スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    シーズン総括(2016/2017)。

    今季も全日程を終了しました。
    昨年と同様に、まずは理事会の信用から見ていきたいと思います。

    WS002515.jpg

    WS002514.jpg

    優勝を果たしたリーグ戦、そして準優勝となったCLについてはとても高い評価を貰えたようです。
    国内のカップ戦では不本意な成績に終わったものの、理事会としてはあまり気にしてないみたいですね(´▽`)
    それ以外の項目についても平均点以上の評価を貰えているようなので、まずまず良い感じではないでしょうか。
    にしてもCL決勝でMan.Cに敗れた結果への、ファンの大きな落胆の埋め合わせをして欲しいって・・・。
    これ以上の結果と言ったら、もう優勝するしかないじゃないすか、やだー。


    さて、それではいつものようにプレミアほか欧州主要リーグの結果と我がクラブの結果について簡単に記録していきます。


    WS002501.jpg
    今シーズンのBarclays Premier Leagueの結果です。
    我がクラブがMan.C以下を抑えて優勝という、最高の結果を手にすることができました!
    来季のCL出場を獲得したクラブは、昨年と全く同じメンツ(Sheff Utd,Man C,Arsenal,Liverpool)となったようです。
    EL出場権は5位に入ったMan.U、FA杯を制したEvertonとリーグカップを制したAston Villa、そして今季のELを制したTottenhamが獲得したようです。

    WS002522.jpg
    続いてチーム成績です。
    今季は得点数と失点数の両方でランクインすることができました!
    特に、昨季まで5位にも入る事が出来なかった得点数で、Man.Cに次いでの2位に入る事ができたのが非常に嬉しいところですね。
    失点数は昨季と変わらず2位。
    やはり、攻守共にバランスのとれた成績を残す事がこのリーグを制するために必要な事のような気がします。

    WS002502.jpg
    個人成績一覧です。
    得点王はChelseaのLukaku
    怪我の影響で幾度となく離脱をしており、シーズンを通じて30試合の出場に留まったのにもかかわらず、見事に得点王のタイトルをかっさらっていきました。
    地味に我がクラブの2TOP(ヘレニウス&エクスラジャー)も4位&5位にランクインしています。
    アシスト王は同じくChelseaのE.Hazard
    昨年に続いて2年連続でのタイトル獲得となりました。

    WS002481.jpg
    リーグのシーズンベスト11です。
    昨年はファビアンスキとパミッチが選出されたのですが、今年はパミッチのみ。しかもサブでの選出。
    優勝クラブからここまで選出されないというのも珍しいのではないでしょうか。
    なんでや~ヽ(`Д´)ノ



    WS002480-1.jpg
    プレミアの年間最優秀監督賞みたいなやつを貰いました。
    受賞歴を見て気付いたのですが、昨年に続いて2年連続の受賞との事らしいです。
    昨年のニュースが全く記憶に残っていないので、きっと光の速さで読み飛ばしてしまったんでしょう(-ω-;)
    WS002541.jpg




    ここからは我がクラブのチーム&個人成績を記録していきます。

    WS002523.jpg
    まずは年間成績です。
    10月から2月にかけて、24戦連続無敗を記録しました。
    この時期は先制すれば当然のように勝ち、例え先制されたとしても追いつき逆転するという勝負強さがありました。
    逆に残念だったのがシーズンの最終盤。
    シーズンを通して6試合あった無得点試合のうち、実に4試合がこの時期に集中しています。
    おかげでCLのタイトルも取り逃す結果となってしまいましたし・・・。
    うーん、残念。

    WS002517.jpg
    続いてチーム成績です。
    今季のチーム内得点王は、昨年わずか3得点(リーグ戦では1点のみ)に終わったヘレニウスが29得点(うちリーグ戦20得点)を挙げて輝いています。
    今季から2TOPの布陣を積極的に採用するようになった事が、彼にとって転機になったのかも知れません。
    実際、得点を挙げた場面の9割が2TOPの布陣を引いた時でしたし。
    アシスト王は、トリッピアーが16アシストを挙げて獲得しています。
    そして今季の監督的MVPは、昨年と同じくパミッチとしたいと思います。
    数字的には昨季に及ばなかったものの、抜群の安定感で今季も我がクラブの攻撃の軸として大活躍してくれました。

    <チーム得点王:29得点>年間MVP
    Nicklas Helenius (二クラス・ヘレニウス・ST, AMC)
    WS002518.jpg

    <アシスト王:16アシスト>
    Kieran Trippier (キーラン・トリッピアー・D(R), WB(R),M(R))
    WS002519.jpg

    <年間MVP>
    Zvonko Pamic(ズボンコ・パミッチ・MC,AMC)
    WS002542.jpg




    ここからはヨーロッパの主要リーグの結果について簡単に記録しておきます。
    昨年と同様、ディティールレベルを設定している4カ国(スペイン、ドイツ、イタリア、オランダ)について順番に記録していきます。

    <Liga BBVA>
    WS002503.jpg
    リーガ・エスパニョーラは今年もR.Madridが優勝をしたようです。
    なんと、今回の優勝で五連覇となりました。
    そしてBarcelonaは今年も2位。
    しかし、優勝したR.Madridとの勝点差が9ポイントもあり、接戦の末に優勝を逃していた今までとは少し様子が違うようです。

