スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    2~3月。

    またまた更新間隔が開いてしまいました。
    なんとか2週間以内に更新したいと思っているのですが、なかなか難しいですね。
    ま、そのうち時間が解決してくれるでしょう、たぶん。

    それでは、前回に続いて記録をしていきたいと思います。
    今回記録する8試合の予定はこちら↓
    WS004278.jpg

    8試合のうち、リーグ戦は6試合。残りの2試合はリーグカップとフランス杯となってます。
    こんなに近いタイミングでカップ戦の試合が2つも入ってくると、さすがに日程がややタイトになってきますね。
    選手層の薄い我がクラブにとって、2週も連続でミッドウィークに試合をしなければいけないというのは非常に大きな問題として圧し掛かってきます。
    主力を酷使するか、それとも厳しい結果になる事を覚悟してサブメンを使うか・・・悩みどころです(-ω-;)
    で、そのキツイ日程の時に組まれているリーグ戦の試合がPSG戦とLille戦。
    現時点での順位表を見てみると、PSGが2位でLilleは首位独走中という状態。
    なんなんすかね、このイジメ( ̄ε ̄;
    普通にやっても勝てる気がしない相手なのに、コンディション不良で挑まなきゃいけないとか何の罰ゲームですかねw
    やってくれますなぁ、日程君。
    ま、日程に愚痴っててもしょうがないので、なんとか乗り切れるように頑張っていきましょう(`・ω・´)


    それでは、順番に記録していきます。
    今回はCoupe de la Ligue 準決勝、ホームで行われるOlympique Lyonnais戦からの記録となります。

    選手一覧はこちら
    名前をクリックすると、各選手のプロフィールが表示されます。




    2016.02.03(Wed)
    EFC Fréjus Saint-Raphaël vs Olympique Lyonnais Coupe de la Ligue 準決勝

    Starting Line-up

    WS004199.jpg

    Key Player

    WS004202.jpg

    WS004201.jpg

    WS004200.jpg
    リーグカップ準決勝は、リーグ戦から中3日で迎えるというややタイトな日程。
    相手はここまでリーグ6位とイマイチ調子が出ていないが、言わずと知れた強豪であるOlympique Lyonnais。
    この試合はカップ戦なので主力は温存してくれるかなーと淡い期待していたのだが、さすがに準決勝まで来ると相手も本気を出すものらしく、ほぼベストと言えるメンバーで臨まれてしまう事となった。
    非常に苦しい試合になることが予想されるが、ここまで来たらなんとか決勝の舞台に立てるように頑張りたい。
    採用した戦術は、使い慣れた4-1-2-2-1。
    先のリーグ戦で主力陣の一部を懲罰交代(スタメン剥奪)していたおかげ(?)で、図らずとも主力陣のコンディションは非常に良い。
    これをチャンスだと思って、全力で勝ちを取りに行く姿勢で試合に臨む。


    Result

    WS004204.jpg

    WS004203.jpg

    WS004205.jpg
    ュヴィ~タ~イム!(12試合ぶり6回目)
    ここ最近、不調を極めていたリパルト&キュヴィリエのコンビが結果を出してくれた。
    68分にリパルトが先制ゴールを挙げ、76分に相手が一人退場して数的有利になりながら、80分に同点ゴールを許したときには「こいつら全員バ○じゃね?」と思ったが、キュヴィリエがすべてを帳消しにしてくれた。
    試合展開そのものには若干の不満は残るが、兎にも角にも開幕前には当人らを含めて誰も想像だにしなかった、リーグカップ決勝という舞台に立つこととなった。
    やったね(*^-゚)





    WS004206.jpg
    リーグカップ決勝進出のニュースです。
    夢の続き・・・いい響きですねぇ。
    是非とも優勝を果たして、夢を現実にしてやりましょう!



