スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    シーズン終了~まとめ。

    FM2015が発売されましたね。
    と言っても、新作の情報を仕入れ過ぎてしまうと早くプレイしたい自分との戦いが始まってしまうので、今のところは意識して避けたりしてますw
    普通に行ったら今作も年末のセール(あれば)で買って、最終パッチ&冬移籍反映を待ってからプレイ開始って感じになるんかなぁ。

    ・・・と、未だ見ぬ新作の話は置いといて、現行のEFCFSRの話に戻しましょう。
    今回は2016/2017シーズンの残り試合全部と、年間のまとめを簡単に記録していきます。
    まずは、今シーズンの残り試合の日程を。
    WS005293.jpg

    今シーズンも、リーグ戦5試合とEL決勝の合わせて6試合を残すのみとなりました。
    が、今回もSaint-Étienneから始まってPSG→Man.U→OMと、前回から引き続いて強豪との連戦が続きます。
    過密日程と相まって、非常に厳しいチーム状態となっていますが、良い形でシーズンを締めくくれるように頑張ってもらいましょう!

    それでは、順番にやっていきいましょう。
    今回は、リーグ第34節AS Saint-Étienne戦からの記録となります。
    選手一覧はこちら
    名前をクリックすると、各選手のプロフィールが表示されます。



    2017.04.30(Sat)
    EFC Fréjus Saint-Raphaël vs AS Saint-Étienne Loire Ligue1 第34節

    Starting Line-up
    WS005108.jpg />

    Key Player
    WS005109.jpg

    WS005110.jpg

    WS005111.jpg
    リーグ第34節は、ホームに5位AS Saint-Étienneを迎える。
    Saint-Étienneは今シーズンの序盤は非常に調子が良く、第15節まで無敗(10勝5分)という凄まじいペースで勝点を積み上げていた。
    が、年末辺りから突然負けが込み始め、気が付いたら優勝争いから脱落して今の位置に落ち付いてしまっていた。
    特に怪我人とかが出た感じじゃないのにどうしたんですかね??
    で、最近はどうかというと、直近6試合は勝ちなし(3分3敗)という絶不調に陥ってしまっている。
    こんな状態の相手をホームに迎えて勝点3を取りこぼすわけにはいかないので、4-1-2-1-2を採用して点を取って勝ちに行く。
    こちらのキーマンはカラブエ
    本来は右のウイングの選手だが、今シーズンここまで攻撃の組立て役を務めていたロリエオリネルといった選手達が同時に出場停止やコンディション不良に陥ってしまったため、この試合ではその役を彼に託すこととした。
    一応、MCも「適任」でこなすことができるので何とかしてくれるでしょう!たぶん。

    Result
    WS005113.jpg

    WS005112.jpg

    WS005114.jpg
    勝!だけど・・・。
    試合自体は内容、結果共に非常に満足のいくものとなった。
    前線の選手がきっちりと仕事をし(リパルト以外)、後ろの選手も1失点をしたものの及第点の仕事をしてくれた。
    それよりも、カラブエ・・・・。



    WS005115.jpg
    はい、大変なニュースです。
    スクランブル起用でMCに入ったカラブエが大怪我をしてしまいました。
    なんと、ふくらはぎの肉離れをやってしまい全治3~4ヶ月との事。
    えっと、今は5月だから・・・普通に行ったら来シーズンの開幕に間に合わないんじゃね??
    これは困った事になったぞ・・・(-ω-;)



    2017.05.06(Sat)
    Paris Saint-Germain FC vs EFC Fréjus Saint-Raphaël Ligue1 第35節

    Starting Line-up
    WS005119.jpg />

    Key Player
    WS005120.jpg

    WS005121.jpg

    WS005122.jpg
    リーグ第35節は、アウェイでPSGと対戦する。
    相手は現在2位。勝点差は7。
    こちらの方が消化試合が1試合少ないという事を考えると、この試合で勝利を収めれば彼らの尻尾を掴める距離まで迫る事ができる。
    一応3位でも来季のCL出場権は手に入れることができるのだが、あくまでプレイオフ出場権であってグループリーグにストレートインできる訳ではない。
    なんとか2位に入って来シーズンの序盤に楽をするためにも、この試合は絶対に負けられない。
    採用したシステムは4-1-2-2-1の対PSG仕様。
    1年前に大敗をしたのをきっかけに編み出したこの戦術を採用して以来、90分での勝負では3分1敗。
    まだ勝利を挙げた事はないが、毎回わりといい勝負をする事はできている。
    今回こそ、今回こそは彼ら相手に初勝利を挙げたいところ。アウェイだけど。


