スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    選手紹介とか。

    さて、EFCFSR編の第2回です。
    今回は所属選手を紹介する予定ですが、その前に当箱庭の初期設定について少し。

    WS002747.jpg
    選択した国&リーグは上の通りです。
    データベースは「大」を選択し、選手総数は97,000人。
    今冬の移籍期間を反映したdbcファイルを使用させてもらってます。
    ディティールレベルはイングランド、スペイン、ドイツ、フランスの1部&自分達が所属しているフランス3部に設定しました。
    基本的にはFM2013で使っていた設定と同じような感じですね。

    その他MOD類は、フェイスパックやメタリックロゴ等を使わせてもらってますが、そちらの方はまた機会があれば紹介しようかなーと思ってます。


    それでは、本題に入っていきます。
    今回は、EFC Fréjus Saint-Raphaëlの選手紹介です。

    まずは選手一覧を。
    WS002772-1.jpg

    初期メンバーを眺めてみて、足りないと感じた所を補いました。
    外からフリーで3人ほど獲得し、リザーブからも数名昇格させてなんとか駒を揃えました。
    人件費予算のオーバー分は、リザーブ等の不要選手を売却orローン移籍に出すことで解消する予定です。

    では、順番に紹介していきます。
    元よりフランス語はさっぱりなので、読みが間違っているところが多々あると思いますが、広い心でご容赦願いますm(_ _)m

    Gaëtan Deneuve (ガエタン・ドゥヌーヴ・GK)
    WS002707.jpg
    我がクラブの正GK。
    と言っても、絶対的信頼を置けるほど高い能力を持っているわけではないので、第二GKのシャゾットらとポジション争いをしてもらう予定。


    jean-simon Chazottes (ジャン‐シモン・シャゾット・GK)
    WS002725.jpg
    なんだかいろいろ足りてない第二GK。
    一応、シュートストップの能力だけは正GKのドゥヌーヴと同等のものを持っている。
    プレシーズンマッチではドゥヌーヴよりも良い動きを見せているので、もしかしたら開幕戦のゴールマウスはこの選手が守っているかもしれません。


    Germain Sanou (ジェルマン・サヌー・GK) (新加入)
    (←無所属)
    WS002748.jpg
    将来性のある第三GKを探していたところに、タイミング良く売り込みがあったため獲得した選手。
    まだまだ能力的には物足りないが、潜在能力は先輩GK達よりも高そうなので、大事に育ててみたい。


    Vincent Fernandez (ヴィセント・フェルナンデス・D(RLC))
    WS002709.jpg
    我がクラブの主将、そしてディフェンスラインの要。
    ゲームを開始した時点で既に他クラブより興味を持たれているが、相当な金額を積まれない限り売るつもりは無い。
    何気に両サイドバックもこなす事ができるため、非常に重宝することになりそう。


    Damien Moulin (ダミアン・ムーラン・D(LC),WB(L))
    WS002717.jpg
    このレベルのクラブのセンターバックの割に走力のある選手。
    上記のフェルナンデスが決して足が速いわけではないので、彼の相方としてディフェンスラインの裏をカバーする仕事をしてもらう予定。


    Isaac Koné (イサーク・コネ・D(C),DM)
    WS002713.jpg
    DMとDCの両ポジションをこなす事ができる選手。
    スタメンを張るには能力的にやや物足りないが、有事の際のバックアッパーとして控えてもらう。


    Morgan Biancone (モルガン・ビアンコーネ・D(C),DM)
    WS002723.jpg
    将来有望なセンターバック。
    まだ20歳だが、タックルの能力値はチームで1番高いものを持っている。
    その他の能力も追いついてくれば、十分使えるレベルになりそうな気がするがどうだろうか。


    Guillaume Chassac (ギヨーム・シャサック・D(C),DM)
    WS002724.jpg
    クラブ情報画面で「将来有望株」に推されている選手。
    しかし冷静に能力値を見てみると、上のビアンコーネの方が良い選手に見える。
    クラブからの推しを信じるか、自分の目を信じるか・・・。
    さて、どうしたものか。


    Jean-Charles Cirilli (ジャン‐シャルル・シリリ・D/WB(RL))
    WS002727.jpg
    左右サイドバックに加えて、センターバックも一応こなす事ができる選手。
    何故かゲーム開始時にリザーブに追いやられていたので、トップチームに引き上げてきた。
    能力的には今一歩だが、フランス3部は5人しかベンチ入りができないレギュレーションなので、ベンチのやり繰り的に非常に貴重な存在になりそう。


    Martin Fall (マーティン・フォール・D/WB(R))
    WS002708.jpg
    攻撃面ではやや物足りないが、守備面では十分な能力を持っている選手。
    とりあえずは右サイドバックのスタメン候補の一番手といったところ。


    Joachim Ichane (ホアキン・イシャン・D/WB(L))
    WS002710.jpg
    我がクラブで唯一、左サイドバックを本職としている選手。
    控え選手を獲得する余裕が無かったため、このサイドは彼に任せることとした。
    万が一、怪我などで離脱してしまった場合には「熟達」レベルでこなせる選手に代役を任せる事になりそう。


