スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    選手紹介など。

    さて、今回は選手紹介と戦術の話を簡単にやっていきます。
    まずは、今シーズンを一緒に戦っていく選手の一覧です。
    WS004488.jpg
    トップチームの選手総数は22名。
    昨シーズンは途中加入選手を含めて26名いたので、それよりも少ないメンバーで戦っていくことになります。
    ので、もし怪我人が同時多発的に出てしまったりすると、割と大変なことになるかもしれません。
    ま、そうなったらそうなったで、U19から将来有望な子を引き上げて使ってみようかな。
    幸い、U19には潜在能力が高い(相対☆4~4.5)子らがたくさんいるし(´▽`)
    そして、今シーズンからの新加入選手はというと、全部で5名。
    ポジションや能力などについては下で紹介します。
    基本的に、どの選手も即戦力級。
    昨シーズンに出来の悪かった選手や、そもそも能力が足りてない選手が務めていたポジションの補強をしてみました。

    補強終了時点での財務状況はこんな感じ↓
    WS004512.jpg
    いつものようにじゃぶじゃぶとお金を使いまくったのですが、意外なことに予算内に収まっている・・・どころか、まだ150M近く予算を残している状況となってます。
    それもこれもすべて彼のおかげ↓

    「彼」
    WS004493.jpg
    彼の名はP.Hibbert。16歳のストライカーです。
    我がクラブがまだ2部所属だった2年前に、フットボールディレクターが国内下部ディビジョンから拾ってきた若手です。
    年齢が年齢なので、現在進行形の能力値は非常に物足りない感じでしたが、潜在能力でいえばトップチームの誰よりも優れたものを持っている選手でした。
    当時の評価額は97.5M。
    それに対して我がクラブが支払った移籍金はたったの3.4Mという、とてもお買い得な選手でした。

    そんな彼に移籍話が舞い込んできたのが7月の終わり。
    WS004492.jpg
    なんと、あのAS Monacoから正式オファーがきました。
    提示された額は、なんと430M。
    潜在能力は素晴らしい・・・が、今後数年は使う予定のないという若手にこれだけの評価が付いたら、まず売らない手はないでしょうw
    というわけで、
    WS004510.jpg
    あっさりとオファーを受諾し、移籍をまとめてしまいました。
    前所属のES Wasquehalに126Mという大金をピンはねされてしまったのが璧に傷ですが、それでも差引で300M以上のお金が手に入りました(´▽`)
    3.4Mで仕入れて300M以上で売る・・・。
    素晴らしい人身売買ビジネスですねw

    ・・・という件があったため、とりあえずは150Mも財布の中に残して夏の移籍期間を終える事ができました。
    これだけあれば、冬の移籍期間でも一人くらいだったら補強できる・・・かな?


    さて、それでは話を戻して今シーズンを戦う選手を順番にを紹介していきます。
    まずは、今シーズン新加入の5名から。


    Summer Transfer 2016.6.13(Mon)~2016.8.31(Wed)

    Romain Genevois (ロマン・ジュヌボワ・D(RC),WB(R))
    ←自由移籍(ボスマン)
    WS004475.jpg
    我がクラブ不動の右SBフォールが今年で34歳となり、フィジカルをはじめとした能力の衰えが隠せなくなってきたために獲得してきた後継者。
    最も得意としているのはセンターバックだったりするが、走力やスタミナが高いのでサイドバックでも十分活躍できるでしょう。たぶん。

    Jordan Lotiès (ジョルダン・ロティエス・D(RC),WB(R),DM)
    ←Racing Club de Lens(FRA),移籍金480M(120M+360M(48ヶ月分割))
    WS004481.jpg
    昨シーズン加入のDMゾラが一年を通じてイマイチな出来だったため、その代わりとして獲得した選手。
    よりにもよって、ダントツ最下位に予想されている昇格組から強奪するという鬼畜っぷりを発揮してみた。
    基本的な能力構成はゾラと同じ。
    だが、唯一「走力」についてはこの選手の方が圧倒的に優れている。
    カウンターを受けた時やサイドに吊り出された時などに、この「走力」がモノを言うようになると思うので、その辺で前任者との違いを見せてもらいたい。