    WS002504.jpg
    得点王にはR.SociedadのJ.Rhodesが輝いています。
    我がクラブとCLで対戦した時にも、アウェイで行われた1st Legでゴールを決められた苦い思い出のある選手です。
    アシスト王はR.MadridのL.Modric
    この選手は、毎年のようにランクインしているような気がしますね。


    <Bundesliga>
    WS002505.jpg
    今年のブンデスリーガはBayern Munchenが3年ぶりの優勝を果たしています。
    CLでグループステージ敗退という結果に終わったおかげ(?)で、リーグ戦に集中できた結果でしょうか。
    その他の上位陣は、例年に比べるとやや見慣れないクラブが食い込んでいます。
    そしてどうしたDortmund・・・。
    昨季の優勝クラブが、優勝争いはおろかCLの出場権の獲得にも失敗するとは・・・。やっちまいましたな。

    WS002506.jpg
    得点王にはHannoverのA.Sobiechが、アシスト王にはDortmundのM.Götzeがそれぞれ輝いています。
    A.Sobiechという選手は少し覚えがなかったため調べてみたところ、今季はイングランド2部のBlackburn Roversに所属しており、これまでに16ゴールを挙げてリーグ得点ランキングの2位タイとなっているようです。
    これからの活躍次第では、上のカテゴリでも見かけるようになるかもしれませんね。(´▽`)


    <Serie A>
    WS002507.jpg
    セリエAは今年もjuventusが優勝しています。
    これでとうとう四連覇ですね。この連覇を止めるのは一体どのクラブになるのでしょうか。
    ちなみに、CLと並行してリーグを戦ったPalermoですが、今年は5位に入ってELの出場権を獲得したようです。
    一昨年は同じ状況で11位と沈んでしまった事を考えると、ずいぶんクラブとして力を付けたみたいですね。

    WS002508.jpg
    得点王はL.Hallenius、アシスト王はM.E.Schelottoが輝きました。
    リアルでのSchelottoは今シーズンからSassuoloに放出され、さらにこの冬の移籍期間でParmaにローン移籍に出されてしまうというなかなか厳しい道を歩んでいるようですが、Interにいた時にこのくらいの成績を残せていたら、きっと違う未来になっていたんでしょうね・・・。


    <Eredivisie>
    WS002509.jpg
    エールディビジは、2年ぶりにPSVが優勝を果たしたようです。
    そして2位に入ったのがFeyenoord。
    ここ数年の低迷を脱し、久しぶりのCL出場権を手にしたようです。

    WS002510.jpg
    得点王に輝いたのはM.Rondon、アシスト王はL.Narsinghとなりました。
    昨年アシスト王に輝いたS.Pepeは、今年は11アシストを挙げて4位に入っています。
    33歳という年齢を考えると、この成績は立派なもののような気がします。




    最後に、CL&ELの結果を記録しておきます。

    <UEFA Champions League>
    WS002511.jpg
    UEFA Champins Leagueの結果です。
    Man.Cが2年ぶりの優勝を果たしています。
    決勝で敗れてしまったとはいえ、我がクラブも期待されていた以上の成績を残す事ができたんじゃないかなと思ってます。
    に、しても改めて見てみると対戦相手に恵まれてますねー。
    R.Sociedad→D.Kyiv→Portoと、所謂メガクラブと言われるクラブとの対戦が一度もないまま決勝まで辿り着くことができました。
    運も実力の内!ってことですかねw


    <UEFA Europa League>
    WS002512.jpg
    UEFA Europa Leagueの結果です。
    今年のELはTottenhamが優勝を果たしています。
    これで2年前のMan.C(CL)&Chelsea(EL)に続いて、プレミア勢で大陸間大会の優勝を独占する結果となりました。
    プレミア誇らしい!けど、同じリーグで戦うと考えるとやっぱり嬉しくないw




    それでは、今シーズンはここまで。
    そして、突然ですが今回のSheffield Utdの冒険もここまで。

    いろいろ考えたのですが、このブログの始めた時に目標にしていた「プレミア昇格」どころか「プレミア優勝」まで達成する事ができたましたし、決勝トーナメントに進出できれば御の字と思っていたCLでも「準優勝」という結果を手にすることができましたし、もう十分満足かなーみたいな(´▽`)



    次回は恐らくFM2014でのプレイを記録する事になると思います。
    新しく監督として舞い降りるクラブは・・・絶賛悩み中ですw
    Sheffield Utdの夢の続きを追いかけるか、全く違うクラブでプレイするか・・・。

    ダラダラとクラブの足跡だけを記録してきたので、攻略的な意味では全く参考にならなかったと思いますが、
    また気が向いた時に立ち寄ってもらえれば幸いです。



    とりあえず、放置していた「FM2014でyoutubeにログイン出来ない」の課題に再挑戦しなければ(`・ω・´)
    スポンサーサイト
    [ 2014/02/08 23:14 ] Sheff Utd(16/17) | TB(0) | CM(0)

    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://isoyaki1.blog.fc2.com/tb.php/60-8071e29e







    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。