    Result
    WS005155.jpg

    WS005123.jpg

    WS005156.jpg
    シーズン終了のお知らせ。
    試合開始から圧倒的に試合を支配され、前半のうちに3点を取られて試合・・・というか今シーズンの行方を決定付けられてしまった。
    一応、後半開始早々にカウンターが綺麗に決まってディアラが1点を返したが、既に焼け石に水だった。
    こんな結果になってしまった以上、とりあえず2位に入ることは諦めるとして、なんとか3位を死守する事を考えなければ。



    WS005124.jpg
    レダジョンソンジュヌボワフェルナンデスが異性警告によって次節出場停止になりました。
    ・・・。
    レダジョンソン=DL(スタメン)、ジュヌボワ=DR(スタメン)、フェルナンデス=DL&DR(控え)
    ・・・。
    あれ?これってウチのサイドバック陣ほぼ全滅したんじゃね?w



    さて、気を取り直して行きましょう!
    遂にEL決勝の日を迎えます。
    WS005125.jpg
    決勝の舞台はベルギーのStade Roi Baudouin。
    日本語で書くとボードゥアン国王競技場。
    旧名は「ヘイゼル・スタジアム」
    普通に欧州サッカーを見ていると、年に最低1回は耳にする言葉ですよね「ヘイゼル」
    記事によると、この試合でも定員いっぱいの5万人が来場予定とのことですが、事故なく無事に試合を終える事を祈りたいと思います。

    WS005126.jpg
    我がクラブとしては、ELの優勝であっても当然クラブ史上最大の快挙。
    全力で取りに行きます!
    Man.UもELのタイトルは獲得した事がないようだが、そんなことは関係ない!
    そっちはCLを3回も制してるんだからいいだろ!今回は譲れ!w



    2017.05.10(Wed)
    EFC Fréjus Saint-Raphaël vs Manchester United UEFA Europa League 決勝

    Starting Line-up
    WS005127.jpg />

    Key Player
    WS005128.jpg

    WS005129.jpg

    WS005130.jpg
    いよいよ迎えたEL決勝。相手はあのMan.U
    ”あの”と言っても、ここまで“あの”A.C.Millanや”あの”Arsenalを破ってここまで上がってきた我がクラブにとって、Man.Uといっても恐るるに足らず!
    クラブ史上最大の快挙に向けて全力でぶつかって行くのみ!
    採用した戦術は4-1-2-2-1。
    このクラブを率いて以来、一番煮詰めて機能するように調整した戦術を持って挑む。
    クラブ史上最大の快挙、やったるぜい!

    WS005131-1.jpg
    オッズは厳しい数字が並んでるけどね。

    Result
    WS005133.jpg

    WS005132.jpg

    WS005134.jpg
    んちぇすたーきらい。
    前回のSheff Utd編でのCL決勝(対Man.C)に続いて、またしてもマンチェスター勢に快挙を目の前で掻っ攫われた。
    試合内容について感想はなし。
    スタッツ、得点経過を見ての通りです。
    折角ここまで来たのになー。あー悔し。
    今日はきっとルーニーに点を取られる夢でも見るんだろうなー。先日イブラが夢に出てきたみたいにw



    2017.05.13(Sat)
    EFC Fréjus Saint-Raphaël vs Olympique de Marseille Ligue1 第36節

    Starting Line-up
    WS005147.jpg />

    Key Player
    WS005148.jpg

    WS005149.jpg

    WS005150.jpg
    EL決勝の惨敗から中2日で迎えたリーグ第36節は、ホームにOMを迎える。
    相手は現在12位と、開幕前に3位に予想されたシーズンを有り得ないレベルの低空飛行で過ごしている。
    とりあえず、ELの優勝を逃して途端に悪くなってしまったチームの雰囲気を改善するためにも勝利を目指して頑張りたい。
    採用した戦術は4-1-2-1-2。
    今回も「まともに使えるウイングがいないから」という後ろ向きな理由での採用である。
    しかも、今回はサイドバックの選手達が同時に3人も出場停止という非常事態でもある。
    あーなんだかシーズンの最後の最後になって追い込まれてきたぞ・・・(-ω-;)