    WS004207.jpg
    リーグカップ決勝の相手が決まりました!
    相手は・・・PSG。
    すごいですね、まさにラスボスって感じの相手との巡り合わせとなりましたw
    万が一、この試合で勝つことができたら優勝カップ&EL出場権が手に入ります。
    ・・・ってか、PSGって今リーグで2位だよね?
    このまま彼らがCL(orEL)出場権を手に入れたら、もし負けて準優勝になったとしても繰り上がりでEL出場権は手に入っちゃうんじゃね??
    ・・・まぁ、細かい事は結果が出てから考えるとするかな、うん。

    2016.02.04(Thu)
    WS004208.jpg
    先のリーグカップ準決勝の試合で、クラブの最多観客数を更新したようです。
    その数25,836人。一気に2倍近くの記録更新となりました。
    今現在、改築している自前のホームスタジアムのキャパが約2万人なので、この記録を破るのは至難の業となってしまいそうです。
    ま、そんなに深刻に考えなくてもいい話なんですけどね。



    2016.02.06(Sat)
    EFC Fréjus Saint-Raphaël vs Paris Saint-Germain FC Ligue1 第26節

    Starting Line-up

    WS004209.jpg

    Key Player

    WS004210.jpg

    WS004211.jpg

    WS004212.jpg
    ミッドウィークの試合から中2日で迎えたリーグ第26節は、ホームでPSGと対戦する。
    奇しくも、リーグカップの決勝で戦うことが決まった直後に試合をすることとなった。
    前哨戦というわけではないが、いいイメージを持って決勝を迎えるためにも、この試合は気合を入れて臨みたい。
    採用した戦術はいつもの通り4-1-2-2-1。
    個人指示を一部守備的なものに差し替えてあるが、基本的に通常通りの戦術となる。
    前回対戦時(リーグ第8節・アウェイ戦)には、超守備的な4-1-4-1を採用してドローという結果を手にしているが、内容は一方的にボコボコにされたものだった。
    結果がどうであれ、ホームの観客の前で一方的に攻め込まれるという無様な試合は見せられないので、前回よりも少し前の方に意識を持って試合に臨む。
    さて、このことが吉と出るか凶と出るか・・・。


    Result

    WS004214.jpg

    WS004213.jpg

    WS004215.jpg
    うしよう・・・。
    スタッツを見ての通り、試合自体は割といい感じだったんですよ!ほんとに。
    決定機も2つ作ったし、ハーフチャンスも4つあったし!得点はゼロだったけど。
    ボール支配率も五分五分に持ち込めてるし!後ろで持たされただけな気もするけど。
    あーこれは完全に苦手意識できちゃったわ。
    同じ0-4でも、一方的にやられた方がまだマシだったわ。次に向かって対策を考えることができるし。
    こんな風に、割といい感じに渡り合ってるように見えて実は全然やれてない、みたいなのが一番困るんだよねー。
    さて、どこをどうやっていじったらマトモな試合になるのでしょうか?
    とりあえずは、リーグカップの決勝までの宿題としたいと思います。




    WS004216.jpg
    ロリオがPSG戦で怪我をしてしまいました。
    離脱期間が短いのが救いですが、あの試合結果の上でこの仕打ちは正直堪えますね・・・。



    2016.02.09(Tue)
    EFC Fréjus Saint-Raphaël vs Toulouse FC Coupe de France 11回戦

    さて、今週のミッドウィークはフランスカップ11回戦が行われます。
    相手は、同じLigue1に所属するToulouse FC。そう、つい2週間ほど前に0-3というスコアで叩きのめされた相手です。
    その時のスタッツ他はこちら↓
    WS004185.jpg

    WS004187.jpg

    ボール支配率やシュート数、パス成功率といった主要な数値については、こちらが相手を上回る結果となっています。
    実際、試合を見ていても割といい試合をしているように見え、何で0-3という大差がついたのか分からない感じでした。
    この感じは・・・そうです、先週末のPSG戦と同じです。
    「意外とヤレテル風に見えても、実はヤレテナーイの罠」とでも言っときましょうかw
    この罠にハマるのには絶対に理由があるはず!ということで、とりあえず試合の詳細情報を解析してみることにしました。