    Abdoulaye Keita (アブドゥライエ・ケイタ・DM)
    WS002712.jpg
    中盤の底を安心して任せられそうな能力を持ったベテラン選手。
    しかし、良く見てみるとリーグ戦では開幕から4試合の出場停止が課されている。
    4試合って・・・一体なにしたん?w


    Didier Neumann (ディディエ・ノイマン・DM,M(C)) (新加入)
    ←無所属
    WS002738.jpg
    守備的なセンターハーフの枚数が足りないと判断したため、獲得した選手。
    本当はMCを本職としている選手を探していたのだが、予算などを考慮した結果、この選手を獲得することで落ち着いた。


    Cédrik Ramos (セドリック・ラモス・DM,M(C))
    WS002719.jpg
    中盤の便利屋的な選手。
    運動量が豊富&チームワークに長けているようなので、いろいろな所に顔を出す中盤のつなぎ役的な働きをしてもらいたい。


    Guillaume Loriot (ギヨーム・ロリオ・DM,M(C))
    WS002715.jpg
    我がクラブの中心選手、キーマン。
    攻撃面でも守備面でもクラブトップクラスの能力を持っているが、攻撃の舵取り役が不足しているので、そちらを任せる予定。
    この選手について、唯一の不安は来季以降の契約延長に応じてくれない事。
    昇格したら交渉のテーブルに着くくらいはしてくれるかなー。


    Akim Orinel (アキン・オリネル・M/AM(LC))
    WS002718.jpg
    中盤の攻撃的なポジションであれば、どこでもそこそここなせる選手。
    最も得意としているのはトップ下のようだが、不幸な事に新任の監督はトップ下をうまく生かせる戦術的引出しを持ち合わせていない。
    とりあえず、彼のためにサブ戦術として4-2-3-1を用意してみたが、果たしてうまく機能するだろうか。


    Tarek Jaziri (タレク・ジャジリ・M/AM(C))
    WS002711.jpg
    上記のオリネルを一回りスケールダウンさせて、さらに中央に特化させたような選手。
    使いどころが非常に難しそう。


    Virgile Reset (バージル・レセット・AM(RL))
    WS002720.jpg
    左右を問わずプレイできるウイング。
    トップスピードはチームで一番。
    某M監督のように、ひたすらサイドを切り裂いてクロスを上げるという単純な仕事を与えてみようかと思う。


    Kamel Larbi (カメル・ラルビ・AM(R))
    WS002714.jpg
    能力的にはまずまずだが、上記のレセットとポジション&能力傾向が被るためベンチで過ごす事が多くなりそう。
    出場機会が原因で腐ってしまったら、やむなく放出と言う事になるかもしれない。


    Romain Ciaravino (ロマン・シアラヴィーノ・AM(RL))
    WS002726.jpg
    サイドハーフからトップまでこなす事ができる選手。
    そのユーティリティ性を買ってリザーブから上げてきたものの、走力以外にこれと言って目立った特徴は無いため、怪我人等が出ない限りベンチ暮らしとなってしまう気がする。


    Kévin Malcuit (ケヴィン・マルキュイ・AM(RL))
    WS002716.jpg
    21歳の左ウイング。
    能力的にはやや物足りないものの、他に左ウイングを本職としている選手がいない事と、将来性がありそうな事を考慮して、しばらくはスタメンで起用してみる予定。


    Frédéric Fouret (フレデリック・フォレット・ST) (新加入)
    ←無所属
    WS002737.jpg
    ストライカーの選手層があまりに薄いため獲得してきた選手。
    年齢が年齢のため、過度の期待はするつもりはないが、怪我人が出てしまった時などには経験を生かしたプレイをしてくれる事を期待したい。


    Ablai Baldé (アブライ・バルデ・ST)
    WS002722.jpg
    本来はストライカーの2番手であったが、あまりにも能力値が低いため今では半分戦力外として考えている。年俸も高いし。
    早く売れないかな~と移籍リストに載せているのだが、開幕まで日程を進めた時点でも買い手がつかないでいる。
    ゼロ円移籍でいいので、どこか買ってください。


    Mathieu Scarpelli (マチュー・スカルペリ・ST)
    WS002721.jpg
    我がクラブのエース。
    決定力と冷静さがそこそこ高いので、少ないチャンスを確実に決めてくれるベテランストライカーとなる事を期待したい。

    以上の24選手が我がクラブの戦力となります。
    今の時点で既にお金が全く残っていないので、冬の補強はしない(できない)でしょう。
    さて、どのようなシーズンになるでしょうか。


    ちなみに、手探りで戦ったプレシーズンの結果は以下の通りです。
    WS002890.jpg

    敗戦を喫してしまったStade Brestois 29(フランス2部所属)以外は、格下のクラブとの対戦でした。
    そう考えると、結果はまずまずといったところだと思います。
    戦術的な話は、また後日しようかなーと思ってます。
    正直言って、まだ新しいシステムに戸惑っているところですし(-ω-;)



    それでは、今回はここまで。
    次回はいよいよシーズンの開幕となります!
    戦術もまだ固まっていないので不安でいっぱいですが、なんとか良い結果を出せるように頑張っていきたいと思います!
    スポンサーサイト
    [ 2014/02/27 21:50 ] EFCFSR(13/14) | TB(0) | CM(0)

    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://isoyaki1.blog.fc2.com/tb.php/64-a66e89d2







    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。