    Result
    WS005152.jpg

    WS005151.jpg

    WS005153.jpg
    タヴィオ様様ですな。
    試合は、開始早々の5分に先制を許す苦しい展開。
    ただでさえ急造ディフェンスラインなのに、その前でフィルター役を務めているゾラがミスしたら駄目だって。
    ま、ゾラのやらかし癖は今に始まった事でもないですけどね。
    こんな感じで最悪の立ち上がりとなってしまった試合だったが、次代のオリネルとして期待をしているオタヴィオが26分と前半ロスタイムにそれぞれ絶妙なシュートを決めてくれたお陰で、なんとか勝点3を拾う事ができた。
    ちなみに、この試合が終わって思った事はオタヴィオすげぇでもなく、ウチのクラブ強えぇでもなく、「OM重症だなぁ・・・」という事でした。
    ボールは持てど決定機には持ち込めず、崩されているわけでもないのに簡単に失点する。
    典型的な「ハマってるクラブ」といった感じでした。
    懲りずにまた監督代えるのかな~?



    2017.05.16(Tue)
    WS005154.jpg
    先の試合で2得点を挙げ、チームを見事な逆転勝利に導いてくれたオタヴィオが週間ベスト11に選出されました。
    おめでとう!



    2017.05.17(Wed)
    FC Girondins de Bordeaux vs EFC Fréjus Saint-Raphaël Ligue1 第37節

    Starting Line-up
    WS005157.jpg />

    Key Player
    WS005158.jpg

    WS005159.jpg

    WS005160.jpg
    リーグ第37節は、アウェイで14位Bordeauxと対戦する。
    残り試合が2つとなった現在、我がクラブの勝点は73。で、すぐ下の4位につけているOLが残り1試合で勝点70。
    つまり、この試合を引分け以上で終えることができれば3位が確定し、来季のCL(プレイオフ)出場権を獲得する事となる。
    ので、この試合では守備を意識して4-1-2-2-1を採用して試合に臨む。
    最悪スコアレスドローでもいいや(; ̄ー ̄)


    Result
    WS005162.jpg

    WS005161.jpg

    WS005164.jpg
    いとは少し違ったが、欲しかった勝点1ゲット!
    13分に先制を許すものの、24分に右ウイングのモイジニが、そして38分に左ウイングのキュヴィリエが立て続けに得点を挙げて逆転に成功する。
    あとはいつも通りカウンターを狙いつつ、失点をしないように注意深く試合を進めるだけだったのだが、64分に相手左サイドハーフのN.Maurise-Belayに同点ゴールを決められてしまう。
    記事では「弱いシュート」などと書かれているが、PA内でこちらのディフェンダー二人を華麗にかわして奪ったファインゴールだった。
    展開としては勝点3を取り損ねる形になってしまったが、最低限のノルマとしていた勝点1は手にする事ができた。



    WS005165.jpg
    来季のCL出場権獲得のニュースです。
    CL出場権獲得!と言っても、実のところはCL(プレイオフ)獲得!ってことなのでファンの皆様は盛り上がりすぎないようにお願いします。
    もしプレイオフで負けてしまった場合には、今年と同じようにELを戦う事になります。
    ハッキリ言ってCLを戦うにはあまりにも貧弱な戦力だと思うので、実のところ来季もELを戦った方が良いのかなーとか思ってます。
    ま、きっとファンの皆様はそんなこと全く期待してないんでしょうけど(; ̄ー ̄)



    2017.05.20(Sat)
    EFC Fréjus Saint-Raphaël vs AC Ajaccio Ligue1 第38節

    Starting Line-up
    WS005167.jpg />

    Key Player
    WS005168.jpg

    WS005169.jpg

    WS005170.jpg
    今シーズンの締めくくりであるリーグ最終節は、ホームにAC Ajaccioを迎える。
    相手は現在降格ラインギリギリの17位であるが、18位SC Bastiaとの勝点差が5あるため、既に残留を決めている。
    こちらも3位という順位が確定しての消化試合となるが、来季にい形でつなげるためにもきっちりと勝っておきたい。
    採用した戦術は4-1-2-1-2。
    今シーズンの途中から採用し、沈みかけていたクラブを救ってくれたこの戦術を持って最終節に挑む。
    メンバーも現在考えられる中でベストなものを選択した。

    Result
    WS005173.jpg

    WS005171.jpg

    WS005174.jpg
    持ち良く勝ってシーズンを終えることができた。
    来季に向けてまだまだ考えなければいけない事がたくさんあるが、とりあえずは今シーズンも無事に戦い抜く事ができた。
    最終節のMOMは1G1Aを挙げたリパルト
    今季はディアラの加入で出場機会が減ってしまい、昨季までのような絶対的な存在ではなくなってしまったが、終わってみれば20得点12アシストという立派な数字を残してくれた。
    まだ24歳と老け込むには早すぎる年齢なので、来季も引き続き攻撃陣を牽引する存在になる事を期待している。