    まずは、前回の試合のシステムについて
    WS004181.jpg

    こちらが4-1-2-2-1で、相手が中盤をダイヤモンド型にした4-4-2。
    こちらの狙いとしては、DMゾラが相手のトップ下14番を潰して素早くサイドに展開、そこから一気に押し上げてショートカウンターといったものでした。
    が、その目論見は見事に外れ、ボールは持てるが前に行けないといった感じになってしまいました。
    さて、どうしてか?ということで、とりあえず相手のヒートマップとパス情報について見てみました



    左がヒートマップで、右がパス情報です。
    ヒートマップの中にある背番号は平均ポジションで、パス情報はそれぞれ緑=成功、赤=インターセプト、黄色=エリア外、青=ブロックを表しています。
    WS004217.jpg WS004219.jpg

    まず一つ目。
    相手のトップ下はどこ行った?
    ヒートマップを見ても、パス位置を見てもトップ下らしき人はどこにもいないですね。
    代わりにいるのは、左右のサイドハーフと頻繁に絡むセントラルMFさんですねw
    これではウチのDMゾラが活躍できるはずがありません。だって、本来は獲物であるはずのトップ下の人が、変なところをフラフラしてるんですもん。
    これでは効果的にボールを奪ってカウンター!なんてものは成立しないですね・・・。

    そしてもう一つ。
    相手の10番下がってきすぎ!
    上で話したトップ下消失の原因はこいつですね。
    この10番が下がって組み立てに参加しているせいで、14番がセントラルMFの位置まで下がることとなり、右サイドハーフ(8番)を含めた3人の距離感がいい感じになっていたんですね。
    ゾラが潰さなければいけなかったのは「なんちゃってトップ下の14番」ではなくて、この「下がってくる10番」の方だったようです。もうこの時点で完全に指示をミスってますね。
    で、この右サイド偏重の攻撃姿勢は、相手のシュート位置に露骨に表れていまして、それがこちら↓
    緑=成功(得点)、赤=枠外、青=シュートブロック、橙=枠にヒットを表しています。
    WS004221.jpg

    もうね、面白いまでにゴール向かって右側から撃たれまくっていますw
    そのうち右サイドハーフの8番が2得点、トップの7番が1得点。
    8番の挙げた2得点はいわずもがな、トップの7番が挙げたゴールも右サイドから崩されてのものだったので、全失点が右サイドが起点となっていたんですね。
    ・・・。
    こんな大事なことを試合中に気付けなかった時点で、いくら頑張っても勝てるわけがなかったんですね。
    「意外とヤレテル風に見えても、実はヤレテナーイの罠」の一端が見えたような気がしますw
    これからは、試合中であっても違和感を感じたらヒートマップ等の確認をすべきだと強く思いました。(超今さらですがw)


    さて、それではこの反省を生かして今回の試合に臨みたいと思います。
    ここからはいつもの形式で記録していきます。


    Starting Line-up

    WS004223.jpg

    Starting Line-up
    WS004224.jpg

    WS004225.jpg

    WS004226.jpg
    ミッドウィークに組まれたフランスカップ11回戦は、Toulouse FCと対戦する。
    上で書いたことを受けて、この試合のために加えた修正は以下の2点
    ①DMを置くのをやめて、代わりにMCの位置にボールゲッターを置く(4-1-2-2-1→4-2-3-1)
     トップ下がトップ下として働かない相手にDMを置いて対応しても意味がないでしょ?ということでとった措置。
     相手が下がり目でプレイするならば、こちらは押し上げることで対応してやることに。
     これが今回の修正の肝となる。
     この重要な役割は、我がクラブで最も相手のボールを奪うことに長けているゾラに任せることにした。
    ②相手の右サイドを潰すための配置にする。
     我がクラブのMCの組み合わせは「左リンクマン、右ボールゲッター」だが、今回は相手の右サイドを潰すために「左ボールゲッター、右リンクマン」の組み合わせに変更する
     イメージ的には、通常は左手で持つべき剣を右手に持ち、右手に持つべき盾を左手に持つといった感じ。