    Migjen Basha (ミギエン・バシャ・DM,M(C))
    ←Sassuolo(ITA),移籍金72.5M(一括)
    WS004468.jpg
    昨シーズンの我がクラブにおける中盤の便利屋メリティが契約満了によって退団となったため、その代わりとして獲得した選手。
    前所属はイタリアセリエAのSassuolo。
    能力構成は守備寄り。
    基本的に、MC(Box to Box)を任せる予定。
    走力、スタミナ共に十分なレベルにあり、加えてポジショニングや運動量、判断力などが高いという完全に私好みの選手。
    ポジション争いをする相手が我がクラブで絶対的存在のロリオなので、定位置を確保することは難しいと思われるが、相手が格上である時や試合終盤で逃げ切りを図りたい時などに活躍の場面がありそう。

    Lossémy Karaboué (ロセミ・カラブエ・M/AM(RC))
    ←Evian TG FC(FRA),移籍金470M(150M+320M(48ヶ月分割))
    WS004477.jpg
    控えの層が薄すぎる右ウイングを補強すべく、Ligue2所属のEvianから獲得した選手。
    能力構成はオリネルに近い感じか。
    能力的には昨年このポジションを務めていたモイジニよりも優れているので、とりあえずはスタメンの座を与えてみるが、結果が出なければ即モイジニに戻す予定。
    彼の方が実績(昨シーズン16G8A)があるし。

    Cheick Diarra (シェイク・ディアラ・ST)
    ←Stade Rennais FC(FRA),移籍金270M(70M+200M(48ヶ月分割))
    WS004471.jpg
    本当は何でもできるスーパーなストライカーが欲しかったのだが、我がクラブにはそんな選手を買うお金も名声もない。
    というわけで、一芸に秀でた子を買ってきました。
    彼の特徴的な能力は間違いなく「走力」。
    試合終盤に投入して、疲れた相手をぶっちぎる姿を期待している。
    あと、今シーズンからサブ戦術として導入する予定の4-1-2-1-2を採用した際には、エースリパルトと組んでポーチャーの役割を担ってもらう事も考えている。


    ここからは、既存の選手達の紹介となります。

    Lucas Veronese (ルーカス・ベロネーズ・GK)
    WS004466.jpg
    昨シーズンの正GK。
    が、シーズン後半は控えに甘んじる事が多くなっていた。
    理由は一つ。
    控えGKであったサヌーの急成長。
    現能力で差がなくなってきただけでなく、気が付いたら潜在能力では彼の方が上という事態になってしまったため、今年はベンチを温める事が多くなりそう。

    Germain Sanou (ジェルマン・サヌー・GK)
    WS004464.jpg
    上記ベロネーズをベンチに追いやり、昨シーズンの後半から正GKを務めている。
    本当に昨年は急成長を遂げてくれた。
    GKに必要な能力のほぼすべての項目で成長が見られ、今シーズンに入ってもまだ成長が止まらない状況にある。
    怪我でもしない限り、今シーズンの正GKは彼になるでしょう。

    Vincent Fernandez (ヴィセント・フェルナンデス・D(RLC))
    WS004474.jpg
    ザ・キャプテン。
    1部で戦うには能力的に厳しい感じがするが、試合に出すと割とソツなくこなしてくれる頼もしい選手。
    ディフェンスラインであればどこでもできる器用さがあるため、今年も貴重なベンチ&ローテーション要因となりそう。

    Pierre-Etienne Lemaire (ピエール・エンティエンヌ・ルメール・D(RC),WB(R))
    WS004479.jpg
    昨シーズン加入のセンターバック。
    昨シーズンは、チーム最多の47試合(途中出場無し)に出場するという大車輪の働きを見せてくれた。
    今年も同じように活躍してくれる事を期待している。

