スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    ~最終節とまとめ。

    さて、今回はシーズン終了までと、簡単なまとめを記録していく予定です。
    まずは、今回記録する5試合の予定を。
    WS004430.jpg

    リーグ戦は残り4試合。
    現在5位につけている我がクラブに対して、対戦相手はすべて中位以下という、とても楽な日程となっています。
    ここから怒涛の4連勝を挙げて、かつ現在3位のOlympique Lyonnaisと4位のAS Monacoが絶不調に陥ればCLの出場権も・・・うん、さすがにないなw(でもちょっと期待してみようかなぁ)
    それよりも、今回の目玉試合はなんといってもCoupe de Franceの決勝でしょう。
    相手は2部所属のRacing Club de Lens。
    2011/2012シーズンに降格して以来、ここ数シーズンは2部でくすぶっていたのですが、今シーズンはここまで2位と本来(?)の強さを見せています。
    このままいけば、来シーズンは再びその姿を1部で見る事になりそうです。(リアルでも昨シーズンに昇格を成し遂げましたし)
    PSGを相手に戦ったリーグカップ決勝のような絶望感はありませんが、上記の事が表すように調子自体は良さそうなので、格下だからと言って油断せずに挑んでいきたいと思います(`・ω・´)


    それでは順番に記録していきます。
    今回はリーグ第35節、アウェイでのGirondins de Bordeaux戦からの記録となります。

    選手一覧はこちら
    名前をクリックすると、各選手のプロフィールが表示されます。




    2016.04.23(Sat)
    Girondins de Bordeaux vs EFC Fréjus Saint-Raphaël Ligue1 第35節

    Starting Line-up

    WS004349.jpg

    Key Player

    WS004350.jpg

    WS004351.jpg

    WS004352.jpg
    リーグ第35節は、アウェイでGirondins de Bordeauxと対戦する。
    相手は現在9位と、残留争いも大陸間大会出場権争いも関係のない中位に位置している。
    相手にとってはいわゆる消化試合という奴になるのだが、クラブとしての実力自体は当然のように相手の方が上なので、あくまでも挑戦者という立場で挑んでいきたい。


    Result

    WS004354.jpg

    WS004353.jpg

    WS004355.jpg
    ュヴィ~タ~イム(13試合ぶり7回目)
    試合は、開始早々の7分にクラブのキーマンであるオリネルが負傷(軽傷)していまい、交代を余儀なくされるという最悪の立ち上がり。
    が、その直後の9分にキュヴィリエチカの裏へのパスに反応して抜け出し、相手GKとの1vs1を制して先制点を挙げる。
    その後はスタッツの通り五分と五分といった状況で試合が進んでいくが、前半ももう少しで終りという39分にセンターバックルメールの残念なプレイが起点となって同点に追い付かれてしまう。
    CL出場権獲得という夢のために、なんとか勝点3を手にすべく後半も積極的に勝ち越し点を狙っていくが、大きな見せ場がないまま時間ばかりが過ぎて行ってしまう。
    これはドローもやむなしかな~と思っていた88分、メリティが今シーズン一度も見せた事のない強烈なミドルシュートを放つ。
    これは相手GKのファインセーブに合うが、そのこぼれ球に詰めていたのはキュヴィリエ
    今シーズン実に7回目のキュヴィータイムが炸裂し、嬉しい勝利を手にする事ができた。
    この結果、順位は変わらないものの、3位までの勝点差が4→3と、CL出場権の尻尾が少しだけ見えてきた。




    WS004356.jpg
    フォールが累積警告による出場停止処分となりました。
    これで今シーズン6回目の有給です。
    いくらなんでも休みすぎじゃね?w



    2016.04.26(Tue)
    WS004357.jpg
    先のGirondins de Bordeaux戦で先制点をアシストしたチカと、2得点を挙げて勝利に大きく貢献したキュヴィリエが週間ベスト11に選出されました。
    おめでとう!