    さて、この修正がうまくハマるのか、それとも慣れないことをやらせたせいでチームがバラバラになってしまうのか。
    どっちに転ぶでしょうか。


    Result

    WS004228.jpg

    WS004227.jpg

    WS004229.jpg
    成功!
    試合開始早々の8分に、モイジニが裏へ抜け出して先制点を挙げることに成功する。
    アシストを記録したのは、この試合限定で右の剣となっていたリンクマンチカ。これは嬉しい。
    さらに攻勢をかける我がクラブは、26分にキュヴィリエのゴールで追加点を挙げる。右だけじゃなくて左までいい感じに。
    そしてトドメは66分、右サイドのモイジニからのパスを受けたリパルトが、ダメ押しとなる3点目を叩き込んで試合を決めてしまった。
    73分に相手のエースY.B.Yedderに1点を返されてしまったものの、スタッツの通り圧勝といえる内容で勝利を挙げることができた。
    修正したポイントがこれだけうまくハマると、やってて楽しくなってきますねw
    一応、下に簡単に評価をしておきます。



    まずは、相手のヒートマップとパス情報

    WS004231.jpg WS004232.jpg
    なんかもう悲しいくらいにスカスカになってしまってますね。まぁ支配率40%じゃ仕方ないか。
    そして、事前のこちらのスカウティングの通り、攻撃のほとんどを右サイドから組み立てようとしていたようです。
    2TOPの右側の選手が下がる事によって攻撃を組立てている以上、ある程度右偏重になるのは仕方が無いのかもしれませんが、それでも左サイドの無視っぷりは涙を誘うレベルですw
    まぁ、その右サイドもゾラ(インターセプト11回・チームトップ)とレダジョンソン(タックル成功率9/9・チームトップ)の網にかかって全く機能してなかったわけですけど。



    おまけとして、こちらのヒートマップとパス情報も紹介しておきます。

    WS004230.jpg WS004233.jpg
    平均ポジションの高さから、全体的に相手を押し込んでいる事が分かると思います。
    特にボールゲッターのゾラ(6番)。
    攻撃の組み立て担当だったチカ(19番)よりも相手陣内に深く入り込んでいます。
    こちらの攻勢に押されて下がって行く相手を逃がすことなく、貪欲に噛みついて行ったようです。まるで闘犬のような奴ですね。怖い怖いw
    結局、高い位置でボールを奪ったゾラがそのまま攻撃に参加するような形になったため、右は剣で切り裂き、左は盾で殴り倒すみたいな事態になってしまいましたw

    ・・・と、まぁこんな感じです。
    こうやって真面目に分析して対策を練れば、それなりに結果が出るもんなんですね。
    今回は本当にいい勉強になりました(´▽`)
    これと同じように、大敗を喫してしまった先日のPSG戦を分析し、リーグカップの決勝ではいい試合を見せる事ができるように頑張りたいと思います(`・ω・´)





    さてさて、この試合だけで随分とスペースを食ってしまいました。
    このペースで進めていくと、いつになったら終わりまで辿り着けるのか不安になってきたため、ここから先の試合は簡易版で記録していきます。