    さて、今年も無事に全日程を終了する事ができました。
    ココからは、簡単にシーズンのまとめをやって行きます。
    まずはリーグ戦の順位表を。
    <Ligue1>
    WS005183.jpg
    優勝したのはPSG。で、2位はAS Monacoという隙のない組合せ。
    両クラブともシーズンの序盤には中位あたりに沈んでいたのに、最後にはきっちりと帳尻を合わせてきました。
    特にPSGは後半戦の19試合を16勝2分1敗という、とんでもないペースで駆け抜け、見事に逆転優勝を勝ち取ったようです。
    我がクラブはというと、その2大巨頭のすぐ下の3位。
    成績は23勝8分7敗の勝点77。
    昨年が17勝14分7敗の勝点65で5位だったので、確実に前進をしていると言えるんじゃないかと思います。
    が、そんな中で後退している面も。
    それはディフェンス。
    昨年が41失点だったのに対して、今年はそれよりも多い44失点を喫してしまいました(-ω-;)
    攻撃陣が劇的な進化(昨年54得点→今年71得点)をしてくれたお陰で目立ってはいませんが、この分野については来年に向けて補強や調整を行う必要がありそうですね。



    続いてチーム成績を。
    WS005191.jpg
    得点ランキングは、1位PSGで2位がAS Monaco、3位が我がクラブという、リーグの順位そのままの形になっています。
    上位に食い込むためには、やはり得点力が必要不可欠みたいです。
    で、失点ランキングの方はというと、こちらはややバラつきがあるものの、やはりPSGとMonacoはそれぞれ2位と4位にランクインしています。
    2大巨頭と我がクラブとの差は、この辺の細かい所に出てしまっている気がします。
    やはり来シーズンさらに上に行くためには、守備の強化をしっかりと考える必要がありそうですね。
    あ、そうそう。オマケと言ってはなんですが、イエローカードの獲得数で2位にランクインするという残念な記録を残してしましました。
    昨シーズンは66枚を獲得して4位にランクインという結果だったので、枚数&順位ともに昨年を上回ってしまっています。

    ・・・と言っても、この姿勢を改める気はないんだけどね!
    WS005294.jpg



    個人成績はこんな感じ。
    WS005190.jpg
    得点王はToulouse FCのA.Soukouna、アシスト王はValenciennes FCのM.Dosseviが獲得したようです。
    なんというか、どうコメントしていいのか分からない微妙な選手達の受賞となりました(失礼!)
    我がクラブの選手達はというと、イエローカードコレクターランキングにフェルナンデスレダジョンソンがランクインしています。
    特にフェルナンデスは、出場時間が他の選手の2/3程度でありながら、14枚をコレクトして見事に1位を獲得しています。
    ・・・。
    こんな事では、来年はキャプテンの座をはく奪する必要があるかもしれんなぁ(; ̄ー ̄)



    締めくくりにシーズンベスト11を。
    WS005177.jpg
    我がクラブからは、昨シーズンと同じくオリネルがただ一人選出されました。
    昨シーズン末にも書きましたが、もう一人くらいここに割って入れる選手がいないと、優勝争いに加わるのは難しいような気がしてます。



    ここからはカップ戦の結果を記録していきます。
    まずはフランス杯の結果を。
    WS005194.jpg
    優勝を果たしたのはOM。
    昨年の覇者として参加した我がクラブですが、今年は準々決勝でPSGに敗れてしまったためベスト8止まりでした。



    続いてリーグ杯の結果です。
    WS005195.jpg
    優勝を果たしたのはAS Monaco
    昨年は準優勝だったので今年こそは優勝を!と意気込んで臨んだ我がクラブですが、残念ながら準決勝でSaint-Étienneに敗れてしまい、決勝の舞台まで辿り着く事ができませんでした。


    両カップ戦とも昨年の成績を下回ってしまいましたが、今年はELという大きな大会に参加しながら過密日程をこなすという厳しいシーズンだったので、ある程度は仕方がないかなーという気もしています。
    とりあえず、来シーズンも同程度の成績は残せるように頑張っていきたいと思います(`・ω・´)