    2016.04.27(Wed)
    EFC Fréjus Saint-Raphaël vs AC Ajaccio Ligue1 第36節

    Starting Line-up

    WS004358.jpg

    Key Player

    WS004359.jpg

    WS004360.jpg

    WS004361.jpg
    リーグ第36節は、ホームに16位AC Ajaccioと対戦する。
    残り試合で3位AS Monacoを逆転してCL出場権を手にするためには、絶対に落とせない下位との試合となる。
    が、この試合のあと中2日でCoupe de Franceの決勝が控えているため、メンバーを半分以上入れ替えて臨む事とした。
    普段なかなか出場機会が与えられないサブ組には、絶好のチャンスだと思って意地を見せてもらいたいところ。


    Result

    WS004364.jpg

    WS004362.jpg

    WS004365.jpg
    合内容は五分、しかしスコアは2-0の完勝となった。
    半分以上をサブのメンツで構成したためハッキリ言って不安しかなかったが、思ったよりも苦戦はしなかった。
    前半終了間際にCKからルメールが先制点を挙げ、そこから時間を置かずにマルキュイが追加点を挙げてくれたため、苦戦したという印象は全く持たないまま試合を終える事ができた。
    やっぱりマルキュイ良いなぁ
    能力を見ると物足りない感がハンパ無いが、試合に出すと何故か結果を出すという不思議な選手。
    本当は今シーズン限りで放出するつもりであったが、一応来季も戦力として考えてみようかな。




    WS004363.jpg
    フェルナンデスが、累積警告のため出場停止処分となりました。
    キャプテンなのに今週末に行われるフランス杯の決勝のピッチに立てないのか~と思ったのですが、よく見たら処分執行が来週火曜日からなので、問題は無いみたいです。
    もし優勝できたとしても、キャプテンがスタンドから観戦では格好がつかないですからねw
    やっぱり優勝カップを高々と掲げるのはキャプテンじゃなくっちゃ!



    2016.04.30(Sat)
    EFC Fréjus Saint-Raphaël vs Racing Club de Lens Coupe de France 決勝

    Starting Line-up

    WS004366.jpg

    Key Player

    WS004367.jpg

    WS004368.jpg

    WS004369.jpg
    Coupe de France決勝は、Racing Club de LensとStade de Franceで対戦する。
    Stade de Franceは、10日ほど前に行われたリーグカップ決勝でPSGに敗れた地。
    その嫌なイメージを払拭するためにも、この試合には絶対に勝ちたい。
    幸い、相手は2部所属のクラブ。
    さらに、スタメン陣は休養十分でコンディション&モチベーション共に文句なし。
    できるだけ早い時間に先制点を挙げて、楽な形で試合を進めていきたい。

    ちなみに、試合前の予想はこんな感じ↓
    WS004373.jpg
    オッズではこちらが圧倒的に有利とされている。
    が、寸評では何故かPK戦になるとか言われている。
    うーん、意味が分からんw

    Result

    WS004380.jpg

    WS004381.jpg

    WS004374.jpg

    WS004382.jpg
    Coupe de France優勝!!
    でも、試合内容には不満いっぱーい( ̄ε ̄;
    120分を通じて凡戦を展開してしまい、勝負はPK戦に。
    そのPK戦も9人目まで決着がつかず、苦戦に苦戦を重ねての勝利といった感じになってしまった。
    2部所属のクラブ相手に、こんな試合をしてしまうようでは、まだまだ修行が足りないって事ですね。
    結局、割と馬鹿にしていた試合前の寸評通りになってしまいました。ちきしょう。




    怒涛の優勝関連ニュースを記録しておきます。
    WS004383.jpg
    まずは優勝を伝えるニュース。
    文字化けしている所には、いったいどのクラブの名前が入っていたんでしょうか。
    どうでもいいけど、なんだか気になりますw

    WS004384.jpg
    サポーターが称賛してくれているようです。
    嬉しいですね(´▽`)

    WS004385.jpg
    理事会も満足してくれているようです。
    で、さらなる挑戦って何?まさかリーグ優勝とか言わないよね?w

    WS004386.jpg
    来季のEL出場権が確定しました。
    本当にわずかですが、まだCL出場権を獲得する可能性が残っているので、とりあえずはそちらに集中したいと思います(`・ω・´)

    WS004387.jpg
    優勝賞金は約1億円。
    勝ち上がる度に貰っていた賞金と合わせると、結構な金額になりますね。
    財政的に余裕がないクラブにとっては、とても貴重な収入になります(´▽`)