    Réda Johnson (レダ・ジョンソン・D(LC))
    WS004476.jpg
    我がクラブ不動の左サイドバック。
    そして、我がクラブ有数のカードコレクター。
    昨シーズンは、出場39試合で17枚のイエローカードを収集するという働きを見せてくれた。
    有給に換算して5試合分。
    今年は少しは自重してください(>_<)

    Joachim Van Damme (ヨアヒム・ヴァン・ダメ・D(C),DM)
    WS004465.jpg
    昨シーズンの序盤で途中加入した選手。
    駄目元で理事会に掛け合った予算増額が認められたおかげで獲得できた選手であったが、終わってみれば年間で40試合出場と、ディフェンスラインで代えの効かない選手となった。
    あの時の予算増額が認められなかったら、きっと彼の姿はこのクラブには無く、もしかしたら我がクラブの姿もLigue1に無かったかもしれませんw
    そのくらいクラブにとって重要と思える選手。

    Isaac Koné (イサーク・コネ・D(C),DM)
    WS004478.jpg
    私が就任当初からクラブに在籍している選手。
    毎年のように「我がクラブの期待の若手」と言っているが、もう「若手」と呼ぶには歳を取り過ぎてしまったかもしれない。
    これまで何度となく試合に使ってみたが、その度に必ずと言っていいほど低評価を貰って帰って来るので、いつの日からか全く信頼を置けない選手となってしまった。
    契約が2019年まで残っているのが、今シーズンも同じ感じだった場合には売却も視野に入れる必要があるかもしれない。

    Martin Fall (マーティン・フォール・D/WB(R))
    WS004473.jpg
    昨シーズンの不動の右サイドバック。
    が、今年は新加入のジュヌボワにポジションを明け渡す予定。
    理由は二つ。
    一つは34歳という年齢。
    そしてもう一つが、昨シーズン出場37試合でイエローカードを19枚収集したという実績。
    2試合に1枚以上のペースって・・・どうなってんの?w

    Distel Zola (ディステル・ゾラ・DM,M(C))
    WS004467.jpg
    昨シーズンの「よくわかんない選手オブ・ザ・イヤー」。
    主にDMを任せてあったのだが、割とソツなくこなしていると思いきや、ほとんどの試合でチーム最低の評価を受けるという可哀そうな選手。
    きっと理由があるはずだが、その理由が全く分からない(-ω-;)個人指示をいろいろ弄ってみても上向く気配も無かったし・・・。
    ということで、今年は新加入のロティエスにポジションを譲って、君はベンチに座っててね(はあと

    Guillaume Loriot (ギヨーム・ロリオ・DM,M(C))
    WS004480.jpg
    我がクラブの中心選手。
    非常にバランスのいい選手であるため、昨シーズンと同様にMC(Box to Box)を任せる予定。
    が、今年はバシャという監督好みの選手が加入してきたため、結果が出ないとそのポジションを脅かされる羽目になるかもしれない。

    Tibor Cica (ティボール・チカ・M(RLC))
    WS004469.jpg
    昨シーズンの途中で加入してきた選手。
    加入当初は、その思い切りのいいパスに感銘を受けたが、最近では粗さが目立つようになってきた。
    「こいつ・・・もしかしたら適当にパス出してんじゃね?」みたいなw
    潜在能力はチーム隋一であるので、出来れば試合に出しながら育てていきたいのだが、スタメン陣が盤石すぎるためにしばらくはベンチ暮らしとなってしまいそう。

    Alexandre Cuvillier (アレクサンドル・キュヴィリエ・M(L)AM(LC))
    WS004470.jpg
    キュヴィータイムの申し子。
    キュヴィータイムについては過去記事参照。
    当ブログ内を「キュヴィータイム」で検索すると出てくると思います。
    兎にも角にも、今年も不動の左ウイングとして活躍してもらう予定。
    よろしく頼むよ!