    ここからは我がクラブのチームと個人成績を記録していきます。
    まずは、年間試合結果を。
    WS005201-1.jpg
    おおまかな流れで言うと「不調のち好調のち不調
    シーズンの序盤で躓いたものの、10月に4-1-2-1-2を新たに導入して立て直しに成功する・・・が、終盤の強豪連戦の荒波は乗り越えることができず負けを重ねてしまう・・・そんな感じですかね。
    昨シーズンに1勝もできなかった対2大巨頭戦ですが、今年も3分2敗(カップ戦含む)と結局勝利を挙げることなくシーズンが終わってしましました。
    来年こそは・・・来年こそは勝点3をもぎ取ってやりたいですね(`・ω・´)



    続いて個人成績を。
    WS005179.jpg
    今年の攻撃陣を牽引したのはリパルトディアラエモンのストライカー陣。
    3人合わせると、60得点28アシストを記録しています。
    今シーズンの全得点数が115得点なので、実に半分以上のゴールがこの3人から生まれている計算になります。
    それとは対処的に不調だったのがウイング陣。
    左ウイングのキュヴィリエは11得点12アシストというまずまずの成績を残してくれましたが、カラブエ&モイジニの右ウイングが2人合わせても6得点7アシストと、好調な他の攻撃陣に置いていかれるような結果になってしまいました。
    チーム方針としては、来シーズンも引き続きウイングを置かない4-1-2-1-2を終戦に据えて戦っていく予定なので、機会が限られるなかで監督を見返すような活躍をしてくれる事を期待したいと思います。

    チーム得点王他は以下の選手。
    監督的年間MVPは、今シーズンは複数の選手が横並びの状況だったので少し悩みましたが、結局チーム得点王のディアラを選出する事としました。

    <チーム得点王:24得点&年間MVP>
    WS005180.jpg

    <アシスト王:17アシスト>
    WS005181.jpg



    ここからは、恒例の他国リーグ&大陸間大会の結果を簡単に紹介していきます。
    一応、下記の大会については全てディティールレベルを設定しているので、忠実にシミュレートできていると思います。たぶん。
    <Liga BBVA>
    WS005186.jpg
    スペインでは、Barcelonaが三桁勝点を記録してぶっちぎりの優勝を果たしています。
    2位は昨年覇者のR.Madridで3位は昨年と同じくA.Madridが入っています。
    もし、来シーズンの始めに行われるプレイオフを勝ち抜いてCL本大会に出場とかになった場合には、これらのクラブと同じグループで戦う可能性があるんですよね。

    EFCFSR vs R.Madrid

    字で見ると、より一層違和感が引き立ちますw

    <Barclays Premier League>
    WS005184.jpg
    プレミアリーグは、J.Mourinho率いるChelseaがぶっちぎりで優勝を果たしたようです。
    昨年7位だったので、そこから見事に立て直したようですね。
    CLと並行してリーグ戦を戦わなければならない来季は、一体どんな成績になるんですかね?楽しみです。
    その他上位陣はほぼいつものメンツ。
    Newcastle Utdが3位に入っている事に少し違和感がありますが、まぁこんな感じでしょうか?
    そのNewcastle自体は、この後紹介する大会で凄い事をやらかしてくれているわけですが。

    <Bundesliga>
    WS005187.jpg
    ブンデスリーガで優勝を果たしたのはBorussia Dortmund。
    昨年の覇者Bayern Münchenは、今年は2位に終わっています。
    やったじゃんJ.Klopp!と思ってクラブ情報を見てビックリ!
    WS005295.jpg
    監督代わっとるやないかーいw
    しかも、Kloppの後釜として連れてきたのがPepって・・・。
    凄いねDortmundの理事会。なりふり構わなさ過ぎて怖いレベルですわw
    ちなみに、昨シーズンのまとめで少し触れた長谷部選手の件ですが、どうやら無事にNürnbergの脱出に成功して今はカタールのAl-Saddにいるみたいです。
    Al-Saddかー。その発想は無かったわー。きっともう欧州の舞台に帰ってくることはないんだろうな・・・。

    <Serie A>
    WS005185.jpg
    セリエAは、本田選手所属のA.C. Millanが優勝を果たしたようです。
    ELでは準々決勝で我がクラブに敗れたMillanですが、リーグ戦の方では見事にスクデットを獲得したようです。
    ・・・ってか本田さん。
    先日の記事で触れたと思いますが、確か次の夏の移籍期間でSunderland AFCにボスマンで移籍予定でしたよね?
    上で紹介したプレミアの順位表を見ての通り、やっぱりSunderland降格しちゃいましたよ?
    スクデット獲得クラブで準中心選手として活躍していたのに、そこから他国の2部クラブに移籍するとかマジですか??
    とりあえず、来季については本田選手のニュース予約をして、軽くストーキングをしてみたいと思いますw