    WS004388.jpg
    選手達に優勝ボーナスを支払いました。
    合計で24M。
    優勝賞金の約1/4くらいですね。
    もうちょっとあげても良いような気もしますが、まぁいっか。



    2016.05.07(Sat)
    Valenciennes FC vs EFC Fréjus Saint-Raphaël Ligue1 第37節

    Starting Line-up

    WS004389.jpg

    Key Player

    WS004390.jpg

    WS004391.jpg

    WS004392.jpg
    リーグ第36節は、アウェイで17位Valenciennes FCと対戦する。
    17位といえば残留ギリギリの順位なので、本来であれば残留争いの真っ只中に巻き込まれているはずなのだが、今年は18位以下の3弱が圧倒的すぎて残留争いが発生していない。(現時点で17位と18位の勝点差9で3弱降格決定済)
    相手からすれば完全に消化試合となるため、ここはひとつ我らのCL出場権獲得のための踏み台となってもらおうか( ̄ー ̄)


    Result

    WS004395.jpg

    WS004396.jpg

    WS004397.jpg
    み台に手を噛まれる(違
    36分に先制を許すが、42分にルメールのゴールで同点に追いつく。
    が、結局最後まで勝ち越し点を奪う事はできなかった。
    それどころか、終始相手にペースを握られてしまい、ドローで御の字という試合になってしまった。
    うーん情けない(-ω-;)
    ちなみに、3位につけていたAS Monacoが今節勝利を挙げ、残り1試合で我がクラブとの勝点差が5となったため、彼らが来季のCL出場権を手にする事が決定した。
    ま、しゃーないか。




    2016.05.14(Sat)
    ESTAC Troyes vs EFC Fréjus Saint-Raphaël Ligue1 第38節

    Starting Line-up

    WS004398.jpg

    Key Player

    WS004399.jpg

    WS004400.jpg

    WS004401.jpg
    リーグ最終節は、アウェイで14位ESTAC Troyesと対戦する。
    素晴らしい結果を残す事ができたシーズンを良い形で締めくくるためにも、この試合でもきっちりを勝利を手にしたい。
    採用したシステムは、使い慣れた4-1-2-2-1。
    チームが機能するための組合せを見つける事にとても苦労した1年であったが、最終的に一番しっくりくるメンツをスタメンとして送り出す事とした。


    Result

    WS004403.jpg

    WS004402.jpg

    WS004404.jpg
    ーズンを良い形で締めくくる事ができた。
    相手は中盤をダイヤモンド型にした4-4-2であったが、試合を見ているとトップ下の選手が下がってボールを受けにくるため
    、トップ下がいないような形になっていた。
    これはそう、いつぞやのToulouse FC戦と同じ状況。
    ということで、60分からシステムを4-2-3-1に変更し、前目の位置に選手を集めて圧力をかけることとした。
    すると、これが大成功!
    戦術変更をしてからわずか7分後の67分に、トップ下に入ったオリネルのスルーパスを受けたモイジニが抜け出して先制点を挙げると、その直後の69分にも再びオリネルが起点となってルメールが3試合連続得点となる追加点を挙げる事に成功した。
    その後、81分に1点を返されてしまうが、そこから試合終了まで再び4-1-2-2-1に戻して危なげなく逃げ切る事ができた。




    さて、ここからは簡単に今シーズンのまとめを記録していきます。
    まずはリーグ戦の順位表を。

    <Ligue 1>
    WS004410.jpg
    今年も優勝を果たしたのはPSG。
    シーズン序盤はらしくない取りこぼしを連発し、一時は首位に10ポイント以上の差をつけられていたのですが、終わってみれば定位置でのフィニッシュとなりました。やっぱり強いですね。
    一方、もう一つの巨人であるAS Monacoは、昨年5位のLilleが2位に躍進した煽りを受けて3位。
    順位、勝点ともに昨シーズンを下回ってしまいましたが、それでもCL出場権を確保するのは流石といった所ですね。
    で、我がクラブはというと、開幕前は異次元の弱さでぶっちぎりの最下位になると予想されていたのですが、あと一歩でCL出場権を獲得できる4位というポジションを確保する事ができました。
    優勝オッズ2001倍とは一体何だったのか・・・w
    来シーズンは、ELと並行してリーグ戦を戦っていかなければならないので、今年のような結果が残せるか不安ですが、少しでも良い結果を手にする事ができるように、まずはオフシーズンの補強から頑張っていきたいと思います(`・ω・´)