    2016.02.14(Sun)
    LOSC Lille Métropole vs EFC Fréjus Saint-Raphaël Ligue1 第27節

    Starting Line-up

    WS004237.jpg

    Result

    WS004242.jpg

    WS004241.jpg

    WS004243.jpg
    ーグ第27節は、現在首位のLilleとアウェイで対戦した。
    結果は1-1のドロー。
    前半にラッキーなPKで先制点を挙げる事ができたが、試合終了直前に追いつかれてしまった。
    非常に勿体ない気もするが、スタッツを見ての通り試合のほとんどが相手ペースで進んでいたので、引分けで御の字と言っても良いかもしれない。
    そして今節の結果、PSGがとうとう順位表の一番上に帰ってきた。
    シーズン序盤は随分と苦戦していたようだが、やはり地力のあるクラブは違いますね。すごいや。




    WS004244-1.jpg
    レダジョンソンゾラが、累積警告のため次節出場停止処分となりました。
    ゾラはまだいいとして、レダジョンソンは一体何回目よ?と思って調べてみたら5回目でした。
    う~ん、これは流石に多すぎでしょ(-ω-;)
    給料を一部返納してもらわないと割に合わないですねw



    2016.02.21(Sun)
    EFC Fréjus Saint-Raphaël vs OGC Nice Ligue1 第28節

    Starting Line-up

    WS004245.jpg

    Result

    WS004250.jpg

    WS004249.jpg

    WS004251.jpg
    らが親クラブ様であるOGC Niceをホームに迎えて行われたリーグ第28節は、リパルトのスーパーゴールでウノゼロ勝ちをしてしまった。
    スタッツを見ての通り、どうして勝てたのか分からない試合でした。
    恐らく相手もどうして負けたのか分からないでしょうw
    しかし勝ちは勝ち。
    上位陣に離されないために必要であった勝点3を、苦しみながらも手に入れる事ができた。





    WS004252.jpg
    キャプテンフェルナンデスが、累積警告のため次節出場停止となりました。
    レダジョンソンの加入で、今シーズンは出場機会そのものが無くなってしまうのではないかと心配していましたが、ここまでは思ったよりも試合に出る事ができてますね。
    やはり、センターバックに加えて左右両サイドバックもこなす事ができるというのは大きいですね。まさにユーティリティプレイヤー万歳といったところでしょうか(´▽`)
    ユーティリティプレイヤーといえば、そういった選手が大好きな元日本代表監督のトルシエ監督が当時「服部(ジュビロ磐田所属(当時))は、海外のクラブでも(その高いユーティリティ性の為に)ベンチ入りすることができるだろう」とか言ってたような気がしますし(うろ覚え)
    まぁとりあえず、これから先も頼むよキャプテン(`・ω・´)

    2016.02.23(Tue)
    WS004253.jpg
    前節にスーパーゴールを決めたリパルトが、週間ベスト11に選出されました。
    一時期は、来季に向けて戦力外通告をしなければいけないんじゃないかと心配になるくらい不調を極めていたのですが、ここ最近は、直近5試合で4G1Aと調子を取り戻してきているようです。
    シーズンの残り試合も、この調子で頑張って欲しいものですね。



    2016.02.27(Sat)
    FC Lorient vs EFC Fréjus Saint-Raphaël Ligue1 第29節

    Starting Line-up

    WS004254.jpg

    Result

    WS004260.jpg

    WS004258.jpg

    WS004259.jpg
    在18位と降格圏に沈んでいるFC Lorientとアウェイで対戦したリーグ第29節は、2試合連続でのウノゼロ勝利となった。
    開始5分にロリオが幸先良く先制点を挙げたのだが、その後は絵に描いたような塩試合となってしまった。
    それでも、下位相手に取りこぼすことなく貴重な勝点3を積み上げる事ができた。




    WS004261.jpg
    先の試合で先制点を挙げたロリオと、守備で大きな貢献をしたレダジョンソンが週間ベスト11に選出されました。
    おめでとう!