    Salim Moizini (サイモン・モイジニ・M/AM(R))
    WS004483.jpg
    昨シーズン16G8Aを挙げた右ウイング。
    実績からすると、今年もそのポジションを務める一番手であるべきだと思うが、とりあえずはベンチに座る機会が多くなりそう。
    理由は「実績<能力」という監督の独断。
    代わって一番手を務めるのは新加入のカラブエ
    能力的にはこの新加入選手の方が上であるため、とりあえずはチャンスを与えることにする。
    もし結果が出なかった場合には、上記カラブエの項でも書いたとおりモイジニに戻す予定でいるが、どんな展開になるだろうか。

    Akim Orinel (アキン・オリネル・M/AM(LC))
    WS004484.jpg
    我がクラブの顔、攻撃の中心選手。
    昨シーズンは7G15Aを挙げ、リーグのアシストランキングでは3位に食い込んだ。
    今年も変わらぬ活躍を見せてくれるのを期待している。

    Kévin Malcuit (ケヴィン・マルキュイ・AM(RL))
    WS004482.jpg
    左右両ウイングをソツなくこなせる貴重なバックアッパー。
    能力的には物足りないが、走力だけは見るものがある。
    彼への指示はただ一つ「走れ!」

    Renaud Emond (ルノー・エモン・AM(C),ST)
    WS004472.jpg
    昨シーズン加入の選手。
    出場機会を求めているようで、しきりに期限付移籍に出せと言ってくる。
    が、彼がいなくなってしまうと我がクラブのストライカーはたったの2人となってしまう。
    それは困ると言っているのに、3ヶ月もたたないうちに再び期限付移籍に出せと言ってくる。
    仕方がないから試合に出してあげるよ!と言って(モチベーションを↑した後に)起用してみるが、必ずと言っていいほど出来が悪い。
    もうどないせいっちゅーねん( ̄ヘ ̄)

    Renaud Ripart (ルノー・リパルト・M(R),ST)
    WS004485.jpg
    我がクラブのエース。
    昨シーズンの序盤はLigue1の壁にぶち当たったのか、イージーな決定機を外すなど"らしく"ない動きが散見された。
    が、途中からは本来の動きを取り戻し、終わってみれば18G10Aという充分な成績を残してくれた。
    今年はELという新しい舞台に挑戦するため、昨年と同じように壁にぶち当たる事があるかもしれないが、何とかその壁を乗り越えて良い結果を出してもらいたいところ。



    続いて、簡単に今季使用する戦術について書いておきます。

    今季も、今までと同じように4-1-2-2-1と4-2-3-1を併用する形をとる予定です。
    割合的には4-1-2-2-1の方が多くなりそうですが。
    基本的な考え方もこれまで通りです。
    簡単に言うと
    「ワイドに開いてウイングとトップで勝負をする4-1-2-2-1」と
    「ピッチの中央付近を使って、トップ下のオリネルを中心に据えて勝負をする4-2-3-1」
    といった感じです。
    そして、これはどちらの戦術においても共通することなのですが、我がクラブの心臓は2枚のMC(+DM)となります。
    彼らがいい位置でボールを奪ったり、いいタイミングで前線にボールを供給することが、戦術として機能するための絶対条件となります。
    彼らの働きが悪いと前線までボールが繋がらなかったり、相手の攻撃に対してディフェンスラインがむき出しになってしまったりと、いろいろ残念な事態になってしまいます。
    選手名で言うとオリネル、ロリオ、バシャ、チカ、ロティエス、ゾラ・・・このあたりの選手達がカギを握る事になりそうです。
    一応、そんなイメージをもった指示を出してあるつもりです。。。

    あともう一つ。
    今シーズンは、第3の戦術として4-1-2-1-2を設定してみました。
    この戦術はサイドアタッカーを置かない戦術となります。
    想定している使用場面は「ウイングの出来が壊滅的に悪い日(or相手のサイドプレイヤーの出来が素晴らしい日)」です。
    サイドでの勝負を捨て、中央からの攻めに特化して戦う戦術となります。
    今まで必ずと言っていいほどサイドに選手を配置した戦術を持って戦ってきたので、イマイチこの戦術のイメージが掴めないでいますが、いろいろ調整を重ねて自分の中の引出しが増える結果になればいいなーと思ってます。
    一応、下に各戦術のSSを貼っときます。