    続いてチーム成績を。
    WS004460.jpg
    得点、失点共にPSGがトップ。
    我がクラブは、得点で5位にランクインしていますが、それ以外はイマイチコメントをし難い結果となっています。
    来季の目標としては、得点だけでなく失点の方でもランクインすることでしょうか。



    さらに個人成績です。
    WS004418.jpg
    得点王はFalcao、アシスト王はN.Rouxがそれぞれ獲得をしました。
    チームの総得点で1位だったPSGからは、3位にZ.Ibrahimovicが入るに留まっています。
    これは特定の選手に頼るわけでなく、いろいろな選手が満遍なく得点を挙げていたということの表れでしょうね。
    こういったチームはやっぱり強いですね。
    で、我がクラブの選手はというと、オリネルがアシストランキングで2位タイ&キーパスランキングで3位タイに入っています。
    これまで各ディヴィジョンで好成績を残してきたオリネルですが、彼は1部でも充分通用する事を自ら証明してくれました。
    頼もしい限りです(´▽`)
    なんだかイエローカードコレクター部門でも我がクラブの選手名が見える気がしますが、きっと気のせいなので無視する事にしますw
    ・・・これはシーズン前に予告していた通り、名前をFall→Foulに変更するという罰を下す必要があるかもしれませんね(; ̄ー ̄)



    最後にシーズンベスト11について。
    WS004463.jpg
    我がクラブからはオリネルがただ一人選出される結果となりました。
    それ以外は、すべて上位3チームからの選出となっています。
    来年は、この中にもう一人くらい我がクラブ選手が入っていけるように頑張りたいですね。




    今シーズンはカップ戦でも好成績を残す事ができたので、一応トーナメントツリーを紹介しておきます。
    そういえば、今まで一度も国内カップ戦についてまとめた事がないんですよね。Sheff Utd編を含めて。
    別に国内カップ戦をそこまで軽視しているわけではないのですが、何故にこうも長い間忘れていたのか、自分でも不思議ですねw
    それでは、まずはフランス杯の結果を。
    トーナメントツリーを全部紹介していると、とんでもない画像サイズになってしまうので、ベスト16以降について紹介します。
    WS004415.jpg
    パッと見て思うのが、1部のクラブが少ないという事ですね。ベスト16の内の半分弱を占めるにとどまっています。
    PSGもMonacoもいないし・・・。
    それでも、優勝は優勝。クラブにとっても初のタイトルとなったので、感無量といった感じでした。
    来年はELの試合が増えて非常にタイトな日程になる事が予想されるので、同じような成績を残すことは難しいかもしれませんね。



    続いてリーグカップの結果を。
    WS004416.jpg
    こちらはフランス杯と対照的に、ベスト16のうち14のクラブが1部所属のクラブとなっています。
    カップ戦の格的にはフランス杯の方が上だと思うのですが、どうしてこうなってしまったのでしょうかw
    そして、優勝を果たしたのはPSG。
    我がクラブは、そのPSGに決勝で敗れて準優勝という結果を手にしました。
    事前の予想からすれば、上出来すぎる結果と言えるでしょう(´▽`)



    ここからは我がクラブのチームと個人成績を記録していきます。
    まずは、年間試合結果を。
    WS004437-1.jpg
    シーズンの序盤~中盤はドローとなる試合が多く、イマイチ調子に乗れなかったのですが、11月の終わりくらいからそこそこに勝てるようになりました。
    に、しても上位陣に歯が立たないっぷりが酷いですね・・・。
    敗戦の多くが上位陣との対戦となっています。
    まさに「弱気を挫き、強気を助く」といった感じです。格好悪いっすねw




