starting Line-up

    WS002339.jpg

    Key Player

    WS002341.jpg

    WS002342.jpg

    WS002343.jpg

    FA杯5回戦の再試合は、アウェイでArsenalと対戦する。
    この後、中1日で大事なChelsea戦が控えているため、主力2~3人を残してその他はサブのメンバーで挑むこととした。
    相手のメンバーを見てみても、さすがに控え選手の名前が多く見られる。
    一体どんな試合になるんでしょうか。


    Result

    WS002346.jpg

    WS002345.jpg

    転負け。
    18分にマグワイアがコーナーから先制点を挙げた時にはイケるか!と思ったが、やっぱり甘くなかった。
    ってか、後半開始から55分までの間にO.GiroudJ.WilshereS.Umtitiを次々に投入してくるとか、本気出しすぎでしょ・・・。
    決勝点を奪ったのもO.Giroudだったし・・・。
    結局、再試合のおかげで日程が厳しくなったという結果だけを残して、今年のFA杯の旅は終了してしまった。



    WS002354.jpg
    パミッチが週間ベスト11に選出されました。
    ミッドウィークに行われたSouthampton戦で、1G1Aを挙げてMOMに輝いたおかげでしょうか。
    おめでとう!




    Sheff Utd vs Chelsea Barclays Premier League 第29節/2017.02.27(Mon)

    Starting Line-up

    WS002347.jpg

    Key Player

    WS002348.jpg

    WS002349.jpg

    WS002350.jpg

    リーグ第29節は、ホームで5位Chelseaと対戦する。
    前の試合から中1日だが、主力陣の多くは休養十分のため全力を持ってぶつかっていく。
    相手の要注意人物はSTR.Lukaku
    今シーズンは怪我で2度ほど離脱しているものの、それをものともせず現在のところ得点王を独走している。
    彼に仕事をさせない事が、勝利への近道になりそう。


    Result

    WS002353.jpg

    WS002352.jpg

    くも悪くもヘレニウス劇場。
    前半の早い時間までに2得点を挙げるという大きな仕事をしたかと思えば、後半開始早々の48分に両足スライディングをかまして一発退場!
    まったく・・・一人でなにやってんのw
    その後、システムを4-1-4-0に変更して守りに徹し、相手の反撃をなんとか1点に抑えて勝つ事ができた。





    Sheff Utd vs R.Sociedad Champions League First Knockout Round(2nd Leg)/2017.03.01(Wed)

    Starting Line-up

    WS002355.jpg

    Key Player

    WS002356.jpg

    WS002357.jpg

    WS002358.jpg

    CL決勝トーナメント1回戦の2nd Legは、ホームでR.Sociedadと対戦する。
    前回アウェイで行われた1st Legは、1-1という結果を手に入れている。
    つまり、この試合で相手を完封すれば自動的に勝ち上がりが決まる、という事になる。
    ので、ホームでの試合であるが守備を意識した4-1-4-1を採用して試合に臨む。


    Result

    WS002360.jpg

    WS002359.jpg

    子抜けするくらいの楽勝!
    守備を意識して試合に入ったが、開始直後の4分にマッキャンが豪快に叩き込んで予想外の先制点を挙げる事に成功した。
    その後、同点に追いつこうと前掛りになる相手を嘲笑うかのように2点目、3点目を決め、あっさりと勝負を決めてしまった。
    次はいよいよ準々決勝。
    相手はまだ分からないが、一つでも上まで勝ち上がれるように全力で戦っていきたい。





    WS002362.jpg
    決勝トーナメント1回戦の結果が出ました。
    Juventus、PSG、そしてR.Madridが早々に姿を消すという波乱の展開となっています。
    に、してもCeltic・・・。
    PSGのホームで6-1で勝つとか、一体何があったんでしょうかw



    WS002361.jpg

    WS002363.jpg

    続いて行われた抽選会の結果、次のラウンドでの対戦相手が決まりました。
    次なる相手はDynamo Kyiv。
    さほど層は厚くないようですが、スタメン陣には各ポジションに一線級の選手がいるようです。
    クジ運にはやや恵まれた結果と言えそうですが、気を抜かずにきっちりと戦っていきましょう!