    <UEFA Champions League>
    WS005196.jpg
    上記プレミアのまとめの所で少し匂わせましたが、今年のビッグイヤーは何とNewcastle Utdが獲得しました。
    多分ですが、今までプレイしてきた中で一番のサプライズとなったと思います。
    対戦相手も、準々決勝のBayernから準決勝のDortmundといったドイツ勢、そして決勝はBarcelonaと、CL常連の強豪を次々と打ち破っての優勝なので、運だけで優勝した感じではないような気がします。
    メンバー表を見る限り、リアルのNewcastle+α程度の補強しかしてないのですが、どうやってその力を手に入れたのでしょうかね?
    よかったら今度教えてくださいm(_ _)m
    あ、ちなみに監督は先日のLiverpool戦で3連勝を果たして地獄の淵から舞い戻ってきたA.Pardewではないですw
    Billy Daviesという、リアルでは昨シーズンの終盤までチャンピオンシップ所属のNottingham Forestを率いていた方です。
    能力はこんな感じ↓
    WS005296.jpg
    そんなにすごくないような・・・。これならA.Pardewの方が優れているような気すらします。
    うーん、ますます分からなくなってしまいましたねw

    <UEFA Europa League>
    WS005197-1.jpg
    今年のELを制したのはMan.U。
    2年連続でフランスvsイングランドの決勝となったのですが、今年は我がクラブが不甲斐ないせいでイングランドに優勝カップを持っていかれてしまいました。
    CLプレイオフの結果如何では、来季もこちらの大会に参加する事になるので、そうなった場合にはあと一歩で取り損ねた優勝カップを取りに行く事を目標にしたいと思ってます。


    それでは、今シーズンはここまで。
    来シーズンは、開幕早々に行われるCLプレイオフの結果によって辿る道が大きく変わるシーズンになると思いますが、一つでも多くの勝ち星を挙げられるように頑張っていきたいと思います(`・ω・´)
    スポンサーサイト
    [ 2014/11/08 23:09 ] EFCFSR(16/17) | TB(0) | CM(2)

    シーズン終了お疲れ様です

    俺のニューカッスルがktkr( ゚∀゚ )! CL優勝しとる!
    遅ればせながら、ELは残念でしたね(´・ω・`) あんなにしびれる展開でミランを倒したのに
    僕の箱庭でもELはCLのリーグ戦で敗退したビッグクラブがかっさらっていってて。決勝がマンUとかなんの罰ゲームなのかと
    しかしAkakiriさんは素晴らしい手腕だと思いますよ(`・ω・´)カンプク
    来季の活躍にも期待です

    セリエでユヴェントス以外、それもミランが優勝してるところなんて初めて見ましたよ(・ω・) FM2014のユーベ強すぎ
    そして本田さんの明日はどっちだ(`・ω・´)!
    [ 2014/11/09 21:34 ] [ 編集 ]

    どもども。

    >ぶるべあ(・ω・)さま

    かなりのんびりしたペースになってしまいましたが、なんとか4年目を終えることができました。
    Newcastle Utdは実は私も前から気になっているクラブの一つで、FM2011をやってた時に実際に選んでプレイしてたりしますw
    その時は確かリーグ優勝はしたものの、CLではベスト4が最高位だったような記憶があります。
    ので、今回のビッグイヤー獲得は驚きの気持ちとともに、とても嬉しい結果となりました。

    ELは本当に良いところまで行ったのですが、またしてもあと一歩のところで取り逃してしまいました。
    前回のSheff Utd編といい、私には「大舞台に強い」の特性は間違いなく付いていないと思いますw
    それでもA.C.MillanやArsenalを破るという貴重な経験ができたので、今回はそれでヨシとしてやろうかと思ってるところです。(負惜しみ)

    とりあえず、このペースで進めて行ってもFM2015を始めるまで最低でも3年分はプレイ出来そうなので、
    その間に何かしらのタイトルを獲得する事を目標に頑張るつもりです。できれば国内カップ戦以外のタイトルを獲ってみたいな。
    まぁそんな感じでこれからものんびり進めて行く予定なので、また暇な時にのぞきに来てみてくださいm(_ _)m
    [ 2014/11/10 23:01 ] [ 編集 ]

    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://isoyaki1.blog.fc2.com/tb.php/98-bdba13a7







    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。