    つづいて個人成績を。
    WS004432.jpg
    我がクラブの得点源はワントップのリパルトと、モイジニ&キュヴィリエの両ウイングである事が露骨に出てますね。
    そして、彼らにボールを供給するのはオリネル
    一応、私が考えている形に近いものが数字として表れてくれました。
    欲を言えば、もう一人の供給源として期待しているロリオにもう少し決定的な働きをしてもらいたかったところですが、その辺はまだ調整が上手くいってないのかもしれません。
    また、来季以降の課題として取っておきたいと思います。
    ちなみに、今年のチーム得点王はリパルト、そしてアシスト王はオリネルとなりました。
    この二人の存在感はチームの中でも抜きんでていますね。
    そして恒例の監督的年間MVPは、今年はキュヴィリエとしました。
    終了間際に同点や逆転となるゴールを挙げてくれる姿は、本当に頼もしい限りでした。
    来年もキュヴィータイム頼むよ!

    <チーム得点王:18得点>
    Renaud Ripart (ルノー・リパルト・M(R),ST
    WS004434.jpg

    <アシスト王:15アシスト>
    Akim Orinel (アキン・オリネル・M/AM(LC))
    WS004433.jpg

    <年間MVP>
    Alexandre Cuvillier (アレクサンドル・キュヴィリエ・M(L)AM(LC))
    WS004435.jpg




    最後に、主要リーグの結果を紹介しておきます。
    自所属のフランス以外にディティールレベルを設定している4つのリーグについての紹介となります。
    <Liga BBVA>
    WS004411.jpg
    リーガでは、R.Madridが昨年に得失点差で優勝を逃した雪辱を果たしています。
    しかもぶっちぎりで。
    Barcelonaが低調なシーズンを送ってしまったようなので、来季以降どうなるか少し気になるところですね。

    <Barclays Premier League>
    WS004409.jpg
    プレミアではMan.Cが優勝を果たしています。
    この結果はいいとして、2位以下が衝撃的なメンツとなっています。
    2位のNewcastleは百歩譲って分かるとして、・・・Reading??・・・Norwich???
    シーズンの序盤でこういった順位表になる事は何度か見た事があるのですが、最後の最後までビッグ4+2が上位に固まり損ねるというシーズンは初めてかもしれません。
    何が起こったんだプレミア・・・。
    ちなみに、昨年優勝のMan.Uは今年は9位という成績となってしまいました。
    ここまで粘っていたD.Moyesですが、成績不振の責任という形で大晦日に解任されてしまったようです。
    その後を引き継いだのが、なんとR.Giggs。
    「暫定監督」という所まで、見事にリアルをトレースしていたのでビックリしました。
    で、その後はR.Giggs暫定監督を中心にチームを立て直し(妄想)、FA杯を制する事ができたお陰で来季のEL出場権はギリギリ確保したようです。

    <Bundesliga>
    WS004413.jpg
    ブンデスは今年もFC.Bayernが優勝しています。
    もう見慣れた光景といった感じですね。
    Dortmundもあと一歩のところまで迫ったのですが、残念ながら2位で終わってしまいました。
    ちなみに降格したのはDresden、Mainz、Nürnbergの3クラブ。
    Mainzにいた岡崎選手はHannoverに、Nürnbergにいた清武選手はLilleにそれぞれ開幕前に脱出していたおかげで、この降格騒動に巻き込まれずに済んだようです。
    しかし、Nürnbergに長谷部キャプテンの姿が・・・。
    リアルと同じように個人残留を果たせるといいのですが、当箱庭ではどうなるでしょうか?

    <Serie A>
    WS004412.jpg
    セリエAではA.C.Millanが優勝を果たしています。
    各国リーグの中では、リアルとの差が一番大きいチャンピオンと言えるでしょう。
    ちなみに、本田選手は先発出場21試合&途中出場13試合と、ほぼすべての試合で出場を果たしています。
    結果は3得点5アシスト。
    出場時間の割に寂しい数字となっていますが、継続して使ってもらっているという事は、数字に見えない働きをしているのでしょう。たぶん。
    ちなみに、2位のInter所属の長友選手は年間で41試合先発出場と、バリバリの主力としてやっているようです。

    <UEFA Champions League>
    WS004423.jpg
    今年のビッグイヤーはFC.Bayernとなりました。
    Barcelonaは、リーグ戦に続いての準優勝という結果に終わり、見事なシルバーコレクターに変身してしまっています。
    一方、フランス勢ではPSGが唯一ベスト16まで残っています。
    1回戦の相手が優勝したFC.Bayernという最悪の組合せだったのですが、その後の勝ち上がり方を見てみると、彼らを一番追い詰めたのがPSGだったようです。
    来シーズンはどこまで勝ち上がってくれるか、敵ながら楽しみにしたいと思います。

    <UEFA Europa League>
    WS004424-1.jpg
    ELを制したのはOlympique Marseilleとなっています。
    準決勝、決勝とプレミア勢との対戦でしたが、見事に蹴散らして優勝を果たしています。
    来季は、我がクラブもこの中に名前を刻めるようにしたいですね!