    Wigan Athletic vs Sheff Utd Barclays Premier League 第30節/2017.03.11(Sat)

    Starting Line-up

    WS002372.jpg

    Key Player

    WS002373.jpg

    WS002374.jpg

    WS002375.jpg

    リーグ第30節は、アウェイで13位Wiganと対戦する。
    今シーズンのリーグ戦も残すところあと9試合。
    2位Man.Cとの勝点差も9。
    優勝を目指して一つずつ勝利を積み重ねていきたいところ。
    ちなみに、前の試合で一発退場処分となったヘレニウスの処分が決定し↓
    WS002366.jpg
    この試合を含めて3試合の出場停止となってしまった。
    せっかく得点王の尻尾が見えてきたのに、そのチャンスを自分でぶち壊してしまったようです・・・。


    Result

    WS002377.jpg

    WS002376.jpg

    転勝利!
    この試合でも、最近の流行りとなってしまっている開始直後での失点でスタート。
    しかし、我がクラブの攻撃の柱パミッチが2アシストを記録する活躍を見せ、なんとか逆転勝利を収める事ができた。



    WS002378.jpg
    左サイドバックのハイダラが、試合中に怪我をしてしまいました。
    離脱期間は2~3週。
    先日のマクレーンに続いて、またしても左サイドの選手の離脱となります。
    おかげさまで我がクラブの左サイドは崩壊寸前ですヽ(`Д´)ノ




    Sheff Utd vs Swansea City Barclays Premier League 第31節/2017.03.26(Sun)

    Starting Line-up

    WS002379.jpg

    Key Player

    WS002380.jpg

    WS002381.jpg

    WS002382.jpg

    リーグ第31節は、ホームに最下位Swanseaを迎える。
    最下位相手のホームゲームという事で、当然のように採用したシステムは攻撃的な4-4-2。
    しかし、ここまでエクスラジャーと2TOPを組んでいたヘレニウスは出場停止中・・・。
    そこで白刃の矢を立てたのが17歳のSTクリステスク
    これまでエクスラジャーとはほとんど一緒にプレイした事が無いが、うまく機能するかどうか。


    Result

    WS002384.jpg

    WS002383.jpg

    げ切り勝ち!
    試合は支配するものの、思ったよりも得点を奪えないという嫌な展開だったが、きっちりと勝つ事ができた。
    ヘレニウスの代役として出場したクリステスクも、貴重なゴールを挙げて勝利に貢献してくれた。
    ちなみに、この得点をアシストしたのは19歳のクラインツ
    我がクラブの将来を担う10代の選手のホットラインで挙げるという、嬉しさ倍増のゴールとなった。





    WS002385.jpg
    この試合で右サイドバックとして出場していたキーンが怪我をしてしまいました。
    「a broken foot」って、もしかして骨折?
    全治は4~5ヶ月と重傷のようです。
    一足早く彼の今シーズンが終了してしまったようです。残念。





    WS002387.jpg
    今回記録した8試合の結果です。
    期間前半にやや不安定さを見せたものの、その後はなんとか勢いを取り戻す事ができたという印象。
    しかし、カップ戦を含めた8試合中7試合で失点しており、守備面での不安が残る結果となってしまった。
    しばらくはトレーニングを守備重視にしようかな。



    WS002386.jpg
    第31節終了時点の順位表です。
    我がクラブは2位に勝点差9ポイントをつけて首位を独走中!
    うまくいけば次回の更新で優勝報告ができるかもしれませんね(  ̄ー ̄)



    それでは、今回はここまで。
    次回はリーグ戦とCL準々決勝の結果などを記録する予定です。
    スポンサーサイト
    [ 2014/01/24 22:40 ] Sheff Utd(16/17) | TB(0) | CM(0)

    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://isoyaki1.blog.fc2.com/tb.php/57-81e08f94







    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。