    4-1-2-2-1
    WS004507.jpg

    4-2-3-1
    WS004590.jpg

    4-1-2-1-2
    WS004591.jpg




    続いてプレシーズンの結果です。
    WS004513.jpg
    プレミア勢には全く手も足も出なかったのですが(West Hamは2部)、それ以外はそこそこの結果となりました。
    新加入選手たちもまずまずの働きを見せてくれましたし。
    新戦術の4-1-2-1-2が全く機能しなかったという不安材料はありますが、まだ調整中の戦術なのであまり気にせずに新シーズンに臨むこととしましょう!

    そういえば一つ残念なお知らせが↓
    WS004490.jpg
    ゾラがリザーブ戦で怪我をしてしまいました。
    手首を骨折してしまったらしく、離脱期間は6~7週間とのこと。
    ただでさえロティエスの加入で今季は厳しい立ち位置からのスタートになっているというのに、これはチームだけでなく本人にとっても痛すぎる離脱となってしまうかもしれません。

    それともう一つ、とても目出度いんだけどクラブ的には痛いお知らせ。
    WS004489.jpg
    リパルトがオリンピック代表に選出されました。
    もし決勝まで勝ち進んでしまうと、帰って来るのが8月20日過ぎになる予定。
    そうなった場合にはリーグ戦で言うと第4節までは不在になることが確定で、その後もコンディション次第では第5~6節くらいまでエース抜きで戦う事になってしまいそうです。
    代役は、新加入のディアラ。
    加入早々に大役を任せる事になってしまったが、1点でも多く取ってチームに貢献してくれるのを期待したい。



    最後に、新しいシーズンの始まりを告げる試合の結果を少し。

    2016.08.03(Sat)
    EFC Fréjus Saint-Raphaël vs Paris Saint-Germain FC Trophée des Champions

    Starting Line-up

    WS004494.jpg />

    Key Player

    WS004495.jpg

    WS004496.jpg

    WS004497.jpg
    リーグ開幕戦の1週間前に開催されたTrophée des Championsは、昨年のフランス杯王者の我がクラブと同リーグ戦王者のPSGの顔合わせとなった。
    開催地はなんと韓国の議政府という都市。遠すぎるわ( ̄ε ̄;
    PSGとは昨シーズン3回対戦して結果は1分2敗。
    しかし、2敗のうちの1つがPK戦の末に敗れたリーグカップの決勝戦なので、90分での結果は2分1敗といった感じ。
    採用した戦術は、そのリーグカップ決勝と同様のピッチ中央に重きを置いた4-1-2-2-1。
    個人の能力では圧倒的な差があるので、せめて数的不利な状況だけは作らないように気を付けることとした。
    相手の要注意人物はなんといってもトップの2人。
    もともとE.CanvaniZ.Ibrahimovicがいたのに、G.Higuainまで取ってくるとか何考えてるんですかねw
    おかげでCavaniがベンチとか訳のわからない事態になってるし・・・。
    ま、このレベルの選手達とやりあうのも少しずつ慣れてきたので、今回も割となんとかなっちゃうでしょう!たぶん。

    Result

    WS004501.jpg

    WS004498.jpg

    WS004499.jpg

    WS004502.jpg
    たPK戦で負けた・・・。
    そして、また目の前でタイトルを持ってかれた・・・。
    こちらが先手先手で試合を進めていただけに、余計に悔しさが残る試合となってしまった。
    それでも、あのPSG相手に2試合続けてPK戦まで持ち込めたということは、きっとこの戦術は彼らにとって有効ということなんでしょう。
    新しいシーズンに向けて、少しですが希望が持てたような気がします(´▽`)




    それでは、今回はここまで。
    次回は、いよいよ迎えるLigue1開幕戦からの記録となります。
    スポンサーサイト
    [ 2014/08/27 00:11 ] EFCFSR(16/17) | TB(0) | CM(0)

    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://isoyaki1.blog.fc2.com/tb.php/90-6d4dca66







    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。