    それでは、今シーズンはここまで。
    来季は初のELに参加しながらのシーズンとなりますが、一つでも上の順位を目指して頑張っていきたいと思ってます(`・ω・´)
    スポンサーサイト
    [ 2014/08/09 02:28 ] EFCFSR(15/16) | TB(0) | CM(2)

    カップ戦優勝おめでとうございます

    EL出場おめでとうございます(^ω^)
    おお、てっきりこれでフランス編完結かと思いきや継続ですか。やはり最後まで挑戦しないとという感じですか(・ω・)←設定するゴールが短い人
    しかし戦績を見ると負けが少ない! 7敗しかしてない! 引き分けの多さでCLに届かなかった感じですか。僕のサバデルの戦績とは雲泥の差(´・ω・`)
    ところで、対戦相手のクラブのセンターバックが軒並み足の速い選手たちで、
    「やっぱりセンターバックは足が速くないとライン上げられないよな(・ω・)」などと思いつつ、Akakiriさんのチームの選手はどうかと改めて見てみたら、
    ……よくこんな選手たちで4位に入れましたね……( ゚ω゚ )
    こっちは強い選手を集めてやっとこさ5位だったのに(´;ω;`)キーッ! やっぱりうまい人はうまいなぁ(・ω・`)
    この手腕なら来季はEL制覇ですね(`・ω・´)! 期待してますよ!
    [ 2014/08/09 23:00 ] [ 編集 ]

    ありがとうございます。

    >ぶるべあ(・ω・)さま

    どもども、ありがとうございます。
    正直言うと今シーズンは、開幕前の順位予想を見て「これは降格→解任エンドもあり得るなー(-ω-;)」と思っていたのですが、終わってみれば予想をはるかに上回る結果を残す事ができました。
    となると、このクラブでどこまで行けるかやってみよう!という事になりまして、もう1年やってみる事にしました。
    本当はSheff Utd編を始めたくてうずうずしているのですが(昨日League oneの新シーズンも開幕しましたし)、その思いはとりあえずは封印して、ELという新しい舞台に挑戦してみようと思ってます。

    やっぱり、ぶるべあさんから見てもウチの選手達は能力不足に見えますか・・・w
    実は私もそんな気はしているのですが、何故か能力以上に仕事をするんですよね。
    一応、選手の能力を見て「強みを生かした使い方をする」という事を心がけているのですが、今シーズンは特にその辺が上手くハマった感じかなーと思ってます。
    特にモイジニなんかは、走力がある"だけ"の選手なのですが、その走力を生かして「ゴール前に走り込む(切り込む)→下手くそなシュート(失礼w)を数多く打つ」という事をシーズンを通して繰り返した結果、年間で16ゴールという素晴らしい結果を残してくれました。
    本当は、全てに秀でたパーフェクトな選手をそろえたいところですが、クラブの格と資金がそれを許してくれないので、とりあえずは「ザ・一芸ズ」を集めて凌いでいるところですw
    来季の目標は、とりあえずELのグループステージ突破&リーグ戦5位以内確保とかですかね?
    結果によってはEFC編のラストイヤーになるかもしれないので、後悔のないようにしっかりとプレイしていきたいと思います(`・ω・´)

    私も、ぶるべあさんがFM2014でどのようなプレイを見せてくれるか、とても期待して見ていますよ!
    直近の記事でテストプレイも区切りとなったようですし、本編ではどのクラブでプレイするのかを含めて楽しみにしてます(´▽`)
    [ 2014/08/10 00:42 ] [ 編集 ]

    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://isoyaki1.blog.fc2.com/tb.php/88-297890c4







    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。