    EFC Fréjus Saint-Raphaël vs En Avant de Guingamp Ligue1 第30節

    Starting Line-up

    WS004262.jpg

    Result

    WS004267.jpg

    WS004266.jpg

    WS004268.jpg
    ーグ第20節は、ホームでEn Avant de Guingampと1-1のドローという結果となった。
    因縁のレセットとの対決を楽しみにしていたのだが、彼は怪我明けでコンディション不良だったためベンチにも入っていなかった。
    まぁ、この先もまだまだ顔を合わせるだろうし、その時にまたぎゃふんと言わせてやるんだからね!



    WS004292.jpg
    フォールが累積警告による出場停止処分となりました。
    これでレダジョンソンに並んでシーズン5回目の出場停止、イエローカードの枚数で言うと15枚目のコレクションとなります。
    これでは開幕前に宣言していた通り、ニックネーム編集をして名前をFaul(ファール)に変更するという罰ゲームを喰らわせる必要があるのかもしれません( ̄ヘ ̄)



    2016.03.12(Sat)
    FC Nantes vs EFC Fréjus Saint-Raphaël Ligue1 第31節

    Starting Line-up

    WS004269.jpg

    Result

    WS004274.jpg

    WS004273.jpg

    WS004275.jpg
    C Nantesとアウェイで対戦したリーグ第31節は、モイジニの活躍のおかげで2-0の勝利となった。
    右サイドバックのフォールが出場停止処分のために代役で出場となったキャプテンフェルナンデスも、評価点7.9を叩き出してディフェンスラインで一番の活躍を見せてくれた。
    PSG相手にホームで大敗を喫した時には、この先どうなってしまうのかと不安になったが、その後はリーグで5戦無敗(3勝2分)と見事に立て直す事ができた。
    今シーズンも残り7試合。
    この調子で最後まで突っ走って行きましょう!

    2016.03.15(Tue)
    WS004279.jpg
    先の試合で2Gを挙げたモイジニと、右サイドバックで奮闘を見せたフェルナンデスが週間ベスト11に選出されました。
    フェルナンデスについては、不動の右サイドバックであるフォールの代役出場という事で不安もありましたが、まさに嬉しい誤算と言うのにふさわしい活躍をみせてくれました。
    両名ともおめでとう!



    WS004277.jpg
    今回記録した8試合の結果です。
    PSGに血祭りにあげられた以外は、割といい感じに進んできているような気がします。
    リーグカップとフランスカップの両カップ戦も無事に次のラウンドに進むことができましたし(´▽`)
    その要因として大きいのは、やはりリパルトキュヴィリエの復調ですかね。
    前回記録した10試合では二人合わせてもわずか2得点だったのが、今回記録した8試合では同6得点と、試合数が少ないにもかかわらず3倍増となっています。
    今シーズンも残りが少なくなってきましたが、最後までこの調子を維持して頑張ってもらいましょう!



    WS004276.jpg
    第31節の暫定順位表です。
    知らぬ間にPSGが首位に立っています。
    前回まで首位を快走していたLilleはというと、ここにきて直近5試合未勝利(4分1敗)と、まさかの急ブレーキによって2位に転落してしまっています。怖いですねぇ。
    で、我がクラブはというと、前回から一つ順位を落として5位。
    一応EL出場権争いをしていますが、出場権自体はリーグカップの方で手に入ることが濃厚になっているので、イマイチ盛り上がりに欠ける感じになってしまっています。
    来季に向けたテストをするにも、今オフも昨オフと同様に大型補強をする予定なので、今の布陣でやっても意味がないというかなんというか・・・。
    ま、とりあえずは残りの7試合でいい結果を出せるように頑張っていきましょう(`・ω・´)


    それでは、今回はここまで。
    次回はいつものリーグ戦に加えて、リーグカップ決勝とフランス杯の準決勝などについて記録していきたいと思います。
    スポンサーサイト
    [ 2014/07/12 23:24 ] EFCFSR(15/16) | TB(0) | CM(0)

    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://isoyaki1.blog.fc2.com/tb.php/86-3d45ff7f







    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。